派遣社員とフリーターの違いって何?それぞれの特徴やメリット・デメリットを紹介

派遣と他の雇用形態を比較

「夢を追いかけたいから正社員としては働けない」「家庭の事情で時間の都合のつきやすい仕事でないといけない」など、様々な理由で正社員として働かない人がたくさんいます。

そういった方は、派遣社員、もしくはフリーターなどの非正規の働き方で働いています。

正社員よりも給与面では劣りますが、その分時間の融通が利きやすいのでプライベートが充実させやすいです。

しかし、この記事を読んでいる皆さんの中には「派遣社員とフリーターってどっちがいいのかな?」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は派遣社員とフリーターで迷っている方へ向け、それぞれの特徴やあなたに合った雇用形態の選び方を紹介します。

派遣社員かフリーターか迷っている方はぜひご覧ください!

  1. 派遣社員とフリーターの違いはなに?
    1. 時給、福利厚生などの待遇面
    2. 仕事の探し方
    3. 応募から採用までの流れ
    4. 雇用主
    5. 雇用期間の制限
    6. 仕事のトラブル時の対処方法
  2. フリーターと派遣社員のそれぞれのメリット・デメリット
    1. 派遣社員のメリット5選
      1. メリット①時給が高い
      2. メリット②スキルが上がりやすい
      3. メリット③有給や産休育休などを取得しやすい
      4. メリット④休日出勤、サービス残業がない
      5. メリット⑤トラブルがあった際のサポート体制が万全
    2. 派遣社員のデメリット4選
      1. デメリット①長期休暇があると給料が下がってしまう
      2. デメリット②雇用期間の途中では辞めづらい
      3. デメリット③雇用が不安定
      4. デメリット④交通費が出ない事もある。
    3. フリーターのメリット5選
      1. メリット①短期の仕事が多い
      2. メリット②コミュニケーションを密に取りながら仕事できる
      3. メリット③月によって出勤時間や労働時間、出勤日数を調整しやすい
      4. メリット④仕事を退職しやすい
      5. メリット⑤日払い、週払いの求人が豊富
    4. フリーターのデメリット5選
      1. デメリット①スキルアップしづらい
      2. デメリット②時給が低く稼ぎにくい
      3. デメリット③派遣ほど福利厚生が整っていない
      4. デメリット④社会的な信頼が低い
      5. デメリット⑤トラブルがあった際に自分自身で解決する必要がある
  3. 基本的にフリーターより派遣社員がおすすめ!
  4. 派遣の仕事が見つからない時の対策法
    1. 紹介だけに頼らずに自分から求人を探す
    2. 派遣会社の担当と良好な関係を築く
    3. 条件を緩くする
    4. 常に連絡を取れるようにしておく
    5. 派遣会社に複数登録をする
  5. まとめ~フリーターよりも派遣がおすすめ!派遣社員として働いてみよう~

派遣社員とフリーターの違いはなに?

「派遣社員とフリーターって何が違う?」と聞かれると、意外と回答に困る人が多いのではないでしょうか。

フリーターはアルバイトの事ですが、派遣社員も正社員と違って自由な働き方ができるのが特徴です。

例えば、「週3日だけ働きたい」「平日の昼間のみ働きたい」といったように、自分の都合の良い時間だけ働く事が可能です。

ですが、実際に二つの働き方には大きな違いがあります。

主に以下の6つのポイントがあります。

  • 時給、福利厚生などの待遇面
  • 仕事の探し方
  • 応募から採用までの流れ
  • 雇用主
  • 雇用期間の制限
  • 仕事のトラブル時の対処方法

上記について一つずつ説明していきます。

時給、福利厚生などの待遇面

フリーターと派遣社員の一番大きな違いは、時給などの待遇面です。

どちらも時給制ではありますが、求人情報サイトのデータによると、2021年3月度の大都市圏のアルバイトの平均時給は1083円、派遣社員の平均時給は1719円となっています。

(参考:ジョブズリサーチセンター 平均賃金レポートより)

