派遣会社の営業担当が合わないと感じる人は多い!その場合の乗り越え方をご紹介

派遣社員のお悩み

「派遣会社の営業担当が合わない」「言った事をきちんと聞いてくれない」など思う事はありませんか?

派遣会社の営業担当の方とは頻繁にコミュニケーションを取ることになるので、合わないと困ってしまいますよね。

実際に、多くの派遣社員として働く人が派遣会社の営業担当と上手く合わずに悩んでいます。

そして、派遣社員という立場上なかなか強く言えなくて悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

しかし、そんな時に我慢し続けるのは良くありません。

今回の記事では、派遣会社の担当者が合わないと考えている人に向けて、どう対応していけ乗り越えていけばよいかを解説していきます。

営業担当に悩みを抱えている派遣社員の方はぜひご覧ください!

  1. 派遣会社の営業担当と合わないと感じてしまう理由とは?
    1. 連絡がなかなか返ってこない
    2. 言った事を忘れる
    3. 入社後のフォローがない
    4. 相談しても対処してくれない
    5. 嘘をつかれる
  2. 派遣会社の営業が合わない場合は担当を変えてもらう事はできる?
    1. 基本的には担当の変更は不可
    2. 営業担当ではなく派遣会社に直接言うことで対処してもらえる可能性も
  3. 派遣会社の営業担当と良好な関係を築くポイント
    1. しっかりとした挨拶をする
    2. 仕事に全力で取り組む
    3. 報連相をしっかりする
    4. 営業担当者の忙しさを理解してあげる
    5. 身だしなみを整える
  4. 営業担当でなくあなたに責任がある場合もある
    1. 急な欠勤、遅刻が多い
    2. 営業担当に高圧的な態度をとる
    3. 自分の都合ばかり押し付ける
  5. どうしても営業担当と合わない場合の対応方法
    1. 派遣会社の営業担当に過度の期待をしない
    2. 営業担当者に問題がある場合は派遣会社に報告する
    3. 営業担当を変えてもらう
    4. 派遣先を変更する
    5. 別の派遣会社に移る
  6. 悪い派遣会社の見極め方
    1. 派遣会社が許可番号を取得しているかどうか
    2. 優良派遣事業者として認定されているかどうか
    3. 求人数が豊富で情報がしっかり載っているか
    4. 登録会やヒアリングの対応の質が良いか
    5. 派遣先が決まった後もしっかり対応してくれるか
    6. 求人の内容と業務に違いはあるのか
    7. 社会保険に入れるか
  7. 評判の良い派遣会社を見つけるポイント
    1. 大手の派遣会社に登録をする
    2. 複数の派遣会社に登録をする
    3. 事前に口コミを確認しておく
  8. まとめ~派遣会社の営業担当が合わないと感じたら別の派遣会社にも登録してみよう!~

派遣会社の営業担当と合わないと感じてしまう理由とは?

派遣会社の営業担当の方と合わないと感じてしまう人は非常に多いです。

合わないと感じてしまう原因は主に以下の5つがあげられます。

  • 連絡が返ってこない
  • 入社後のフォローがない
  • 言った事を忘れる
  • 相談しても対処してくれない
  • 嘘をつかれる

上記の原因で派遣会社の担当者と合わないと感じている人が多いのではないでしょうか?

一つずつ見ていきましょう!

連絡がなかなか返ってこない

この理由が一番多いのではないでしょうか?

