女性におすすめの転職エージェント10選!プロ厳選のサービスを徹底比較【2022年最新版】

女性におすすめの転職エージェント10選!プロ厳選のサービスを徹底比較【2022年最新版】 転職エージェント

「女性におすすめの転職エージェントってなんだろう…」
「どの転職エージェントを選ぶべきかわからない…」

などなど、転職エージェントについてこうお思いの方もいますよね。

ですが女性向けの転職エージェントといっても数多く、すぐには選びがたいところ…。

とはいえ選ぶのに悩んでいたら、その間に好条件・高待遇な求人を他の人に取られるかもしれません。

そうならないよう、今回は女性におすすめの転職エージェントを合計10個に厳選してご紹介。

ちなみにイチバンおすすめするのは「doda」です。その理由は以下の通りです。

<dodaがおすすめの主な理由>

  1. 求人数が充実している
  2. 掲載職種・業種が幅広い
  3. 担当者の対応が親身・丁寧
  4. 全国の求人に対応している
  5. 書類選考・面接などのサポートも徹底している

ではdoda以外だと他にはどんな転職エージェントを使うべきなのか。詳しく見ていきましょう。

【2022年最新版】今おすすめ転職エージェント!

doda-20220209-アイキャッチ画像

■dodaのおすすめポイント

  • 業界トップクラスの求人数!
  • 転職者満足度No.1!
  • キャリアアドバイザーがサポート!
公開求人数約120,000件
募集職種営業、販売、エンジニア、事務、金融専門職、公務員など
掲載地域全国47都道府県

\転職者満足度No.1の転職エージェントで探すなら!/

dodaに登録してみる(無料)▶▶▶

  1. 【総合編】女性におすすめ!転職エージェント5選
    1. ①doda
    2. ②リクルートエージェント
    3. ③マイナビエージェント
    4. ④パソナキャリア
    5. ⑤JACリクルートメント
  2. 【第二新卒・フリーター・既卒編】女性におすすめの強いおすすめ転職エージェント3選!
    1. ①ハタラクティブ
    2. ②就職Shop
    3. ③就職カレッジ
  3. 女性に特化した転職エージェントも使ってみよう!
    1. ①type女性の転職エージェント
    2. ②リブズキャリア
    3. ③キャリチェン
  4. 【事務職編】女性におすすめの強いおすすめ転職エージェント3選!
    1. ①doda
    2. ②リクルートエージェント
    3. ③マイナビエージェント
  5. 【年齢別】女性におすすめ転職エージェント3選!
    1. 20代女性でおすすめの転職エージェント3選
    2. 30代女性でおすすめの転職エージェント3選
    3. 40代女性でおすすめの転職エージェント3選
  6. 転職エージェントの利用の流れ【全5STEP】
    1. STEP①まずはサービスに登録(無料)
    2. STEP②担当者からヒアリング
    3. STEP③求人紹介
    4. STEP④書類選考・面接
    5. STEP⑤内定獲得・お仕事スタート!
  7. 女性の転職を成功させる10のポイント
    1. ①転職エージェントを複数利用する
    2. ②明確なキャリアプランを持つ
    3. ③年代ごとで求められることを押さえる
    4. ④転職先は女性正社員比率が高い企業を選ぶ
    5. ⑤面接でアピールする内容を間違えない
    6. ⑥ネガティブな転職理由は話さないこと
    7. ⑦今の会社で結果を残して転職するのが理想
    8. ⑧担当者とはこまめに連絡を取る
    9. ⑨スキルや経歴は正直に伝える
    10. ⑩状況に応じて担当者を変更する
  8. 年代ごとでの転職活動におけるアピールポイントも押さえよう
    1. 20代前半の転職時でのアピールポイント
    2. 20代後半の転職時でのアピールポイント
    3. 30代の転職時でのアピールポイント
  9. どんな人が転職エージェントを利用すべき?
    1. 転職エージェントを利用すべき人
    2. 転職エージェントを利用すべきでない人
  10. 女性の転職に関するよくある質問
    1. 子持ち女性は転職に不利ですか?
    2. 転職先に産休・育休制度があるかってどう確認できますか?
    3. 転職エージェントってどう退会するんですか?
    4. 資格を持っていると転職に有利になりますか?
  11. 女性の転職の最新動向は?【更新:2021年10月26日】
    1. 長く働くために転職する女性が増加
    2. 新型コロナウイルスの影響がないケースが多い
    3. 女性の中途採用が積極的な企業が増える可能性あり
  12. まとめ~女性なら転職エージェントはdodaがおすすめ!~

【総合編】女性におすすめ!転職エージェント5選

指をさす女性

あらゆる転職エージェントを総合した場合、おすすめするサービスは以下の5社です。迷ったときはこのなかから選んでみましょう。

転職エージェント名公開求人数主な実績
①doda約96,000件転職者満足度No.1!
②リクルートエージェント約120,000件転職支援実績No.1!
③マイナビエージェント約29,000件20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
④パソナキャリア約38,000件オリコン顧客満足度4年連続No.1!
⑤JACリクルートメント約12,000件転職活動の支援実績約43万人!

