Webライターに強いおすすめ転職エージェント9選!転職エージェントの選び方は?

Webライターに強いおすすめ転職エージェント9選!転職エージェントの選び方は? 転職エージェント

「Webライターに強い転職エージェントってなんだろう…」
「どの転職エージェントを選ぶべきかわからない…」

などなど、転職エージェントについてこうお思いの方もいますよね。

ですがWebライターに強い転職エージェントといっても数多く、すぐには選びがたいところ…。

とはいえ選ぶのに悩んでいたら、その間に好条件・高待遇な求人を他の人に取られるかもしれません。

そうならないよう、今回はWebライターに強いおすすめ転職エージェントを9個に厳選してご紹介。

ちなみにイチバンおすすめするのは「doda」です。その理由は以下の通りです。

<dodaがおすすめの主な理由>

  1. Webライターの求人数が多い
  2. 大手パーソルの運営
  3. 限定求人も多数掲載している
  4. 担当者の対応が好評

ではdoda以外だと他にはどんな転職エージェントを使うべきなのか。詳しく見ていきましょう。

Webライターに強い!おすすめ転職エージェント9選!

指をさす女性

今回ご紹介する、Webライターに強いおすすめ転職エージェント9選は以下の通りです。

転職エージェント名Webライターの公開求人数
①doda約190件
②Webist約160件
③ワークポート約160件
④マイナビエージェント約110件
⑤DXキャリア(旧広告転職.com)約70件
⑥マスメディアン約60件
⑦リクルートエージェント約50件
⑧パソナキャリア約40件
⑨マイナビクリエイター約20件

1つずつ見ていきましょう!

①doda

doda-アイキャッチ画像

<dodaのおすすめポイント>

  • Webライターの求人数が充実!
  • 担当者の対応が好評!
  • doda限定求人も多数掲載!
運営会社パーソルキャリア株式会社
Webライターの公開求人数約190件

dodaは今回ご紹介する転職エージェントのなかで、もっともWebライターの求人を多く掲載しています。

求人数が充実しているぶん、しっかり比較したうえでピッタリのものが見つかることでしょう。

またdodaだけの限定求人も多数掲載しているため、サービスに登録することでより高待遇・高収入な求人にも出会えますよ。

さらに担当者の対応力に好評の声が多く「業界に精通している」「柔軟に対応してくれる」「アドバイザーが優秀」なんて声が寄せられています。

②Webist

Webist-20220105-アイキャッチ画像

<Webistのおすすめポイント>

  • Webライターの求人に強い!
  • 大手・有名企業の求人も充実!
  • さまざまな雇用形態の求人が満載!
運営会社株式会社クリーク・アンド・リバー社
Webライターの公開求人数約170件

WebistはWeb・広告・出版業界に特化した転職エージェントで、Webライターの求人にも強いです。

一般的な求人の他にも大手・有名企業の求人も強く、誰もが一度は聞いたことある求人も豊富。

また正社員だけでなく派遣社員・紹介予定派遣や契約社員、業務請負など求人の雇用形態もバラエティ豊かです。

さらに在籍するエージェントは業界に精通しているため、プロの目線で徹底的なフォローを受けられるのも魅力ですね。

③ワークポート

ワークポートのアイキャッチ画像

<ワークポートのおすすめポイント>

  • 転職決定人数No.1!
  • 転職サービスが豊富!
  • マンツーマンでじっくりサポート!
運営会社株式会社ワークポート
Webライターの公開求人数約160件

ワークポートはIT・エンジニア求人に強く、Webライターの求人も多数掲載しています。

転職決定人数No.1の実績があり、サービス利用者の多くが転職を成功させているのもポイントです。

現に転職相談実績は50万人以上と豊富ですから、そこから培われた転職ノウハウや専門知識でサポートしてくれます。

また担当者がマンツーマンでサポートしてくれるため、1対1でじっくりと転職活動をフォローしてくれますよ。

④マイナビエージェント

マイナビエージェント

<マイナビエージェントのおすすめポイント>

  • 大手マイナビの運営!
  • 面談・ヒアリングに定評あり!
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
運営会社株式会社マイナビ
Webライターの公開求人数約110件