用があって携帯電話に電話をかけても折り返しの連絡がなくメールを送っても返信がない事もあります。

派遣会社の方も忙しいのですぐに連絡を返すことは難しいですが、しっかりした営業担当であれば隙間時間にでも連絡はきちんと返してくれるはずです。

連絡がなかなか返ってこないと次第に不信感が募ってきてしまい、信頼関係が崩れてしまいかねません。

大事な用があって連絡したのになかなか返ってこないとかなりのストレスになり、悩んでしまう方が多いです。

言った事を忘れる

仕事関係の事で質問をしたがいつまでたっても返事がこず、もう一度質問をしたところ「忘れていた」と言われるケースがよくあります。

派遣会社の方は何十人もの派遣社員を一人で担当しているため、忙しすぎて忘れてしまう事があるのです。

忙しくて忘れてしまうのはわかりますが、そういった事が何回も積み重なると不信感になり、合わないと感じてしまう方が多いです。

入社後のフォローがない

派遣会社の担当者は通常1ヵ月に一回くらい職場に訪問をして面談をしてくれるのが一般的です。

しかし、なかには全く会いに来ず相談に乗ってくれない方がいます。

電話では少し喋ったことがあるが、顔を一回も見たことがないというパターンもあります。

これでは信頼関係が築けないので不信感につながり合わないと感じてしまいますよね。

相談しても対処してくれない

仕事について悩みがあり相談をしても相手にしてもらえないことがあります。

例えば、職場の人間関係に悩んでいて違う職場を紹介してほしいと頼んだとしても「もう少し続けましょう」「契約途中で辞めることはだめです」など全く相手にしてもらえないこともあるようです。

派遣会社としては派遣先とトラブルをなるべく起こしたくないと考えているので、対応に苦労しそうな内容の相談はきいてくれないこともあります。

このようにこちらの事情を全く考慮してくれない営業担当の方が多いのも実情です。

嘘をつかれる

仕事をする上では嘘は絶対にいけない事です。

間違った情報を与えたまま仕事をするとトラブルを起こしかねませんし、とても危険な事です。

しかし酷すぎる派遣の営業担当の中には、自分にとって都合の悪いことを誤魔化したり、自分に都合よく人を動かそうとしたり安易に嘘をつく人がいます。

「残業なし」と言っておきながら実際には残業しなければいけない仕事を紹介されたり、スキル的にミスマッチの案件に無理やり参画させられたりするなどがあるようです。

嘘まではないにしろ、都合の悪いことは濁して返答してしまう担当が多く、例えば正社員に登用される可能性が低い案件なのに、「派遣期間終了後はおそらく正社員になれますよ」などと案内しておいて、実際に派遣期間終了後は正社員でなく契約社員としてのオファーだったという話も聞きます。

派遣会社の営業が合わない場合は担当を変えてもらう事はできる?

ここまで派遣会社の営業の方と合わないと感じてしまう理由を解説しましたが、ここで多くの方が気になるのは「派遣会社の営業担当を変えてもらう事はできるのか」という事ではないでしょうか?

ただし、派遣会社に報告したところで、クレーマー扱いをされて居心地が悪くなってしまうかもしれないと考えると言いづらいですよね。

ここからは、派遣会社の営業の方と合わないと感じた場合に、担当を変更することは可能なのかを解説します!

基本的には担当の変更は不可

基本的に派遣会社の担当者を変更することは難しいです。

派遣会社の営業担当はほとんどの場合、同時に何十人、何十社のクライアントを抱えています。

担当を変更するという事は派遣先の営業担当が変わることになり、複数派遣スタッフが入っている就業先だと他の派遣社員に迷惑がかかることもあります。

また、営業担当はエリアで担当を持っている事が多いので、担当者変更をするとそのエリアの派遣社員全員に影響が出てしまう可能性があります。

派遣会社としても、安易に担当を変更することはできないので、難しい場合が多いです。

ただし、正当な理由があり相手が100%悪いと判断されたなら変えてもらう事はできるかもしれません。

営業担当ではなく派遣会社に直接言うことで対処してもらえる可能性も

担当者に言ったところで意見を聞いてくれるわけはないので、担当者の上司、もしくは派遣会社の問い合わせ窓口に連絡するのはとても有効な方法です。

会社に報告することで、営業担当の変更自体は無理でも厳重な注意が行くことにより、あなたへの対応が改善される可能性があります。

ただし、伝え方によってはクレーマーと判断されてしまう可能性もありますし、伝わったとしてその後営業担当の方と気まずい関係になってしまう事もあります。

不満に思ったポイントや内容をメモに残しておいて、具体的にどこが駄目なのかをしっかり伝えるようにしましょう。

派遣会社の営業担当と良好な関係を築くポイント

派遣-指をさすキャリアウーマン

派遣スタッフとして働くうえで、派遣会社の担当者と良好な関係が築けているかはとても重要です。

しっかりとした信頼関係ができていれば、困ったときや相談したいときの対応にも当然差が出てきます。

今派遣会社の営業担当の方と合わないと感じている方も、今から紹介するポイントを意識することで改善される可能性もあります。

以下のポイントがあります。

  • しっかりとした挨拶をする
  • 仕事に全力で取り組む
  • 報連相をしっかりする
  • 営業担当者の忙しさを理解してあげる
  • 身だしなみを整える

一つずつ見ていきましょう!

