派遣社員は覚えることが多すぎる!きついと思った時の対処法

派遣覚えることが多すぎる-アイキャッチ お役立ちコラム

派遣社員になると「とにかく覚えることが多すぎる」「仕事も多い」との声が多いです。

なかには、「こんな忙しいとは思わなかった」「もう辞めたいけど、辞められない」など辛いと思いながら日々働いている方もいらっしゃいます。

でも、きついと思ってもいきなり辞めることはできないですよね。

そのため、今回は、覚えることが多すぎるけど、効率的に業務をこなすための仕事術と仕事術のみではどうしようもない時の対処法を紹介していきます。

派遣社員は仕事が多く覚えることも多い

派遣の仕事を辞めたい
今月から派遣で働き始めました。
派遣営業から忙しいと聞いていましたが、
覚えることが多すぎる上に仕事量もたくさんあり、
目の前でたまっていく仕事を目のあたりにすると気持ち悪くなります。
会社にいても家にいても頭がボーっとして、食欲もありません。
ぼーっとするのは眠れないからかもしれませんが、次の日のことを考えると眠る気になりません。
毎朝吐き気がします。

前もって忙しいと聞いてた以上に、これを理由に契約を終了することはやはり厳しいでしょうか?
1年間限定の派遣で、最初の更新は来月下旬です。(産休の代替要員のため)

