ベンチャー企業に派遣で働くのはどうなの?大手との働き方の違いは?

派遣-男女 お役立ちコラム

ベンチャー企業に派遣社員として働きたいけど、実際どうなの?

と考えている人も多いはずです。

ベンチャー企業に対しての意見は人によってさまざまですよね。

結論から言うと、キャリアアップを目指している人はおすすめです。

ベンチャー企業は、派遣社員でありながら多岐に渡って仕事を任せてもらえるため、成長できる環境が整っていますよ。

ただ、ベンチャー企業にはメリットだけでなく、デメリットもあります。

メリット・デメリットをしっかり理解していないと、派遣されてから大変な思いをするかもしれません…。

本記事では、ベンチャー企業で派遣社員として働くうえでのメリット・デメリットについて紹介します。

また、大手企業で派遣社員として働くメリット・デメリットについても紹介しています。

ベンチャー企業と大手企業を比較しながら、自分に合っているのはどちらなのかをしっかりと明確にするためにも参考にしてみてください。

そもそもベンチャー企業ってなに?

派遣-渋谷区,はてな,女性

そもそもベンチャー企業とはどのような企業を指すのかを知っていますか?

ベンチャー企業について分かりやすくお伝えしますね。

ベンチャーとは「冒険的な」という意味があります。

大企業では手を出しにくい、冒険的でクリエイティブな事業を立ち上げる企業のことを指します。

事業内容や会社の規模間などには明確な定義は無いといわれていますね。

小規模の企業をベンチャー企業と勘違いしている人もいますが、そうではありません。

ただ、新しいビジネスを立ち上げて成長段階の企業が多いため、必然的に小規模な企業が多くなっています。

また、ベンチャー企業は成長段階の企業がほとんどで、大手企業に比べると働く環境や福利厚生が整っていません。

もし、恵まれた環境で働きたいという人は、ベンチャー企業は不向きな可能性がありますね。

ベンチャー企業が自分に合わなければすぐに辞められる派遣社員は強い

「ベンチャー企業はブラックが多いって聞くから不安…」
「キャリアアップはしたいけど、ついていけるかな…?」

など、ベンチャー企業に興味があるものの、一歩踏み出せない人も多いのではないでしょうか?

派遣社員であれば、正社員よりも職場を辞めやすいです。

もし、ベンチャー企業に興味があるのであれば、まずは正社員ではなく派遣社員として働くと良いですね!

正社員でベンチャー企業に入って自分に合わなかった場合は、「退職に時間がかかること」や「イチから転職活動をしなくてはならない」など非常に労力がかかってしまいますよね。

一方派遣社員では、派遣会社と契約を交わしているため合わなければすぐに辞められますよ。

また、辞めた後もすぐに条件に合わせた求人を紹介してもらえるので、すぐに新しい派遣先で働けます。

退職時にトラブルがあったとしても、派遣会社が仲介してくれるため、円満退社が可能ですよ。

派遣社員は派遣会社にしっかりと守られているので、正社員よりも挑戦できる環境が整っていますよ。

派遣社員であれば気軽にベンチャー企業で働けるので、ベンチャー企業が合うかどうかわからない人は、一度派遣社員としてチャレンジしてみましょう!