しっかりとした挨拶をする

まずは、あいさつをしっかり行う事を意識しましょう!

挨拶はコミュニケーションの基本です。

第一印象は5秒で決まると心理学では言われており、一番初めの挨拶はとても重要なのです。

笑顔で聞き取りやすいようにはっきりと喋ることを意識しましょう。

派遣会社の営業担当の前ではもちろんの事、派遣先の企業でも挨拶は必ず行ってくださいね。

また、勤務態度、勤怠状況なども意識しましょう。

あまりにも勤務態度、勤怠の状況が悪いと派遣先企業から営業担当にクレームが入ることがあります

クレームが入ってしまうと、営業担当の方は対応を求められることになってしまうので、当然あなたに対して良い印象はもてなくなります。

良い印象を持ってもらえるように意識して行動しましょう!

仕事に全力で取り組む

仕事には全力で取り組みましょう!

きちんとした仕事をしてくれる派遣スタッフは派遣先の企業からも印象が良いので営業担当者からも大事にされます。

逆に仕事をさぼっていたりすると派遣会社にクレームが入る事もあります。

一度でもクレームが入ってしまうと、あなたに対しての印象は落ちてしまうので、派遣会社の方と良好な関係でいるのは難しくなるでしょう。

また、派遣スタッフの仕事内容は、あまりやりがいを感じないルーティン作業を任されがちですが、常に前向きな姿勢で業務に取り組むことによってあなたへの印象が上がることになるのです。

報連相をしっかりする

報告・連絡・相談がしっかりできる派遣スタッフの方は、営業担当者にとってもとても助かります。

派遣会社の営業担当者はとても忙しいので、中々連絡がつかない場合も多いでしょう。

しかし、だからと言って要な事を連絡しなかったりすると、後々トラブルになることがあります

特に派遣先とのトラブルに関しては、派遣会社が責任を負わされる可能性があるので注意が必要です。

営業担当者の忙しさを理解してあげる

派遣会社の営業は、とても忙しい仕事なのを知っていますか?

営業担当は一人で数十人もの派遣スタッフの管理を行いつつ複数の派遣先企業ともやりとりをしなければならないので、トラブルが起こりやすいとても大変な仕事です。

なので、派遣会社の営業担当者の気持ちを分かってあげる事も大切です。

電話になかなか出ないからと言ってすぐに営業担当の方に文句を言う方がいますが、相手の立場で物事を考える癖をつけるようにし、相手が忙しいことを理解しましょう!

身だしなみを整える

良い印象を与える事にもつながるので、身だしなみは整えるようにしましょう。

清潔感があって職場に合った身だしなみをしていれば第一印象が良くなり、好感度がアップする事でしょう。

派遣会社の営業担当からしても、全く清潔感がなく身だしなみもきちんとできない人は企業に送り出したくないですよね。

社会人のマナーとして場違いな服装や髪型は避け、清潔感のある身だしなみを意識しましょう。

営業担当でなくあなたに責任がある場合もある

営業担当の方も人間なので、「あなたの仕事を紹介したくない」「連絡も取りたくない」と思われている場合もあります。

仕事なので本来こういった思考は駄目ですが、どうしても多少の感情は入ってしまうのです。

なので「自分が派遣会社の営業担当だったらどんな人を優先して対応したいかな?」とイメージして行動するようにしましょう。

ここからは、派遣会社の営業担当にサポートしてもらいづらくなってしまう方の特徴を紹介していきます。

急な欠勤、遅刻が多い

急病などで仕方ないことももちろんあるのですが、急な欠勤や遅刻が多い人は派遣会社の営業担当からしてもあまり良い印象ではありません。

派遣先企業に迷惑がかかりますし、その人を派遣している派遣会社の評判を落とす事にもなるからです。

同じ派遣会社から何回も急な欠勤や遅刻が出ると、「この派遣会社はだめだ」と契約を切られてしまう可能性もあるのです。

そうなると同じ派遣会社から派遣されている同僚にもかなり迷惑が掛かりますし、派遣会社にも迷惑が掛かります。

仮病をして休む人も多いですが、後から嘘がばれるとその時点で信用を失ってしまいます。

なので、絶対に止めましょう!

