【味の素の派遣】ってどうなの?食品会社で働きたい人におすすめの派遣会社は?

味の素 大手企業への派遣

派遣で働こうと思っている…それなら中小企業で働くよりも誰もが知っているような知名度抜群の東証一部上場している一流企業で働いてみたい!と思ったことがあるという方は多いのではないでしょうか。

その中でも食品会社って食品を開発したり、試食会があったり、店頭に並ぶ前の試作品を見れたり…なんだか楽しそうなイメージありますよね。

今回の記事では、有名な万能調味料の食品メーカーとして有名な味の素の派遣事情について書いていきますよ!

味の素の派遣の仕事は、給料や派遣社員の待遇、質もよいと評判になっています。

今回は、派遣求人でも人気の味の素に派遣として就職しやすくする方法や味の素で派遣として働くことの待遇などについて紹介していきます!

  1. 味の素ってどんな企業?
  2. 味の素の派遣社員の配属事業部や職種は?
    1. 食品会社ならではの事業部
      1. 部署アシスタント / データ入力(時給1700円~)
      2. 部署アシスタント / 人事労務(時給1730円~)
      3. テレフォンオペレーター(時給1700円~)
  3. 味の素のような大企業で派遣社員として働くメリットは?
    1. 研修を重要視
    2. 派遣社員から正社員になれれば、安泰
    3. コンプライアンスを重要視するので派遣社員にとっても良い職場環境であることが多い
    4. 社員の希望を聞いて、より働きやすい職場作りにお金をかける
  4. 逆に一流企業で働くデメリットはあるの?
    1. 派遣社員から大企業の正社員への登用はハードルがかなり高い
    2. 派遣社員の採用でも未経験では採用されにくい
  5. 味の素の派遣社員は待遇や職場環境がよいってホント?メリット・デメリットは?
    1. 味の素の派遣で働くメリット
      1. 社員食堂が使える
      2. 味の素で働いているという社会的信用を得られる
      3. 大手企業ならでは!派遣社員への待遇がよい
      4. 自分以外にも派遣社員が多い!
    2. 味の素の派遣で働くデメリット
      1. 人気の求人のため、求人が出てもすぐに締め切られてしまう可能性がある
      2. 正社員になるのは、かなりの難関
  6. 味の素や大手食品会社で派遣として働きたいならおススメの派遣会社2選
    1. 味の素コミュニケーションズ
      1. 味の素コミュニケーションズは味の素100%出資の派遣会社
      2. 味の素グループのネットワークを活かした食品関連の派遣先が多い!
      3. 派遣でも条件を満たせば味の素グループの福利厚生を使用できる
    2. パソナ
      1. 業界トップレベルの福利厚生
      2. 味の素を始めとした大企業の派遣求人
  7. まとめ

味の素ってどんな企業?

派遣-女性派遣社員のはてな

味の素は有名な食品会社として有名で、世界各地に食品工場などを持つ世界的な企業です。

料理は化学…ではないですが、食品以外にもアミノ酸生産技術を活かしたケミカル事業や医薬事業、サプリメント事業なども行っています。

また、行動規範の中の「従業員の人材育成と安全確保」には「すべての従業員を公平に扱う」「ハラスメントは行わない」などの従業員に関する多くの記述がされており、従業員を大切にする意識の強さが覗えます。

味の素の派遣社員の配属事業部や職種は?

実際に味の素で働くときにはどのような事業部や職種に配属されるのか、気になりますよね。

食品会社ならではの事業部

広告部や営業部などの一般的な事業部もありますが、さすが食品会社といったところか、甘味料部、風味調味料部など一般的な企業に比べると一風変わった事業部も存在します。

冷凍食品事業部や即席麺に配属されれば、もしかしたら試作品の味見なんて役得な業務(?)もさせてもらえるかもしれませんね!

