ヘルプデスクとはどんなお仕事なの?給料事情とオススメ派遣会社3社も紹介

派遣の職種一覧

派遣でヘルプデスクの求人ってよくあるけど実際どんな仕事なのかな?どのくらい稼げるのかも気になる・・・。

ヘルプデスクは派遣の求人がかなり多く、システムのトラブルや使用方法などの問い合わせに対応し、解決まで導く仕事です!

ヘルプデスクは派遣で人気の高い職種で、未経験からの受け入れもかなりされている仕事です。

とはいえ、実際どのような仕事をするのか、給料はどの程度もらえるのか、ヘルプデスクとして働くメリット・デメリットなど気になりますよね。

今回はそんな方に向けヘルプデスクの仕事について深堀して説明していきます。

ヘルプデスクとは?

派遣-はてなマークが浮かぶほど考える女性派遣社員

まずはヘルプデスクとは何なのかを説明します。

ヘルプデスクは、主に社内外の方に向け技術的なサポートをおこない、利用者がスムーズに使えるように手助けをおこなう仕事です。

困っている方の問題を正確に聞き出し、わかりやすく説明し解決してあげる重要な仕事です。

利用者の課題を解決してあげるためには、幅広い知識を身につけトラブルに対応する必要があるので、簡単な仕事ではありません。

そんなヘルプデスクの求人は派遣にかなり多く、需要の高い仕事です。

求人数も多く残業も少なめの求人が多いことから、とても人気の仕事となっています。

応募の際は、求人情報をこまめにチェックして早めに申し込むようにしましょう。

ヘルプデスクの主な仕事内容は?

ここからは、ヘルプデスクの主な仕事内容について紹介していきます。

ヘルプデスクには大きく分けて2種類あり、

  • 社内ヘルプデスク
  • 社外ヘルプデスク

に分けられます。

それぞれの特徴や仕事内容を紹介していきます!

①社内ヘルプデスク

社内ヘルプデスクとは、自社の社員から寄せられる問題に対して電話やメール、もしくは対面で解決に導くお仕事です。

どのような問い合わせが来るかというと、部署で使用されているシステムのトラブル、導入しているソフトウェアの使用方法の疑問点などがあります。

サポート方法としては電話、メール、直接などさまざまな方法でサポート業務を行っています。

なので、社内ヘルプデスクは自社で使用されているシステムの知識をしっかり持っていないといけません。

また、新しいシステムを導入した際にも社員向けに指導を行ったり、操作のマニュアルを作成したりするのも社内ヘルプデスクの仕事の一つとなることがあります。

社内のIT部門の相談役として、社員の役に立てるやりがいのある素晴らしい仕事です。

②社外ヘルプデスク

社外ヘルプデスクは、自社の社員でなく、顧客からの技術的な問い合わせの対応を行う部署の事を言います

企業によっては「テクニカルサポート」といった名称になっている場合もあります。

対応方法としては電話がメインで一部メール対応のみの職場もありますが、基本的には電話対応をすることになると思っていただいた方が良いです。

また、技術的な質問だけでなく、自社の商品やサービスに関するあらゆる質問に対応しているヘルプデスクもあります。

あらゆる問い合わせに応じるコールセンターのようなヘルプデスクの場合、自社サービスについて広く深い知識を持ち合わせていないと対応できません。

時にはクレームの問い合わせも来ることがあるので、トラブルにならないよう慎重に対応することが求められます。

顧客の抱えている悩みについてよく聞き取り、解決してあげる必要があるので、コミュニケーションスキルが求められます。

ヘルプデスクは未経験だと厳しいの?

冒頭でも軽く触れましたが、ヘルプデスクの仕事は未経験からでもできる仕事はたくさんあります

ただし、経験者が優遇されるのは間違いないので「未経験歓迎」と書かれていたとしても、未経験者の方にとっては倍率が高くなってしまう可能性もあります。

なぜかというと基本的に派遣は即戦力を求めていることが多く、未経験よりも経験者の方が教育コストがかからないので企業としては経験者をできるだけ採用したいんですよね。

なので、最初は時給が少し相場より安いあまり人気のない求人に応募して経験を積み、スキルがついてきたところで好条件の職場に移動することがおすすめです。

少しずつステップアップをしていって理想の職場で働けるようにしましょう!

ヘルプデスクとして働くメリット・デメリットとは?