営業担当の方は様々な派遣社員と関わってきているので、上手く嘘をついたつもりでも案外ばれている可能性があります。

営業担当に高圧的な態度をとる

派遣会社の営業の方に高圧的な態度をとっている方も多いです。

これは、派遣会社の営業担当者の方が自分より若い時に起こりがちです。

派遣会社の営業はとても離職率が高い職種なので、どんどん新しい人が入社していきます。

そのため、自分よりもかなり若い方が担当となっているケースが多いです。

だからといって舐めた態度で接するのではなく、営業担当の方にはある程度敬意を持って接しましょう。

タメ口で喋ってしまう方も多いですが、ビジネスマナーがない人と思われてしまいますので印象が大きく下がってしまいます。

絶対に止めましょう!

自分の都合ばかり押し付ける

高圧的な態度をとる人と少し被りますが、自分の都合を押し付ける人は嫌がられます。

自分の都合ばかり押し付けられると、派遣会社としても扱いに困るため仕事を紹介しにくいからです。

「この業務内容なら絶対にやらない」「電話対応はしたくない」など自分の条件ばかり押し付ける割に仕事が見つからないと文句を言う方もいます。

また、求人内容を見て自分で勝手に違う解釈をして文句を言う人もいます。
たとえば、「9時~18時で週3日以上勤務可、土日できる人歓迎」と書かれていたとしましょう。

企業側が土日どちらかは出てくれないと厳しいと伝えると、「土日に出勤しなければいけないなんて聞いてない」と文句を言う人がいます。

更には、「細かい部分まで書いていないあなたたちが悪い」とクレームをつける人もいます。

実は、求人広告には文字数の制限があり、全ての条件を記載することはできないのです。

なので、全ての情報を載せられるわけがない事を理解しておきましょう。

どうしても営業担当と合わない場合の対応方法

派遣-落ちた人

派遣会社の営業担当と言っても、人間なので色々な性格の人がいます。

あなたに合う営業担当者もいれば、残念ながら合わない営業担当者にあたってしまう可能性もあります。

ここからは、派遣会社の営業担当者がどうしても合わない場合の対応方法を紹介します。

派遣会社の営業担当に過度の期待をしない

派遣会社の営業担当へはあまり期待をせず、「こんなものだろう」くらいに思っておくと、とても楽です。

なぜなら、期待すればするほどがっかりする気持ちが大きくなるからです。

「もう少し早く連絡してほしい」「もう少ししっかり対応してほしい」など期待をしてイライラしてしまうよりも、「営業担当の方は忙しいものだからしょうがない」と割り切っておくようにしましょう。

そうする事で自然と心に余裕が出て、合わないと考える事もなくなるかもしれませんね。

営業担当者に問題がある場合は派遣会社に報告する

客観的にみて明らかに営業担当者に問題があるときは問題点を派遣会社に報告しましょう。

「暴言を吐かれる」「悩み相談をしても何も対応してくれない」「連絡をしても全く返ってこない」など、明らかに営業担当者に問題がある場合ですね。

この場合は、問題点を明確に伝える事で派遣会社側も何かしらの対応をしてくれるでしょう。

ただし、伝え方によってはクレーマーだと感じられてしまう事になるので、あまり感情を表に出さず、冷静に対応するようにしましょう。

営業担当を変えてもらう

全ての派遣会社で営業担当を変更してくれるわけではありませんが、営業担当の変更自体は可能です。

ただし「なんとなく合わない」「ただ気に入らない」というような理由では変更してもらえません。

正当な理由がない状態での変更依頼や感情的になった言い方は、クレーマーとして扱われてしまう可能性がありますので注意しましょう。

しかし正当な理由があったとして、派遣会社が営業担当者を変更することは他の派遣スタッフに影響を与えることになるので、あまり行いたくないのが現実です。

あなたの希望は通らないことがある事を理解しておきましょう。

派遣先を変更する

派遣先企業ごとに営業担当者が決まっている場合が多いので、担当者を変えてもらう事は非常に難しいです。

しかし、合わない営業担当者がいない派遣先に変更をしてもらえばその営業担当から離れられます。

契約満了までは我慢して働き、別の派遣先を紹介してもらうようにしましょう。

その際には今の派遣会社の営業担当がいないエリアの求人を紹介してもらうように注意しましょう!

