薬剤師に強い派遣会社10社おすすめ比較ランキング!選び方のポイントも解説【2022年最新版】

薬剤師に強い派遣会社おすすめ比較ランキング!選び方のポイントも解説【2022年最新版】 薬剤師の派遣

薬剤師の求人に強い派遣会社に登録したいけど、派遣会社が多すぎてどれに登録すべきかわからない…。

大丈夫です!今回は薬剤師の派遣会社・サービスを厳選しましたので、ご自身に合ったものが必ず見つかります!

  1. 薬剤師求人に強い派遣会社10社おすすめランキング!
    1. 第1位:ファルマスタッフ
    2. 第2位:ファル・メイト
    3. 第3位:エクスファルマ
    4. 第4位:クラシスのヤクジョブ
    5. 第5位:お仕事ラボ
    6. 第6位:ファーマリンク
    7. 第7位:ゴリ薬
    8. 第8位:MC-ファーマネット
    9. 第9位:アプロ・ドットコム
    10. 第10位:ファーマプレミアム
  2. 薬剤師派遣会社の選び方のポイントとは?
  3. 派遣薬剤師として働くメリット5つ
    1. ①パート薬剤師より時給が高い
    2. ②勤務条件の融通を利かせやすい
    3. ③サービス残業が無い
    4. ④職場を変えやすい
    5. ⑤派遣会社のフォローを受けて就業できる
  4. 派遣薬剤師として働くデメリット3つ
    1. ①いつ契約が終わるかは不明
    2. ②即戦力性を強く求められる
    3. ③希望条件が通るとは限らない
  5. 派遣薬剤師の働き方が向いている人
    1. ①短期間でしっかり稼ぎたい人
    2. ②プライベートや家庭を優先したい人
    3. ③ブランクから復帰した人
    4. ④副業をしつつ働きたい人
    5. ⑤さまざまな職場を経験したい人
    6. ⑥安定性より自由度を優先する人
  6. 派遣薬剤師の働き方が向いていない人
    1. ①忙しいのがイヤな人
    2. ②キャリアアップをしたい人
    3. ③調剤や監査経験がない人
  7. 派遣薬剤師の平均時給・相場はどれくらい?
  8. 派遣会社で登録~就業するまでの流れ
    1. STEP①まずは登録(無料)
    2. STEP②担当者との面談・ヒアリング
    3. STEP③求人を紹介してもらう
    4. STEP④職場見学(希望制)
    5. STEP⑤お仕事スタート・アフターフォロー
  9. 薬剤師派遣会社には必ず複数登録をしよう!

薬剤師求人に強い派遣会社10社おすすめランキング!

派遣-研究開発系の女性派遣社員が指差ししている様子

第1位:ファルマスタッフ

派遣-ファルマスタッフのアイキャッチ画像

運営会社名株式会社メディカルリソース
派遣の公開求人件数約1,400件
募集施設調剤薬局、病気・クリニック、企業、ドラッグストア、ドラッグストア(調剤あり)など
対応雇用形態派遣社員、紹介予定派遣、正社員、パート・アルバイト
対応地域全国

ファルマスタッフは、薬剤師求人数が業界最大級の求人サイトで、地域密着でしっかりと職場リサーチをしているのが特徴的です。

時給4,000円などの高時給求人も多数掲載しており、登録した派遣スタッフからの満足度も高いです。

第2位:ファル・メイト

派遣-ファル・メイトのアイキャッチ画像

運営会社名株式会社ファル・メイト
派遣の公開求人件数約4,600件
募集施設調剤薬局、病院、調剤併設店、OTC、企業など
対応雇用形態派遣社員、紹介予定派遣、正社員、パート、契約社員、嘱託社員
対応地域全国

