パソナの退会方法は2つ!退会後の注意点3つも解説

パソナの退会方法は2つ!退会時の注意点は? パソナ

「パソナの退会方法を知りたい…」
「パソナを退会して他の派遣会社を使いたい…」

などなど、パソナの退会についてこうお思いの方もいますよね。

確かに公式ホームページでも直接「退会」との記載がありませんし、お困りの方もいることでしょう。

今回はそんな方に向けて、パソナの退会方法を解説します。

※転職エージェント「パソナキャリア」の退会方法の記事ではないため、注意してくださいね

パソナの退会方法は2つ!

派遣-指をさす女性

パソナの退会方法は2つあります。具体的には以下の通りです。

<パソナの退会方法>

  1. フリーダイヤルに連絡
  2. マイページから問い合わせ

①フリーダイヤルに連絡

下記のパソナのフリーダイヤルに連絡を入れて、退会する方法です。

<パソナのフリーダイヤル>

  • 電話番号: 0120-452-887
  • 営業:月~金:9:00~17:30

早朝や夜遅くには対応できないため、フリーダイヤルで退会したい場合は日中に済ませてくださいね。

②マイページから問い合わせ

パソナ登録時に開設した、ご自分のマイページから退会する方法もあります。

マイページを開いたら[新規お問い合わせ]のページから連絡してくださいね。

ですがなかにはマイページを開けず、ログインできない方もいることでしょう。

もしパソナのマイページにログインできない場合は、以下の記事もチェックしてくださいね。

パソナを退会するときの注意点3つ

指をさす女性

パソナを退会する際は、次のポイントに注意しましょう。

<パソナを退会するときの注意点>

  1. 応募中・問い合わせ中の求人がないか確認する
  2. マイページにログインできなくなる
  3. 再登録では再度情報を入力しないといけない

①応募中・問い合わせ中の求人がないか確認する

パソナに応募中・問い合わせ中の求人がないか、担当者に確認してもらいましょう。

ちなみにパソナで応募中・問い合わせ中の求人を残したままだと、パソナ側にも求人企業側にも迷惑がかかってしまいます。

さらにそのネガティブ情報が人材業界内で共有されてしまい、その退会者にとって不利に働く可能性があります。

より好条件の求人を紹介されにくくなってしまうため、まずは応募中・問い合わせ中の求人がないか確認してくださいね。

②マイページにログインできなくなる

パソナを退会すれば、マイページを使えなくなってしまいます。もちろんログインもできません。

なお退会すると下記のことができなくなります。

<パソナの退会でマイページでできなくなること>

  • お仕事へのエントリー
  • お気に入り機能の利用
  • 派遣登録会の予約・変更・キャンセル
  • 研修会の申し込み
  • 給与明細の確認
  • 源泉徴収票の発行
  • タイムカードの確認
  • 有給休暇の事前連絡・残日数確認
  • 健康診断の申し込み など

派遣社員として働く上で重要なことができなくなるため、やり残したことは無いか確認してくださいね。

③再登録では再度情報を入力しないといけない

パソナを退会したからといって、二度と使えなくなるわけではありません。再登録も可能です。

ですが再登録の際は、もう一度職歴や個人情報などを入力しないといけません。

その入力の手間がかかってしまう点にも注意しましょう。

本当にパソナを退会すべきか考えよう

女性-指をさす

パソナの退会理由は人によってさまざまですが、なかにはネガティブな理由で退会する方もいますよね。

ですが退会すると不便なこともありますし、退会せずとも問題が解決するケースもあるでしょう。

もしご自分が下記の理由で退会したい場合は、無理に退会しなくてもいいかもしれませんよ。

  • 担当者との相性が良くない
  • 紹介求人が条件に合っていない

担当者との相性が良くない

パソナの担当者については賛否両論があり、一方で「親身に対応してくれる」との声もあれば、「態度が気に入らない」なんて声も寄せられています。

これはどんな派遣会社でも同じことで、担当者の合わないがあるんです。

ですが担当者が合わないからといってすぐ退会するよりも、パソナに担当者変更を依頼するのがおすすめです。

担当者に問い合わせてみて、うまく変更に応じてもらえないか対応してもらってくださいね。

紹介求人が条件に合っていない

「事務職を希望したはずなのに、営業職を求人を持ちかけられた」など、提示した希望条件と紹介求人の内容が合わないケースもあります。

この場合は条件に合った求人を用意するよう再度伝えたり、先ほど触れたように担当者変更依頼するのも手です。

また条件をより絞り込んでみるのも効果的ですね。

さまざまな策を講じても思うようにいかないならば、パソナを退会するのが良いでしょう。

パソナ退会後におすすめの大手派遣会社3選!