別の派遣会社に移る

契約期間満了後、別の派遣会社へ移る事も可能です。

派遣会社は全国にかなりの数があり、違う派遣会社に登録して仕事を請けるのは一般的なため、何も問題なく派遣会社の担当者と離れる事ができます。

また、派遣会社は複数登録をすることがおすすめです。

単純に複数登録したほうが自分と相性の良い営業担当を見つけられる可能性が上がるからです。

大手の派遣会社に登録をすれば豊富な求人数の中から自分に合った仕事を見つける事が可能です。

派遣会社への登録方法を徹底解説!複数登録はできるの?
「派遣会社への登録方法ってどんな感じなの?」 「派遣会社って複数社に登録はしていいの?」 「服装はスーツ行くべき?」 派遣登録のときって何かと気になることばかりですよね。 でもポイントを押さえず正しい登録方法を把握せずに進め...

悪い派遣会社の見極め方

「派遣会社に聞いていた内容と全然違う」「担当者が全くサポートしてくれない」など、不満を持っている派遣社員は多いです。

トラブルを事前に回避するためにも事前にできるだけ悪い派遣会社を見抜いておきたいですよね。

なので、ここからは評判の悪い派遣会社を見分けるコツを紹介していきます。

  • 派遣会社が許可番号を取得しているかどうか
  • 優良派遣事業者として認定されているかどうか
  • 求人数が豊富で情報がしっかり載っているか
  • 登録会やヒアリングの対応の質が良いか
  • 派遣先が決まった後もしっかり対応してくれるか
  • 求人の内容と業務に違いはあるのか
  • 社会保険に入れるか

ひとつずつ見ていきましょう!