ファル・メイトは、関東・関西エリアなら時給2,800円を最低保証としており、派遣社員でも交通費を全額支給しているのが特徴的です。

求人数も多く、調剤薬局や病院など全国47都道府県のあらゆる好条件な薬剤師派遣・求人情報を取り揃えています。

第3位:エクスファルマ

派遣-エクスファルマのアイキャッチ画像

運営会社名株式会社エクスファルマ
派遣の公開求人件数約70件
募集施設調剤薬局、ドラッグストア、病院
対応雇用形態派遣社員、正社員、パート
対応地域全国

エクスファルマは、調剤薬局、病院、ドラッグストアの薬剤師求人の新着情報が毎日届き、待遇の交渉にも快く応じてくれるのが特徴的です。

在籍アドバイザーは経験豊富で、就業後も丁寧にフォローしてくれるため安心です。

第4位:クラシスのヤクジョブ

派遣-クラシスのヤクジョブのアイキャッチ画像

運営会社名クラシス株式会社
派遣の公開求人件数約1,500件
募集施設調剤薬局、ドラッグストア、病院、クリニック、企業、福祉施設など
対応雇用形態派遣社員、紹介予定派遣、正社員、アルバイト・パート、契約社員

クラシスのヤクジョブは、20年の実績と利用者満足度97%を誇るのが特徴的です。

さあらに、クラシスのヤクジョブは医療業界に特化しており、その長年の実績から求人数も圧倒的で現在は70,000件以上も掲載しています。

第5位:お仕事ラボ

お仕事ラボ-20220222-アイキャッチ画像

運営会社名株式会社AXIS
派遣の公開求人件数約870件
募集施設調剤薬局、ドラッグストア、病院、クリニック、企業など
対応雇用形態派遣社員、紹介予定派遣、正社員、パート
対応地域全国

お仕事ラボは利用者口コミの良いサービスで、利用者満足度で90%以上を誇るのが魅力。

担当者のワンストップ制をとっているため、一貫したサポートのもとで担当者同士による食い違いがありません。

また転職後のフォローも手厚く、就業後もメール・電話などで相談でき、ちょっとしたトラブル・困りごとにも対応してくれますよ。

第6位:ファーマリンク

ファーマリンク-20220222-アイキャッチ画像

運営会社名株式会社ファーマリンク
派遣の公開求人件数約80件
募集施設調剤薬局、ドラッグストア、病院、企業、倉庫、施設など
対応雇用形態派遣社員、正社員、パート、契約社員
対応地域全国

ファーマリンクはキャリアカウンセラーの質の高さがポイントで、薬局・ドラッグストアをはじめとした実務経験豊富な薬剤師が多数在籍。

業界事情には精通しており、薬剤師転職・就職への理解もかなり深いのが魅力です。

またカウンセリングでのアドバイスにも定評があり「アドバイスが的確だった」なんて声も挙がっていますよ。

第7位:ゴリ薬

ゴリ薬-20220222-アイキャッチ画像

運営会社名総合メディプロ株式会社
派遣の公開求人件数約760件
募集施設調剤薬局、ドラッグストア、病院、高齢者施設、企業など
対応雇用形態派遣社員、紹介予定派遣、正社員、パート、契約社員
対応地域全国

ゴリ薬も派遣薬剤師の求人が充実しており、今が旬の求人も豊富。

なお未経験者向けの求人は約180件/約760件と豊富なため、これから始めて薬剤師に挑戦する方にもオススメです。

その他にも「子育てをしつつ働けるお仕事」「Uターンで働けるお仕事」なども取り揃えていますよ。

第8位:MC-ファーマネット

MC-ファーマネット-20220222-アイキャッチ画像

運営会社名株式会社メディカル・コンシェルジュ
派遣の公開求人件数約180件
募集施設調剤薬局、ドラッグストア、一般病院、クリニック、治験、企業、老健など
対応雇用形態派遣社員、紹介予定派遣、就職(常勤・パート)
対応地域全国