マイナビエージェントはその名の通り、大手マイナビが運営する転職エージェント。

Webライターの求人も豊富で、一人ひとりの希望条件に合わせた求人を紹介してもらえます。

「じっくり聴く転職エージェント」としても有名で、面談時のヒアリングでの対応について好評の声が多く集まっています。

また「20代に信頼されている転職エージェントNo.1!」に選ばれた実績もあり、若年層を中心に信頼されているサービスともいえますね。

⑤DXキャリア(旧広告転職.com)

DXキャリア-20220105-アイキャッチ画像

<DXキャリアのおすすめポイント>

  • 入社まで徹底サポート!
  • 未経験者向けの求人も充実!
  • Web・IT・AI業界の転職支援実績が豊富!
運営会社株式会社プロフェッショナルメディア
Webライターの公開求人数約70件

DXキャリア(旧広告転職.com)はWeb・IT・AI業界の求人に強く、Webライターの求人も豊富。

未経験者向けの求人も充実しているため、新たにWebライターにチャレンジしたい方にもおすすめです。

またエージェントによるサポートも好評で、業界の人脈に強いチームが入社まで徹底的にフォローしてくれます。

さらに業界での転職支援実績も多く、5,000社を超える取引実績があるのも魅力ですね。

⑥マスメディアン

マスメディアン-20220105-アイキャッチ画像

<マスメディアンのおすすめポイント>

  • 未経験者向けの求人も多数掲載!
  • 柔軟な働き方のできる求人も豊富!
  • 転職支援実績はトップクラス!
運営会社株式会社マスメディアン
Webライターの公開求人数約60件

マスマディアンもWebライター求人に強く、関東・関西を中心に求人を展開しています。

転職支援実績は業界トップクラスで、数々の求職者をサポートしているのもポイントです。

なかには未経験者向けの求人もあり、これからWebライターに挑戦したい方にもおすすめ。

また在宅勤務・テレワークなど、柔軟な働き方に対応した会社の求人に強いのも魅力ですね。

⑦リクルートエージェント

リクルートエージェント-アイキャッチ画像②

<リクルートエージェントのおすすめポイント>

  • 大手リクルートの運営!
  • 転職支援実績No.1!
  • 充実した転職サポート!
運営会社株式会社リクルート
Webライターの公開求人数約50件

リクルートエージェントはその名の通り、大手リクルートが運営している転職エージェントです。

転職支援実績はNo.1と、数ある転職エージェントのなかでも特に利用者の多いサービスでもあります。

また転職サポートが充実しているのもポイントで、書類選考退職や面接対策、リクルート独自の情報分析サポートなど、フォロー体制が充実しているのもポイントです。

求人紹介の際は、業界精通のプロのアドバイザーが、一人ひとりの要望に沿って紹介してくれますよ。

⑧パソナキャリア

パソナキャリアのアイキャッチ画像

<パソナキャリアのおすすめポイント>

  • オリコン顧客満足度調査で第1位を獲得!
  • 転職者の年収アップ率67.1%!
  • 46万人の転職支援実績!
運営会社株式会社パソナ
Webライターの公開求人数約40件

パソナキャリア人材業界で大手のパソナが運営するサービスで、こちらもサービスの質は全体的に高いです。

オリコン顧客満足度調査では第1位を獲得しており、4年連続で総合1位を獲得しているほど。現に利用者からも担当者の対応力や求人の質について、好評の声が多くあがっています。

またパソナキャリアを経由して転職した人の年収アップ率は67.1%と、利用者の多くは年収改善を成功させています。

さらに転職実績は46万人と利用者が多く、安心してサービスを利用できるのもポイントですね。

⑨マイナビクリエイター

マイナビクリエイター-20220105-アイキャッチ画像

<マイナビクリエイターのおすすめポイント>

  • 担当者の対応が丁寧!
  • 業界出身のアドバイザーがサポート!
  • 大手・有名企業の求人も満載!
運営会社株式会社マイナビワークス
Webライターの公開求人数約20件