①doda

doda

<dodaのおすすめポイント>

  • 業界トップクラスの求人数!
  • 転職の基礎から徹底サポート!
  • ヒアリング力に定評あり!
運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数約96,000件
主な実績転職者満足度No.1!

dodaは今回ご紹介するサービスのなかで、今もっとも女性におすすめしたい転職エージェントです。

女性の活躍できる求人が多く、女性に人気の事務職・クリエイティブ職、サービス職などを豊富に取り揃えています。

公開求人数は約96,000件と業界トップクラス。求人を十分比較・検討できれば、その分ミスマッチを抑えられますね。

また担当者については「対応が丁寧」「基礎から転職の事を教えてくれる」などと、対応力・サポート体制について好評の声が多いです。

特にヒアリング力が好評ですから、ご自身の要望をしっかり聞き取ってもらった上で親身に対応してくれますよ。

\業界トップクラスの求人数!転職者満足度No.1/

dodaに登録してみる▶▶▶

②リクルートエージェント

リクルートエージェント-アイキャッチ画像②

<リクルートエージェントのおすすめポイント>

  • 求人数がダントツで多い!
  • 転職支援実績No.1!
  • 女性の働きやすさに詳しい!
運営会社株式会社リクルート
公開求人数約120,000件
主な実績転職支援実績No.1!

リクルートエージェントは大手リクルートが運営するサービスで、約120,000件と今回ご紹介する転職エージェントの中で最も求人数が多いです。

また利用者もかなり多く、転職支援実績No.1を誇るのも魅力です。

またリクルートエージェントは女性の働きやすさに詳しいのもポイントで、実際の働き心地や職場の雰囲気なども抑えてあります。

まだ担当者については丁寧な対応力が好評で、「接客が丁寧」「細かい配慮が嬉しい」なんて声も寄せられています。

求人数や担当者の対応力重視ならば、リクルートエージェントもオススメですね。

③マイナビエージェント

マイナビエージェント

<マイナビエージェントのおすすめポイント>

  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
  • 女性特化のチームがフォロー!
  • 真剣な対応が好評!
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数約29,000件
主な実績20代に信頼されている転職エージェントNo.1!

マイナビエージェントは人材業界大手の、女性におすすめのサービスです。

「20代に信頼されている転職エージェントNo.1!」に選ばれた実績があるため、特に20代女性の方にオススメです。

マイナビエージェントには女性とかのチームが組まれていて、各業界に精通したキャリアアドバイザーがいるのも魅力。

求職者とじっくり向き合ってくれますから、利用者からは「話をしっかり聞いてくれた」「進捗管理もしてくれた」「転職市場の現実も教えてくれた」なんて声が寄せられています。

マイナビのノウハウを活かして転職活動全般をフォローしてくれますから、転職活動が初めてな方にもおすすめですね。

④パソナキャリア

パソナキャリアのアイキャッチ画像

<パソナキャリアのおすすめポイント>

  • オリコン顧客満足度4年連続No.1!
  • 気になるリアルな情報も深堀りしてくれる!
  • 女性活躍推進コンサルティングチームがフォロー!
運営会社株式会社パソナ
公開求人数約38,000件
主な実績オリコン顧客満足度3年連続No.1!

パソナキャリアでは「女性活躍推進コンサルティングチーム」といって、女性の活躍サポートに特化したチームを編成しています。

さらにその担当者の情報力がミソで、女性の転職にあたって知りたいことをいち早くキャッチしてくれます。

例えば産休・育休から復帰した女性の数、女性社員の活躍事例など、調べてもわかりにくいことも押さえているんです。

そうした情報も踏まえて転職できますから、よりミスマッチを抑えた転職を実現できるんです。

また「オリコン顧客満足度4年連続No.1」の実績もあるため、利用者からは長期的に信頼されている転職エージェントともいえますね。

⑤JACリクルートメント

JACリクルートメント-アイキャッチ画像

<JACリクルートメントのおすすめポイント>

  • ハイクラス求人が充実!
  • 優秀なコンサルタントが多数在籍!
  • 外資系・海外転職もサポート!
運営会社株式会社ジェイエイシーリクルートメント
公開求人数約12,000件
主な実績転職活動の支援実績約43万人!

JACリクルートメントは管理職・エグゼクティブ系、プロジェクトリーダーなどと、ハイクラス求人をお探しの方におすすめ。

女性のなかでも、特に30代~50代の方におすすめします。

ハイクラス求人が多いぶん掲載求人の年収も総じて高く、キャリアアップとともにとにかく年収改善をしたい方におすすめです。

またJACリクルートメントには優秀なコンサルタントが800名近く在籍しており、希望する業界ごとで専門的なアドバイスも受けられます。

ちなみに外資系・海外求人も豊富ですから、英語力・コミュニケーション能力をふんだんに活かしたい方にもおすすめですね。

【第二新卒・フリーター・既卒編】女性におすすめの強いおすすめ転職エージェント3選!