MC-ファーマネットは担当者のヒアリング力への評価が高く、丁寧かつ細かな対応がポイント。

徹底したヒアリングのもとで、求職者一人ひとりの条件に合う求人を提供してくれます。

また全国の支店数が多いことから、地方にお住まいでも対面相談に乗ってもらいやすいですね。

第9位:アプロ・ドットコム

アプロ・ドットコム-20220222-アイキャッチ画像

運営会社名株式会社アプロ・ドットコム
派遣の公開求人件数約920件
募集施設調剤薬局、OTC、一般病院、クリニック、治験、企業、老健など
対応雇用形態派遣社員、紹介予定派遣、正社員、パート、アルバイト、契約社員
対応地域全国

アプロ・ドットコムも薬剤師派遣に強く、利用者満足度の高さがポイント。

「もう一度アプロ・ドットコムを通して働きたい」との声が多く、担当者のサポート体制・姿勢面での高評価が多いです。

また創業20年以上と長年の実績を誇るため、長きにわたって信頼されているサービスともいえます。

第10位:ファーマプレミアム

ファーマプレミアム-20220222-アイキャッチ画像

運営会社名株式会社ハイペリオン
派遣の公開求人件数約2,200件
募集施設調剤薬局、OTC、病院、企業、老健など
対応雇用形態派遣社員、紹介予定派遣、正社員、パート、スポット、紹介案件、レギュラー
対応地域全国

ファーマプレミアムも派遣薬剤師に強く、高時給な求人に強いのが魅力。時給3,000円以上の求人が豊富で、給与水準の高さが魅力です。

なお全国に薬剤師求人を展開していますが、なかでも首都圏・名古屋をはじめとした東海地方の求人に強いです。

単発求人、1日数時間勤務の求人などと、さまざまなニーズに対応した求人が豊富ですよ。

薬剤師派遣会社の選び方のポイントとは?

派遣-考える女性

薬剤師派遣会社の選び方のポイントは以下の通りです。

該当する派遣会社は優良なものが多いです。

✓優良派遣事業者であるかどうか
✓求人は全国対応しているかどうか
✓派遣事業許可番号の記載があるかどうか

以上で紹介した派遣会社・派遣サービスはどれも優良なものですので、迷っている方は登録をおすすめします。

より質の良い派遣会社に登録したい場合は、以下の記事も併せてお読みください。

登録してはいけない派遣会社の特徴と注意すべき求人は?【ブラックでやばい】
派遣会社ってどれも同じな気がするけど、登録してはいけない派遣会社なんてあるの? 残念ながらあります…。日本には派遣会社が80,000社以上あり、なかにはハズレもあります。登録して...

派遣薬剤師として働くメリット5つ

指をさす女性

では派遣薬剤師として働くとどんなメリットがあるのか。具体的には以下の通りです。

<派遣薬剤師として働くメリット>

  1. パート薬剤師より時給が高い
  2. 勤務条件の融通を利かせやすい
  3. サービス残業が無い
  4. 職場を変えやすい
  5. 派遣会社のフォローを受けて就業できる

①パート薬剤師より時給が高い

パートと派遣社員で薬剤師の時給を比べると、どの勤務先でも派遣の方が高時給な傾向にあります。

<派遣とパートの時給の比較>

職種・勤務先パート派遣
ドラッグストア2,000円~3,000円2,600円~3,200円
病院1,800円~2,200円2,500円~3,000円
調剤薬局2,000円~2,500円2,600円~3,100円
企業2,000円~2,200円2,600円~3,000円