マイナビクリエイターも大手マイナビが運営する転職エージェントで、Web・IT・ゲーム業界の求人を専門としています。

業界を専門としたプロのアドバイザーが多数在籍していますから、より質の高いサポートを受けられるのも魅力です。

さらに大手・有名企業の求人もあるため、好待遇な求人に応募できるのもポイントですね。

Webライターに強い転職エージェントの選び方

派遣-指をさす女性

ではどんな基準で転職エージェントを選ぶべきか。具体的な選び方は以下の通りです。

<転職エージェントの選び方>

  1. Webライター求人の多いサービスを選ぶ
  2. 転職エージェントを複数利用する
  3. 業界未経験なら総合型エージェントを使う

①Webライター求人の多いサービスを選ぶ

当然の話しですが、Webライターの求人を探している以上はある程度求人が揃ってないといけません。

転職エージェントやってはWebライターの求人が少ないorまったくないケースもありますから、その点には注意しましょう。

なお今回ご紹介したサービスでいえば、dodaやWebist、ワークポートでは求人が比較的多いですね。

②転職エージェントを複数利用する

転職エージェントを使って転職するならば、2社以上利用するのがおすすめです。

まずは今回ご紹介した転職エージェントのなかから2社に登録して、可能であれば3社ほど併用するのがおすすめです。

なおサービスを複数利用すれば、こんなメリットがあります。

<転職エージェントを複数利用するメリット>

  • 応募できる求人の幅が広がる
  • 担当者・求人の質・サポート体制を比較できる
  • 複数人からのアドバイスを受けられる
  • 独占求人を広く押さえられる
  • 目的ごとで転職エージェントの使い分けができる

なお転職エージェントを使う時に料金はかかりませんから、費用面を気にせずまずはお気軽に登録してみてくださいね。

③業界未経験なら総合型エージェントを使う

そもそもWeb業界が未経験ならば、総合型の転職エージェントを使ってみましょう。

<未経験で総合型エージェントを使うべき理由>

  • 未経験者向けの求人が見つかりやすい
  • 転職サポートが充実している傾向にある

未経験者を歓迎してくれる求人はどうしても少なくなってしまうため、そこを求人数の多さでカバーする必要があります。

さらに未経験でWeb業界に挑戦するとなれば、書類選考・面接などでニガテ意識をもたれる方も多いです。

総合型の転職エージェントだとその手のフォローも整っていますし、事前に押さえたいところですね。

Webライターへの転職を成功させるためのポイント3つ

指をさす女性

ではWebライターへの転職を成功させるにはどんなポイントを押さえるべきか。具体的には以下の3つです。

<Webライターへの転職の成功ポイント>

  1. SEOの知識を押さえる
  2. 少しでも実績を積んでおく
  3. 希望条件の優先順位を固めておく

①SEOの知識を押さえる

Webライターの場合、多くはSEO知識を求められることが多いです。

SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)とは
Googleをはじめとした検索エンジンを用いたマーケティング戦略の一つ。検索エンジンからWebサイトへの訪問者を増やし、成果を向上させていく施策のこと。

このSEOにもとづいて事業を伸ばしている会社も多いため、事前に知識を蓄えておいて損はありません。

書籍やWeb情報などを通じてカンタンにまとめられているため、時間を見つけて掘り下げていくのがおすすめですよ。

②少しでも実績を積んでおく

特に業界未経験の方であれば、事前に少しでも実績を積んでおくのがおすすめです。

たとえばブログを立ち上げてみたり、クラウドソーシングで単発の仕事を請けてみたりするのも良いでしょう。

クラウドソーシングではWebライターの仕事を募集しているところも多く、初心者から挑戦できる環境が整っています。

またそうした経験を積んでいけば、本当にWebライターとして働きたいのかの確認もできますね。

③希望条件の優先順位を固めておく

Webライターに限らず、転職における優先順位をしっかり固めておくのもポイント。

何が譲れなくて何を妥協できるのか、ご自分の言葉で明確にしておけば転職活動がスムーズに進みやすいんです。

また優先順位を明確にすれば希望条件にあった求人が見つかりやすくなり、ミスマッチ防止にも繋がりますね。

たとえば「通勤時間は少し長くなってもいいから、とにかく給料が前職より上げたい」などと考えを巡らせてみましょう。

自分にとって本当に重要なものは何かを考え、スムーズな転職活動を実現してくださいね。

転職エージェントを使って転職するまでの流れ

指をさす女性②

では今回ご紹介した転職エージェントを使うと、どんな流れで転職できるのか。具体的な流れは以下の通りです。

<転職エージェントを使って転職するまでの流れ>

  1. まずは転職エージェントに登録(無料)
  2. 面談・求人紹介を受ける
  3. 書類選考対策・面接対策
  4. 内定・お仕事スタート!
  5. アフターフォロー

