派遣の営業は死ぬほどきつい?実際のところどうなの?

営業 きつそう 派遣社員のお悩み

派遣 営業で検索したら「大変・辞めるべき・激務・離職率高い」などのマイナスなフレーズがたくさん出できますよね。しかし、実際のところどうなのでしょうか?

これほど、ひどいフレーズが出てくる割にちゃんと派遣の営業の仕事は成り立っていますよね。現実はどうなのでしょうか?どのような人が派遣営業に向いてるのでしょうか?

どのような人に派遣営業は向いているのか?

営業は人によって考え方違うようです。絶対にやめたほうが良いという人もいるし、厳しいけどやりがいがあるという人もいます。なぜなのでしょうか?

その理由は、営業というのはメンタルが強い人・物事をプラスに捉える人でないと厳しい仕事だからです

なぜなら、営業というのは基本断られるのが普通だからです。身近なところで考えたら、家電量販店の店員を考えてみて下さい。どんな人に対しても丁寧に接客していますよね。あの接客している中で商品を買ってくれる人は何人いるのでしょうか?多分半分もいかないと思います。厳しいですね。

人材派遣の営業が難しいのは商品が人間だからです。人間を希望通りに動かすというのは非常に難しいです。なので、出来ると思っている人でも勝手に会社を休んだり、辞めたりする可能性があります。そのような商品をクライアント企業に自信をもって紹介するのです。

もし、勝手に休んだり、辞めたりした場合は悪いのはもちろんその本人のですが、クライアント企業と契約を結んでいるのは派遣会社です。ですから営業担当は代わりに謝りにいくこと、本人に対して会社にいくように説得することなど理不尽に見えるようなことをたくさんしないといけません

そのストレスに耐え、本人の成長やクライアント企業に感謝されることに対して喜びを覚えるような人ではないとこの仕事を続けるのは厳しいのではないかと思います。

また、派遣会社には様々な人がきます。もちろん良い人もいますが、言うことを聞かない悪い人もいるでしょう。そのような人に対してこんな奴の世話をしないといけないんだと思うのではなく、どうしたら、この人を変えられるかとプラスに考えられる人が派遣向いてると思います。

その証拠に主にマイナスなことが多く書かれているサイトには、派遣社員への文句がつらつらと書かれていますね

派遣営業ってどのような仕事をするの?

営業 きつそう

  • 営業:クライアント企業への提案・ヒアリング・フォロー、新規クライアントの開拓
  • スタッフ支援:登録している派遣スタッフへの教育・訓練、サポート
  • マッチング:登録している派遣スタッフの応募の管理、仕事の紹介、レベルチェック

となります。詳しく説明していきましょう。

クライアント企業への提案・ヒアリング・フォロー

クライアント企業へ定期的に連絡をして、現在の雇用状況・業務の把握、派遣スタッフの状態把握、就業条件の交渉や契約更新の確認をします。そのため、クライアント企業のニーズを、いち早く察知し、相手の欲しい人材を提供することが大切になってきます。このため、担当者との良好なコミュニケーションを継続し、信頼を気づくことが大切になります。そのためにも質の高い社員を提供し、この人から社員を送ってほしいと思ってもらうことが大切です

新規クライアントの開拓

より多くの就業先と利益を追求するために、未取引企業にアポイントをとり、訪問して新規提案などを行います。実際のところ、取引経験のない企業からすぐに依頼されることは難しいですが、定期的にコンタクトをとり、ニーズや業務内容を集めることにより、相手の欲しい人材を提案することにより多くの派遣社員を採用してもらうようにします。

スタッフに対する訓練・サポート

派遣会社に登録する社員にはスキルを持っていない方、就業経験が乏しい方も多くいます。そのような方が就業しても苦労しないよう、クライアント企業から文句を受けないように教育をします。それ以外にも、派遣社員の要望を聞いて派遣先に伝え、悩みを聞いてアドバイスをしてあげる、面接の日程調整など様々な業務があります。これらをしっかりこなさないとミスマッチにより派遣社員が契約満了せずに辞めてしまう、欠勤が多くなるなどクライアント先からの信頼を失ってしまう原因となります。特に派遣社員の相談は仕事がキツイ、関係性がうまくいかないなどマイナスな内容が多いので、それをしっかり受け止め相手の考えをプラスにもっていくような力が重要になってきます。それによって、派遣社員のモチベーションをあげ、なおかつクライアント企業からの信頼性の向上にもつながってきます。

マッチング

クライアント企業のニーズにマッチした候補者の募集や応募管理、応募者の能力チェックを行います。クライアント企業のニーズと、登録されている派遣社員を適切にマッチングさせることが重要です。

一番気になる所『給与』

給料

人材派遣業界の平均年収は400-500万円程度と言われています。インセンティブが設けられている会社もあり、年齢に関係なく収入を増やす機会があるのは大きな魅力だと思います。

ただ、ノルマもあるので継続的に安定した結果を出さないと評価が下がってしまうので実力が問われる業界だと言えます。

営業求人でおすすめの派遣会社

派遣-テンプスタッフのアイキャッチ画像

運営会社名 パーソルテンプスタッフ株式会社
公式サイト 公式ページ
設立日 1973年(昭和48年)5月
求人数 41,833件(2020年1月14日現在)
募集求人 オフィスワーク、翻訳・通訳、金融・証券、テレマーケティング、営業、販売・接客、IT・デザイン、音楽・映像制作、研究開発・メディカル・医事、作業・物流・整備、保育・介護、栄養士・調理師など
優良派遣事業者認定 あり
福利厚生 有給休暇、社会保険、定期健康診断、メンタルヘルスライン、キャリアカウンセリング、提携スクール・優待施設、カルチャー講座、災害時対策、メチャカリなど
求人対象エリア 全国47都道府県

テンプスタッフのサービス特徴・口コミ評判はこちら▶︎▶︎▶︎

テンプスタッフでの派遣登録・公式サイトはこちら▶︎▶︎▶︎


営業で働くことが決して簡単なものではありませんが、頑張ればその分が自分の収入として還ってきます

では、営業で働こうと考えた際にどの派遣会社を使うべきなのでしょうか?

答えはテンプスタッフです。

テンプスタッフは営業職を筆頭に事務職、エンジニア職にも強い派遣会社です。

創業から40年以上の歴史が誇る就業実績と、培われてきたサポート体制が魅力です。

営業として働くならば必ず登録しておきたい大手派遣会社です。

まとめ

派遣営業の仕事は簡単ではありませんがとてもやりがいはある仕事であると思います。デスクワークよりも主体的に動いて人とコンタクトを取るのが重要なので人とコミュニケーションを取るのが好きで、強いメンタルを持つ方におすすめできる仕事であると思います。

タイトルとURLをコピーしました