高い時給を払ってでも即戦力の薬剤師を欲するところが多いことから、このように派遣のほうが高時給になりやすいんです。

②勤務条件の融通を利かせやすい

派遣の場合、求人サイト内で勤務条件を指定した上でお仕事を探せます。

そのため時短勤務の求人、週4日勤務の求人などにも応募できるんです。

なかには単発の薬剤師求人もありますから、短い期間でサクッと稼ぎたい方にもおすすめです。

またそうした柔軟な働き方を実現しやすいですから、プライベートを充実させたくなるのも魅力ですね。

③サービス残業が無い

派遣の場合はサービス残業がありません。

仮に残業する場面になっても、残業代は全額支給してくれるため安心してください。

なお残業をしたくない場合は、事前に担当者へ相談することで条件に合った求人を紹介してもらえますよ。

④職場を変えやすい

正社員と違って、派遣社員は有期契約での雇用です。

派遣社員としての期間を満了すれば、そのまま同じ薬局で更新するか、新たに別の薬局で契約するかの選択ができます。

契約更新のタイミングで他の薬局に移りやすく、融通を利かせて働けるのも魅力ですね。

⑤派遣会社のフォローを受けて就業できる

派遣社員の求人は派遣会社を通じて紹介してもらえます。

ですが求人紹介にとどまらず、その他にもさまざまなフォローを受けられるんです。

派遣会社から受けられる主なサポートは、以下の通りです。

<派遣会社から受けられる主なサポート>

  • キャリア面談
  • 福利厚生(有給休暇・社会保険・健康診断など)
  • 時給アップの交渉
  • 職場への定期的な訪問・連絡
  • トラブル対応など

フォローが手厚いため、派遣が初めての方でも安心して働けますね。

派遣薬剤師として働くデメリット3つ

派遣-考える女性

メリットが多い一方で、派遣薬剤師にはこんなデメリットがあります。

<派遣薬剤師として働くデメリット>

  1. いつ契約が終わるかは不明
  2. 即戦力性を強く求められる
  3. 希望条件が通るとは限らない

①いつ契約が終わるかは不明

派遣社員は有期雇用契約のもとでの働き方ですから、どこかのタイミングで契約が終わってしまいます。

ですがいつ契約が終わるかは分からないため、安定した働き方が難しいのは懸念点です。

なお派遣会社では契約満了の1カ月前には更新依頼の確認をするため、いきなり仕事がなくなるわけではありませんので安心してくださいね。

②即戦力性を強く求められる

そもそも薬局側は、即戦力として派遣社員を雇うと考えているケースが多いです。

また派遣社員の求人の多くが高時給な点も踏まえると、その分即戦力としての働き方が求められます。

もちろん未経験者向けの求人もありますが、経験者も同じ求人にエントリーした場合は不利に働きやすいため注意しましょう。

③希望条件が通るとは限らない

「通勤は30分以内がいい」
「時短勤務がイイ」

などなど、希望条件すべてが通るとは限りません。

求人が少なくやりやすい時期(夏場の閑散期など)だと、なかなか条件にあった求人が見つかりにくくなります。

ときには希望条件を妥協しないといけない場面が出るかもしれませんので、働く上での優先順位は確定しておくのが得策です。

派遣薬剤師の働き方が向いている人

指をさす女性②

派遣薬剤師の雇用形態は、正社員よりまだまだマイナーな働き方。

では派遣薬剤師として挑戦したい人からすれば、どんな人が派遣薬剤師に向いているか気になりますよね。

ここではまず「派遣薬剤師の働き方が向いている人」をご紹介します。

<派遣薬剤師の働き方が向いている人>

  1. 短期間でしっかり稼ぎたい人
  2. プライベートや家庭を優先したい人
  3. ブランクから復帰した人
  4. 副業をしつつ働きたい人
  5. さまざまな職場を経験したい人
  6. 安定性より自由度を優先する人
  7. 会社での言いなりがイヤな人

