紹介予定派遣とは?メリット・デメリットを中心に徹底解説

社員の握手 雇用形態の比較

派遣と一口で言ってもその雇用形態はさまざまです。

そもそも聞いたことがないという方、言葉は知っていても詳細を知らない方が多いのですが、それはもったいない話です。

というのも、紹介予定派遣は派遣から正社員登用を狙える夢のような雇用形態だからです。

今回はそんな紹介予定派遣について、メリット・デメリットを中心に徹底解説していきます!

そもそも紹介予定派遣ってなに?

考える女性

紹介予定派遣とは

紹介予定派遣とは、派遣スタッフが一定期間(6カ月以内) 派遣労働者として企業に派遣されて労働に従事したのちに、その契約期間後に派遣社員側および企業側の双方での合意のもとで契約企業に直接雇用されるということを前提に実施されるという雇用形態です。

端的に言うと、派遣社員の雇用形態および正社員の直接雇用・就活・雇用形態をいいとこ取りした制度といっても過言ではありません。

試用期間中は通常の派遣社員として働くときと同様に、派遣会社が雇用主となりますので時給計算で給与が支払われます。

会社によって試用期間は異なりますが、3カ月が多いです。

通常の派遣と紹介予定派遣を以下の表で比較しました!

通常の派遣 紹介予定派遣
直接雇用の可能性 低い 直接雇用が前提
雇用期間 最大3年間で1~3ヶ月毎の更新 最大6か月
契約更新の有無
給与 時給
業務内容 同じ

紹介予定派遣は直接雇用が前提で規約を結ぶという、求職者からすれば夢のような雇用形態です。

派遣スタッフとして働く様子(仕事に対する姿勢や態度、実績など)を、企業の人にを見てもらって採用or不採用に至るわけです。

もしもあなたが、通常の派遣と紹介予定派遣の業務内容に違いがないという前提で、将来的に正社員登用されたい意志があるのであれば、紹介予定派遣のほうが断然おすすめです。

また、企業からの紹介予定派遣の需要は高くなっており、紹介予定派遣から正社員登用を目指す方も最近では増えてきています。

試用期間を派遣社員で雇用することで、給与の手続きなど全てを派遣会社に一任できるため、派遣先企業も細かい事務的な手間を省けます。

紹介予定派遣で働くメリット

ナンバーワン-女性

ここまでは紹介予定派遣の概要を解説してきました。

続いて紹介予定派遣で働くメリットを紹介します。

派遣期間終了後は正社員として働ける

正社員の採用だと、採用されてから実際に働いて入社するかどうかを判断することはできませんが、紹介予定派遣ではそれを可能にするため、入社後に辞職するリスクは低いです。

また、紹介予定派遣で正社員として入社したのはいいものの、人間関係の不一致や個人的な都合で辞職するとなった場合、正社員や契約社員であれば自力で次の就職先を探さねばなりません。

これは非常に面倒なことですが、派遣社員の場合は派遣会社の営業担当スタッフが辞職後の職探しを代行してくれるため、大きな手間を省けるのも大きいメリットですね。

そして、派遣社員にとって一番大きなメリットといえるのが、ご自身のライフスタイルに合わせて自由に働いて正社員を目指せることです。

職場の雰囲気を把握できる

職場の雰囲気は面接のような場では判断しかねますが、派遣スタッフとして仕事に従事することで初めて見えてくるものもあります。

また、新たな職に就く際に、その職場の雰囲気になじめるのかどうかは、直接雇用されることを考慮すると非常に重要な事項です。

紹介予定派遣として働くと、実際に勤務体験をすることで直接的な契約を交わす前に、その会社がご自身に適合するのか前もって判断できます。

一般的な採用の場となると、会社の社風や雰囲気、働いている人たちの様子などが自分に合わなくて辞めたいと感じても、退職に至るまでのハードルは大変高いものです。

それに対して紹介予定派遣の場合は、派遣の契約期間が終了してからの雇用を辞退しやすいメリットがあります。

未経験でもチャレンジできる

一般的な派遣となると、希望職種の経験者、特定のスキル・資格の所持者を対象にいた求人が多く掲載されています。

ですが、紹介予定派遣の場合は数か月間という短い派遣期間で経験を積めるため、未経験でも潜在的に能力があれば問題ないケースも存在するため、未経験業種や業界に挑戦できます。

仕事の適性を判断できる

正社員が働き始めるとき、いきなりやったこともない仕事を一気にこなすことになります。

そのため、正社員として仕事をスタートさせる前にある程度仕事内容を把握して、ご自身で本当にその仕事をこなせるのか判断しておきたいですよね。

紹介予定派遣の場合は、正社員として雇用契約を結ぶ前に実際に仕事を体験できることから、仕事の適性判断ができるだけではなく、試用期間中に経験を積めます。

正社員登用までは企業との交渉を派遣会社がしてくれる

企業と雇用関係を結ぶと、給与・休暇などの事項について交渉しないといけなくなります。

正社員の場合、こうした交渉は仕事と並行しながらしなければならないため、非常にめんどくさいものです。

ですが、紹介予定派遣の場合はご自身が正社員になるまでに派遣会社のほうで給与・休暇などの交渉をしてくれるため、手間が省けます。

仕事に集中できるため、派遣会社を上手く利用しましょう。

紹介予定派遣で働くデメリット

×マークのプラカードを持つ女性

紹介予定派遣で働くメリットは多く、派遣会社と連携すればその恩恵は大きいのですが、その反面デメリットもあります。

メリットとデメリットの両面を見た上で、正しい判断をしましょう!