女性-指をさす

では第二新卒・フリーター・既卒向けで、女性におすすめの転職エージェントは何か。具体的には以下の通りです。

転職エージェント名主な実績おすすめポイント
①ハタラクティブ
  • カウンセリング実績110,000人
  • 内定率80.4%
  • 適正のある求人企業だけを紹介!
  • 大企業への内定が86%!
  • 研修・教育体制の整った求人企業を紹介!
②就職Shop
  • 登録企業数10,000社突破
  • 利用者数10万人以上
  • 求人企業にはスタッフが100%訪問!
  • 大手リクルートの運営!
  • 相談・面談拠点が好立地・好アクセス!
③就職カレッジ
  • 就職成功率81.1%
  • 入社後定着率91.5%
  • 無料の就職講座あり!
  • 最短2週間で内定!
  • アフターフォローも徹底!

①ハタラクティブ

ハタラクティブ-アイキャッチ画像

<ハタラクティブのおすすめポイント>

  • 適正のある求人企業だけを紹介!
  • 大企業への内定が86%!
  • 研修・教育体制の整った求人企業を紹介!
運営会社レバレジーズ株式会社
主な実績
  • カウンセリング実績110,000人
  • 内定率80.4%

ハタラクティブは第二新卒・フリーター・既卒の女性におすすめのサービスで、社会人歴の浅い方向けのサービスとなっています。

カウンセリングが多く、現在では110,000人とかなり多くの方が利用しているんです。

求人紹介の際は一人ひとりに適性のある会社、そして教育体制・研修の整った会社を紹介してくれるため、スキルに自信がない方でも安心して利用できます。

また内定率は80.4%と高め。とにかく一つでも多く内定を欲しいなら、ハタラクティブも利用してみてくださいね。

②就職Shop

就職Shop-アイキャッチ画像

<就職Shopのおすすめポイント>

  • 求人企業にはスタッフが100%訪問!
  • 大手リクルートの運営!
  • 相談・面談拠点が好立地・好アクセス!
運営会社株式会社リクルート
主な実績
  • 登録企業数10,000社突破
  • 利用者数10万人以上

就職Shopは大手リクルートが運営するサービスで、100,000人以上とこちらも利用者がかなり多め。

また就職Shopに登録する企業も10,000社近くありますから、利用者からも企業側からも信頼されているサービスといえます。

なお求人に掲載されている企業には、就職Shopのスタッフが訪問。現場の生の情報も持っていますから、職場の雰囲気・働く環境など気になることも教えてくれるんです。

ちなみに就職Shopの相談・面談拠点は主要駅から徒歩5分程度なため、気軽に相談・面談対応してくれるのも嬉しいポイントですね。

③就職カレッジ

就職カレッジ-アイキャッチ画像

<就職カレッジのおすすめポイント>

  • 無料の就職講座あり!
  • 最短2週間で内定!
  • アフターフォローも徹底!
運営会社株式会社ジェイック
主な実績
  • 就職成功率81.1%
  • 入社後定着率91.5%

就職カレッジも第二新卒・フリーター・既卒の転職・就職に強く、特に20代の方におすすめします。

人によっては最短2週間とスピーディーに転職・就職できますから、早く働き始めたい方にもおすすめ。

また就職講座を無料で受けられますから、働きだす前に力をつけておきたい方、スキル面で不安な方でも安心です。

転職・就職後のフォローも徹底しており、いつでも専任アドバイザーに無料相談できるのも嬉しいポイントですね。

女性に特化した転職エージェントも使ってみよう!

派遣-指をさす女性

転職エージェントのなかには、女性の転職支援に特化したサービスもあります。そのなかで今回おすすめするのは以下の2つです。

<女性特化型のおすすめ転職エージェント>

転職エージェント名公開求人数主な実績
①type女性の転職エージェント約8,500件
  • 年間5,000名以上をカウンセリング
  • 延べ数千名の支援実績あり
②リブズキャリア約1,000件働く女性20万人が利用!

①type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント-アイキャッチ画像

<type女性の転職エージェントのおすすめポイント>

  • 女性専門の転職エージェント!
  • サービス開始から18年運営!
  • 長年の女性転職ノウハウがある!
運営会社株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数約8,500件
主な実績
  • 年間5,000名以上をカウンセリング
  • 延べ数千名の支援実績あり

type女性の転職エージェントは女性の転職に特化したサービス。運営歴は18年以上と長い歴史を誇る転職エージェントです。

求人は女性に人気な事務職、クリエイティブ職などが多く、女性採用が積極的な求人も充実しています。

また運営会社の株式会社キャリアデザインセンターでは、女の転職typeも運営。そこで培われた女性転職ノウハウもあり、とことん女性転職に強いです。

なお在籍する転職アドバイザーは女性の方がほとんど。他の人には話しにくいことも、親身になって対応してくれますよ。

②リブズキャリア

リブズキャリア-アイキャッチ画像

<リブズキャリアのおすすめポイント>

  • 女性の転職に強い!
  • 親身・丁寧なサポートが好評!
  • スカウト機能もある!
運営会社株式会社リブ
公開求人数約1,000件
主な実績働く女性20万人が利用!

リブズキャリアも、女性転職に特化した転職エージェントです。

担当者の対応力・サポート体制が好評で、「親身な対応が助かる」「相談時には丁寧に対応してくれて嬉しい」なんて声が寄せられています。

掲載求人の幅が広いのもポイントで、未経験から異業種に挑戦したい方でも、キャリアアップしたい方でも利用できます。

なおスカウト機能もありますから、企業からのオファーを待ってじっくり転職したい方にもおすすめですね。

③キャリチェン

キャリチェン-アイキャッチ画像

<キャリチェンのおすすめポイント>

  • オフィスワーク・大手案件に強い!
  • プライベートを充実させられる求人が豊富!
  • 1次選考はLINEアプリで進められる!
運営会社株式会社エージェントゲート
公開求人数非公開

キャリチェンも女性向けの転職エージェントで、オフィスワークや大手企業案件を中心に求人を掲載しています。

またプライベートを充実させやすい求人に強いのもポイント。

求人は9割以上が”土日祝日お休みの求人”ですから、自分自身の時間を確保しやすいのも魅力です。

なお1次選考はLINEアプリでおこなえますから、スムーズかつサクサク進められるのも嬉しいですね。

【事務職編】女性におすすめの強いおすすめ転職エージェント3選!

転職エージェントのなかには、特定職種に強いサービスもあります。

また女性の方のなかには「事務職」が気になっている方が非常に多いです。

ここでは、事務職求人に強い転職エージェントで絞って紹介していきます。

<事務職に強い転職エージェント3選>

転職エージェント名事務職の
公開求人数
主な実績
①doda
doda
約4,100件転職者満足度No.1!
②リクルートエージェント
リクルートエージェント
約2,800件転職支援実績No.1!
③マイナビエージェント
マイナビエージェントのロゴ
約1,100件20代に信頼されている転職エージェントNo.1!

①doda

doda-20220209-アイキャッチ画像

<dodaのおすすめポイント>

  • 事務職の求人が豊富!
  • 非公開求人も充実!
  • 未経験者向けの事務求人にも強い!
運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数約4,100件
主な実績転職者満足度No.1!

dodaは求人を総合的に取り揃えていて、職種別だと事務職求人にも強いです。

公開求人だと事務職で約4,100件あり、非公開求人なら10,000件近くも保有しています。

さらに事務アシスタント職も豊富なため、未経験から事務職に挑戦したい方にもオススメです。

\業界トップクラスの求人数!転職者満足度No.1/

dodaに登録してみる▶▶▶

②リクルートエージェント

リクルートエージェント-アイキャッチ画像②

<リクルートエージェントのおすすめポイント>

  • 事務職求人に強い!
  • 転職支援実績が豊富!
  • 交渉力が高い!
運営会社株式会社リクルート
公開求人数約2,800件
主な実績転職支援実績No.1!

リクルートエージェントはそのサービス名の通り、人材業界大手リクルートが運営するサービス。

転職支援実績No.1とサポート実績が豊富で、そこで培われたノウハウをもとに質の高いフォローを受けられます。

また年収・待遇をはじめとした交渉力の高さもポイント。交渉次第ではより良い条件のもとで入職できますよ。

③マイナビエージェント

マイナビエージェント

<マイナビエージェントのおすすめポイント>

  • 事務職求人が充実!
  • ヒアリング力が好評!
  • 独自求人も豊富!
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数約1,100件
主な実績20代に信頼されている転職エージェントNo.1!

マイナビエージェントも事務職に強く、技術職やクリエイティブ職、営業職、その他専門職と幅広く掲載しています。

また担当者によるヒアリング力にも定評があり、求職者一人ひとりの希望条件をじっくり聞いてくれるのも魅力です。

またマイナビ独自の求人もありますから、他の転職エージェントでは出会えないレアな求人に出会えるかもしれませんよ。

【年齢別】女性におすすめ転職エージェント3選!

