未経験から派遣プログラマーってなれるの?【経験者が解説】

派遣-男性の派遣プログラマー エンジニアの派遣

「未経験でも派遣プログラマーになれるのかな?」
「未経験から派遣プログラマーを目指すことについて詳しい情報を知りたい」

あなたはこのような悩みをお持ちではないでしょうか?

最近はプログラマーを目指す人がとても増えてきました。

それもそのはず、プログラマーは他の仕事より将来性が高く、良い収入や働き方も、努力次第で実現しやすい仕事だからです。

そんな市場価値の高いプログラマーへなるための一つのキャリアルートが「派遣プログラマー」としての経験を積んでいくことです。

とはいえ、果たして未経験から派遣プログラマーにはなれるものなのでしょうか。

そこで今回は、普段転職関連の仕事を行いつつ、エンジニアとしても活動している私が、未経験から派遣プログラマーを目指す上で知っておくべきことを解説します。

本記事を最後まで読めば、未経験から派遣プログラマーを目指す際に知っておくべきことが全てわかりますよ。

5分ほどで読める文量ですので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事を書いた人

Yuto様

Yuto

Yutoです。現役フリーランスエンジニア/転職エージェント/事業家。日英バイリンガル。当サイトはこれからITの世界に入りたい初心者向けに、プログラミング学習やエンジニア転職のリアルについて、一次情報をもとに紹介していくメディアです。

派遣プログラマーは未経験でもなれるのか?

はてなマークを受かべる男性

そもそも派遣プログラマーは未経験でもなれるのでしょうか?この点についてまずお答えします。

派遣プログラマーは未経験でもなることが可能

結論、派遣プログラマーは未経験でもなることが可能です。

なぜ未経験でも派遣プログラマーになれるかというと、プログラマーは企業からの需要が高いにも関わらず、肝心の人材が圧倒的に不足しているからです。

私自身、日々IT企業の経営者や人事部長とお会いしていますが、プログラマーをはじめとするIT人材の需要は、依然として高いままです。

特にハイスキルを持ったプログラマーはどの企業からも需要が高いので、プログラマーとして技術をしっかりと身につけていけば、仕事に困ることはそうそうありません。

正社員と異なり派遣プログラマーの場合、未経験でもハードルは高くない

特に派遣プログラマーの場合、正社員と異なり、未経験からチャレンジするハードルはそこまで高くありません。

加えて前述通り、派遣プログラマーの数自体が全体的に不足していることから、派遣プログラマーにおいても、企業からの需要は高いです。

このような状態なので、未経験から派遣プログラマーを目指すことは可能となっています。

ですから、未経験から派遣プログラマーを目指せるか不安を感じている場合も、大丈夫です。派遣プログラマーは目指せます。なのでこの点はまずご安心ください。

未経験から派遣プログラマーを目指すメリット

派遣-指をさすスーツ姿の男性派遣社員

では未経験から正社員のプログラマーではなく、派遣プログラマーを目指すメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

結論、未経験から派遣プログラマーになると次のようなメリットがあります。

  • 未経験からでもチャレンジしやすい
  • スキルアップやキャリアアップしやすい
  • 合わない現場は契約更新しないこともできる

それぞれ解説します。

①未経験からでもチャレンジしやすい

前述したことと重なりますが、派遣プログラマーは「未経験でもチャレンジしやすいこと」がメリットです。

特に「正社員プログラマー」と比較すると、派遣プログラマーは採用要件が低いことが多いです。そのため、経験が浅かったとしても、働ける仕事があるんですよね。

冒頭の通り、現在はプログラマーになりたい人が急増しており、実際に多くの方がその夢を実現しています。

ですが、完全未経験からプログラマーへチャレンジするとなると、超えるべき壁も多いことが実情です。

特に「正社員プログラマーとして優良企業へ就職」という道は、事前に相応の努力も求められますし、適当に転職サイトに登録し、適当に企業へ応募しても、実現できるものではありません。