引用:Yahoo!知恵袋-派遣の仕事辞めたい

派遣の仕事が多くて、辞めたいと考えている方もいます。

仕事で良いパフォーマンスが出せないともったいないですよね。

仕事を早く覚えるコツと仕事を覚えられない原因

派遣社員になると、覚えることが多すぎて大変ですよね。

そんなあなたに、仕事を早く覚えられるコツと仕事を覚えるのに障害になっている原因を紹介していきます。

仕事が多くても覚えられる4つのコツ

仕事を覚えるコツは4つがあります。

  • 不明点は質問する
  • 後で見返せるようにメモを取る
  • 常に自分事のように物事を捉える
  • 要点を押さえる

具体的には以下の通りです。

①不明点は質問する

話を聞いているとき、マニュアルとうの資料を読んでいる際に、分からないこと・不明点があれば、すぐに質問する癖をつけましょう。

質問すると、「あいつは面倒な奴だな」「自分で考えろ」とか思われないか心配になる人もいるかもしれません。

しかし、それらを未解決のまま放置していると、後々一番面倒な問題を引き起こす原因になりかねません。

そのため、入社期間が1年以上や特別な事情がない限りあなたの責任として処理されますが、一般的には上司が責任を取ることになります。

だからこそ、研修期間はチャンスと思い、「分からないこと・不明点は質問して解決しよう」という癖をつけましょう。

やる気がある行動すれば高評価を貰えますので、遠慮しないで質問するようにしましょう。

②後で見返せるようにメモを取る

上司や研修講師が話したこと、重要な事柄は常にメモを取るようにしましょう。

一度質問した内容をもう一度聞き返すと失礼ですし、2度手間になり、トラブルの原因になりかねます。

頭だけでは理解しがたい内容は、ノートやPCに一連の流れをメモして後で読み返せるようにしましょう。

最初からすべてを理解することは不可能です。

あなたの上司も分からなかったはずなので、理解できるまでしっかり質問し、メモ取るよう意識しましょう。

③常に自分事のように物事を捉える

物事を自分事のように捉えることは、成長するためには不可欠なことになります。

自分事で捉えるとは、簡単に言うと「自分が責任者である」と思いすべての物事を捉えることです。

例えば、経営者は他人事で物事を捉えません。

自分の会社であるからと言えばそうなりますが、経営者は自分事のように物事を常に捉えています。

他人事に捉える人は、「自分に責任はない」と物事を適当に捉え問題にすることはありません。

さらに、仕事に覚えるスピードや疑問に思わなくなり、仕事が適当になってしまいます。

なので、まずは自分事に物事を捉えて、他人のせいにしないようにしましょう。

どんな悪いこと・理不尽なことが起きても、常に自分事で捉えて、反省と改善を考える区政をつけるようにしましょう。

④要点を押さえる

相手の話を1から100まで全て覚えようとする人がいます。

しかし、こういった人は基本的に覚えるスピードは比較的に遅いです。

なぜなら、1から100まで覚えることが不可能だからです。

仕事をいち早く覚えるためには、難しい部分のみ覚えるように心がけましょう。

あとは流れや手順をしっかり把握し整理しておけば、物事を複雑に考える必要がなくなります。

まずは、出来るだけシンプルに考えて考えをまとめてみましょう。

そうすることで、相手の聞いた話の中で、何が重要で何が優先順位低いかが理解できますので、仕事がはかどります。

仕事を覚えられない3つの原因

まず、仕事が遅い=ダウン評価となります。

現在、派遣社員から正社員雇用に昇格する人も年々増加傾向にあります。

今は能力の高い派遣社員が直接雇用する流れができています。

仕事を覚えるのが早い人はスピード昇格し、仕事覚えるのが遅い人は継続的に仕事することが難しくなってきているシビアな時代とりました。

仕事ができない人の原因は以下の3つあります。

  • 素直ではない
  • 自己解決しようとする
  • 何らかの疑いがある

仕事ができない人はすぐに追い出される可能性がありますので、以下の意見を参考にして、仕事のできる人になりましょう。

①素直ではない

仕事を覚えられない人の1番の原因は、素直さがないため仕事を覚えることができないからです。

実は、素直さと仕事を覚える記憶力が直結しています。

理由は単純で、素直な人ほど指摘を否定してしまうからです。

以下に素直さがない人は、仕事が遅い理由をまとめたので、見てみましょう。

以下のステップをみてください。

  1. 指摘を受け入れられない
  2. 仕事のミスが増える
  3. 指導者は否定された気分になる
  4. そのまま放置

素直さがない人は、プライドが高いという点もありますので、上司に好かれないという点もありますので、素直さがないとか頑固だとか言われます。

人の指摘やアドバイスを素直に聞き入れたことが一度でもない人は、今すぐに改善する必要があります。

②自己解決しようとする

自己解決しようとしている人は、これでいいだろうと勝手に解釈して結論づけます。