必ずしも正社員として登用されるわけではない

紹介予定派遣での就業を終えると必ず正社員になれるとお考えの方もいますが、これは誤解です。

派遣期間を終了した後、あくまで派遣会社を離れて直接雇用(直接雇用≠正社員なので注意です!)の形態に移行するだけですので、必ずしも紹介予定派遣から正社員になれるわけではないのです。

なお、正社員になるといっても契約社員からスタートするケースもあるので、その場合は必ず確認を取りましょう。

また契約社員となると、正社員と比較するとどうしても雇用の安定性で考えると、多少不安定な側面もあります。

紹介予定派遣の求人は比較的少ない

残念ながら紹介予定派遣の求人は少ないため、必ずしもご自身の希望に沿った求人が見つかるとは限りません。

例えば、100000件以上の求人を取り扱っている大手派遣会社のスタッフサービスでさえも、紹介予定派遣の求人は6098件(2019年1月16日現在)ほどしかありません。

これは大手のスタッフサービスのみならず、どの派遣会社でも言えることであり、派遣スタッフとして働く一般的な求人の数の方が圧倒的に多いです。

給与が下がるかもしれない

派遣会社に属している間は時給、正社員として働くとなると基本的には月給での給与形態になります。

結果として、給与形態が変化することで給与が減少するケースもあります。

試用期間では時給1,700円の1日8時間勤務で、月当たり270,000円近くの給料だったとしても、正社員に切り替わることで3万円近く給与が下がることもあります。

ただ、これは派遣会社の求人募集欄をよく見れば済む話です。

「直接雇用の後は月給240,000円~250,000円」といったような記述がありますので、求人欄をよく見て、直接雇用後はどのような待遇に変化するのかをよく確認しましょう。

紹介予定派遣の面接を受ける時のポイント

女性-接客業

紹介予定派遣の面接は通常の派遣の面接と若干異なりますので、ポイントをしっかりと押さえましょう!

紹介予定派遣と通常の派遣での面接の違い

通常の派遣と紹介予定派遣とでは、採用面接が大きく異なってきます。

通常の派遣であればスキルシートに経歴・スキル等をまとめますが、紹介予定派遣の場合となると履歴書や職務経歴書の提出が必要になってきます。

また、事前に派遣スタッフのスキル人間性などの情報が、派遣会社の営業担当スタッフから企業の採用担当者へと共有されていることも大きな違いです。

そのため、派遣先企業の面接に臨む前に、派遣会社の営業担当スタッフとどの点をアピールするのか徹底的に話し合っておいて、面談のおおよその方針を定めるとよいでしょう。

面接先企業のリサーチは怠らないようにしよう

面接先の企業のリサーチは必ずおこないましょう。

リサーチすることでその企業に対して本気で興味関心を持つことができますし、その業界・職種でこれから仕事をしていく決意があるのかを考えるのは非常に大切です。

経歴・職歴は前向きな内容でアピールしよう

新卒の人とは違って、紹介予定派遣の場合は育成期間がかなり限られてしまいます。

即戦力となりうる人材を会社側は求め、会社で何ができるのか、これまで何を経験してきたのかを前向きなものとして伝えなくてはなりません。

これは働き始めてからご自身がどう活躍していくのかをイメージするためにも、非常に重要なことといえます。

紹介予定派遣の実態を体験談でご紹介

30代後半/神奈川県在住/女性

 

突如退職する者が出たため、紹介予定派遣で1名ほど採用枠ができ、3ヵ月と数日が経過した後に正社員に登用してもらうかたちになりました。
大手の派遣会社2社に必要とされるスキルを公表して、紹介を受け、打ち合わせ面接の後、お願いをしたという経緯です。
実際のところお見合いのようなものですので、実際に仕事してみて社風やご自身のスキルがマッチしなければ、派遣期間中に企業側からも、派遣スタッフ側からも継続して仕事をするのを断れます。

正社員としての継続雇用が補償されているわけではありません。
入社してからの会社に対するギャップがないのは、紹介予定派遣ならではの双方にとって非常に大きなメリットだと思いますね。

30代後半/埼玉県在住/女性

 

紹介予定派遣で事務職の仕事をしている者です。

紹介予定派遣は未経験でも数か月間という短期間で経験を積めるため、未経験の職種にも恐れることなく挑戦できるのが大きいですね。

事務職は多彩な仕事をするのだろうなと最初は心配でしたが、派遣先企業では待遇や社員さんの私に対する接し方が良かったのもあってか、十分な経験が詰めたので問題ありませんでした。

タイトルとURLをコピーしました