派遣会社が許可番号を取得しているかどうか

あなたの登録している派遣会社が許可番号を取得しているかを確認してみましょう。

派遣の事業を行うためには厚生労働大臣から許可を得る必要があります。

正当に許可を得ている派遣会社では必ず「許可証」「許可番号」がつきます。

許可番号は、派遣会社の公式サイトで確認できるのでチェックしてみてください。

もし許可番号が記載されていないときは、厚生労働省の許可を得ずに運営している可能性があるので、辞めておきましょう。

優良派遣事業者として認定されているかどうか

許可番号ともう一つ確認したいのが「優良派遣事業者」として認定されているかどうかです。

これは、法令の遵守や労働環境の改善、トラブル防止など派遣社員と派遣先に良いサービスを提供している証です。

優良派遣事業者認定された企業は、制度・環境の整った派遣会社であると考えても良いでしょう。

求人数が豊富で情報がしっかり載っているか

派遣会社が掲載している求人情報も事前に確認しておくべきポイントですね。

就業後の流れや担当する業務内容が詳細に表示されている派遣会社は、優良である可能性が高いです。

一方、仕事内容が詳細に書かれておらず曖昧な求人には注意が必要です

ミスマッチを発生させる原因となり、さらには営業担当者が現場の事を全く把握していないので、思わぬトラブルを引き起こす可能性があります。

求人広告を載せる際、就業先と打ち合わせをして記載するので、仕事内容が詳細に書かれていない求人は本来あり得ないです。

もし内容が詳細に書かれていない場合は、営業担当者の手が回っていない可能性があり、その派遣会社はあまりおすすめできません。

ただし、あまりにも好条件の求人ばかり載っている場合は釣り求人の可能性があります。

実際に応募をしても「もう他の人で決まってしまった」と言われて他の条件のあまり良くない求人を勧められることになります。

条件が良すぎると感じた場合は、事前に納得のいくまで質問したり、釣り求人があったりしないか口コミを良く調べましょう。

登録会やヒアリングの対応の質が良いか

派遣会社の実態は、登録会やヒアリングの状況でも把握することができます。

  • 新設・丁寧で物腰が柔らかい
  • 不安や悩みの相談にしっかりのってくれる
  • 無理やり登録を迫ってこない

上記の様な印象を受けたのであれば、サポートをしっかりしてくれる派遣会社の可能性は非常に高いです

サポートが丁寧な派遣会社は、スタッフ一人一人の希望に合わせた仕事を紹介してくれます。

登録会やヒアリングの際に対応が雑だと感じた場合、何かトラブルがあった際にも十分にサポートをしてくれない派遣会社の場合があります。

登録会の時点で「なんか合わないな」と感じたのであれば、その派遣会社は避けた方が無難です。

派遣先が決まった後もしっかり対応してくれるか

「派遣先が決まった後もしっかり対応してくれるか」は事前に口コミで十分にみておきましょう。

派遣先が決まった途端に冷たくなる方が多いです。

派遣先が決まった途端に連絡が取りづらくなってしまい、職場のトラブルがあった際に対応をしてくれないこともあるようです。

今はインターネット上で簡単に口コミを調べる事ができるので、ぜひ見てみてください。

求人の内容と業務に違いはあるのか

求人内容と実際の業務に違いがあるのかは、働く前に行われる派遣先企業との顔合わせの際に確認するようにしましょう。

派遣企業との顔合わせで業務内容を聞いてみると、「求人に載っている情報と違う」といったケースもあります

「派遣企業への十分なヒアリングができていない」「早く仕事先を決めるために仕事内容を誤魔化している」こういった理由で実際と異なる業務内容が記載されている場合があるのです。

もし、業務内容が明らかに違うことが判明した場合は、そのまま放置しないで担当者に再度確認するようにしましょう。

社会保険に入れるか

「社会保険に入れるか」も登録会の際に担当者にしっかり確認しましょう。

加入手続きをするのは派遣先企業ではなく、派遣元の企業です。

登録会で聞き忘れた場合には、派遣会社の公式サイトでも確認することができます。

もし、社会保険に関する記載がない場合は、その派遣会社はやめておきましょう。

評判の良い派遣会社を見つけるポイント

ここまで評判の悪い派遣会社の見分け方を紹介しましたが、評判の良い派遣会社を選ぶポイントを理解しておけば、無駄な時間を取られることもなくスムーズに登録できます。

この章では、評判の良いあなたに合った派遣会社を選ぶポイントを紹介していきます。

大手の派遣会社に登録をする

迷ったら、「スタッフサービス」「テンプスタッフ」などの大手の派遣会社を選ぶようにしましょう。

会社の規模が大きいほど多くの求人を保有しているため、さまざまな選択肢の中から好みの案件を検討できます。

一方で小規模の派遣会社の場合だと、少ない選択肢の中からしか選ぶことはできません

大手の派遣会社であれば担当者の経験も豊富な場合が多く、手厚いサポートを期待できます。

複数の派遣会社に登録をする

複数の派遣会社に登録することで、求人の選択肢が増え、必然的にあなたの希望に合った仕事は見つけやすくなっていくことでしょう。

特に、派遣会社の担当者は二人三脚で転職を進める相棒のようなものなので、信頼できる人物かは良く見極める必要があります。

一社の派遣会社に絞るのではなく、複数の派遣会社に登録してみて、担当者の対応や愛称を比較してあなたに合う派遣会社の担当を見つけてみてください。

事前に口コミを確認しておく

今の時代は、ネットであらゆる評判を調べる事ができます。

もちろんあくまで口コミなので、正確な実態をとらえているとは言い切れません。

とはいえ、対応に問題がある派遣会社は悪い評判がたびたび上がっています

実際に利用した人が派遣会社に対してどういった印象を持ったのかは知っておくと良いでしょう。

まとめ~派遣会社の営業担当が合わないと感じたら別の派遣会社にも登録してみよう!~

指をさす女性②

今回の記事では、派遣会社の営業担当が合わないと感じている方に向け、対応方法を紹介しました。

派遣会社の営業担当は一度決まってしまうとなかなか変えるのが難しいので、「他の派遣会社に登録する」事が一番のおすすめです!

派遣会社に複数登録して、営業担当を比較してみて自分に合う担当を見つけましょう、

その際には大手の派遣会社を中心に登録することで、さまざまな求人の中からあなたに合う求人を見つけやすくなります。

ぜひ登録してみてください!

タイトルとURLをコピーしました