「看護師の医療行為は派遣だと違法」は誤り?誤解が生じた原因を紹介!

看護師の派遣

看護師って、派遣で医療行為できないの?

看護師として働いており、派遣での雇用形態を考えているあなた。

ネットで調べると、「派遣だと看護師の仕事ができない」といった文言を目にしたことはありませんか?

派遣は、自分の都合に合わせて働けることがメリットの雇用形態。

正規雇用と比べ責任感が少なく、人間関係に悩まされにくいのも魅力の一つです。

派遣として、看護師はどこの派遣先に行っても働けないのでしょうか?

本記事では、看護師が派遣として働けるか?をテーマに解説。

今後、派遣としての就労を考えている看護師の方は、参考にしてください!

看護師派遣が「違法」だと誤解される理由

「看護師は派遣で働けない?」

結論から言うと、派遣でも働けます。

なぜ、「看護師が派遣で働くのが禁じられている」話が出回っているのでしょうか。

背景には、過去の法律や認識が現代にも語り継がれていることがあります。

2006年以前は禁じられていたから

看護師

看護師の派遣がかつて全面的に禁じられていたため、今も「派遣の看護師はNG」と誤解されています。

国内における派遣業は、1986年に労働者派遣法が施行されたときに始まりました。

開始当初、派遣が認められていた職種は限定的。

徐々に職種制限の壁がなくなり、看護師も2006年から解禁となりました。

就業できる場所に制限はありますが、後ほど詳述します。

2006年以前、看護師は派遣として働けない法律上の縛りがあったため、今も誤った認識が世の中に広がっていますね。

「ネガティブリスト」に含まれていたから

「ネガティブリスト」に含まれていたことも、「看護師は派遣就業をできない」と誤った認識につながった要因です。

上記で、「1986年に派遣法が施行され、徐々に派遣を認める職種が拡大された」とお伝えしましたね。

1999年、「次の職種以外は派遣を許可する」と定めた、いわゆる「ネガティブリスト」が作成されました。

リストには、「弁護士・建設業務・警備業務」のほか、「病院・診療所での医療業務」以外の職種において派遣就業を認めるとの記述が。

看護師が通常働くのは、病院・診療所。

1999年当時、看護師が派遣として認められていないのは事実でした。

派遣法の内容は時代とともに変化し、現在看護師は派遣として働けます。

1990年代~2000年代初頭に働いていた方の間にあった認識が、今も残っていたのですね!

看護師が派遣で就業できる・できない場所

現在、看護師は派遣就業ができます。

上記で、「一定条件のもとで働ける」とお伝えしました。

具体的には、勤務場所において派遣の就労可否が判断されています。

派遣として就業できる場所・できない場所をそれぞれ見ていきましょう!

医療機関での派遣就業はできない

病院

看護師が派遣として就業できない場所についてお伝えします。

看護師が派遣として働けない職場は、医療機関です。

医療機関は、具体的には下記の場所が挙げられます。

  1. 病院
  2. クリニック
  3. 助産院
  4. 介護老人保健施設
  5. 患者自宅

いずれも、看護師が一般的に働く職場ですね。

病院については、例外的に派遣就業が認められる場合があるので、後ほど詳述します。

「なら、看護師はどこなら派遣が認められているの?」と思いますよね。

医療機関以外なら派遣就業が可能

看護師が勤務できる派遣先は、病院・クリニックなど上記の医療機関以外です。

具体的には、下記が挙げられます。

  1. 有料老人ホーム
  2. デイサービス
  3. 特別養護老人ホーム
  4. 社会福祉施設
  5. 保育園

高齢者を対象としたサービス施設が多いですね。

保育園もあることから、「看護師が派遣就業できるのは民間施設だと覚えておきましょう!

看護師が派遣できる・できない場所について記載されている法律は、労働派遣法第二条四節です。

例外的に病院での派遣就業ができる場合も

病院

例外として、病院への派遣就業が認められている場合があります。

産休・育休代替

医療機関で正規雇用として働く看護師が、産休・育休を取得し休暇中である場合です。

休暇に入った看護師の代わりに、人材の穴埋めとしての派遣となります。

雇用期間は、休暇取得した看護師が休暇を終えて職場復帰するまでです。

紹介予定派遣

3か月~半年など、一定期間派遣として働いたのち、正職員・パートなど直接雇用に切り替わることを前提とした派遣形態です。

派遣の場合、雇用主は派遣会社なので、病院と雇用契約を結んでいません。

直接雇用することで、病院と雇用契約を結べます。

病院での派遣就業を希望する場合、産休代替か紹介予定派遣のいずれかがないか確認しましょう!

看護師派遣で気を付けたい違法行為

上記で、看護師が派遣就業できる・できない場所を紹介しました。

病院は原則として派遣就業が不可。

例外として、産休などに入った看護師の代わりや紹介予定派遣なら派遣就業が可能になります。

デイサービスなど、派遣就業が認められている職場で働く際、気を付けたいことがあります。

具体的には下記4点です。

  1. 3年以上同一職場で派遣として働き続ける
  2. 無許可の派遣会社で派遣就業していた
  3. 派遣先が面接・書類選考の実施していた
  4. 派遣会社が次の雇用を確保していない

一つずつ見ていきましょう!