指をさす女性

では年代別でみたとき、どんな転職エージェントがおすすめなのか。具体的に掘り下げていきましょう。

20代女性でおすすめの転職エージェント3選

20代女性におすすめの転職エージェントは、以下の通りです。

<20代女性でおすすめの転職エージェント>

  1. マイナビエージェント
  2. doda
  3. type女性の転職エージェント

マイナビエージェントは20代からの支持率が圧倒的に高く、「20代に信頼されている転職エージェントNo.1!」にも選ばれています。

doda、type女性の転職エージェントも、20代をはじめとした若年層向けの求人が豊富なため、併用をおすすめしますよ。

30代女性でおすすめの転職エージェント3選

30代女性におすすめの転職エージェントは、以下の通りです。

<30代女性でおすすめの転職エージェント>

  1. リクルートエージェント
  2. doda
  3. パソナキャリア

30代となると、結婚や妊娠、出産などとライフイベントが続く年齢層。この点をキャリアとからめてお悩みの方も多いです。

ですが上記の転職エージェントだとそうした女性ならではのお悩みにも考慮してくれますし、求人企業での育休・産休取得具合などの情報も網羅しています。

特にリクルートエージェント、dodaは求人数が多い転職エージェントですから、復職後の求人を見つけやすいのもポイントですね。

40代女性でおすすめの転職エージェント3選

40代女性におすすめの転職エージェントは、以下の通りです。

<40代女性でおすすめの転職エージェント>

  1. リクルートエージェント
  2. doda
  3. JACリクルートメント

40代となると、20代~30代に比べて応募できる求人が少なくなる傾向にあります。

「35歳の壁」といって、なかなかお仕事が決まらないことも覚悟しないといけません。

それを極力避けるためには、やはり求人数の多い転職エージェントを複数利用するのが得策です。リクルートエージェントやdodaなどを活用し、応募できる求人の幅を広げましょう。

また40代ならばリーダー職・課長職といった、マネジメント経験の必要な求人も気になるところ。ハイクラス求人に強いJACリクルートメントも使い、その点もケアしたいところです。

転職エージェントの利用の流れ【全5STEP】

携帯を見る女性

では今回ご紹介した転職エージェントを使うと、どんな流れで転職できるのか。具体的には以下の通りです。

<転職エージェントを使って転職する流れ>

  1. まずはサービスに登録(無料)
  2. 担当者からヒアリング
  3. 求人紹介
  4. 書類選考・面接
  5. 内定獲得・お仕事スタート!

STEP①まずはサービスに登録(無料)

転職エージェントで求人紹介を受けるにあたり、まずはサービスへの登録(無料)が必要です。

専用フォームに必要事項(住所・電話番号・転職希望時期・希望職種・希望年収など)を入力・送信し、申し込みを済ませてください。

登録することで求人紹介を受けられるのはもちろん、担当者からのサポートを受けられたり、選考・面接サポートを受けられたりします。

登録を完了したら、申し込みから1週間以内ほどで担当者から、面談日程やサービスについての連絡(電話orメール)が来ますよ。

STEP②担当者からヒアリング

STEP①で登録が済んだら、転職エージェント側が求人紹介にあたってご自身にヒアリングをしてきます。

ヒアリングは対面、あるいは電話での実施です。

キャリアの棚卸しをするとともに、転職目的や希望条件の確認などをしてもらいます。

STEP③求人紹介

STEP②でのヒアリング内容をもとに、各転職エージェントで掲載している求人を複数紹介してもらいます。

このとき、外部には公開されていない非公開求人も紹介してもらえます(非公開求人は公開求人より多いことがほとんど)

非公開求人とは?

サイト上に掲載されてなく、転職エージェントに登録してから紹介してもらえる求人のこと。公開求人よりも高待遇・高年収な傾向もあり、なかには重要プロジェクトの求人や大手企業の求人ももある。

なおご自身に合わない求人を紹介されても、無理に応募する必要ありません。キッパリと断れば次の求人を紹介してもらえます。

応募したい求人、興味のある求人が見つかったら、本人の意思・決定のもとで担当者が推薦を出してくれます。

STEP④書類選考・面接

いよいよ選考の段階です。まずは書類選考があります。

なお転職エージェントではご自身の転職が有利になるように、提出書類の確認もしてくれます。

履歴書・職務経歴書の添削をしてくれますから、書き方が分からない方、より良い表現を知りたい方にもおすすめです。

書類選考を無事クリアしたら、次は緊張の面接

面接本番前には各社で面接ノウハウを教えてくれますし、場合によっては本番さながらの模擬面接を受けられることもあります。

STEP⑤内定獲得・お仕事スタート!

選考をくぐりぬけられたら、内定獲得となりいよいよ転職先での仕事がスタートします!