この時給で一日8時間労働した賃金を表にまとめてみました。

雇用形態時給日給(8時間労働)
派遣社員1719円13752円
フリーター1083円8664円

この表を見てわかる通り、派遣社員とフリーターでは、収入に大きな差があり、一日平均で5088円もの差があります。

ただし、派遣社員の場合は、交通費が出ないことも多いので注意が必要です。

また、福利厚生に関しても、派遣社員の場合は健康診断や提携施設が割引になることがあります。

仕事の探し方

派遣社員の場合は、派遣会社に登録することで派遣会社が自分の希望に合った条件の求人を電話やメールで紹介をしてくれます。

自分から派遣会社の求人欄から応募することもできますし、派遣会社の担当者から直接仕事を紹介してもらう事もできるのです。

一方でフリーターの場合は、仕事を探す際は自分で求人サイトの中から行きたい会社を探して応募する必要があります。

会社から求人を紹介してもらえる派遣社員の方が、自分の条件に合った仕事が見つかりやすいと言えるでしょう。

応募から採用までの流れ

派遣社員の場合、インターネットから求人にエントリーをすると、派遣会社内での書類選考が始まります。

派遣会社に登録されているデータをもとに書類選考は行われるため、履歴書を書く必要はありません。

派遣先の会社によっては「事前顔合わせ」があり、勤務先の会社に出向き、仕事内容の説明を受ける機会がありますが、一般的な面接とは雰囲気が違うものとなります。

フリーターの場合はインターネット、もしくは電話で応募することが一般的で、面接が決まったら履歴書、職務経歴書を準備し持参、もしくは郵送して面接に臨みます。

採用結果は早くて当日、遅くても1週間以内というのが一般的です。

派遣社員の場合だと、2週間から4週間ほどかかるのが一般的なので、応募してから働き始めるまで期間が開いてしまう事に注意が必要です。

雇用主

フリーターの場合は直接雇用なので、雇用主は雇われている会社という事になり給料は会社から支給されることになります。

一方で派遣社員の場合、雇用主は派遣会社になるので、給料は派遣会社の方から支給されます。

働くのは派遣先の会社なのですが、雇用主はその会社ではないのです。

雇用期間の制限

フリーターであれば特に雇用期間の制限はないので、働く意思があれば何年でも働く事が可能です。

一方で派遣の場合だと、法律によって雇用期間に定めがあります。

どこの職場でも契約期間が決められており、同じ職場に勤められるのは最長3年と決められています。

「ずっと同じ職場で働きたい」と考える方にとっては最長3年しか働けない派遣社員だと苦しい思いをしてしまうかもしれませんね。

仕事のトラブル時の対処方法

フリーターの場合、仕事で何かしらのトラブルがあった際に、職場の先輩には相談しづらく自分で対処することになる場合もあるでしょう。

人間関係の悩みなどはなかなか上司や先輩には言いづらいですよね。

一方で派遣社員の場合、派遣先で起きたトラブルは全て派遣会社の担当者に相談をすることになります。

場合によっては派遣会社から派遣先の会社に指摘をしてくれ、改善される場合もあるのです。

派遣社員の場合は、自分でトラブルの対処をしなくてもいいのが特徴ですね。

フリーターと派遣社員のそれぞれのメリット・デメリット

女性-指をさす

フリーターと派遣社員の違いをここまで説明してきましたが、実際の所どちらの働き方が良いかわからない方も多いと思います。

なので、ここからは深堀して、フリーター、派遣社員のそれぞれのメリット・デメリットをみていきましょう!

派遣社員のメリット5選

まずは、派遣社員のメリットを解説していきます。

以下のメリットがあります。

メリット①時給が高い

先ほどのデータでもあったように、時給が高いのは圧倒的に派遣社員の方です。

一日で5000円ほどの差が出る計算なので、1ヵ月で20日出勤すると考えると、月10万円ほど変わってくることになります。

この差はかなりでかいので、給料面に関しては圧倒的なメリットとなるでしょう。

ただし、職種によってはフリーターと同じような時給の求人もあるので、仕事探しの際にその職種の派遣社員の場合とフリーターの場合を比較してみてください。

メリット②スキルが上がりやすい

自身のスキルを上げたいのなら、フリーターよりも派遣社員の方がおすすめです。

派遣社員の場合は、直接雇用のフリーターと違い、ピンポイントで一つの業務を任せられることが多いです。

なので、その分野のスペシャリストになることができるのです。

また、大手の派遣会社では、スキルアップのための講座が用意されていることがあり、WordやExcelの講座、ビジネスマナー講座など、仕事に活かせるような内容を無料で受講することができます

資格取得のスクールと提携し、割引価格で受講できる制度がある派遣会社もあります。

メリット③有給や産休育休などを取得しやすい

有給や育休などは、本来誰でも使える権利を持っているものです。

しかし、職場にもよりますが、フリーターの場合は制度を利用できないこともあります。

派遣社員の場合は、よっぽど制度に対して理解を示さない会社でなければ、同じ職場の方が有給を消化していたりする場面をよく見かけます。

基本的に有給を使いづらい雰囲気の事は少なく、気軽に利用できるでしょう。

もし使わせてもらえないのであれば、派遣会社に相談することで解決できる場合がありますので相談してみてください!