ベンチャー企業に派遣で働くメリット3つ

派遣としてベンチャー企業で働くメリットは数多くあります。

ベンチャー企業で働くメリットとして下記の4つがあげられます。

  1. 幅広く業務にかかわれる
  2. 正社員になれる可能性もある
  3. 時給が高い傾向がある

では詳しく解説します。

①幅広く業務にかかわれる

ベンチャー企業に派遣として働くメリット1つ目に「幅広く業務にかかわれる」という点があげられます。

ベンチャー企業で働く場合は、一人一人の裁量が大きく、さまざまな業務内容を任せてもらえます。

また、人数が少ないベンチャー企業の場合は、イレギュラーな業務を行う可能性も考えられるでしょう。

ベンチャー企業は変化が早いため、臨機応変に業務を任せてもらえますよ。

毎日違う業務携わることができるので、刺激的な毎日を過ごせます。

また、幅広い業務を任せてもらえるため、他の派遣社員とのスキルアップのスピードはかなり違います。

ルーティーンワークで決められた仕事をこなしていきたい人は向いていませんが、自分で考えて行動していきたい人にとってはぴったりですよね。

派遣社員であっても、「幅広く業務をまかせてもらいたい!」という人にはぴったりですね。

②正社員になれる可能性もある

ベンチャー企業に派遣として働くメリット3つ目に「正社員になれる可能性もある」という点があげられます。

ベンチャー企業は大手に比べて、派遣社員と正社員の距離が近いため、人間関係もより親密な関係になることも多いです。

また、ベンチャー企業は責任者との距離も近いので、派遣社員として働いていたとしても「どんな人なのか?」というのを理解してもらいやすいですよ。

あなたが派遣されて、社員の人たちに「一緒にいて働きやすい」と思ってもらえれば、そのまま正社員として雇用してもらえるケースも少なくありません。

また、正社員になれなかったとしても、長期契約になりやすいです。

派遣社員には契約期間がありますが、契約期間が終わった後も契約期間を延長してもらえること場合も考えられますよ。

ベンチャー企業は大手企業に比べて、比較的長期的に働ける環境が整っています。

派遣先によっては正社員として、声を掛けられる可能性も十分にありえますよ。

今後正社員として働きたいという意思があれば、ベンチャー企業に派遣として働くことをおすすめします。

③時給が高い傾向がある

ベンチャー企業に派遣として働くメリット4つ目に「時給が高い傾向がある」という点があげられます。

大手の人気企業であれば、時給が安くても人が集まりますよね。

一方、ベンチャー企業は大手企業に比べると知名度がなく、人が集まりにくいです。

そのため、大手の人気企業よりも時給を高くして、好条件で派遣社員を応募している企業が多いですね。

また、ベンチャー企業は大手企業に比べて、時給の交渉がしやすいです。

ベンチャー企業は少数精鋭の優秀な人材が集まっています。

派遣社員といっても1年ほど働いていれば、ある程度スキルは身についているはずです。

そのようにスキルのある派遣社員は、なかなか手放したくないですよね。

あなたの代わりを見つける手間を考えるのであれば、時給を上げて長く働いてほしいと思うはずです。

そのため、ベンチャー企業の時給交渉はしやすいといえます。

派遣社員として、高い時給で働きたいのであればベンチャー企業で働くことをおすすめしますよ。

ベンチャー企業に派遣で働くデメリット3つ

次に、派遣社員がベンチャー企業で働くデメリットはどのようなものがあげられるでしょうか?