なお前職での円満退職のアドバイス、内定後の手続き、関係者への挨拶なども、担当者がサポートしてくれます。

転職エージェントではアフターフォローも徹底していますから、安心して入職できますよ。

女性の転職を成功させる10のポイント

指をさす女性

では女性の転職を成功させるにはどんなポイントを押さえるべきか。具体的には以下の通りです。

<女性の転職の成功ポイント>

  1. 転職エージェントを複数利用する
  2. 明確なキャリアプランを持つ
  3. 年齢ごとで求められるスキルを押さえる
  4. 転職先は女性正社員比率が高い企業を選ぶ
  5. 面接でアピールする内容を間違えない
  6. ネガティブな転職理由は話さないこと
  7. 今の会社で結果を残して転職するのが理想
  8. 担当者とはこまめに連絡を取る
  9. スキルや経歴は正直に伝える
  10. 状況に応じて担当者を変更する

①転職エージェントを複数利用する

わざわざ転職エージェント1つだけに絞る必要はありません。

むしろ2社以上利用したほうが、転職では有利に働きやすいです。

応募できる求人数が単純に増えますし、自分に合った担当者を比較して選択できます。

今回ご紹介した中から少なくても2社を利用し、可能ならば3社以上登録するのをおすすめします。

ただし登録しすぎると配信メールの処理に追われやすいですから、その点には注意しましょう。

②明確なキャリアプランを持つ

女性の場合、妊娠、出産、育児、結婚とさまざまなライフイベントが待ち構えています。特に30代に差し掛かった方は考えておきたいことです。

そうしたライフイベントも考慮して、仕事とからめた上でのキャリアプランもしっかりと描きましょう。

そのためには今の状況を整理してから、この先どんな働き方・待遇が最適化を考え、いつ尋ねられても答えられるようにしましょう。

逆算思考で考え、今のご自身に必要なもの・スキルを考えられて行動に移せればベストですね!

③年代ごとで求められることを押さえる

20代、30代、40代と、年代ごとで企業が求めることは変わってきます。その変化を押さえて柔軟に対応しましょう。

年代求められること
20代
  • ポテンシャル
  • 仕事への意欲
  • 柔軟性 など
30代
  • 問題解決能力
  • マネジメントスキル
  • 柔軟性
  • 即戦力となるスキル・知識 など
40代
  • 課題発見能力
  • リーダーシップ
  • マネジメントスキル

このように年代ごとで企業が求めることは変化してきます。

転職の際は、年齢に見合ったスキルを持っているかも成功ポイントとなります。

たとえば40代にもなってマネジメントスキル、リーダーシップ性がないと、転職を成功するのは難しくなるでしょう。

④転職先は女性正社員比率が高い企業を選ぶ

妊娠・出産も検討しているならば、転職先は女性正社員比率の高い企業を選ぶのが得策です。

というのも女性社員の比率が高ければ、女性社員の働きやすい体制が整っているケースが多いからです。

たとえば産休・育休の取得が盛んだったり、先輩社員が先だってお手本を見せているケースもあります。

育休・産休取得率が気になる場合は、面接後半でサラっと聞いておくのがおすすめですよ。

女性社員の意見が通りやすい職場か判断するためにも、女性社員比率は20%ほど欲しいところです!

⑤面接でアピールする内容を間違えない

女性だと妊娠・出産などをする方もいますから、ワークライフバランスについては特に気になることでしょう。

また面接での質問では、ワークライフバランスの充実性について確認する方も多いです。

ですがあまりそのことに言及しすぎると、面接担当者から「環境が良ければどの会社でも良さそうだな…」とひがんで捉えられかねません。

こうなると面接が良くない方向に進みますから、面接ではアピールする内容間違いなことです。

仕事への熱意・姿勢などを、よりアピールしていきましょう!

⑥ネガティブな転職理由は話さないこと

面接で転職理由を話すとき、つい本音が出てしまいネガティブなことを口にする方もいます。

ですが面接時にネガティブな転職理由を話したところで、企業側からプラスに捉えてもらうのは難しいんです。

面接官側からすると「この人はウチに転職してもすぐ辞めるのでは…」と見られかねないため注意しましょう。

なおここでいうネガティブ理由とは、主に以下が該当します。

<話すべきではないネガティブな転職理由>

「人間関係がイヤだったので…」
「給与が低かったので…」
「仕事にやりがいがなかったので…」
「仕事がつまらなかったので…」

こうした理由を話さず、ポジティブな理由を伝えるよう心がけましょう。

⑦今の会社で結果を残して転職するのが理想

転職を成功させるためにも、今の会社で何か結果を残して転職するのがおすすめです。

またその結果に至るまでの過程も言語化し、すぐ詳しく話せるようにしておくのもポイントですね。

転職エージェント側は、より価値の高い人ほど企業側に紹介しやすいですし面談のときから「この人は価値の高い人なのか」と見定めてくるんです。

有利な転職活動にするためにも、まずは自分自身が市場価値の高い人材であることを、面談を通してうまく伝えたいですね。

⑧担当者とはこまめに連絡を取る

転職エージェントを利用すると求職者一人ひとりに担当者がついて、求人紹介をはじめとしたサポートを受けられます。

担当者がついたときは、以降こまめに連絡を取るとご自身の転職活動で有利に働きやすくなるんです。

というのも転職エージェント側は企業から求人募集依頼が来たとき、サービス登録者から求人条件に該当する人がいないか調べ上げられ、より当てはまる人にその求人情報を提案・提供するんです。