勝手に結論を出してしますと、会社や同僚、上司に大きな迷惑をかけてしまう可能性があります。

自己解決しようとする人の特徴を以下にまとめたので、見てみましょう。

  • 忙しいから勝手に自己解決した
  • 仕事に責任感がない
  • コミュニケーションが取れていない

上記のような人が自己解決に走りがちなので、分からないこと・不明点は必ず他の人に質問するようにしましょう。

③何らかの疑いがある

自分の何が悪いのか分からない人も一定数います。

もしかしたら、アスペルガー症候群の疑いがあるかもしれません。

こちらは、専門医に相談してあなたに合った仕事を探すことが有力な解決策になります。

アスペルガー症候群の方は、以下のような仕事が向いていると言われております。

ゲームデザイナー、動画広告クリエイター、Webデザイナー、コンピュータープログラマー、エンジニア、学者、アナリスト

など、数字や感性を主にし、人との関わりが他業種と比較して少ない職業が向いています。

もし、アスペルガー症候群なら、上記の職業を検討してみましょう。

派遣の仕事が忙しいと感じたときの対処法

自分の仕事が多くて忙しいと感じていませんか。

それは単純に仕事量が多いのかもしれませんが、あなたの仕事効率があまり良くないことが原因かもしれません。

以下では、業務内容が多い場合どのように対処するべきかについて書きましたので、見てみましょう。

正社員と比べて業務内容が多いか確認する

正社員と派遣社員は、基本的に残業を行う時に、36協定という労働基準法36条に基づく労働協定に従います。

36協定とは、「労働者は法的時間を超える時間働かせる時は、事前に労働組合か、労働者の代表と協定を結ばなくていけない。」という内容になります。

正社員と派遣社員の残業時間を比較すると、正社員は会社の規定に従うことになりますので、残業時間が派遣社員より長くなることもあります。

派遣社員は、正社員と比較して残業時間も少なく、休日出勤もほとんどないと考える方もいます。

しかし、派遣社員でも36協定を結んでいれば、工場や生産ラインの現場では、残業時間が長くなる傾向があります。

しかし、派遣社員に仕事を押し付けて、正社員がダラダラしている現場もあるようなので、そのような場合は、別途派遣先の上司か派遣会社に相談しましょう。

業務処理方法を工夫するコツ3選

あなたに任されている仕事の量が多くて終わらない場合があります。

もしかしたら、仕事が終わらない原因があなたの仕事効率が良くないこともあります。

仕事が遅い人は以下のことができていません。

  • 締め切りを意識する
  • 優先順位付けを明確にする
  • 周囲とのコミュニケーションをとる

上記の3つのことについて、詳しく書きましたので、見てみましょう。

①締め切りを常に意識する

仕事には必ず「期限」があります。

まずは、あなたに任せられた仕事は「いつまで・何をするべきか」を明確にするようにしましょう。

例えば、「〇月〇日までに〇〇を終わらせる」という具体的なゴールをしっかり意識しましょう。

そして、その仕事を終わらせるために逆算して「何をどのくらい終わらせる」のかも明確にしましょう。

時間は有限ですので、残業せずに業務時間をしっかり確保しましょう。「大体このくらいかな」という認識だと、ダラダラ作業してしまうので、注意しましょう。

②優先順位付けを明確にする

あなたに任せられる仕事は一つだけではありません。

例えば、仕事が2つある場合は、「AとBの仕事ならAの方が優先順位高いな」と何から終わらせるべきなのか優先順位をつけるように意識しましょう。

日々派遣の仕事が忙しいと感じる方は、優先順位を明確にできていない可能性があります。

そのため、急な仕事が入るたびに、手を付ける順番を間違えてしまいます。

もし、仕事が忙しい・終わらないと感じたら、一度落ち着いて仕事の優先順位をつけて何から片づけていくべきか考えましょう。

③周囲とのコミュニケーションをとる

周りの社員と連携することは、仕事において一番重要なことです。

連携するためには、常に自分以外の他者とコミュニケーションが必要です。
派遣先に行けば必ず業務の指示担当者がいます。

相が出来ているのか、しっかりしたコミュニケーションが取れているのか再度確認しましょう。

どうしても自分では対処できない時の対処法4選

女性のはてな

いくら自分が仕事の優先順位や適切なコミュニケーションをしたとしても、仕事が終わる気配がないときもあります。

①契約書を見直す

「どう頑張っても仕事が終わらない」「そういえば契約時にこんな仕事するって言われたっけ」など仕事量に疑問を感じたら、まずは雇用契約書の内容を確認しましょう。

派遣先の実際の仕事量と雇用契約書を比較しましょう。

見るべき雇用契約書の項目は以下のようになります。

  • 労働契約期間
  • 従事する業務・終業場所
  • 始業・終業時刻、所定労働時間を超えた労働の有無、休憩時間、休暇日数
  • お金に関すること(賃金の決定・計算と支払い方法など)
  • 退職について

