派遣初日の挨拶で好印象を与えるには?挨拶のコツを掴んで良いスタートを!

挨拶をする派遣社員 派遣登録から就業まで

新しい派遣先に初めて出勤する日はどんな人でも緊張してしまうものですよね。

「最初の印象が大切なのは分かっているけど、どうすれば好印象になるだろうか」と少し悩み所かも知れません。

特に、最初の挨拶は「派遣の挨拶ってどんな事を言えばいいの?」と焦ってしまうことや、「ちゃんと爽やかな挨拶が出来るかな?」と不安になってしまうものです。

そこで、今回は派遣社員の初日の挨拶で好印象を与えるために必要な事やコツを紹介していきたいとおもいます。

派遣社員の挨拶は大事

派遣社員は直接雇用されている方と様々な違いがある分、挨拶での印象はとても大切です。

派遣に関わらず、一般的に、就業先に初出勤する日は、挨拶や自己紹介を求められるものです。

部署の朝礼の時に自己紹介して、その後に関連の部署の方々に個別に挨拶したりと、とにかく初日というのは多くの場面で挨拶や自己紹介が求められます。

それだけ初日の挨拶は大切なので、良い印象を与える為にどんなタイミングでも挨拶がしっかり出来るように心構えと準備をしておきましょう。

挨拶前に経験やスキルを整理しよう

まず大切なのは、あまり肩に力を入れすぎないことです。

緊張するのは仕方ない事ですが、空回りして失敗しないように、「カンタンな挨拶で大丈夫」という意識で臨みましょう。

少しでも緊張しないように、あいさつの時までにこれまでの職歴やスキル、挨拶の内容をまとまておく事をおススメします。

端的に分かりやすく経験やスキルを整理して、スムーズに言えるようになると当日の不安や緊張も和らぎ、挨拶も成功しやすいでしょう。

挨拶に盛り込む内容

では、挨拶の内容を考えていくに当たって、具体的にどんな内容をを盛り込んでいくべきでしょうか。

派遣社員は即戦力や今後の伸びしろを期待されていますので、それに応える形で自分を表現できると印象が良くなります。

具体的な内容を以下に挙げていきます。

職歴で信頼を得る

「これまでどんな業種の企業で、どんな就業経験があるのか」という内容は必ず入れるようにしましょう。

派遣の就業先の仕事に対して経験があるにしろ、未経験しろ、「今までどんな仕事をしていたのか」という内容は大切です。

この内容を言うのと言わないのとでは、信頼感が違ってきます。

特に、就業先の仕事に関係ありそうな職歴をピックアップして話しましょう。

意気込みで熱意を伝える

仕事への意気込みでしっかり熱意を伝えましょう。

今後お世話になる訳なので、熱意や誠実さを伝えることは大切です。

今までの経験やスキルに触れながら、具体的にどんな事を努力するのかを伝えらえると説得力が増します。

たとえ経験が浅くてスキルが乏しくても、努力しようとする姿勢を見せる事が大切です。

趣味や特技で個性を出そう

少し気持ちに余裕があるのであれば、自分の趣味や特技を挨拶に入れると、早く覚えてもらいやすいです。

趣味や特技を伝える事で、場が和んだり、個性が見えて職場の方に早く覚えてもらいやすいです。

特に数人が同時に仕事の初日を迎える場合などは自分の印象が埋もれてしまうのを防ぎたい所ですね。

部署の方たちと仲良くなるきっかけになるので、趣味や特技も入れれたら入れましょう。

具体体なフレーズ

だいたいどんな内容を盛り込むのかを確認しましたが理想の挨拶の全体像をつかむために、具体的例を紹介したいと思います。

フレーズを覚えて参考にするのも良いかも知れません。。

未経験の場合

「おはようございます。本日よりお世話になります○○○○(フルネーム)と申します。これまでは、5年間、高級アパレルブランドで販売員の仕事をしてきました。事務のお仕事は初めて挑戦するので、不慣れなこともあるかと思いますが、業務についての知識を学び、1日でも早く皆様のお役に立てるよう努力してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。」

経験がある場合

「おはようございます。本日よりお世話になります○○○○(フルネーム)と申します。これまで3年間、証券会社で証券外務員として有価証券を売買したり、お客様に売買の提案する仕事を担当していました。これまでの証券外務員としての経験を活かして、即戦力の銀行員として活躍できるよう努力してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。」