このとき接触日時がより新しい人から順に求人案内が送られ、チャンスが巡ってきやすいんですよね。

そのため反対に連絡頻度が低いと、そのチャンスを逃してしまいやすいんです。

転職エージェントの担当者とは、2週間に1回を目安に連絡を入れてみてくださいね。

⑨スキルや経歴は正直に伝える

転職エージェントを利用するとき、スキル・経歴をプロフィール情報としてサービス内に登録・記入します。

この入力時にウソ情報を入れる人もいますが、それはNG行為。必ず正直な情報を入力しましょう。

<転職エージェント利用時にウソ情報を入力するリスク>

  • 転職エージェントに見捨てられて求人紹介を受けられなくなりやすい
  • ウソがバレずに転職先が見つかっても仕事に対応できないおそれがある

スキル・経歴の入力で「少しでも良く見せよう!」とウソ情報を入力してもただただ危険です。ご自分に適した求人を紹介されるためにも、必ず正しい情報を入力しましょう。

⑩状況に応じて担当者を変更する

転職エージェントの担当者も一人の人間ですから、人によっては相性の「合う」「合わない」があります。

担当者の性格、態度、話し方、対応力などで何かしら気に入らない部分があることでしょう。

ですが転職エージェントでは担当者変更がでできるケースもありますから、あまりにストレスに感じるならば検討してみてください。

<担当者の変更方法>

  • 担当者に電話・メールで連絡する
  • フリーダイヤルから連絡を入れる
  • 問い合わせフォームから連絡を入れる

なお変更の際は、転職エージェントとの関係性を崩さないためにも丁寧な対応を心がけるのがポイントです。

変更してもらってなお改善されなかった場合は、他の転職エージェントを使うのが得策ですね。

年代ごとでの転職活動におけるアピールポイントも押さえよう

転職を成功させるには「年代それぞれで企業が求めるものは違う」ことも押さえておきましょう。

20代前半の転職時でのアピールポイント

20代前半の場合、転職時でアピールすべきポイントは以下の通りです。

<20代前半の転職時でのアピールポイント>

  • 仕事への熱意
  • 伸びしろ(ポテンシャル)

なおここでのポテンシャルとは、主に素養・基礎学力・業務遂行能力を指します。

20代前半となれば、まだ社会人経験の浅い方がほとんど。

とはいえ経験の浅さに甘えるのはおすすめしません。就職活動と違って、20代前半でも経験者として採用されるケースもあります。

そのために経験者と未経験者で応募が来たときは、どうしても経験のある人が有利になる点には注意しましょう。

20代後半の転職時でのアピールポイント

20代後半の転職時でのアピールポイントは以下の通りです。

<20代後半の転職時でのアピールポイント>

  • リーダー経験・マネジメント経験
  • テクニカルなスキル
  • 即戦力として働けること
  • 活かせる資格を保有していること
  • 入社後の将来像

なおここでのテクニカルスキルとは、専門性が高くて一部領域で活用できるスキルを指します。

20代後半となればある程度社会人経験があり、スキルが身についていることが前提です。

20代のうちに仕事でどう工夫をして何を感じたのか、また未経験からの挑戦であればどう貢献できるかなども伝えたいですね。

30代の転職時でのアピールポイント

30代なら前半でも後半でも、以下の点をうまくアピールしてみましょう。

<30代前半の転職時でのアピールポイント>

  • リーダー経験・マネジメント経験
  • 即戦力性
  • 専門的なスキル・幅広い知識や技術
  • どう貢献できるか

30代に差し掛かると、20代の時と比べてよりリーダー経験やマネジメント経験を重視されます。

またある程度スキルが揃っていることも前提とされ、即戦力性もアピールしておきたいです。

また「御社に入社したいです」とアピールするよりは、自分が入社することでどう貢献できるかを具体的なアピールしたいですね。

どんな人が転職エージェントを利用すべき?

派遣-女性,はてな,台東区

今回は主に女性におすすめな転職エージェントについてご紹介しましたが、なかには転職エージェントの利用をおすすめできる人・おすすめできない人がいます。具体的に見ていきましょう。

転職エージェントを利用すべき人

下記に当てはまる場合は転職エージェントの利用をおすすめします。

<転職エージェントを利用すべき人>

  • 1から最後まで転職活動をサポートしてもらいたい人
  • 転職活動が初めてな人
  • 多くの求人情報を比較したい人
  • 平日の休みを取りにくい人
  • 履歴書や職務経歴書の書き方に困っている人
  • 面接対策に困っている人
  • 転職関連の相談に乗ってもらいたい人

上記の通り、転職活動に慣れていなくて全面的にサポートを受けてもらいたい場合は利用をおすすめできますね。

転職エージェントを利用すべきでない人

一方で、下記に当てはまる場合は転職エージェントの利用をおすすめできません。

<転職エージェントを利用すべきでない人>

  • 6ヶ月以上は時間をかけて転職活動を進めたい人
  • マイペースに転職活動を進めたい人
  • スキルや経験が乏しいのに転職先についての理想が高すぎる人

転職エージェントを使うと求職者一人ひとりに担当者がつくため、転職活動はその担当者が引っ張っていきます。

そのため転職活動を進めるとなると、その担当者側の都合にことが進んでしまう可能性もあります。

自分なりの転職意思と優先順位を持ち、担当者に流されないよう進めていくのがポイントですね。

女性の転職に関するよくある質問

女性のはてな

ここでは、女性の転職に関するよくある質問をまとめます。

子持ち女性は転職に不利ですか?