下記の3つがデメリットです。

  1. 1人当たりの仕事量が多い
  2. 責任の重い仕事をまかせられる
  3. 休みが取りにくい

では詳しく解説します。

①1人当たりの仕事量が多い

ベンチャー企業に派遣として働くデメリット1つ目に「1人当たりの仕事量が多い」という点があげられます。

派遣社員は決められた仕事をこなしていくイメージですが、ベンチャー企業の場合は仕事が多岐に渡るため、仕事量が多くなることが多いですね。

一定の仕事をこなしていきたいという人にとっては、ベンチャー企業は不向きといえるでしょう。

②責任の重い仕事をまかせられる

ベンチャー企業に派遣として働くデメリット2つ目に「責任の重い仕事をまかせられる」という点があげられます。

ベンチャー企業は少数精鋭の企業がほとんどのため、1人に対しての責任が重くなることが考えられますね。

派遣社員だからといって、雑用や誰でもできる仕事ばかりではありませんよ。

派遣社員であっても、アイデアやスキルが企業全体に影響していきます。

そのような点から、派遣社員でも責任の重い仕事を任せてもらえます。

重い仕事を任せてもらえるという点は、人によってメリットデメリットどちらでもいえますよね。

なるべく責任のある仕事をしたくないという人にとっては、デメリットになってしまうでしょう。

③休みが取りにくい

ベンチャー企業に派遣として働くデメリット3つ目に「休みが取りにくい」という点があげられます。

ベンチャー企業は人数が少ないため、1人ひとりが責任を持って働くことが基本です。

少人数で仕事に取り組むため、1人が休んでしまうのは会社に大きな影響を与えてしまいますよね。

派遣社員であっても、正社員と同等の扱いをしてもらえるベンチャー企業では、休みが取りにくい環境といえるでしょう。

休みを重視したいのであれば、事前に派遣会社の担当と相談をして休みがしっかりととれる求人を紹介してもらう努力が必要ですね。

大手企業に派遣で働くメリット4つ

派遣-指をさすポニーテールの女性

派遣社員がベンチャー企業で働くメリット・デメリットを紹介しました。

では、大手企業で働くメリット・デメリットはどのようなものがあげられるでしょうか。

まずはメリットから解説します。

大手企業で働くメリットとして、下記の4つがあげられます。

  1. 仕事の範囲が明確化されている
  2. 恵まれた職場環境が整っている
  3. コンプライアンスがしっかりしている
  4. 派遣仲間ができる

①仕事の範囲が明確化されている

大手企業に派遣として働くメリット1つ目に「仕事の範囲が明確化されている」という点があげられます。

大手企業の派遣スタッフは人数も大勢いるため、一人一人の業務が細分化されています。

そのため、一人当たりの仕事の範囲が明確化されているため、イレギュラーな業務は少ないです。

大手企業に求められるものは、「自分の与えられた業務をどれだけ早くこなせるか」が大切になりますよ。

「幅広い業務より一つのことに専念して働きたい人がおすすめですね」

②恵まれた職場環境が整っている

大手企業に派遣として働くメリット2つ目に「恵まれた職場環境が整っている」という点があげられます。

大手企業はアクセスが良いのはもちろん、広いオフィスビルに事務所を構えていることが多く、環境は恵まれています。

通勤のアクセスの良さはもちろん、ランチなどお店にも恵まれていますよ。

また、働く労働環境も整っているため、業務時間内に終わることがほとんどです。

「仕事がより充実できる環境が整っていますね。」

③コンプライアンスが遵守されている

大手企業に派遣として働くメリット3つ目に「コンプライアンスが遵守されている」という点があげられます。

短期的な業績ばかりを追い求めるのではなく、社会の信用を高めるためにもコンプライアンスを遵守してなくてはなりません。

そのため、大手企業になればなるほど、しっかりと法令を守って社内を整備していく責任が生まれます。

安心して働くためにもコンプライアンスは大切ですね。

④派遣仲間ができる

大手企業に派遣として働くメリット3つ目に「派遣仲間ができる」という点があげられます。

大手企業では、大勢の派遣社員を雇っていることも多いです。

そのため、派遣社員同士に仲間意識が生まれて、働きやすい環境ができますよ。

派遣先に派遣社員がいるのは気持ち的にも楽になりますよね。

1人で働くのは心細いな…

という人は大手企業で働くと派遣仲間ができる派遣先が多いのでおすすめですよ。

大手企業に派遣で働くデメリット5つ

大手企業に派遣で働くデメリットも多くあります。

大手企業で働くデメリットとして、下記の5つがあげられます。

  1. 人気のため、選考が厳しく期間が長い
  2. 短期期間であっても契約を切られる
  3. 昇給の可能性が低い
  4. 正社員として雇用される可能性は低い
  5. 社員との壁がある