挨拶で気を付けるポイント

第一印象をよくするためにできる限りのことをしておきたいですよね。

挨拶では内容だけでなく、いくつかの気を付けるべきポイントがあります。

挨拶で気を付けるポイントを以下に紹介していきたいとおもいます。

笑顔で明るい印象を

笑顔はコミュニケーションの基本ですから挨拶でもしっかりと笑顔を心がけましょう。。

口角を上げることを心掛け、明るい印象を与えられるようにしたい所ですね。

「うまく笑えない」「笑顔を作るのは苦手」という方でも、口角を上げるだけで明るい表情になります。

謙虚な姿勢を忘れずに、笑顔で爽やかな挨拶を心がけましょう。

発声の仕方でも印象に影響が

挨拶の中で笑顔と同じくらい重要なのが、発声の仕方です。

緊張していると早口になりがちなので、落ち着いた口調で、ボリュームとトーンを上げるよう心がけましょう。

ゆっくり滑舌よく話すと、聞き取りやすい上に「仕事ができそうだな」という印象を与えられます。

職場の雰囲気に合わせて声のトーンを変えるとなお良いですね。

常に積極性を意識しよう

好印象にする戦いは皆の前での挨拶の場だけではありません。

時には、エレベーター前などで派遣先の社員や役員の方と顔を合わせる瞬間があるかも知れません。

そんな時に知らないふりをするのではなく、自ら積極的に挨拶をしましょう。

積極的な挨拶をすることで、やる気や爽やかさが見えて職場ですぐ馴染めていけるはずです。

清潔感は基本

意外と出来ていない人も多いですが、清潔感のある外見を意識することは基本であり、大切です。

服装や髪形、メイク等で清潔感と共に落ちついた雰囲気にするのが良いでしょう。

服装は、スーツ着用でない会社でも初日はラフな格好ではなく、オフィスカジュアルや清潔感のあるファッションを選びましょう。

派遣先企業から細かい指定がない場合は男性も女性もスーツを着ていくのがマナーです。

迷ったら、ちゃんと派遣会社の担当者に相談をすることも大切です。

挨拶ではお辞儀は30度

お辞儀には会釈、敬礼、最敬礼という3つの種類があります。

背筋を伸ばして上体を30度折り、視線は足元の少し前方に落とすと敬礼になります。

挨拶では30度を意識しましょう。

前職批判はNG

前職の批判などのネガティブな話題は絶対に口にしないようにしましょう。

印象が悪く見えますし、信頼感が無くなります。

プライベートでついつい口が滑るのは仕方ありませんが、挨拶時に関わらず、仕事中は注意しましょう。

「メラビアンの法則」は覚えておこう!

「メラビアンの法則」とはアメリカの心理学者であるアルバート・メラビアン氏が提唱した初対面の相手の第一印象を決める時の法則の事を言います。

「メラビアンの法則」によると、初対面の人の第一印象が決まる時間は「3~5秒」で、「3~5秒」で受けた第一印象は、その後払しょくされにくいみたいです。

つまり、「優しそう人だな」「ちょっと怖そうだな」という印象は、会った瞬間に感じて、その後、ずっとその印象のままになるということですね。

初対面の第一印象を決める要素

初対面の相手の第一印象を決めるのは、以下の3要素になります。

・視覚情報(服装や表情、しぐさ、視線など)55%
・聴覚情報(声のトーン、話し方、話すスピードなど)38%
・言語情報(話す内容)7%

人は目と耳で相手の印象を無意識に決めているという事になりますね。

内容も大事ですが、挨拶の時に笑顔や話し方に気を付けていきましょう!

派遣初日の挨拶で好印象を与えるには?挨拶のコツを掴んで良いスタートを切ろう!まとめ

という事で、派遣社員の初日の挨拶で好印象を与えるために必要な事やコツを紹介していきました。

挨拶で言う内容では職歴や意気込み、趣味を盛り込む事が大切でしたね。

そして、メラビアンの法則にあるように、内容だけではなく、視覚的な情報と聴覚的な情報にも気を付けて、いきましょう!

派遣の初日で、緊張しないように、是非今回の記事を参考にして、しっかり準備してくださいね。

おすすめ就職支援サービス!
ハタラクティブ
ハタラクティブ-アイキャッチ画像
  • 20代既卒・フリーター・第二新卒の求人に強い!
  • カウンセリング実績110,000人以上!
  • 内定率80.4%!
  • おすすめ大手派遣会社ランキング!
    テンプスタッフ
    テンプスタッフ-アイキャッチ
  • 女性の働きやすさが口コミNo.1!
  • 圧倒的に充実した福利厚生制度!
  • 業種カバー率100%!
  • ランスタッド
    ランスタッド-アイキャッチ
  • 事務職・工場製造系の求人に強い!
  • 地方にお住いの方にも対応!
  • 優秀なキャリアアドバイザーが多数在籍!
  • スタッフサービス
    派遣-スタッフサービスのアイキャッチ画像
  • 求人数100,000件突破の大手派遣会社!
  • 有効登録者数1,000,000人以上!
  • 高時給案件も多数掲載!
  • 派遣登録から就業まで
    派遣会社カタログ編集部をフォローする
    派遣会社カタログ
    タイトルとURLをコピーしました