メリット④休日出勤、サービス残業がない

派遣社員の場合は、休日出勤の有無や残業時間の制限を確認したうえで契約をするので、基本的に休日出勤や残業を頼まれることはありません。

一方でフリーターの場合は、当日にいきなり「1時間残れる?」「明日も出勤してくれない?」など言われることがあります。

また、中小企業の場合は勤務時間の管理もあいまいになっており、本来もらえるはずのお金ももらえない可能性もあります。

派遣社員の場合だと、5分毎、もしくは1分単位で時給計算してくれる会社が大多数なので、サービス残業をすることもないです。

メリット⑤トラブルがあった際のサポート体制が万全

派遣会社のメリットとして、トラブルがあった際に派遣元企業が間に入って対応してくれることが挙げられます。

派遣社員は派遣会社が雇用主なので、定期的に担当者と仕事の状況を話したり、契約更新時に相談に乗ってもらったりする事ができます。

そして、何か仕事でトラブルがあった際にも、派遣会社の営業担当者が間に入って対応をしてくれるのです。

何かトラブルがあった際に代わりに対応してもらえる派遣社員はフリーターにはない大きな魅力なのではないでしょうか。

派遣社員のデメリット4選

ここからは、派遣社員のデメリットを解説していきます。

以下のデメリットがあります。

デメリット①長期休暇があると給料が下がってしまう

派遣社員は時給で働いているため、働く時間が長いほど給料がもらえます。

なので、長期休暇が多くなってしまうと、働く時間が少なくなり給料も少なくなってしまうのです。

GWや年末年始などがある時期は給料が少なくなってしまうでしょう。

完全シフト制で土日祝日も関係なく仕事がある現場もあるので、どうしても給料を確保したい方はシフト制の現場で働く事をおすすめします。

デメリット②雇用期間の途中では辞めづらい

派遣は、基本的に3カ月ごとの更新で仕事をします。

そのため、契約期間中だと退職をしにくいというデメリットがあります。

家庭の事情などが原因なら仕方ないですが、仕事が合わないといった理由や人間関係が合わないといった理由では簡単に辞めることはできないでしょう。

どうしても仕事を辞めたいなら、派遣会社の担当者に相談をしてみてください。

デメリット③雇用が不安定

景気の状況によって雇用がとても左右されるのが派遣の特徴です。

派遣切りとも言われよくニュースになっていますよね。

景気が悪くなると、真っ先に切られるのが派遣となります。

なぜなら、正社員は簡単に解雇することができないからです。

景気に常におびえながら働かないといけないのは、派遣社員のデメリットと言えます。

デメリット④交通費が出ない事もある。

派遣社員は交通費の支給がされないことが多いです。

交通費は会社独自の福利厚生の一つとなっており、法的な決まりはないので派遣社員には支給されないことが多いです。

会社によっては派遣社員にも交通費を支給しているところもあるので、探してみてはいかがでしょうか。

しかし、交通費支給の条件で仕事を探すと求人数がかなり少なくなってしまうのが現状です。

フリーターのメリット5選

ここからは、フリーターのメリットを解説していきます。

以下のメリットがあります。

メリット①短期の仕事が多い

同じところでずっと働くのではなく、色々な短期の仕事を経験したい方にとってフリーターはおすすめです。

派遣にも日雇い派遣の仕事がありますが、働くにあたっていくつか条件があり、対象外となってしまう人も多いです。

フリーターであれば1日のみ、1週間のみといった形で期間が細かくなっている求人が多く、特に日雇い派遣のように条件もないので働きやすいと言えます。

メリット②コミュニケーションを密に取りながら仕事できる

派遣社員の場合、「コミュニケーションを密に取りながら働く」よりは「仕事をきっちりこなす」という意識で働く人が多いと思います。

仕事内容もデスクワークが多いので、あまり人と関わらずに作業に没頭することが多いでしょう。

一方、フリーターの場合はサービス業で働いている人が多いこともあり、「コミュニケーションを取りながら楽しく働く」という意識で働いている人が多いため、人間関係は良好な職場が多いです。