指をさす女性

ヘルプデスクの仕事について理解していただけたところで、ここからはヘルプデスクで働くメリット・デメリットを紹介していきます。

ヘルプデスクで働くメリット6つ

ヘルプデスクの仕事で働くメリットは以下の6つです。

  1. 知識・スキルが身につく
  2. コミュニケーションスキルが上がる
  3. 感謝されることでやりがいを感じる
  4. 未経験からでもチャレンジできる
  5. 時給が高く、稼げる
  6. キャリアアップできる

それでは一つずつ見ていきましょう!

①知識・スキルが身につく

ヘルプデスクの仕事のメリットは、やはり知識・スキルが身につく事です。

毎日のようにサポートをし続けていれば、自然と知識やスキルは身についてきます。

ハード面でもソフト面でもさまざまな製品に触れることになるので、他の職場に行っても通用するスキルを手に入れる事が可能です。

パソコンの知識が身につくので、仕事だけでなくプライベートでもトラブルがあった際にスムーズに対応できるといったメリットもあります。

また、専門的なスキルをさらに深めていき、ステップアップし違う職種に転職する事も十分可能です。

②コミュニケーションスキルが上がる

ヘルプデスクは人と接するという事もあり、コミュニケーションスキルがとても求められる仕事です。

電話対応やメール対応、直接会ってやり取りする事もあり、自然とコミュニケーションスキルは磨かれていきます。

ヘルプデスクとして働いていると、こちらが何を伝えても相手にはなかなか理解していただけない事もよくあります。

そのような状況で少しでも相手にわかりやすく説明し、理解していただく事が求められるので、高いコミュニケーション能力、顧客対応能力を鍛えることが可能です。

他の仕事に移ったとしても、ヘルプデスクとして働くうえで身についたコミュニケーション能力は活かすことができるでしょう。

③感謝されることでやりがいを感じる

ヘルプデスクの仕事は困っている人の問題を解決してあげる仕事です。

なので「ありがとう」と感謝の言葉を直接言われる仕事であり、とてもやりがいを感じる事ができます。

直截感謝の言葉を言われる仕事はなかなかないので、言われると嬉しい気持ちになりモチベーションアップにつながりますよね。

また、トラブルを解決できた時の達成感も味わう事ができ、やりがいを感じる事ができるでしょう。

単純なルーティーン作業を繰り返すだけの仕事は嫌だと感じている人にはヘルプデスクはおすすめの仕事です。

④未経験からでもチャレンジできる

ヘルプデスクは未経験からでもチャレンジできる仕事です。

派遣の仕事の中でも求人数が多く、未経験でもできるお仕事が多いのも特徴です。

なかには経験者しか採用していない求人もありますが、「未経験OK」「未経験歓迎」の求人もかなりあります。

パソコンスキルにまだそこまで自信がない方でも挑戦できるのがヘルプデスクの魅力ですね。

最初は未経験からでもスタートできる求人に応募してみて、経験を積んでいきましょう!

⑤時給が高く、稼げる

ヘルプデスクは求められるスキルが幅広いため、高時給で働く事が可能です。

今回はヘルプデスクの時給相場をまとめてみました。

地域別にまとめると相場は以下の通りです。

地域名時給月給
東京23区2,250円360,000円
その他東京都1,801円288,160円
北海道1,575円252,000円
宮城県1,250円200,000円
愛知県1,751円280,160円
大阪府1,647円263,520円
福岡県1,439円230,240円

※月給は実働8時間×20日勤務で計算
※2021年5月25日現在のデータです
(参考ページ:リクナビ派遣平均時給チェック

上記のような結果になりました!

「思ったよりも稼げる」と思った方が多いのではないでしょうか。

システムエンジニアなど他のIT系の職種と比較すると時給は低くなってしまいますが、一般事務と比較すると高時給が期待できる仕事となります。

せっかく働くなら少しでも時給が高いところで働きたいという人は多いはずです。

なので、派遣社員として高収入を得たい方にとってヘルプデスクはとてもおすすめの職種です!

⑥キャリアアップが狙える

ヘルプデスクは幅広い専門知識を習得する必要があります。

なので、システムに関する知識を深めてヘルプデスク部門のリーダーになったり、社内SEへとステップアップしたりすることも可能です。

ステップアップする事でさらに年収を上げる事も可能です。

他にはITインストラクターへの転職も十分目指せます。

ITインストラクターとは先生としてスクールや専門学校などでIT技術を教える仕事です。

ヘルプデスクの仕事ではわかりやすく説明する事が求められるので、そのままインストラクターの仕事でも活かすことができます。

ただし、ヘルプデスクの時よりも更に情報処理関連の知識が必要になるため、ヘルプデスクとして働きながら自分でも勉強をして、より深い専門知識を身につけましょう。

ぜひキャリアアップを目指して頑張ってみてください!

ヘルプデスクで働くデメリット3つ

ここからはヘルプデスクとして働くデメリットを紹介していきます。

以下の2つがあげられます。

  1. クレーム対応をする可能性がある
  2. トラブルを必ず解決しないといけない
  3. 覚える事が非常に多い可能性がある

それでは一つずつ見ていきましょう!

①クレーム対応をする可能性がある

社内ヘルプデスクか社外ヘルプデスクかにもよりますが、一般的に社外ヘルプデスクの方で働くとクレーム対応をする頻度は高くなりがちです。

「お前は何年働いているんだ!本当にヘルプデスクなのか?」「わからないなら他の人に変われ!」などと言われたりする可能性も十分あります。

原因不明で解決が困難なトラブルでも相手からすると「おたくの製品なんだからわかって当然だろ」というような対応をされることもあります。

このクレーム対応でストレスを抱え込んでしまう方も残念ながらいるのが現状です。

社内ヘルプデスクであれば会社内の方に対してサポートをする事になるので、比較的クレームは少ない傾向にあります。

しかし、勤める会社によっては当たりのきつい人もいますので、クレームになる可能性はあります。

社外ヘルプデスクのように主に電話対応をするのであれば2度と会う事はないので良いですが、社内ヘルプデスクの場合は顔を合わせることになるので、合わない人がいると大変な思いをすることもあるのです。

②トラブルを必ず解決しないといけない

ヘルプデスクは、問い合わせを受けたトラブルに関しては、原則必ず改善する必要があります。

そのため、原因を特定するのが困難な時でもなんとかして解決してあげる必要があるのです。

急いでいるお客様も多く、スピード感も求められます。

どうしても解決不可能なトラブルに直面した際は、なぜ解決できないかの理由を説明し、顧客に納得してもらうようにすることもヘルプデスクの仕事です。

その際には相手を気遣う気持ちを忘れないようにし、なるべくクレームに繋がらないような対応を心がけましょう!

③覚える事が非常に多い可能性がある

職場によってはとても幅広い業務を任されることがあり、仕事を覚えるのが大変だと感じてしまうケースがあるようです。

これはヘルプデスクの仕事に関わらずどんな仕事でもそうですが、特にヘルプデスクは顧客対応を専門とする仕事なので、間違った知識を伝える事のないようにしっかり覚える必要があります。

勉強をするのが嫌いな方だと多少デメリットに感じてしまうでしょう。

ヘルプデスクで持っておくと有利な資格は?

派遣-女性,はてな,品川区

ヘルプデスクで働くには専門的な知識、スキルが必要です。

そこで、ヘルプデスクとして働くうえで有利になる資格を紹介します。

以下の3つの資格です。

  • 基本情報技術者試験
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)
  • ITパスポート

一つずつ見ていきましょう!

①基本情報技術者試験

IT関連の資格の中でも有名な試験として知られており、ヘルプデスクとして働くうえでぜひ取得したい資格です。

国家資格であり、技術面に関する知識だけでなく、経営などの実際の業務に必要な知識を身につける事ができます。

情報処理技術者試験という国家資格の中には他にも色々な資格がありますが、基本情報技術者試験は一番基礎的な資格です。

合格率は25.4%と低く、勉強時間はしっかり確保しないと合格することはできないでしょう。

全くの知識ゼロから始めると合格するまでは200時間ほどの学習時間は必要です。

取得する事でITの知識があると判断してもらいやすくなるので、仕事が決まりやすくなるメリットがあります。

②マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)とは、ExcelやWordなどのマイクロソフトオフィス製品の利用スキルを証明することができる資格です。

派遣会社から仕事を紹介してもらうときも「オフィスはどのくらいできますか?」など聞かれることが多々あります。

その際に「基本的な操作はできます」という事はできてもそれを証明する事って難しいですよね。

そこでMOSの資格を取得する事でパソコンスキルを客観的に証明することができるようになります。

MOSは比較的合格難易度は低い試験で、大体70%程度の方が合格できています。

試験も毎月開催されており、通信教材なども豊富なので適切に対策すればだれでも合格を狙える資格試験です。

ヘルプデスクとして働くうえでパソコンスキルはとても大事になってくるので、資格を取得する事で有利に仕事を進める事ができるでしょう。

③ITパスポート

ITパスポートとは、情報処理技術者試験の中で最も難易度が低い国家資格で、ヘルプデスクとして働くうえで必要になる正しいIT知識を身につける事ができます

月に一回以上は必ず試験を受ける会場が用意されているので、今から勉強を開始してすぐに資格取得を目指してみて下さい。

合格率は50%前後と言われており、IT知識が全くない場合でも150~180時間ほど試験対策の勉強をすれば十分合格できる試験と言えるでしょう。

ITパスポートの資格を取得する事で、より信頼度の高いヘルプデスクとして勤務することができるので、スキルアップ、キャリアアップにつながる可能性があります。

おすすめの勉強方法としては、

  1. 参考書、過去問題集を1冊ずつ買う
  2. まず参考書を読み込む
  3. 過去問をやってみる
  4. わからないところを参考書で確認
  5. 間違えたところをもう一度解く
  6. ③④⑤の繰り返し

この方法がおすすめです!

ぜひ勉強をして資格取得を目指してみてください!

ヘルプデスクに強い派遣会社3社を厳選紹介!

ここからは、ヘルプデスクの仕事をする上で役立つ、おすすめの派遣会社を紹介します。

以下の3社です!

  1. テンプスタッフ
  2. スタッフサービス
  3. マンパワー

一つずつ見ていきましょう!

①テンプスタッフ

 

テンプスタッフ

テンプスタッフは人気の派遣会社ランキングに常にランクインするほど、圧倒的な支持を集めている派遣会社です。

抱えている求人数の多さや取り揃えている職種も幅広い仕事を紹介しています

また、女性に優しい派遣会社としても有名なテンプスタッフは育休産休などの福利厚生が充実しています。

未経験でも働ける仕事を数多く紹介してくれる派遣会社なので、迷ったらまずは登録しておきたい派遣会社です。

テンプスタッフは評判悪い!?口コミ31件とサービス特徴を徹底解説!
テンプスタッフの評判・口コミは「福利厚生が良い」「就業後のフォローがしっかりしている」など良いものが多いです。業種カバー率は驚異の100%を誇り、派遣会社の中でもテンプスタッフは幅広く求人に対応している点も評判です。

②スタッフサービス

スタッフサービス

スタッフサービスは大手の派遣会社らしく、大手企業や有名企業の案件も多く取り扱っています。

求人数の多さは業界トップクラスですが、それに加え最短2時間でマッチング可能なほどスピーディーに仕事紹介を請けられることが特徴です。

派遣会社にありがちな「せっかく登録したのに仕事紹介がされない」なんて悩みも、スタッフサービスであれば仕事が見つかるまでのスピードに定評があるので安心です。

スタッフサービスは評判悪い!?口コミ30件とサービス特徴を徹底解説!
「スタッフサービスの評判は悪いって聞いたんだけど…」 「スタッフサービスって本当に使うべきサービスなのかな…」 派遣会社のサービスを使う前に、利用者の口コミを見ておきたいですよね。 なかでも最大手のスタッフサービスは利用者が特...

③マンパワー

マンパワー

マンパワーは日本で最初にできた派遣会社であり、世界80か国に展開しているグローバル企業です。

派遣会社としての歴史がとても長いので大手企業とのパイプもしっかりしており、外資系企業のため海外案件の求人にも強いのが特徴です。

マンパワーグループへの登録済みの人が対象のスキルアップ講座があり、あなたのスキルに合った講座を提案してくれます。

キャリア支援意外にも、国内外の提携施設が割引になったりする福利厚生も充実しています!

マンパワーは評判悪い!?口コミ36件とサービス特徴を徹底解説!
「マンパワーの評判は悪いって聞いたんだけど…」 「マンパワーって本当に使うべきサービスなのかな…」 派遣会社のサービスを使う前に、利用者の評判・口コミを見ておきたいですよね。 なかでもマンパワーは老舗の優良派遣会社として有名で...

まとめ~ヘルプデスクの理想の求人を見つけよう!~

今回の記事ではヘルプデスクの仕事内容、メリット・デメリットについて紹介しました。

ヘルプデスクは課題解決のお手伝いができるお仕事で、とてもやりがいを感じながら働く事が可能です。

そして、ヘルプデスクは派遣の求人が豊富で、未経験からでも働ける求人もたくさんあります。

経験を積んでいけば高時給の職場で働ける可能性もあり、年収を上げる事も十分可能です。

ぜひ今回紹介した派遣会社に登録してみて下さい!

タイトルとURLをコピーしました