詳しく紹介します。

①人気のため、選考が厳しく期間が長い

大手企業に派遣として働くデメリット1つ目に「選考が厳しく期間が長い」という点があげられます。

人気の大手企業誰もが憧れる職場のため、応募者の倍率は非常に高いです。

そのため、派遣会社内で選考をして、どの人を派遣させるかを決めます。

派遣会社内の選考は応募人数が多ければ多いほど時間がかかってしまうので、「今すぐに働きたい!」という人にとってはデメリットに感じてしまうでしょう。

基本的に大手企業は選考から就業まで1か月ほどかかってしまうと思っておくと良いですね。

②短期期間であっても契約を切られる

大手企業に派遣として働くデメリット2つ目に「短期間で契約を切られる」という点があげられます。

大手企業で働けたとしても、能力不足や人手不足の解消を理由に短期間でも契約を切られてしまう可能性も考えられます。

選考を通過したからといって、長期的に働ける保証はどこにもありません。

もし、派遣社員としてなるべく長く働きたいのであれば、事前に派遣社員の担当者にその旨を伝えておくようにしましょう。

③昇給の可能性が低い

大手企業に派遣として働くデメリット3つ目に「昇給の可能性が低い」という点があげられます。

大手企業の場合は、派遣社員の給料はほぼ一定の金額で支払われます。

また、大手企業での仕事内容は事前に定められた仕事内容を求められますよね。

そうなると、毎年同じ業務をこなすだけになってしまうため、評価がしにくく時給があげられません。

大手企業の業務内容は基本的に誰でもできるような仕事が多く、時給を上げるのであれば別の人を安価で雇うという判断をする企業も多いですね。

そのため、時給が上がる見込みは低いといえるでしょう。

派遣社員として働いていくなかで、時給をアップさせていきたいのであれば幅広く業務を任せてもらえる企業に派遣してもらえるようにしましょう。

④正社員として雇用される可能性は低い

大手企業に派遣として働くデメリット4つ目に「正社員として雇用される可能性は低い」という点があげられます。

大手企業は正社員と派遣社員で、やるべき業務が完全に分かれてしまっていることが大半ですよね。

派遣社員で雇用された場合、誰でもできる仕事を任せてもらうことが多いためなかなか派遣先にアピールできる場面が少ないです。

自分で仕事に対して希望を伝えない限り、ずっと同じ仕事を続けて契約終了となってしまいます。

そうなってしまっては、自分のスキルや経験を派遣先に分かってもらえないため、他の派遣社員と差別化を図ることはできませんよね。

派遣先にずっと一緒に働きたいと思わせることが大切です。

ある程度業務範囲が決まってしまっている大手企業はアピールする機会が少なく、正社員と雇用されるケースが少ないといえます。

⑤社員との壁がある

大手企業に派遣として働くデメリット5つ目に「社員との壁がある」という点があげられます。

大手企業の場合は、正社員と派遣社員の区別がしっかりとされていることが多いですね。

派遣社員に対して、「部外者の人」と考える社員も多いです。

そのため、一線引かれた対応を取られることも多く、社内でのコミュニケーションを取ることが難しいと感じる人もいます。

派遣社員は、派遣先の行事などは一切関係ないので、仕事上の関係と割り切る必要があります。

別に職場の人と仲良くなりたくないからいいや

という人にとっては問題ありませんが、職場の一員として仲良くしたいという人は大手企業で働くのはきついと感じるかもしれませんね。

ベンチャー企業の場合は、少人数の企業も多いため職場に溶け込みやすいことがほとんどです。

ただ、一概には言えませんので、事前に派遣会社の担当者に確認しておくようにしましょう!

ベンチャー企業が向いている人の特徴3つ

派遣社員として働くうえで、ベンチャー企業と大手企業のそれぞれのメリット・デメリットを理解していただけたはず。

では次に、ベンチャー企業が向いている人の特徴を3つ紹介します。

  1.  幅広い業務に携わりたい人
  2. キャリアアップを目指したい人
  3. 残業などをして稼いでいきたい人

では、詳しく解説します。

①幅広い業務に携わりたい人

ベンチャー企業が向いている人の特徴1つ目に「幅広い業務に携わりたい人」はおすすめです。

派遣社員の業務は一般的には、決められた範囲内の業務を時間内に終わらせることを目的としています。

そのため、特に難しい仕事も少なく、同じ仕事を繰り返す毎日です。

一方、ベンチャー企業は派遣社員であっても、幅広く業務を任せてもらえますよ。

あらゆる業務を一人でこなすため、常に仕事の効率化を追求できるようになる人も多いですね。

派遣社員はマニュアル通りに働くことが多いので、受け身になってしまいがちですが、ベンチャー企業では主体的に働けますよ。

一定の仕事ではなく、幅広い業務を任せてもらいたいという人はベンチャー企業がおすすめです。

②キャリアアップを目指したい人

ベンチャー企業が向いている人の特徴2つ目に「キャリアアップを目指したい人」はおすすめです。

大手企業の場合は、派遣社員はお客さんとして扱われるため基本的には部外者です。

どれだけ長い期間働いたとしても、派遣社員という括りとして見られてしまうことが多いです。

一方、ベンチャー企業は少数精鋭の企業が多く、派遣社員であっても企業の一社員として扱われるケースがほとんどです。

そのため、その人の働き次第で責任感ある仕事を任せてもらえることも考えられます。

派遣先に貢献していくことで、自身のアピールにもつながりますよ。

また、責任者との距離も近いため、大手企業に比べてアピールがしやすいです。

アピールした結果、時給のアップや正社員へ昇格するケースも少なくありません。

今後、キャリアアップを目指している人は大手企業よりもベンチャー企業をおすすめします。

③残業をして稼いでいきたい人

ベンチャー企業が向いている人の特徴3つ目に「残業などをして稼いでいきたい人」はおすすめです。

派遣社員は基本的には残業をしないことが多いです。

特に、大手企業は派遣社員の勤務時間を徹底管理している派遣先も少なくありませんよ。

そのため、定時になったら派遣社員は帰らされるのがほとんどです。

残業したくない人にとってはありがたいですが、「稼ぎたい人はもっと残業したい」と思うかもしれませんね。

一方、ベンチャー企業の場合は、派遣社員の残業を認めているところも多いです。

派遣社員に幅広い業務を任せているからこそ、業務時間内に仕事が終わらないことも考えられますよね。

ベンチャー企業は自由な働き方ができることがほとんどのため、自分に合った働き方を認めてくれるでしょう。

派遣社員は働いた分だけ、給料が上がりますよね。

残業をして、稼いでいきたいと考えている人はベンチャー企業がおすすめです!