以下では、様々な事業部としてあなたが働く職種について紹介していきます。

部署アシスタント / データ入力(時給1700円~)

データ入力の仕事です。

最低限以上のワードやエクセルの操作スキルは持っておいた方がいいです。

魅力的な時給ですが、その分求められるものは高いという意識は持っておきましょう。

部署アシスタント / 人事労務(時給1730円~)

人事労務の仕事で社員の出退勤や有休の処理、入退社関係、その中でも給与計算の業務が中心になるようです。

総務・人事の経験が必要条件になります。

それだけでなく、社会保険などの知識も持ち合わせておくべきです。

テレフォンオペレーター(時給1700円~)

電話での対応結果をエクセルに入力するのが主な業務となります。

電話対応業務の経験がある方は、優遇されるようです。

味の素のような大企業で派遣社員として働くメリットは?

大企業で派遣として働くメリットについて触れていきます。

研修を重要視

大企業は、研修を重要視し、しっかりとした研修を行います。

大企業ほど、研修の大切さを熟知しているので、お金と時間を使って研修のカリキュラムを作成していることが多いです。

また、大企業で多数の社員を雇っている関係で入退社が非常に多く、新卒、中途、派遣などの新入社員の受け入れ態勢が完成されていて、何度も研修を繰り返しPDCAが出来ていることから、より洗練された研修を受ける事が出来るのです。

派遣社員という立場だとちゃんと研修をして仕事内容を教えてくれるのか、雑に扱われないか、と心配になることもありますよね。

一流企業であれば、初出社で放置されて仕事も振られず不安…なんてことも、逆に何も知らないし教わってないのに仕事を振られるというようなことが無く、研修から仕事に入るという段階をしっかり踏んで、仕事に取り掛かれることが大きなメリットだと思います。

派遣社員から正社員になれれば、安泰

一流大企業と呼ばれていても急に赤字に転落したり、退職希望者を募ったり、正社員となっても一生安泰の終身雇用と呼ばれる時代はもう終わりました。

しかし、それでも中小企業より大企業の方がなにかと安定しています。

高い学歴や学生時代、社会人時代に結果を残した新卒や中途しか正社員として入社できない大企業に、派遣社員であればそれらよりは低い基準で勤務することができ、万が一実力を認められることがあれば、正社員へ昇格することもあります。

一流の大企業で正社員になることができれば、年収や休日、その他の様々な面で生活水準も上がります。

将来的に実力が認められさえすれば、一流企業に正社員で働ける可能性があるということも派遣社員として大企業で働く大きなメリットです

コンプライアンスを重要視するので派遣社員にとっても良い職場環境であることが多い

SNSの発達による内部告発、社会的にコンプライアンスは近年どんどん厳しくなっています。

パワハラにセクハラ、サービス残業などの企業がコンプライアンスを無視した行動があればSNSなどで内部告発が発生し、一瞬のうちにその噂は広まります。

それが噂だとしても企業にとってはイメージダウンに繋がりますし、ましてや本当に行われていたことだとすれば、イメージダウンだけでなく世間的にバッシングを受けて企業ブランドも信用もガタ落ちする世の中です。

それが大企業であればなおさらです。

マスコミや世間から叩きに叩かれ、会社の名前は地に落ちます。

そうならないために、一流の大企業はコンプライアンスを教えるという意味でも研修に力を入れています。

当然、派遣社員に対してもコンプライアンスを守ったうえで接することが普通になっており、そういう意味で職場環境も良くなっているのです。

社員の希望を聞いて、より働きやすい職場作りにお金をかける

水やコーヒーが飲み放題だったり、執務室では社員に一人一台加湿器や空気清浄機が完備されているところもあります。

これだけ職場環境が充実しているのは、従業員の要望に沿って従業員が働きやすい環境を作るために、それらの設備投資にお金をかけるのです。

逆に一流企業で働くデメリットはあるの?