①短期間でしっかり稼ぎたい人

派遣薬剤師の給料は、時給ベースで見るとパートや正社員より高い傾向にあるんです。

パート薬剤師だと時給が2,000円ほどで、正社員時給換算で2,400円ほど。対して派遣社員だと時給は3,000~4,000円ほどまで上がります。

またデメリットの部分でも触れますが、派遣社員は同じ職場で3年までしか働けません。

これらの点を踏まえ、派遣薬剤師は短期間でしっかり稼ぎたい人におすすめです。

②プライベートや家庭を優先したい人

派遣社員の場合はサービス残業がないため、正社員よりプライベートや家庭を優先しやすいのも魅力。

派遣薬剤師は労働者派遣法でその点が守られており、薬局側から値段でサービス残業を強いるのはできないんですよね。

なお残業をしたとしても、しっかりと残業代が支払われるためその点は安心してください。

③ブランクから復帰した人

なかには「仕事を空けすぎて、いきなり正社員として薬剤師に復帰できるか不安…」なんてお思いの方もいます。

ですがそうしたブランクがある人に向けた求人もありますし、派遣会社での面談の際にその点も相談できます。

そして求人紹介のときに、ブランクがあっても働ける求人を複数紹介してもらえますよ。

また「紹介予定派遣」の働き方もオススメです。

紹介予定派遣とは
派遣期間(最長6ヶ月)の後に、派遣先と直接雇用を結ぶのを前提とした働き方。派遣期間が終わったら、本人と派遣先との双方合意により直接雇用として働ける可能性がある。

紹介予定派遣についての詳しいことは、以下の記事もチェックしてみてくださいね。

④副業をしつつ働きたい人

先ほども触れた通り派遣薬剤師だとサービス残業がなく、プライベートの時間を作りやすいのがポイントです。

つまり派遣薬剤師だと自分の時間を作りやすいため、副業で副収入を得つつ働けるのも魅力ですね。

ただし派遣会社によっては副業を禁止していたり、一部制限をかけるケースもあるためその点には注意しましょう。

⑤さまざまな職場を経験したい人

派遣社員だと同じ職場で働けるのは最長3年ですから、そのぶんさまざまなお仕事を経験できます。

さらに派遣社員は勤務条件(希望勤務地・希望職種・希望施設など)を自由に選択できるため、その点は変化を付けつつピッタリの働き方を探せるわけです。

⑥安定性より自由度を優先する人

先ほども触れたとおり、派遣薬剤師には契約期間の制限があります。

契約を満了しても派遣先がすぐ見つかるとは限りませんし、場合によっては空白期間ができるかもしれません。

ただ求人の自由度が高かったりプライベートを充実させやすかったりと、自由度は高いのがポイント。

さらに派遣薬剤師だと雇用期間が短い傾向にあり、人間関係のしがらみから解放されやすいのもポイントです。

こうした点を踏まえると、安定性よりは自由度を優先したい方にもおすすめといえますね。

派遣薬剤師の働き方が向いていない人

悩む薬剤師の女性

一方で以下項目に該当する場合は、派遣薬剤師の働き方が向いていないといえます。

<派遣薬剤師の働き方が向いていない人>

  1. 忙しいのがイヤな人
  2. キャリアアップをしたい人
  3. 調剤や監査経験がない人

①忙しいのがイヤな人

薬局では人材不足な傾向があるため、お仕事は基本的に忙しいです。

「とにかく今忙しいのがストレスなんです…」
「仕事中でも中抜けのときはのんびりしたい…」

なんて方には、派遣薬剤師の働き方をおすすめできません。

また高時給なところほど、仕事が忙しくなり高時給になりやすい点も押さえておきましょう。

②キャリアアップをしたい人

派遣社員の場合は派遣先の薬局に所属していなく、キャリアアップは難しいです。

そのため薬局長やエリア長などのハイキャリアを望む場合は、正社員として働くのが得策です。

③調剤や監査経験がない人

派遣薬剤師の場合、投薬・監査業務のやり方をある程度分かっていないといけないケースが多いです。

そのため投薬や監査が未経験の人だと、どうしても仕事が決まりにくくなってしまいます。

ある程度、調剤薬局の業務をこなせるようになってから派遣薬剤師の働き方を検討しましょう!

派遣薬剤師の平均時給・相場はどれくらい?