大手企業が向いている人の特徴3つ

派遣-女性

ベンチャー企業が向いている人の特徴を紹介しました。

次に、大手企業が向いている人の特徴を3つ紹介します。

  1.  プライベートを大切にしたい人
  2.  整った環境で働きたい人
  3.  与えられた業務だけをこなしたい人

詳しく解説します。

①プライベートを大切にしたい人

大手企業が向いている人の特徴1つ目に「プライベートを大切にしたい人」はおすすめです。

ベンチャー企業の場合は残業をすることもあるため、仕事中心の生活になってしまいがちです。

一方、大手企業で働く場合は、派遣会社と契約した労働時間の範囲内で働くため、残業はほぼないと考えていいでしょう。

また、大手の場合は人材も多く、比較的休みも取りやすい雰囲気がありますよ。

子育てで忙しい人や趣味の時間を大切にしたい人は大手企業が比較的おすすめです。

ただ、一概には言えませんので、事前に派遣会社の担当に確認しておくようにしましょう。

②整った環境で働きたい人

大手企業が向いている人の特徴2つ目に「整った環境で働きたい人」はおすすめです。

ベンチャー企業の場合は、スピード感があって変化が激しい企業も多いですね。

変化が激しいからこそ、働くうえで体制が整っていないことも考えられます。

一方、大手企業は社内の変化が少なく、安定して業務に取り組みます。

そのため、働くうえでのマニュアルや職場の環境が整っているため、万全の態勢で働けますよ。

他にも、教育体制や派遣社員に対しての指導も整っている企業がほとんどです。

長年培ってきたノウハウが大手企業にはあるので、安定した環境が整っているといえますね。

ベンチャー企業の場合は常に変化が求められるため、人によっては体制が整っていないと感じる人も多いようです。

整った環境で働きたいと思っている人は、大手企業で働くことをおすすめします。

③与えられた業務だけをこなしたい人

大手企業が向いている人の特徴3つ目に「与えられた業務だけをこなしたい人」はおすすめです。

ベンチャー企業の場合は、派遣社員であっても責任感のある仕事を任せてもらえます。

そのため、毎日自分で考えながら、日々新しい業務に取り組む姿勢が大切です。

一方、大手企業は毎日同じ業務を与えられて、こなすことがほとんどです。

大手企業での派遣社員のスタイルとして、「自分の決められた仕事をどれだけ早くこなせるか」という点が大切になってきます。

同じ作業を続けるということが好きな人は非常に向いているため、おすすめです。

まとめ~派遣としてベンチャー企業で働くことはおすすめ!成長できる環境が整っている~

派遣-喜ぶ女性

ベンチャー企業は合う人・合わない人がはっきりとしています。

派遣社員として、成長したい人であればおすすめの環境ですよ。

ただ、ベンチャー企業で派遣社員として働く前に自分が向いているのかをしっかりと理解しておく必要があります。

ベンチャー企業と大手企業の違いを理解したうえで、派遣先を選ぶようにしましょう。

ベンチャー企業の特徴は下記のとおりです。

  • 幅広く業務にかかわれるため、スキルアップにつながる
  • 希望があれば残業ができて、稼ぎやすい
  • 派遣社員から正社員になれる可能性が高い
  • 時給の交渉もしやすいため、時給がアップする可能性もある

次に、大手企業の特徴は下記のとおりです。

  • 業務範囲が決まっていて一定の業務をこなすことが多い
  • 恵まれた職場環境が整っていて、安心して働ける
  • 残業が比較的少ない

「ベンチャー企業」か「大手企業」の選択次第で働き方は大きく変わります。

ベンチャー企業で働くことは成長できる環境が整っているためおすすめですが、大手企業と比較して理解したうえで、働くことをおすすめします!

おすすめ就職支援サービス!
ハタラクティブ
ハタラクティブ-アイキャッチ画像
  • 20代既卒・フリーター・第二新卒の求人に強い!
  • カウンセリング実績110,000人以上!
  • 内定率80.4%!
  • おすすめ大手派遣会社ランキング!
    テンプスタッフ
    テンプスタッフ-アイキャッチ
  • 女性の働きやすさが口コミNo.1!
  • 圧倒的に充実した福利厚生制度!
  • 業種カバー率100%!
  • ランスタッド
    ランスタッド-アイキャッチ
  • 事務職・工場製造系の求人に強い!
  • 地方にお住いの方にも対応!
  • 優秀なキャリアアドバイザーが多数在籍!
  • スタッフサービス
    派遣-スタッフサービスのアイキャッチ画像
  • 求人数100,000件突破の大手派遣会社!
  • 有効登録者数1,000,000人以上!
  • 高時給案件も多数掲載!
  • お役立ちコラム
    派遣会社カタログ編集部をフォローする
    派遣会社カタログ
    タイトルとURLをコピーしました