その点派遣プログラマーという形であれば、未経験からでもハードル低く、プログラマーの世界に入っていくことができる点がメリットですね。

事実として、プログラマーとは全く関係のない、25歳x営業職のような方が、派遣プログラマーとして採用されるケースも多くありますよ。

このように、未経験からプログラマーになりたい場合、派遣という選択肢は現実的な道と言えます。この点はプログラマーになりたい人にとって、大きなメリットだと思います。

②スキルアップやキャリアアップしやすい

派遣プログラマーの2つ目のメリットは「スキルアップやキャリアアップがしやすいこと」です。

派遣プログラマーの場合、正社員と異なり、社員がやるべき仕事は基本おこないません。

社員だと責任も大きいので、スキルアップに直結しない仕事もこなさないといけないんですよね。

その点派遣プログラマーであれば、社員と異なり、責任も少なく、スキルに直結する仕事に専念することができます。

また、派遣プログラマーの場合、働く場所も契約ごとに変わるので、一箇所に留まりがちな正社員と異なり、自分が習得したいスキルを、いろんな現場で習得していけます。

このような派遣ならではの環境で自身のスキルアップを行っていけば、そこからのキャリアは広がります。派遣から「正社員」という道を目指すこともできますし、あるいは「フリーランス」としてより高単価案件を目指すことも可能となっていきます。

そのようなキャリアを実現する土台となるものが「スキル」です。その点派遣プログラマーの場合、上記を理由にスキルアップしやすいので、結果としてキャリアアップも同時に実現しやすいんですよね。

③合わない現場は契約更新しないこともできる

派遣プログラマーの3つ目のメリットは、派遣は契約ベースなので、合わない現場にもし当たってしまった場合は「契約更新しない選択肢」を持てることです。

相性の合わない現場で苦労しながら働くより、自分自身が居心地よく、やりがいを持って活き活きと働ける現場を見つけた方が良いですよ。その方が仕事にも前向きに取り組めますし、結果として早くスキルアップも実現していけます。

その点派遣プログラマーという立場であれば、良い意味で正社員のような責任を負うこともないので、自分の希望に、素直に働くこともできます。

このように、派遣プログラマーには、派遣ならではのメリットがあります。

未経験から派遣プログラマーになる際に必要なスキルは?

派遣-悩むスーツの男性派遣社員

では、未経験から派遣プログラマーになる上で、求められるスキルにはどのようなものがあるでしょうか?

結論から、派遣プログラマーの場合、スキルがなくても契約できる企業は存在します。つまり、未経験からすぐに現場に出られる案件もあるということです。

とはいえ、プログラマーはコードを書く仕事です。ですから、事前に「プログラミングスキル」を少しでも習得しておくと、より広い選択肢を持った上で、派遣プログラマーとしてのキャリアをスタートしやすくなります。

ですから、派遣プログラマーを目指すなら、一定レベルのプログラミング技術(プログラミング言語)は事前に習得しておくことがおすすめです。

では派遣プログラマーはプログラミングスキルの中でも何を学ぶと良いかというと、おすすめ言語は次の通りです。

  • Java
  • PHP

この2つです。

なぜこの2つがおすすめかというと、JavaとPHPは案件数がとても多く、需要が高いからです。言い換えれば、この2つの言語なら、派遣プログラマーとして仕事が見つかりやすいんですよね。