大企業で働くメリットはわかったけど、デメリットはないのか気になりますよね。

確かに大企業で派遣社員として働くのは、あらゆる面でメリットが多いのですが、そんな大企業だからこそのデメリットも存在します。

派遣社員から大企業の正社員への登用はハードルがかなり高い

正社員ではなく、派遣社員としてでも大企業の正社員になりたいという人は多いです。

あなたが派遣社員から正社員への登用を狙うように、契約社員やアルバイトで働いている人も虎視眈々と正社員の座を狙っていると考えていても不思議じゃないですよね。

しかし、企業側も正社員希望者全員を正社員にするわけにはいきません。

正社員は簡単に雇用を切れませんし、急な不況や業務不振に備えて、雇用調整が利きやすい派遣や契約、アルバイトなどの従業員を一定の割合もっておく、リスクヘッジが重要になります。

以上の理由から少ない枠の正社員登用の競争は激化するのが当然で、企業としてもハードル高くして、登用の基準を設けないといけなくなります。

正社員になれる可能性はありますが、あくまで狭き門であり、実力とタイミングがなくてはチャンスは少ないという認識は持っておきましょう。

派遣社員の採用でも未経験では採用されにくい

派遣求人とはいっても大企業の求人はやはり人気の傾向にあります。

そのため必然的に応募率も高くなり、スキルを持った人が応募してくるため、未経験の職種だと競争に敗れて採用を見送られる場合が高いです。

事務職であれば、ワード、エクセル、パワーポイントなどを使いこなせる、資格を持っているというだけでは不十分で、実務経験を採用条件にしている求人もあります。

職種や企業によっては未経験でもいいという求人もありますが、未経験でもよいという職種での求人は当然ですがその分、応募率も高くなるので、採用されにくくなります。

味の素の派遣社員は待遇や職場環境がよいってホント?メリット・デメリットは?

大企業の派遣事情は理解していただけたと思いますが、実際に味の素の派遣社員の待遇はどうなのでしょうか。

メリットとデメリットについて記述していきます。

味の素の派遣で働くメリット

社員食堂が使える

味の素には社員食堂が設置されていて、コーヒーは一杯50円、パンは100円、一食大体300円から500円で済ませられるリーズナブルな値段が特徴です。

冷凍食品を製造している関係なのか、お弁当を作って持参している人も多いそう。

やはり、おかずは味の素の冷凍食品を使っているのでしょうか…?

味の素で働いているという社会的信用を得られる

親族や友人に勤務先を聞かれたとき「味の素に勤めている」と伝えられる…きっと一目置かれますよ!

超有名な万能調味料の名前がそのまま会社名になっていたり、サッカーを知っている人なら味の素スタジアムなども有名で日本では、かなり有名な企業なので、知名度が高く、初対面でも勤務先を伝えやすいです。

大手企業ならでは!派遣社員への待遇がよい

完全週休二日制で休日がしっかりしていることや、派遣社員でも正当な評価を受けることができ、当然ですが、残業代もしっかりと出してもらえます。

また、味の素の派遣求人を紹介する派遣会社は、大企業であったり、味の素グループの子会社である関係で福利厚生面でも良い待遇が受けられるのが魅力です。

自分以外にも派遣社員が多い!

味の素は食品関連の事業を中心に関連した子会社を首都圏を中心にいくつも持つ、グループ会社です。

その関係で、雇用調整の効きやすい派遣社員を多く抱えています。

味の素コミュニケーションズという派遣会社をご存じでしょうか?

