派遣社員に最低賃金はどう適用されている?下回ってたらどうする

派遣-派遣社員の最低賃金 派遣の裏事情

派遣求人は高時給って聞いたから登録したいんだけど、想像以上に時給が低かった…。まさか最低賃金未満…?。

時給が最低賃金を下回ったら法律違反です!ですが今一度、派遣の最低賃金事情を把握したほうがいいですね…。

派遣社員にも最低賃金は適用されています。

でも、その賃金がどう適用されるかわからないですよね。

派遣社員としての立場を守るためにも、最低賃金事情を押さえるのが絶対おすすめです。

最低賃金についておさらいしよう

通帳を開いて収入を確認する人

まずは最低賃金の概要を押さえましょう!

最低賃金は「雇い主が従業員に支払わなければならない、最低限の賃金額」を指します。

雇用形態にかかわらず全従業員に適用されますので、派遣社員にも該当します。

なお、雇い主と従業員の双方で最低賃金以下で契約を結んでも、法律上無効となって最低賃金額と同額の定めとなります。

最低賃金が支払われていなければ、従業員はその差額を請求できます。

最低賃金の対象とならない賃金があるので注意

最低賃金の対象とならない賃金があるので、気を付けましょう。

基本給と諸手当が対象となり、以下6つの賃金には最低賃金制度が適用されません。

  • 結婚手当などの臨時に支払われる賃金
  • 賞与などの1箇月を超える期間ごとに支払われる賃金
  • 所定労働時間を超える時間の労働に対して支払われる賃金
  • 所定労働日以外の労働に対して支払われる賃金
  • 22:00~5:00の労働に対して支払われる賃金のうち、通常労働時間の賃金計算額を超える部分
  • 通勤手当、家族手当、精皆勤手当

最低賃金額がいくらかを確認しよう

最低賃金には以下の2種類があり、金額の高いほうが適用されます!

  • 地域別最低賃金…各都道府県に1つずつ定められた賃金
  • 特定(産業別)最低賃金…特定の産業に従事する方を対象に定められた賃金

特定(産業別)最低賃金とは

鉄鋼業や電気機械器具製造業など、特定の産業を対象に定められた賃金です。業種が該当しても、年齢・業務内容・就業期間によっては適用されないケースがあります。

地域別最低賃金(2018年)は以下の通りです。

北海道835円2018年10月1日滋賀県839円2018年10月1日
青森県762円2018年10月4日京都府882円2018年10月1日
岩手県762円2018年10月1日大阪府936円2018年10月1日
宮城県798円2018年10月1日兵庫県871円2018年10月1日
秋田県762円2018年10月1日奈良県811円2018年10月4日
山形県763円2018年10月1日和歌山県803円2018年10月1日
福島県772円2018年10月1日鳥取県762円2018年10月5日
茨城県822円2018年10月1日島根県764円2018年10月1日
栃木県826円2018年10月1日岡山県807円2018年10月3日
群馬県809円2018年10月6日広島県844円2018年10月1日
埼玉県898円2018年10月1日山口県802円2018年10月1日
千葉県895円2018年10月1日徳島県766円2018年10月1日
東京都985円2018年10月1日香川県792円2018年10月1日
神奈川県983円2018年10月1日愛媛県764円2018年10月1日
新潟県803円2018年10月1日高知県762円2018年10月5日
富山県821円2018年10月1日福岡県814円2018年10月1日
石川県806円2018年10月1日佐賀県762円2018年10月4日
福井県803円2018年10月1日長崎県762円2018年10月6日
山梨県810円2018年10月3日熊本県762円2018年10月1日
長野県821円2018年10月1日大分県762円2018年10月1日
岐阜県825円2018年10月1日宮崎県762円2018年10月5日
静岡県858円2018年10月3日鹿児島県761円2018年10月1日
愛知県898円2018年10月1日沖縄県762円2018年10月3日
三重県846円2018年10月1日///

時期によって地域別最低賃金改定状況が更新されるため、最新情報は厚生労働省の地域別最低賃金のページをご覧ください。

派遣社員の最低賃金はどう適用されている?

女性-クエスチョンマーク③

派遣社員も労働者ですので、労力に対してその対価を請求する権利があります。

そのため、派遣社員も最低賃金法の保護対象に該当します。

派遣社員の最低賃金は、派遣先企業の所在地の最低賃金が適用されます。

以下の図で具体的に見ていきましょう!

派遣-最低賃金の構図

例えば神奈川県の派遣会社で派遣登録した派遣スタッフが、東京都内の派遣先企業で働くとしましょう。

この場合、派遣先企業のある東京都の最低賃金が適用されます。

神奈川県の最低賃金ではないので注意しましょう。

時給が最低賃金未満だと法律違反

女性-ばつ

最低賃金法第4条で、「会社が人を雇用する際、労働者に対して最低賃金以上の賃金を支払うこと」が義務付けられています。

この法律はすべての労働者に適用されるため、派遣社員に対しても最低賃金以上の賃金を支払わなくてはなりません。

自分の時給が最低賃金未満なら「労働基準監督署」へ相談

使用者側が意図的に最低賃金を下回る時給を設定するケースもあります。

大抵の場合「あなたの能力が低いので、最低賃金以上の給料を支給できない」「今は会社の業績が良くないからガマンしてくれ」などと言い訳をします。

このように、自分の時給が最低賃金を下回ってるのに対応してくれないときは、賃金明細を持って労働基準監督署に相談しに行きましょう。

その後、労働基準監督署に相談した内容を受けて使用者に対して指導が行きます。

おすすめ就職支援サービス!
ハタラクティブ
ハタラクティブ-アイキャッチ画像
  • 20代既卒・フリーター・第二新卒の求人に強い!
  • カウンセリング実績110,000人以上!
  • 内定率80.4%!
  • おすすめ大手派遣会社ランキング!
    テンプスタッフ
    テンプスタッフ-アイキャッチ
  • 女性の働きやすさが口コミNo.1!
  • 圧倒的に充実した福利厚生制度!
  • 業種カバー率100%!
  • ランスタッド
    ランスタッド-アイキャッチ
  • 事務職・工場製造系の求人に強い!
  • 地方にお住いの方にも対応!
  • 優秀なキャリアアドバイザーが多数在籍!
  • スタッフサービス
    派遣-スタッフサービスのアイキャッチ画像
  • 求人数100,000件突破の大手派遣会社!
  • 有効登録者数1,000,000人以上!
  • 高時給案件も多数掲載!
  • 派遣の裏事情
    派遣会社カタログ編集部をフォローする
    派遣会社カタログ
    タイトルとURLをコピーしました