派遣プログラマーとして仕事に困らない状態を作るためには、企業から需要のある言語を身に付けることが一番です。

企業が求めているスキルを身につければ、当然ながら、あなたを必要としてくれる企業は増えますし、結果として仕事に繋げやすくなります。

その点でJavaはトップクラスに、PHPはJavaに次いで、企業からの需要が特に高い言語です。

ですから、言語選びでもし迷ったら、JavaやPHPのように需要が高い言語を選んでおくと間違いないですよ。

未経験から派遣プログラマーになる方法

派遣-エンジニアの男性

ここからは、未経験から派遣プログラマーになる具体的な方法を紹介していきます。

  • プログラマーに強い派遣会社を利用する
  • 並行してプログラミング学習をしておく

結論、上記の2つのステップです。それぞれ解説します。

①プログラマーに強い派遣会社を利用する

まず最初にやるべきことは「プログラマーに強い派遣会社を利用すること」です。

世の中にはたくさんの派遣会社がありますが、プログラマーに強い派遣会社もあれば、プログラマーに強くない派遣会社もあります。

だからこそ、プログラマーに強い派遣会社を選ぶことで、未経験でも派遣プログラマーとして仕事が見つかりやすくなります。

また、派遣プログラマーに強い会社であれば、あなたに足りないスキルや経験を、過去の実績をもとに的確にアドバイスをくれます。

今のあなたの現状と、目指したい姿、そのギャップを丁寧に教えてくれる存在なので、派遣プログラマーになりたい今の段階から、事前に相談しておくことをおすすめします。

事前に相談しておくと、今の自分自身に足りないものがわかり、やるべきことがはっきりしてくるからです。

逆に相談していないと、本来やるべきでないことにも時間を使ってしまい、時間や努力を無駄にすることにもつながりかねません。貴重な自分自身の時間を守るためにも、まずは相談されることをおすすめします。

ITエンジニアに強い派遣会社おすすめ比較ランキング!選び方のポイントも解説【2020年最新版】
ITエンジニアの求人に強い派遣会社に登録したいけど、派遣会社が多すぎてどれに登録すべきかわからない…。 大丈夫です!今回はITエンジニアの派遣会社・サービスを厳選しましたので、ご...

②並行してプログラミング学習をしておく

プログラマーに強い派遣会社へ相談すると同時に、プログラミング学習も並行して始めておくことがおすすめです。

前述通り、プログラマーのメインの仕事はコードを書くことであり、プログラミングスキルが必要となります。

プログラミングスキルは現場で仕事をしながら学んでいくこともできますが、基礎的なことは事前に学習を終えておくことが、仕事を円滑に進めるためには重要です。

また、より実践的なことも、事前にプログラミング学習を通じて学んでおけば、現場に入った後、よりスムーズに仕事をすることができるようになります。

ですから、プログラミングの基礎だけでなく実践まで学習しておくことを、個人的にはおすすめします。その方がより広い選択肢を持ちながら、派遣先を選ぶこともできるようになるはずです。

派遣プログラマーを目指すプログラミング学習方法

では派遣プログラマーを目指す上で、どうやってプログラミング学習していけばいいかというと、結論2つの方法があります。

  • 「独学」で勉強する
  • 「プログラミングスクール」で勉強する

大きく「独学」か「プログラミングスクール」この2つがあります。

まず独学の場合ですが、最近はプログラミング学習サイトがたくさんあります。代表的なサービスはProgateです。

Progateは有料コンテンツ、無料コンテンツと分かれていますが、無料コンテンツだけでも、プログラミングの基礎を学ぶことができます。

一方、プログラミングは完全独学だと挫折率が90%とも言われており、一人だと学習が難しいことも事実です。

ですから、個人的には独学ではなく、プログラミングスクールで2〜3ヶ月ほど、短期集中で学習することをおすすめしています。

プログラミングスクールの場合費用はかかるものの、講師にわからないことは質問しながら学習することができます。結果、挫折することなく、派遣プログラマーに必要なプログラミング基礎や実践力を習得していけますよ。

以上の通り、まずはプログラマーに強い派遣会社で自身の可能性や足りないものを把握する、足りないスキルがある場合、プログラミングスクール等を活用しながら準備していく。

このステップで行動していけば、無駄なく効率的に、派遣プログラマーとしての第一歩を踏み出せると思いますよ。

まとめ

最後に、派遣プログラマーは未経験からでもチャレンジしやすい上に、市場価値の高いプログラマーになるためのスキルアップとしても良い立ち位置です。

派遣プログラマーとして現場経験を積みながら、技術をしっかりと蓄えていけば、正社員プログラマーとしてキャリアアップをしたり、あるいは独立してフリーランスエンジニアになり、より高単価案件と契約することもできるようになっていきます。

その第一歩が、派遣プログラマーになることです。今回紹介したステップに沿っていけば、未経験からでも派遣プログラマーになるチャンスはあるからこそ、ぜひ、小さな一歩を今日から起こしてみてください。

そうすれば、今から3ヶ月後には、人生が変わり始めていると思いますよ。応援しています。

タイトルとURLをコピーしました