味の素が出資100%の子会社として立ち上げている派遣会社なのですが、その設立背景も、グループ会社に多くの派遣を直接紹介したいという理由があるのでしょう。

そのため、職場で自分だけが派遣社員…ということはあまりなく、自分以外にも派遣社員が多いため安心して働くことができます。

ただし、あなたが正社員を狙っている場合、派遣社員が多いということは正社員を狙うライバルが多いと言えます…。

味の素の派遣で働くデメリット

派遣社員としてでも働くことにメリットが多い味の素ですが、残念ながらデメリットも存在します。

ここからは、味の素で派遣社員として働く上でのデメリットを紹介していきます。

人気の求人のため、求人が出てもすぐに締め切られてしまう可能性がある

味の素の求人は派遣求人の中でも待遇面や職場環境、また食品という人気業界であることもあり、とても人気です。

求人が出れば、スキルを持った応募者が殺到するのです。

その結果、競争率は当然高くなり、あなたの持つスキルより味の素にマッチするスキルを持った人が応募していれば、そちらの人が紹介されることとなります。

求人が出たからと言って、絶対に働けるチャンスが巡ってくるわけではないことに注意しましょう。

正社員になるのは、かなりの難関

派遣社員から正社員への登用を勝ち取った人は確実に存在します。

しかし、簡単に味の素の正社員になれるなら苦労しませんよね。

当然、相応の実力や人間性、ちょうど正社員が欠員する等、実力とタイミングがそろわなければ、なかなか正社員になることは難しいのが現状です。

もし、正社員を目指して派遣として働こうと考えているのなら、それなりの覚悟を持って働きましょう。

味の素や大手食品会社で派遣として働きたいならおススメの派遣会社2選

味の素や味の素のような大手食品会社で派遣社員として働きたい場合、おススメの紹介派遣会社が二つあります。

食品会社で働いてみたい!と思っているなら要チェックな会社ですよ!

味の素コミュニケーションズ

味の素コミュニケーションズ

会社名を見て「おや?」と思う方は多いのではないでしょうか?

味の素コミュニケーションズは味の素100%出資の派遣会社

名前の通り、味の素コミュニケーションズは、味の素100%出資の味の素グループの会社になります。

設立背景は、味の素グループ全体で多くの派遣社員を使う関係で、他の派遣会社に紹介を受けるより、自社グループで派遣会社を作ってしまった方が効率がいいとのことからだと思われます。

実際に味の素コミュニケーションズの求人は、味の素グループの会社が多いです。

味の素グループで働きたいと考えているなら味の素コミュニケーションズ以外の選択肢はあるのか?と思います。

味の素グループのネットワークを活かした食品関連の派遣先が多い!

味の素コミュニケーションズの紹介先は、味の素グループに限りません。

味の素のネットワークから味の素以外の食品関係の会社の求人も多く紹介されていることも特徴です。

派遣でも条件を満たせば味の素グループの福利厚生を使用できる

派遣社員でも一定の条件を満たせているのなら、味の素グループの福利厚生を受けられるという点も魅力的です。

パソナ

パソナ-アイキャッチ画像

味の素を始め、多くの食品関連の大企業の紹介求人を持っている紹介派遣会社では有名な会社です。

業界トップレベルの福利厚生

味の素コミュニケーションズで派遣先を紹介してもらった場合に受けられる味の素グループの福利厚生というとネームバリュー的にもかなり魅力的に映ってしまいます。

しかし、パソナの福利厚生も業界でトップレベルの内容になっています。

家事代行や美容系の福利厚生が充実しており、特に女性やお子さんがいる方には嬉しい内容となっているので、見比べてみて一考する価値がありますよ!

味の素を始めとした大企業の派遣求人

味の素だけではなく、他にも多くの企業の紹介求人を保有しています。

味の素から依頼されて派遣社員を紹介しているので、当然他の多くの大企業もこの会社に信頼を寄せて派遣社員の紹介を依頼しています。

是非チェックしておくべき派遣会社ですよ!

パソナは評判最悪!?口コミ27件とサービス特徴を徹底解説!
「パソナは評判が悪いって聞いたけど本当かなあ…」 「パソナって私に合ってる派遣会社なのかな…」 派遣登録する前に、まずはパソナの利用者の口コミ・評判を押さえておきたいですよね。 パソナは口コミでも満足度の高いサービスですが、実...

まとめ

味の素に派遣社員として働くうえでのメリットやデメリット、味の素のような食品会社で働きたいなら知っておくべき派遣会社を紹介してきました。

自分が好きな食に関わった仕事がしたい、大手企業で良い職場環境の中で働きたい。

人によって考え方は様々だと思いますが、この記事で実際にメリットやデメリットを見て、その希望が強くなった人もいれば、魅力的に感じなくなった人もいるでしょう。

もし、味の素や食品会社で派遣社員として働きたいという思いが強くなったのなら、味の素コミュニケーションズやパソナといった紹介派遣会社を利用してみましょう!

タイトルとURLをコピーしました