STEP①まずは転職エージェントに登録(無料)

転職エージェントでWebライターの求人を紹介してもらうにあたり、まずはサービスへの登録が必要です。

各サービスで用意している申込フォームから、希望条件(勤務地・職種・年収・転職時期)や個人情報などを入力しましょう。

なお転職エージェントは無料で利用できるため、まずはお気軽に登録してみてくださいね。

申し込みが済んだら面談や今後について担当者から連絡が来るため、必ず対応しましょう!

STEP②面談・求人紹介を受ける

面談では担当者が希望条件や経歴などを確認し、それらに沿った求人を紹介してくれます。

またSTEP①での申し込んだ内容をもとに、各転職エージェントで保有している求人を紹介してもらいます。

なお対面形式の面談だけでなく、電話での面談が可能なケースもあります。

気になる求人が見つかったら、担当者に応募してもらいましょう!

STEP③書類選考対策・面接対策

求人の応募してもらったら、次は選考段階に入ります。選考を突破するにあたって、事前に書類対策と面接のアドバイスを受けられます。

なお面接の日程調整や企業との仲介は担当者が進めてくれるため、身軽な状態で面接本番に臨みますよ。

STEP④内定・お仕事スタート!

無事書類選考と面接をクリアできれば、いよいよ転職先での仕事がスタート!

なお転職エージェントの担当者が企業担当者と条件交渉を進めてくれるため、交渉次第ではより良い条件で入社できるかもしれませんよ。

STEP⑤アフターフォロー

内定をもらえた後も、転職エージェントの担当者がフォローしてくれます。

退職における引き継ぎ作業・手続き、関係者への挨拶など、細かいこと一つひとつにもサポートが入りますよ。

Webライターに関するよくある質問

女性-はてな

ここでは、Webライターに関するよくある質問をまとめます。

未経験からWebライターに挑戦できますか?

もちろん、未経験からでもWebライターに挑戦できます。

現に異業種・異職種からWebライターに転職するケースも多いんです。

なお未経験から挑戦したい場合は、先ほど触れた通りクラウドソーシングやブログ立ち上げなどを通し、少しでも実績を積んでおくのがおすすめですよ。

Webライターの将来性ってどうですか?

結論、スキルに乏しいWebライターは淘汰されると考えられますが、スキルがあれば未来は明るいとされています。

副業が当たり前になってからWebライターの文字単価は安くなっていてますし、AIの発達も考慮すると「ただ文字を書くことだけしかできない人」は置いてかれると考えてください。

今後はライティング能力だけでなく、企画力や提案力、分析力、リサーチスキル、インタビュースキルなども強く求められることでしょう。

Webライターに必須な資格はありますか?

Webライターになるにあたって、特に必須な資格はありません。

ただ下記の資格を持っていると、微力ながら有利に働く可能性があるかもしれませんね。

  • Webライティング能力検定
  • WEBライティング技能検定
  • Webリテラシー試験
  • ビジネス著作権検定 など

資格取得に励むより、経験を積んだほうが有利になりやすいですね。

まとめ~Webライターに強い転職エージェントならdodaがおすすめ!~

今回はWebライターに強い転職エージェントを、厳選して解説してきました。

冒頭から触れてきた通り、いちばんオススメの転職エージェントはdodaです。

Webライターの求人が豊富なうえに、サポート体制の充実している使い勝手の良い転職エージェントです。

またdoda以外にも興味のあるサービスが見つかったら、ぜひ複数利用してみてくださいね。

よく比較した上で、ご自身にぴったりのサービスを見つけましょう!

タイトルとURLをコピーしました