交友関係をどんどん広げていきたいという方にはフリーターがおすすめです。

メリット③月によって出勤時間や労働時間、出勤日数を調整しやすい

フリーターの場合はシフト制の仕事が多く、「今日は4時間だけ働きたい」「この日は午前だけ働きたい」という様な希望を叶えることができます。

派遣社員の場合だと、「週3日で8時間労働」「週5日フルタイム」など契約内容で定められているので、それを自分で変更することはできません。

より時間の融通をきかせてプライベートを重視させたい方にとってフリーターは向いていると言えるでしょう。

メリット④仕事を退職しやすい

派遣には契約期間に定めがあり、その途中で辞めることは基本的にできません。

一般的に3カ月単位、6カ月単位で契約をしているケースが多く、その期間はどんなに辞めたいと思っても耐える必要があります。

一方、フリーターの場合は特に契約期間の定めはないので、辞めようと思えばいつでもやめることができます。

メリット⑤日払い、週払いの求人が豊富

正社員、派遣社員は基本的に毎月決められた日に給料が支払われます。

しかし、フリーターの場合だと職場によっては「日払い」「週払い」といったように給料の支払い頻度が様々です。

そのため、給料が今すぐほしいという方にとっては大きなメリットとなるでしょう。

フリーターのデメリット5選

ここからは、フリーターのデメリットを解説していきます。

以下のデメリットがあります。

デメリット①スキルアップしづらい

フリーターは正社員よりも気軽に働く事ができます。

しかし、責任のある仕事に関しては正社員が行うので、スキルアップにはつながりにくい仕事を任されることが少なくないです。

非正規雇用のフリーターに責任のある仕事を任せられないのは当然ですよね。

正社員であればマネジメント経験をつめたり、役職を任されて重要な仕事を任されたりする可能性があるので、スキルアップしたい方にとってはデメリットとなるでしょう。

デメリット②時給が低く稼ぎにくい

これは先ほどデータでも解説した通りで、フリーターは派遣社員よりも時給が安くなっております。

働くうえでお金を第一優先にしている方は多いのではないでしょうか。

平均時給にすると約600円違うので、とても大きな差ですよね。

長く働けば働くだけどんどん差は開いていきますので、稼ぎたい方にとってはフリーターの働き方はデメリットとなるでしょう。

デメリット③派遣ほど福利厚生が整っていない

多くの企業では、アルバイトやパートの方に家賃補助などの福利厚生を実施していないです。

また、社会保険にも加入していないケースも多いです。

なので、社会保険や福利厚生の面において派遣社員より整っていないので、デメリットと言えるでしょう。

デメリット④社会的な信頼が低い

フリーターは、社会的に信用されづらいといったデメリットと言えます。

アルバイトやパートといった働き方は非正規の雇用なので、雇用の不安定さ、収入面の不安から信用度が低くなってしまいます。

クレジットカードの作成やローンの審査に通りにくいといった事があります。

デメリット⑤トラブルがあった際に自分自身で解決する必要がある

派遣社員の場合だと、仕事上で何かしらの問題が発生した場合、派遣会社に相談をし、派遣会社の担当から派遣元の会社に伝えるようになっています。

なので、自分から派遣元に言うことなくトラブルを解決してもらう事が可能です。

一方フリーターの場合だと、直接雇用されているのでトラブルは全て自分自身で解決する必要があります。

派遣会社に守られている派遣社員と比較すると、デメリットとなるでしょう。

基本的にフリーターより派遣社員がおすすめ!

ここまで派遣とフリーターのメリット・デメリットを紹介しました。

両者の様々な違いが見えたのではないでしょうか。

では、あなたはどちらの働き方が向いているのでしょうか?

これからそれぞれに向いている人の特徴をまとめましたので、ぜひご覧ください。

派遣社員に向いている人はこんな人です。

  • 高時給でしっかり稼ぎたい
  • 労働時間や出勤日は決まっている方が良い
  • スキルアップしたい
  • 仕事とプライベートは完全に分けたい
  • 土日祝日は休みたい

フリーターに向いている人はこんな人です。

  • 自分の都合に合わせてシフトを組みたい
  • コミュニケーションを取りながら働きたい
  • 仕事を転々として働きたい
  • 土日に働きたい

このような特徴があります。

フリーターはよりプライベートをより充実させたい方に向いており、派遣社員は稼ぎたい、後の正社員へのステップアップの目的で働く事に向いているでしょう。

ただし、基本的に仕事をする上では「稼ぎたい」「ステップアップしたい」という気持ちで働いている人が多いと思いますので、効率よく稼げる、ステップアップしやすいという意味でも派遣社員の方が断然おすすめです!

まずは派遣会社に登録をして相談してみましょう!

派遣の仕事が見つからない時の対策法

派遣-落ちた人

ここまで説明してきて「派遣社員として働きたい」と思った方もいると思います。

派遣社員の働き方は高時給で働けるので、とても魅力的ですよね。

しかし、派遣社員として働きたいと考えてもなかなか仕事が見つからない方もいるようです。

なので、ここからは派遣の仕事が見つからない方に向け、対策法を紹介していきます。

紹介だけに頼らずに自分から求人を探す

「待っていれば仕事を紹介してもらえる」と考えていて、自分からアクションを起こさない方がいます。

しかし、待っているだけで仕事を紹介してもらえるほど甘くはないのが実情です。

なので、派遣会社に電話で問い合わせをする、求人サイトで毎日新着の求人をチェックするなどして積極的に仕事を探しましょう。

また、派遣会社の担当者に相談することで信頼関係を構築することができ、仕事を紹介してもらいやすくなく可能性もあるので試してみてください。

派遣会社の担当と良好な関係を築く

派遣会社の担当の方に良い印象を与えることはとても重要です。

特に、言葉遣いや態度などは気を付けるようにしましょう。

担当者も人間なので、良い人に仕事を優先したいと考えています。

また、態度が悪いと「この人を紹介してもトラブルを起こしそうだな」と思われてしまいかねません。

そう思われてしまうと、仕事が紹介されづらくなってしまい、なかなか仕事が見つからなくなってしまいます。

なので、派遣会社の担当には好印象を持ってもらえるような対応を心がけ、仕事を紹介してもらいやすくなる可能性を少しでも上げましょう!

条件を緩くする

自分の希望条件があまりにも好条件の場合だと、派遣会社としても紹介する仕事がなくなってしまいます。

なので、自分の中で優先順位を整理してみましょう。

その中で妥協できるものを見つけることで、紹介できる求人の幅が一気に広がることがあります。

なかなか仕事が見つからない方は試してみてください。

常に連絡を取れるようにしておく

派遣会社に登録しておくと、担当者から仕事の案内の電話がかかってくることがよくあります。

仕事を紹介してもらうためには、常に連絡を取れる状態にする必要があります。

連絡がなかなかつかない人だと「就業意欲が低い人だな」と判断されてしまい、仕事紹介がなかなか来なくなる可能性が高くなります。

これまで連絡をなかなか返していなかったと心当たりのある方は、一度担当者に謝罪をした方が良いでしょう。

派遣会社に複数登録をする

もしも派遣会社に一つしか登録していないという方は、他の派遣会社にも登録してみましょう。

派遣会社によって求人数も全然違いますし、同じ求人であっても時給が違う場合もあります

単純に複数登録しておく方が仕事を紹介されやすくなりますので、とてもメリットがあります。

また、相性の良い派遣会社の担当者に出会える可能性もあり、仕事探しがスムーズにいきやすくなります。

なので、一つの派遣会社に絞ることなく、複数の派遣会社に頼ってみてください!

まとめ~フリーターよりも派遣がおすすめ!派遣社員として働いてみよう~

派遣-女性派遣社員が人差し指を指している

今回の記事では派遣社員とフリーターのそれぞれのメリット・デメリット、特徴について紹介しました。

働く時間の自由をそこまで求めないのであれば、派遣社員として働く事を強くお勧めします!

今フリーターとして働いている方も、一度派遣社員として働く事を検討してみてはいかがでしょうか。

圧倒的に稼ぎやすくなり、仕事に対するモチベーションも上がるかもしれません。

ぜひ派遣会社に登録をして、一度相談してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました