工場で働きたい女性におすすめの派遣求人

派遣-女性と工場 お役立ちコラム

女性が工場で派遣として働く際に、おすすめの求人はどのようなものでしょうか?おすすめの求人を見つけるために知っておくべき、女性が工場で派遣として働くメリット・デメリットについてみていきます。

女性が工場で派遣として働くメリット

短時間勤務の仕事が多い

工場派遣の仕事は、単純作業が多いため、仕事を細かく分割することが可能です。だからこそ、仕事と家事や育児を両立したい女性にとって、ワークライフバランスを重視しやすいということができます。実際に、工場派遣の仕事は主婦層の女性にたいして支持されており、「5時間以内の勤務(休憩内)」や「不要内での勤務」といった働き方を選んでいる方が多いです。

少ない残業

ワークライフバランスを取りやすいということで女性に人気の一般事務や営業事務といった仕事は実は、時期によってその仕事量が大きく変わります。忙しい時には、9時まで働かなければならないということもあるのです。しかし、一方で、工場の仕事は、スケジュール通りに動くことが多く、例外的なことが起こりにくいため、常にワークライフバランスをとることが出来るのです。また派遣となると、契約先は、工場ではなく、紹介会社となるため、工場の管理者から残業を頼むこともできないのです。こうした事情を踏まえると、女性にとってとても働きやすい環境であるということができます。

通勤の服装が自由

オフィスで働く場合に、スーツやビジネスカジュアルといった仕事用の洋服を準備する必要があり、出費が重なるということがよくあります。実際に筆者もオフィスカジュアルを用意するために、フルコーデで、1万円以上かかるという事実に唖然とした記憶があります。しかし、工場の場合、もちろん、工場内では、指定の服を与えられることがありますが、通勤の服装に関して、特に指定がないため、存分におしゃれを楽しむことができるのです。自分が本当に好きな服だけに、出費をすることができるのは、工場派遣の仕事ならではないでしょうか。

必要品を工場が揃えてくれる

工場派遣で働くメリットとして、服装への出費が少ないということを上記で挙げましたが、その他で必要な用具も、工場側が揃えてくれるということもお伝えしたいと思います。例えば、制服や安全靴、ヘルメット、作業用の手袋などといった必需品ですが、給料から引かれることもなく、工場側が用意してくれるので、準備費用というものがかかりません。もちろん、工場がすべてを用意するまでに、時間がかかり、初日から受け取ることが難しいという場合もありますが、そういった場合には、予備で用意しているものを企業でレンタルすることが可能です。

派遣社員が同じ職場に多い

オフィスワークでの仕事の求人をみると、1~2人の求人が多く見受けられますが、工場の派遣求人を見ると、10~20人と大量に人を募集しています。そのため、働いている際に孤立を感じにくいということが特徴としてあります。やはりどんな人たちと働くのかということも重要であるため、人間関係でストレスをためにくいということは女性にとってとてもうれしいことだと思います。

男性より女性の需要が高い

工場での仕事は、細かく、単純作業が多く、実は男性よりも女性の方が向いているといわれています。そのため、工場側としても、集中力が高く、まじめに長く働いてくれる女性を雇いたいと 思っているのです。工場というと、重たいものを運ぶ仕事を連想する方もいるかもしれませんが、実際に女性がそうした仕事を任されることはないので、その点も安心です。

学歴が無関係

工場での求人は、学歴や職歴といったものをあまり重視されていないことがほとんどです。さらに、派遣となると、もともと学歴を対象にすることがほとんどないので、学歴に壁を感じるという方でも、安心して応募することができます。

女性が工場で派遣として働くデメリット

体力や怪我の問題

メリットのところで、女性が体力的にきつい仕事をすることがないといったのですが、立ちっぱなしの業務に抵抗がある方は不向きと言えるかもしれません。もちろん、椅子が用意されている業務もあると思いますが、すべてがそうとはかぎりません。7時間、8時間という長時間、立ったまま、単純作業に耐えられることが必要となってきます。また工場内での仕事となるために、機械を誤操作したことによる怪我を負う方もいらっしゃいます。どの工場でも安全第一であるとは思いますが、何事も絶対ということはないので、機械の安全性に対して不安を抱いている方には不向きな仕事ということもできると思います。

おしゃれができない

通勤時におしゃれはできても、勤務中におしゃれができないということに不満を感じるという方もいるようです。工場の勤務ではヘルメットを被ることが基本ですし、食品工場の場合でも、製品に髪の毛が入りことを防ぐために帽子をかぶらなければなりません。

派遣切りの問題

工場だけに限らず、派遣社員の全員に当てはまることですが、勤務先の売り上げが不振だった場合に、真っ先に解雇の対象になるのが派遣社員となります。やはり、安定しているとは言いにくいため、安定志向を持っている方は、派遣ではなく、工場での正社員を目指すことも一つの手だと思います。

タイトルとURLをコピーしました