派遣-女性のはてな・スマホ

派遣薬剤師の場合、時給は時給3,000円~4,000円が相場となっています。

なお時給換算だと、正社員(2,400円ほど)やパート(2,000円ほど)より高くなるんです。

勤務時間が同じでも最大2,000円近くの開きが出るため、短期間で薬剤師として働きたいならば「派遣」がおすすめですよ。

なお派遣会社では担当者が時給交渉をしてくれるため、結果次第では予定より好条件で働けるかもしれませんよ。

派遣会社で登録~就業するまでの流れ

指をさす女性②

では今回ご紹介した派遣会社を使うとなれば、どんな形で就業できるのか。具体的には以下の通りです。

<派遣会社で登録~就業するまでの流れ>

  1. まずは登録(無料)
  2. 担当者との面談・ヒアリング
  3. 求人を紹介してもらう
  4. 職場見学(希望制)
  5. お仕事スタート・アフターフォロー

STEP①まずは登録(無料)

派遣会社を使って求人紹介を受ける前に、まずは専用フォームからの登録(無料)が必要です。

各サービスから申込を済ませて、担当者からの連絡を待ちましょう(今後の流れなどの説明があります)

登録はもちろん、サービスの利用自体も無料ですよ!

STEP②担当者との面談・ヒアリング

STEP①での指定時刻・オフィスにて、担当者との面談に臨みます。

求人紹介にあたっての、希望条件を詳しくヒアリングしてくれますよ。

また派遣や薬剤師のことで悩みごと・気になることがあれば、随時対応してくれますので、気軽に相談してみてください。

ちなみに転職しようか迷っている場合は、相談だけでも対応してもらえますよ。

面談は1時間~1時間半ほどで終わります!

STEP③求人を紹介してもらう

STEP②でのヒアリング内容をもとに、担当者から求人を紹介してもらいます。

その際求人情報上以外の「職場の人間関係・雰囲気」「募集背景」「経営状況」など、Web検索しても出てこないことまで教えてくれますよ。

気になる求人が見つかったら、担当者に推薦・応募をしてもらいます!

STEP④職場見学(希望制)

もし希望する場合は、気になる職場の見学(顔合わせ)もできます。

人間関係、忙しさ、衛生環境など、ご自分の目で事前にチェックできるんです。

派遣の職場見学については、以下の記事もチェックしてみてくださいね。

STEP⑤お仕事スタート・アフターフォロー

無事選考を突破できたら、いよいよ就業先でのお仕事がスタートします!

就業条件明示書をもらって雇用手続きを進めたら、お仕事に関する確認を受けます。

また派遣会社では就業後もサポートしてくれます。派遣会社では教育体制・福利厚生も整えているため、安心かつ快適に働けますよ!

薬剤師派遣会社には必ず複数登録をしよう!

女性-指差し

今回は薬剤師向けの派遣会社をランキング形式で紹介しました。

結論を言うと、1社に絞るよりも2,3社登録したほうが、よりあなたに合った派遣先を見つけられます。

登録に迷う場合は、以下3社だけでも登録するのをおすすめします。

ファルマスタッフ
ファル・メイト
エクスファルマ

派遣会社でも「非公開求人を多数掲載している」「紹介予定派遣の求人が豊富」「福利厚生が評判高い」などと、それぞれ強みがあります。

また、複数登録して同じ施設を紹介されても「交通費がでない」「地方の求人が少ない」など、条件が派遣会社によって異なります。

これから薬剤師の派遣社員で働く方は、派遣会社に複数登録して求人を比較してくださいね!

その他の職種の派遣会社ランキングはこちら↓から。

大手の人材派遣会社おすすめランキング!プロおすすめ25社を厳選比較【2022年6月最新版】
おすすめ大手派遣会社を、口コミ・評判・サービス特徴などをもとにランキング形式で徹底比較!派遣登録の方法、マージン率、正社員への登用など派遣社員の気になるコンテンツも満載です!
タイトルとURLをコピーしました