なかには「パソナ退会したらどの派遣会社を使おう…」とお思いの方もいますよね。

そんな方に向けてここでは、パソナを退会した後におすすめ大手派遣会社を3つに絞ってご紹介します。具体的には以下の通りです。

<おすすめの大手派遣会社>

  1. リクルートスタッフィング
  2. テンプスタッフ
  3. アデコ

なお派遣会社カタログでは上記以外にも、さまざまな派遣会社を紹介しています。気になる方は以下のページもチェックしてくださいね。

①リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィングのアイキャッチ画像

<リクルートスタッフィングのおすすめポイント>

  • 「友人にすすめたい派遣会社」No.1!
  • 大手リクルートが運営!
  • 求人紹介が早い!
運営会社株式会社リクルートスタッフィング
求人数約3,100件
時給1,500円以上の求人数約1,600件
募集職種オフィスワーク・事務、金融、営業・販売、テレマーケティング、メディカル・バイオ、クリエイティブ、IT・技術など
求人掲載エリア全国47都道府県(北陸以外)

リクルートスタッフィングは大手リクルートが運営する派遣会社。

「友人にすすめたい派遣会社」でNo.1に選ばれた実績があり、利用者からは良い口コミが多く上がっています。

また求人紹介が早いのもポイントで、スピーディーな就業を実現できるのも魅力ですね。

「パソナを退会したらどの派遣会社を使おうか…」と迷った場合は、まずリクルートスタッフィングおすすめしますよ。

リクルートスタッフィングのサービス特徴・口コミ評判はこちら▶︎▶︎▶︎

リクルートスタッフィングに登録してみる(無料)▶▶▶

②テンプスタッフ

テンプスタッフ-アイキャッチ

<テンプスタッフのおすすめポイント>

  • 派遣会社満足度ランキングで第1位を獲得!
  • 業界トップクラスの求人数!
  • 福利厚生が充実!
運営会社パーソルテンプスタッフ株式会社
求人数約26,000件
時給1,500円以上の求人数約14,000件
募集職種オフィスワーク、翻訳・通訳、金融・証券、マーケティング、営業、販売、接客、IT・CAD・クリエイティブなど
求人掲載エリア全国47都道府県

テンプスタッフも大手派遣会社のなかで利用者数が非常に多く、特に女性の方の利用が多いです。

派遣会社満足度ランキングで第1位を獲得した実績があり、こちらも利用者から好評の声が多数集まっています。

また求人数は約26,000件と、数ある派遣会社のなかでも業界トップクラスの求人数を誇る点も魅力ですね。

さらに福利厚生も充実していて、各種保険制度や休業制度、有給、各種割引特典などもバッチリ整っていますよ。

テンプスタッフのサービス特徴・口コミ評判はこちら▶︎▶︎▶︎

テンプスタッフに登録してみる(無料)▶▶▶

③アデコ

アデコ-アイキャッチ画像

<アデコのおすすめポイント>

  • 在宅勤務の求人に強い!
  • 事務系の求人が豊富!
  • 有名・優良企業の求人も充実!
運営会社アデコ株式会社
求人数約8,800件
時給1,500円以上の求人数約3,800件
募集職種オフィスワーク・事務、営業、SE、Web制作、電気・電子設計、建築・土木、研究開発、メディカル・ヘルスケア、製造、物流、軽作業など
求人掲載エリア全国47都道府県

アデコは派遣会社の中で求人数が多く、在宅勤務のできる求人に強いのがポイントです。

職種別だと事務職の派遣求人に強く、未経験からチャレンジしたい方にもおすすめですね。

また有名・優良企業の求人にも強く、全体的に求人の質が高いのも魅力です。

アデコのサービス特徴・口コミ評判はこちら▶︎▶︎▶︎

アデコに登録してみる(無料)▶▶▶

まとめ~パソナをスムーズに退会しよう~

今回はパソナの退会方法について詳しく解説してきました。

改めて退会方法についてまとめると、以下の通りです。

<パソナの退会方法>

  1. フリーダイヤルに連絡
  2. マイページから問い合わせ

上記の退会方法から、ご自分に合った方法で退会してみてくださいね。

退会の際は、応募中・問い合わせ中の求人がないか、退会しても問題ないかなども確認しておきましょう。

またパソナを退会したら、リクルートスタッフィングやテンプスタッフなど、別の派遣会社の利用も検討してみてくださいね。

今回ご紹介した方法で、パソナ正しく退会しましょう!

タイトルとURLをコピーしました