3年以上同一職場で派遣として働き続ける

3年以上、同じ職場で派遣として働き続けているのは違法です。

看護師に限らず、派遣形態の労働者が同一職場で働ける限度は最大3年。

3年以上働いたとしても、看護師に責任は課されず、派遣先の責任となります。

派遣先が派遣看護師を直接雇用することで、責任を負います。

上記で指す「同じ職場」は、「シフト管理・仕事配分をする担当者が同じ」かどうか。

派遣先の勤務地が同じでも、担当者が違えば同じ職場として扱われません。

3年以上働いている場合、担当者が変わっていないか確認しておきましょう!

無許可の派遣会社で派遣就業していた

違法

無許可の派遣会社で派遣就業をしているのも、違法です。

派遣業務は、厚生労働省が認可を出した事業者のみが営める事業。

仮に不認可の事業者だと、違法の派遣事業者になります。

同一職場で3年以上働いていた場合と同様、労働者に責任はありません。

派遣会社にペナルティが生じ、派遣先も労働者を直接雇用する責任を取らされます。

登録した派遣会社が、厚生労働省から許可が出ている会社か確認しておきましょう!

派遣先が面接・書類選考の実施していた

派遣先が労働者の面接・書類選考を実施していた場合も違反です。

派遣看護師は、派遣会社のスタッフの一員として派遣先に就業する雇用形態。

正規雇用ではないため、面接・書類選考の実施は不可能です。

選考対象となっているかどうかは、労働者は認知できません。

選考があったと発覚した場合、派遣先と派遣会社の両者に懲役か罰金刑が課されます。

提出した書類が、選考材料として扱われていないか確認しておくと無難ですね!

派遣会社が次の雇用を確保していない

雇用契約書

派遣会社が次の雇用を確保していなかったのも違法となりますが、条件付きです。

派遣労働者の雇用が、1年以上続くと見込まれた段階で努力義務が発生。

3年見込まれれば「努力」が外れ、義務づけられます。

いずれかの段階となった場合、派遣会社は労働者に対し、下記2点のいずれかをする必要があります。

「次の職場を紹介する」

「派遣会社に無期派遣社員として受け入れる」

いずれかの条件を満たせなかった場合、派遣会社は労働者を無期雇用派遣として雇わなくてはいけません。

無期雇用派遣は、「期間が定まっていない派遣」を指し、派遣先がなくとも給与が支給される派遣形態です。

「派遣として3年以上働いたのに、次の職場が見つからなかった」となっていた場合、派遣会社が違法行為をしている可能性が高いですね。

違法派遣にならないために

上記で、違法な派遣就業となるケースを見ました。

派遣会社と派遣先の故意による過失が原因となるケースが大半でした。

看護師自身が責任を負わなくても、「違法派遣していた」とわかれば嫌な気持ちになりますよね。

違法派遣とならないために、看護師はどういった点に気を付ければいいのでしょうか。

具体的に説明します。

「厚生労働省許可番号」がある派遣会社を選ぶ

「厚生労働省許可番号」が出ている、派遣会社を選んで働くのが一つのコツです。

上記で見たように、派遣事業をおこなう場合に各企業は厚生労働省から許可をもらう必要があります。

許可が出ると、厚労省から許可番号が発行されます。

番号は、ホームページや各企業の会社概要欄に記載。

例えば、「株式会社ネクストレベル」なら「派27-302098」といったように、「派」から始まります。

登録した派遣会社に許可番号があるか、確認しましょう!

株式上場している派遣会社を選ぶ

上場

「許可番号を見つけても不安だ」と思う方は、株式上場している派遣会社を選びましょう。

上場にあたり、企業はコンプライアンスの遵守を徹底します。

仮に違法している項目があり発覚すると、上場廃止や営業停止に追い込まれるためです。

上場している派遣会社は、例えば「株式会社クイック」(本社:大阪市北区)があります。

上場している派遣会社だと、未上場より時給など待遇が整っている会社も。

上場している派遣会社ならではのメリットですね!

まとめ~看護師が派遣として働けるのか~

本記事では、「看護師が派遣として働けるのか?」をテーマに解説しました。

かつて、看護師は派遣就業できない時代がありました。

当時の認識が残っている人の間で誤った理解が広がった結果、現在も「看護師は派遣として働けない」と言われています。

紹介予定派遣を除き、病院で派遣就業できないのは変わりませんが、老人ホームなどで働けます。

今後、派遣の看護師として就労を考えている方は参考にしてください!

おすすめ就職支援サービス!
ハタラクティブ
ハタラクティブ-アイキャッチ画像
  • 20代既卒・フリーター・第二新卒の求人に強い!
  • カウンセリング実績110,000人以上!
  • 内定率80.4%!
  • おすすめ大手派遣会社ランキング!
    テンプスタッフ
    テンプスタッフ-アイキャッチ
  • 女性の働きやすさが口コミNo.1!
  • 圧倒的に充実した福利厚生制度!
  • 業種カバー率100%!
  • ランスタッド
    ランスタッド-アイキャッチ
  • 事務職・工場製造系の求人に強い!
  • 地方にお住いの方にも対応!
  • 優秀なキャリアアドバイザーが多数在籍!
  • スタッフサービス
    派遣-スタッフサービスのアイキャッチ画像
  • 求人数100,000件突破の大手派遣会社!
  • 有効登録者数1,000,000人以上!
  • 高時給案件も多数掲載!
  • 看護師の派遣
    派遣会社カタログ編集部をフォローする
    派遣会社カタログ
    タイトルとURLをコピーしました