雇用契約書をみて、実際の労働時刻が所定時間より遅い、休憩時間が短いなど、不安を感じたら派遣元の営業担当に相談しましょう。

雇用契約と異なる内容で、派遣先で業務をしている場合は、派遣先で営業担当が調整してくれる場合もあります。

早い段階で気づいたら、まずは営業担当者に相談することが一般的な流れとなります。

②派遣先の上司と相談する

仕事量が多いと感じたら派遣社員の営業担当者に相談しましょう。

仕事量が多いことを営業担当者に伝えたとしても、契約書やその他決まり事など、対処してもらえない場合もあります。

を打破できるかどうかで、営業担当者に相談することは仕事を続けることは大切なことです。

自分一人で仕事量を調整しようとしても、派遣先で相談に乗ってもらえなくても、派遣先の営業担当なら親切な対応してくれます。

仕事量が契約書に書いてある内容と違うと感じた時に大切なことは、契約する際に派遣元と話した内容です。

契約書以外の口頭で話された内容をあなたが忘れていると、後で「聞いてない」と言っても通用しない場合があります。

派遣先と契約に関して話した内容は、仕事量が多い時の良い対処法の情報源となる場合がありますので、メモを残すようにしましょう。

③派遣会社に相談する

派遣先の営業担当者とも話したけど、「もうダメだ」と感じたら派遣会社に相談しましょう。

派遣会社に相談して仕事量を減らしてもらうか、派遣先の別の会社にしてもらうなど、分かりやすく説明できるようにしましょう。

しかし、派遣会社からすれば、面倒な手続きが増えてしますので、「もう少し残れませんか?」と言われることもあります。

そう言われたときは「派遣先を変えてもらえないなら、辞めます」と素直に言っても良いでしょう。

いきなり辞められても派遣会社も困りますので、こちらが有利になるようにズバッと意見をいうことをおすすめします。

④派遣会社を変えてみる

派遣会社に相談しても、改善の余地がないのであれば、所属する派遣会社を辞めてしまいましょう。

無理に仕事して体調を崩しても、あなたにとって良いことなど一つもありません。

良くも悪くも派遣は仕事を辞めやすいです。

それを最大限活かして、自分に過度の負担がかからない仕事を提供してくれる派遣会社を探しましょう。

派遣のなかでも比較的楽なお仕事7選

派遣の仕事でも、大変な仕事と比較的楽な仕事があります。

一般的に楽だと言われる仕事は以下の6つになります。

  1. 一般事務
  2. 看板持ち
  3. ビラ・ティッシュ配り
  4. データ入力
  5. データ入力
  6. ピッキング(仕分け・軽作業・梱包・倉庫作業)
  7. コールセンター

以下に各仕事について詳しい説明しましたので、見てみましょう。

①一般事務

一般事務は、どの企業でもある部署で、求人のなかでも多い仕事になります。

主な仕事内容は、書類作成・管理やタスク管理、データ集計などPCでおこなう業務が中心となります。

ExcelやWordを使う仕事になるので、経験者の方が採用の優遇がされますが、未経験でも雇ってくれるので安心してください。

基本上記のPC関連の仕事になりますが、電話対応やお客様へのお茶出しなどもおこないます。

場合によっては、営業事務もおこなうこともありますので、随時確認が必要となります。

一般事務とはどんなお仕事なの?給料と掲載中のオススメ派遣会社3社も紹介
一般事務ってどんな仕事なの? 給料の相場も気になるわね…。 一般事務は派遣が未経験の方に一番オススメの、オフィス内でパソコンを使ってデータ入力・書類整理などをおこなうもので...
事務職に強い派遣会社おすすめ比較ランキング!選び方のポイントも解説【2020年最新版】
事務職求人に強い派遣会社に登録したいけど、派遣会社が多すぎてどれに登録すべきかわからない…。 大丈夫です!今回は事務職に強い派遣会社・サービスを厳選しましたので、ご自身に合ったも...

②看板持ち

こちらも街中でよく見かける看板持ちです。

さまざまな場所で人が立っているので、誰でもできる仕事です。

プラカードは地面につくほどの高さしかないので、強風など天候が荒れない限り、身体に負担はかかりません。

基本的な一日の流れは、会社に行き挨拶を済ませた後、指定された場所で立ちます。

終業時刻になったら、看板をもって会社に戻り終了となります。

③ビラ・ティッシュ配り

ビラ配りやティッシュ配りは、皆様も街中で見かけた経験はあると思います。

両方とも業務内容は同じで、道行く人にビラ・ティッシュを配るだけです。

声だしワードが決まっているので、それを覚えて、自分の目の前を通る人に配ります。

基本的な一日の流れは、社員の方から説明を受けてから、指定箇所で仕事スタートです。

終業時は荷物をまとめ、派遣先に戻り社員に挨拶して終了となります。

会社によりますが、社員が定期的に所定位置を巡回していますので、サボらないようにしましょう。

④配送スタッフ・買取アシスタント

男性限定の仕事になりますが、繋ぎの仕事としてはかなりおすすめです。

主な業務内容は、ドライバーとトラックに乗り一日10~15件ほど家・会社を回り、配送や大きな家電の買取アシスタントをします。

力仕事が中心になりますので、腕力に自信がある方に適した仕事となります。

一日数件回るので、30分作業、30分移動の繰り返しになります。

また、ドライバーがお客様と話している間や組み立てが必要とされる家具がある場合は、基本的に待機になります。

2人がかりで持ち上げるような荷物はそんなに多くないので、筋肉痛になる心配もありません。

1日の基本的な流れは、会社に行き挨拶した後ドライバーと共に現場に向かい場合もありますが、現地集合の場合もあります。

終業時は、近くの駅で解散となりますので、あらかじめ交通費を準備しておきましょう。

⑤データ入力

データ入力は、派遣求人でよく見かける仕事の一つです。

時給も比較的高めに設定されていますので、興味を持たれる方も多いです。

最近では、本を電子化するためにPCで文字を打ち込む仕事もあるようです。

PCを使ってひたすらタイピングすることになるになるので、タイピングスピードと正確さが求められる仕事になります。

また、特別な専門知識を必要としないので、WordやExcelで文字入力ができれば仕事を始めることができます。

⑥ピッキング(仕分け・軽作業・梱包・倉庫作業)

ピッキングは、求人が豊富な仕事になります。

巷では、日雇い派遣と呼ばれる仕事となります。

基本的な仕事の流れは、会社に到着して挨拶を済ました後、現場で一通りの仕事を教えてもらいます。

終業時間が迎えるまで、ひたすら同じ作業を繰り返します。

工場・製造に強い派遣会社おすすめランキング!【12社で徹底比較】
工場・製造に強い派遣会社探しているんだけど、結局どこがいいの? 結論を言うと、スタッフサービスをおすすめします! 今回は工場・製造に強い派遣会社の比較をしますので、お気に入りの...

⑦コールセンター

コールセンター業務は、未経験でも高時給をもらえることができる仕事の一つとなります。

コールセンターには、発信業務・受電業務の2種類ありますが、今回は受電業務について紹介していきます。

受電業務は、お客様から来たお問い合わせを電話で受け答えすることが仕事となります。

コールセンターで働く前に必ず研修があり、専門知識の習得や電話対応の練習など行いますので、電話対応が不安な方でも安心して働けます。

コールセンターに強い派遣会社おすすめランキング!【11社で徹底比較】
コールセンターに強い派遣会社探しているんだけど、結局どこがいいの? 結論を言うと、テンプスタッフをお勧めします! 今回はコールセンターに強い派遣会社の比較をしますので、お気に入...

おすすめ派遣会社3選

ここまで読んで、他の派遣会社が気になる方もいるかと思います。

この項では、おすすめできる大手派遣会社3つを以下に紹介します。

①テンプスタッフ

テンプスタッフ-アイキャッチ

テンプスタッフは以下の特徴があります。

  • 求人業種が豊富(98%)
  • 2,600以上のスキルアップ講座
  • 良い口コミが特に多い派遣会社
求人数約14,000件
募集業種オフィスワーク、保育・介護、栄養士・調理師など
掲載求人エリア全国47都道府県
雇用形態派遣社員、紹介予定派遣

テンプスタッフは、女性求人が豊富な求人サイトになりますので、今後派遣社員として働きたいと考える女性は、是非活用してみましょう。

テンプスタッフに登録してみる(無料)▶▶▶

テンプスタッフのサービス特徴・口コミ評判はこちら▶︎▶︎▶︎

②パソナ

パソナ-アイキャッチ画像

パソナは以下の特徴があります。

  • 福利厚生が受けられる
  • 女性就職支援が豊富
  • 充実した研修制度
求人数約5,400件
募集職業人事、受付、事務、金融事務、ITエンジニア、秘書、営業、介護・保育など
掲載求人エリア全国47都道府県
雇用形態派遣社員、紹介予定派遣、契約社員(委託業務)

パソナは充実した研修制度や、福利厚生がありますので、働きやすい環境を求めている方はパソナを利用することをおすすめします。

パソナのサービス特徴・口コミ評判はこちら▶︎▶︎▶︎

③ランスタッド

ランスタッド-アイキャッチ

ランスタッドは以下の特徴があります。

  • 工業・製造の求人が強い
  • 単発バイトの求人が掲載
  • 条件検索が豊富
求人数約6,700件
募集職種事務・オフィス、製造・工場、軽作業など
掲載求人エリア全国47都道府県
雇用形態派遣、正社員、契約社員、単発・短期バイト

ランスタッドは、あなたの希望する勤務エリア・駅・業種など、絞って検索することができますので、一人の時間を大切にしたい方にはおすすめです。

ランスタッド[事務]に登録してみる(無料)▶▶▶ランスタッド[工場]に登録してみる(無料)▶▶

ランスタッドのサービス特徴と口コミ評判はこちら▶︎▶︎▶︎

まとめ~派遣社員で覚えることが多すぎるときには~

本記事では、派遣社員が仕事を覚えることが多すぎるときの対処法を紹介しました。

  • 締め切りを意識する
  • 優先順位付けを明確にする
  • 周囲とのコミュニケーションをとる

もし、派遣先との間で契約内容とは異なる業務量を任された場合は、思い切って別の派遣会社に乗り換えましょう。

タイトルとURLをコピーしました