「子持ちの女性だから採用しない」なんてことはありまあせんが、不利になってしまう場面もあります。

というのも子持ち女性だと他の女性と比べて子育てに割く時間が増え、転職に割ける時間が比較的少なくなるからです。

もしお子さんがいるときに転職したいならば、その旨を転職エージェントの担当者に相談して、働きやすい求人を選定してもらうのが得策ですね。

転職先に産休・育休制度があるかってどう確認できますか?

産休制度や育休制度が転職先にあるか確認したい場合は、まず利用している転職エージェントの担当者に確認してみましょう。

担当者は求人の詳細を把握していて調査できるため、そうした制度が整っているかも確認してもらえます。

選考前に確認を済ませておけば、転職してからミスマッチに繋がりにくくなりますね。

また産休・育休制度以外にも気になる点がある場合は、まとめて調べてもらうのも得策です。

転職エージェントってどう退会するんですか?

転職エージェントの退会方法はカンタンにまとめると以下の通りです。基本的にはどの転職エージェントでも同様の退会方法となります。

<転職エージェントの退会方法>

  • 担当者に電話で退会の旨を伝える
  • 担当者にメールで退会の旨を伝える
  • 問い合わせフォームで退会の旨を伝える
  • フリーダイヤルで退会の旨を伝える

サービスによっては多少異なる点もありますが、基本的には上記4つの方法で退会できますよ。

資格を持っていると転職に有利になりますか?

資格を持っていても基本的にマイナスにはなりませんが、プラスの効力は薄いです。

というのも転職で重要なのは実務経験ですから、資格はそこまで有利とは言いがたいんですよね。

「でも資格を取っておかないと不安…」なんて方は、実務に直結するものに絞って取得を目指してみてくださいね。

女性の転職の最新動向は?【更新:2021年10月26日】

では女性の転職の最新動向はどんなものか。まとめると以下の通りです。

<女性の転職の最新動向>

  • 長く働くために転職する女性が増加
  • 新型コロナウイルスの影響がないケースが多い
  • 女性の中途採用が積極的な企業が増える可能性あり

長く働くために転職する女性が増加

2021年現在では、「長く働き続けたい」という理由で前向きに転職する女性の方が急増しています。

さらにその理由を掘り下げると”仕事内容を重視する女性”と”待遇や環境を重視する女性”の、大きく2つに分かれました。

またマイナビが提供する「2021年新入社員の意識調査」を見ると「今の会社で定年まで働くつもり」と回答した女性新入社員の方は14.3%。

加えて「3年以内に今の会社を辞めるつもり」と回答したのは女性が34.0%と、先ほどの回答+20.0%ほどの結果に。

なお男性では「今の会社で定年まで働くつもり」と回答した方が19.0%で、「3年以内に今の会社を辞めるつもり」と回答した男性が22.5%。

全体で見ると、男性より女性のほうがより会社に執着しない傾向が見受けられました。

新型コロナウイルスの影響がないケースが多い

マイナビでは「転職活動における新型コロナウイルスの影響」についても調査していました。

その調査結果によると、女性では下記の結果となりました。

<転職活動における新型コロナウイルスの影響で「影響はなかった」と回答した人の割合>

年代割合
20代女性45.7%
30代女性42.2%
40代女性47.0%
50代女性45.7%

上記の通り、女性のうち45%ほどは「転職活動で新型コロナウイルスの影響はなかった」と回答していました。

女性の中途採用が積極的な企業が増える可能性あり

2021現在、女性管理職や女性管理職候補として、女性の方を中途採用のかたちで積極採用する企業が増えています。

人間関係や女性社員の管理職志向の弱さもあり積極採用が難しいケースもありましたが、その点を少しずつ改善されていきました。

また2015年施行の「女性活躍推進法」の効力もあってか、各企業ではより管理職における女性比率を高める取り組みがなされるようになっていきました。

まとめ~女性なら転職エージェントはdodaがおすすめ!~

今回は女性におすすめの転職エージェントを、8つに絞って解説してきました。

冒頭から触れてきた通り、いちばんオススメの転職エージェントはdodaです。

求人数が約96,000件と豊富で、転職者満足度もトップな転職エージェントです。

どの転職エージェントに登録すべきか迷った時は、まずdodaから登録してみてくださいね。

\業界トップクラスの求人数!転職者満足度No.1/

dodaに登録してみる▶▶▶

よく比較した上で、ご自身にぴったりのサービスを見つけてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました