【多すぎ】コロナで早期・希望退職者を募った上場企業をまとめてみた【2020年12月最新版】

派遣-悩んでいる男性 お役立ちコラム

新型コロナウイルスによる影響は計り知れず、上場企業の早期・希望退職者募集が100社に達しようとしています…。

赤字リストラを実施する企業は急増しており、募集者数はリーマンショック後の2009年(191社)に次ぐ数字です。

なお2020年12月25日現在で早期・希望退職者をもっとも多く募ったのは日立金属株式会社(1,030人)で、次点でレオパレス21(1,000人)となりました。

その他にも大手・中小関係なく固定費圧縮や構造改革を迫られており、人員削減を余儀なくケースが多いんですよね…。

今回はコロナの影響で早期・希望退職者を募った上場企業を、業界別で紹介します。

【業界別】早期・希望退職者を募った上場企業【2020年12月最新版】

2020年でコロナの影響を受け、早期・希望退職者を募った主な業界は以下の通りです。

業界名企業名募集期間募集人数
メーカー・製造業界コカ・コーラボトラーズジャパン株式会社~2020/12月末日900人
三菱自動車工業株式会社2020/11/16~11/30550人
株式会社ミツバ2020/8/24~9/11500人
アツギ株式会社2020/7/1~7/10330人
2020/12/14~12/24130人
曙ブレーキ工業株式会社2020/2/24~3/9200人
2020/12/21~2/12180人
河西工業株式会社2020/9/7~9/18300人
NOK株式会社2020/11/1~12/31300人
芝浦機械株式会社2020/3月中旬~200~300人
株式会社タチエス2020/7/20~8/7250人
株式会社ユニバンス2020/3月中旬~7月末200人
株式会社ワールド2020/9/14~9/30200人
サッポロホールディングス株式会社2020/4/1~6/10制限なし
東芝テック株式会社2020/7/1~9/30
小売業界株式会社ファミリーマート2020/2/3~2/07800人
青山商事株式会社2020/12/14~2/19400人
ラオックス株式会社2020/2/17~3/6140人
2020/7/1~7/31250人
株式会社オンワードホールディングス2020/1/7~1/30350人
株式会社TSIホールディングス2020/11/16~11/27300人
株式会社レナウン2020/6/4~6/11300人
株式会社三越伊勢丹ホールディングス各社での期日200人
株式会社ユニバンス2020/3月中旬~7月末200人
株式会社ワールド2020/9/14~9/30200人
株式会社三陽商会2020/12/21~2021/1/29制限なし
サッポロホールディングス株式会社2020/4/1~6/10制限なし
東芝テック株式会社2020/7/1~9/30
不動産業界株式会社レオパレス212020/6/22~7/311,000人
株式会社ノーリツ2020/1/17~1/31600人
エンタメ業界セガサミーホールディングス株式会社2020/11/16~12/25650人
エイベックス株式会社2020/12/14~12/28100人
飲食業界株式会社ペッパーフードサービス2020/7/6~7/31200人
ロイヤルホールディングス株式会社2020/12/01~12/18200人
化学業界株式会社三菱ケミカルホールディングス2020/12/01~12/18未定
鉄鋼業界日立金属株式会社非開示1,030人
精密機器業界シチズン時計株式会社2020/10/14~11/18550人
食品業界味の素株式会社2020/1/6~3/13100人
印刷業界株式会社廣済堂2020/6/15~7/3240人
ブライダル業界ワタベウエディング株式会社2020/10/26~11/15120人

※2020年12月25日現在

メーカー・製造業界での募集が目立ち、特に機械系・工業系・アパレル・繊維系企業での募集が目立ってますね。

次点では小売業界、不動産業界での募集が多かったです。

なお早期・希望退職者を1,000人以上募った企業は2社あり、日立金属株式会社(1,030人)とレオパレス21(1,000人)が該当しました。

上記表のなかで、募集人数が多い上場企業の上位10社をまとめると以下の通りです。

順位企業名業界募集人数募集期間
1位日立金属株式会社鉄鋼1,030人非開示
2位コカ・コーラボトラーズジャパン株式会社メーカー・製造900人~2020/12月末
3位株式会社ファミリーマート小売800人2020/2/3~2/07
4位セガサミーホールディングス株式会社エンタメ650人2020/11/16~12/25
5位株式会社ノーリツ不動産600人2020/1/17~1/31
6位三菱自動車工業株式会社メーカー・製造550人2020/11/16~11/30
6位シチズン時計株式会社精密機器550人2020/10/14~11/18
8位株式会社ミツバメーカー・製造500人2020/8/24~9/11
9位アツギ株式会社メーカー・製造460人2020/7/1~7/1
2020/12/14~12/24
10位青山商事株式会社小売400人2020/12/14~2/19

※2020年12月25日現在

上位陣は「メーカー・製造業界」が多く、新型コロナウイルスはもちろん米中貿易摩擦の影響が大きいと考えられます…。

また、11~12月での募集が目立ちますね。

2021年に早期・希望退職者の募集が決まった企業も多数…

2020年12月25日時点で、すでに2021年に早期・希望退職者の募集が決まった企業は以下の通りです。

業界名企業名募集期間募集人数
メーカー・製造業界オリンパス株式会社2021/2/1~2/19950人
スタンレー電気株式会社2021/1/7~1/13300人
新電元工業株式会社2021/1/18~2/19140人
株式会社デサント2021/1/18~2/1110人
本田技研工業株式会社2021/4月~5月未定
カシオ計算機株式会社2021/1/18~2/1制限なし
観光業界藤田観光株式会社2021/2/5~2/15700人
KNT-CTホールディングス株式会社2021/1/4~1/22未定
ブライダル業界株式会社アターブル松屋ホールディングス2021/2/10~2/2630人
印刷業界ローランド ディー. ジー.株式会社2021/2/1~2/26150人
飲食業界キーコーヒー株式会社2021/1/25~2/12100人
不動産業界株式会社LIXIL2021/1/12~1/221,200人
鉄鋼業界三菱製鋼株式会社2021/1/5~1/22100人

※2020年12月25日現在

2021年になってからもメーカー・製造業界の募集が多く、カシオやオリンパス、ホンダなど誰しもが一度は聞いたことのある企業名も並んでいます…。

全体的に1月半ばから2月半ばにかけての募集となっていますね。

早期・希望退職に応募するメリット・デメリット

さて、ここまで見ると早期・希望退職が悪いものと見えますが、それらをメリットと捉えることもできます。

早期・希望退職に応募するメリット・デメリットは、以下の通りです。

メリットデメリット
  • 割増退職金を受け取れる
  • 失業給付金をすぐに受け取れる
  • 失業給付金の給付期間が長くなる
  • 転職活動に集中できる
  • 会社でのストレスから解放される
  • 面接での離職理由を説明しやすい
  • 人生を見直すきっかけになる
  • 安定した地位が失われる
  • 収入が不安定になる
  • 年金受給額が減る可能性がある
  • 審査類に通りにくくなる
  • 転職先がすぐ見つからない可能性がある

希望退職の制度を使うと、割増退職金を提示されるケースがほとんどです。まとまったお金を受け取れるため、その金でやりたいことを実現できるかもしれません。

また会社都合での退職となるため、自己都合退職と比べれば早く失業保険を受け取れます。

ですが転職先が決定する前に退職を余儀なくされるため、余裕をもった転職は難しくなってしまいます。

希望退職をするならば、こうしたメリット・デメリットと向き合うのも必要ですね。

まとめ

「これから伸びる」と言われた業界も逼迫しており、未だどこも余裕がない状況です。

そんななか早期退職者を募ったり、新卒採用を見送ったり、事業を縮小したりと、倒産前に固定費を削減しようと試みる企業が急増しています。

やむを得ない事情とはいえ、企業に残るのも地獄で去るのも地獄なのが難しいところですね…。

タイトルとURLをコピーしました