ネットワークエンジニアが派遣社員としてステップアップするには?

ネットワークエンジニアの男性派遣社員 お役立ちコラム

派遣社員であってもネットワークエンジニアとしてステップアップすることは可能です。

しかし、ステップアップしていくエンジニアもいればそうではないエンジニアもいます。

その差分は何でしょうか?

私もネットワークエンジニアのキャリアを派遣社員としてスタートしました。

そんな、私の実経験をもとに当記事ではステップアップしていく方法を解説します!

以下に当てはまる方には特に参考になると思います。

  • 今の給料が安くエンジニアに転職して高収入を得たい方
  • 派遣社員として時給2000円を超えたい方
  • 他業種からネットワークエンジニアへ転職をお考えの方

ネットワークエンジニアが派遣社員としてステップアップしていく方法を記載しました。
ぜひご覧ください!

この記事を書いた人

ユイカズトシ様

ユイカズトシ

1988年8月生まれ。エンジニア。時々Webライター。
オリックスを応援することが生きがい。
休みの日は草野球とラーメン屋巡り。
「コスパよく生きる」をテーマに日々活動中。

最大限活用しよう!派遣社員という強み

ネットワークエンジニアの男性派遣社員

ネットワークエンジニアが派遣社員を選ぶメリットは3つあります。具体的には以下の通りです。

  1. 派遣会社からのキャリアアップサポート
  2. 新しいフェーズへ積極的に挑戦することができる
  3. 時間的余裕がある(正社員と比べて余暇時間が豊富)

派遣社員のメリットを最大限活用しスキルアップしていきましょう。

ひとつずつ解説していきます。

①派遣会社からのキャリアアップサポート

派遣会社の中にはネットワークエンジニアのキャリア支援制度があるところもあります。
具体的には資格取得を支援してもらうことができます。

例を出して説明します。

パーソルテクノロジースタッフでは「資格取得インセンティブ制度」を設けています。

これは派遣スタッフが資格取得時に受験料とインセンティブ(報奨金)がもらえる制度です。

[インセンティブの例]
CCNA:受験料36,960円 支給。(インセンティブなし)
CCNP:受験料68,970円+インセンティブ20,000円支給
CCIE:一括で700,000円支給
AWSアソシエイト:受験料16,500円+インセンティブ10,000支給

以上は一例です。

その他にもPCスクールや通信講座が割引受講できるケースもあります。
派遣社員として就業される場合は積極的に活用されてはいかがでしょうか?

②新しいフェーズへ積極的に挑戦することができる

ネットワークエンジニアと一口に言っても業務内容は様々です。

その中には「仮想ネットワークの設計」の様に高スキルが必要な業務もあります。

半面、「ネットワーク監視」の様にスキルがそれほど高くなくても対応可能な業務もあります。

ネットワークエンジニアは次段階でステップアップすることが一般的です。
《監視→運用→構築→設計→要件定義》

派遣社員は正社員に比べフットワーク軽く職場を移動することができます。

そのメリットを最大限に活用して次のフェーズに挑戦することが可能です。

例えば、「運用」フェーズで2年勤務したから次は「構築」フェーズへ移行する。
といった具合です。

このステップアップをすればエンジニアとしての市場価値を上げることができます。

③時間的余裕がある(正社員と比べて余暇時間が豊富)

派遣社員は時間的に余裕があります。

担当範囲が明確であるため業務量が膨張しづらいためです。

実際、私も派遣社員時代の残業時間は約5時間/月でした。

ネットワークエンジニアとして成長したのであれば余暇時間の勉強が大切です。
具体的には資格の勉強をするとよいでしょう。

ステップアップのためのおすすめの資格

ネットワークエンジニアとして働くのであればCCNAの取得をお勧めします。
可能であれば、CCNAの上位資格であるCCNPまで取得したい所です。

CCNAとは?
シスコシステムズが実施しているネットワークの知見を問う試験。
ネットワークエンジニアのエントリー(初学者)向けの資格。
勉強期間の目安は3カ月~6カ月

CCNPとは?
CCNAの上位資格。
ネットワークエンジニアのエキスパート(上級者)向けの資格。
勉強期間の目安は6カ月~1年

ネットワークエンジニアにとって資格は有効です。
資格があれば自分のスキルを第三者にわかりやすく示すことがでるからです。

シスコシステムズが発表している保有資格ごとの概算年収です。
CCNA→CCNP→CCIEとステップアップするたびに年収アップしています。

2年程度経験を積んだら次のステップへ

指を差す女性

完全未経験から入社するのであれば2年程度、同職場で経験を積むことをおすすめします。

2年を目安に考える理由はネットワークエンジニアとしての基礎が身につくからです。

用語の意味や仕事の進め方等、2年あれば身に着けることができます。

併せて、2年間あればCCNPの資格を取得することも可能です。
(未経験から2年でCCNP取得はハイペースですが努力次第で可能です)

また、2年業務経験があると経験者として転職できます。

派遣社員として転職するのであれば時給2,000円以上は確実です。

正社員として転職する場合でも年収400万円位の企業へ転職できます。

未経験から派遣社員としてステップアップしていく例

ステップアップしていく例を記載します。ざっくりとイメージをつかんでいただければと思います。

年齢 年収 詳細
26歳 300万円 飲食業から派遣社員としてネットワークエンジニアに転身
ネットワーク監視業務に従事
27歳 350万円 就業先で1年間経験を積み昇給
仕事はほぼ一人称でこなせるように
CCNAを取得
28歳 420万円 就業先変更
ネットワーク構築作業に従事
CCNPを取得
30歳 550万円 30歳で正社員へ転職
33歳 800万円 キャリアを活かしフリーランスへ転身
年収大幅アップ

もちろんこれより早いスピードで成長していくエンジニアもいます。

しかし、この例くらいのスピードでステップアップできれば理想です。

このように派遣社員としてでもステップアップすることは十分可能です。

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

ネットワークエンジニアの給料は高いケースが多いです。
事実、事務職の平均時給は1600円程度なのに対してネットワークエンジニアの平均時給は2700円です。

さらに、経験を積めばフリーランスとして独立や大企業への転職も可能です。

しかし、ルーティンを繰り返しているだけではステップアップできません。

ステップアップするには自学自習が大切です。それは派遣社員であったとしても同様です。

この記事が読者様のキャリアアップの一助になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました