派遣でも時短勤務ができる!時短勤務の内容と人気の派遣会社を紹介

派遣-働くママ お役立ちコラム

最近では、派遣社員として働くママも増えてきています。

「派遣社員でも時短勤務ができるの?」
「3歳までの子どもじゃないと、時短勤務はできないよね?」

などと時短勤務に対して、疑問を持っている人も多いのではないでしょうか?

結論から言うと、派遣社員でも時短勤務ができます。

また、育児や介護のための働き方が見直されているため、対象者の幅も広く時短勤務ができるようになっています。

ただし、時短勤務制度について詳しく理解をしていないと、上手く活用できない可能性も・・・

本記事では、派遣社員向けに時短勤務の内容と人気の派遣会社の紹介をしていきます。

今後、派遣社員として、時短勤務制度を活用していきたい人は必見の内容です。

時短勤務制度とは?

時短勤務制度とは、子育てや介護などでどうしてもフルタイム勤務ができない人のための制度です。

時短勤務制度を利用することによって、仕事を辞めることなく、子育てや介護にも時間を当てられます。

時短勤務には「法律で定められているもの」「会社独自のもの」があるため、人によって体制が変わる場合も考えられます。

時短勤務制度の労働時間は原則1日6時間と定められています。

また、残業や深夜業務の免除もあげられます。

時短勤務の労働時間に関しては、「会社の規模」「従業員数」「職種」など関係ありません。

どのような企業であっても、義務化されている制度です。

対象者が希望する場合、必ず利用ができます。

「うちの会社はできない」
「上司が許可してくれるはずがない」

など勝手に決めつけてはいけません。

法律で定められている制度なので、必ず利用できるでしょう。

また、会社独自の時短勤務制度設けている会社も増えています。

法律で定められている内容に加えて、さらに対象者が働きやすいように時短勤務制度を設定している場合もあります。

まずは、時短勤務制度を利用したい場合は、「職場ではどのような制度を行っているのか」を確認してみるのもいいでしょう。

時短勤務制度の対象者は?

派遣社員であっても、時短勤務制度の利用はできます。

しかし、時短勤務制度はすべての人が利用できるわけではありません。

条件を満たしている人のみが対象となるので、時短勤務制度を利用する前に自分は対象者かどうかを確認しておく必要があります。

では、時短勤務制度の退所者はどのような人たちなのでしょうか?

時短勤務制度が利用できない人もあわせて紹介していきます。

3歳未満の子どもを育てている

3歳未満の子どもを育てている場合、時短勤務制度の対象者になります。

時短勤務制度の申し出があったら、企業は必ず受け入れなくてはいけません。

1日の労働時間を原則として、6時間にする必要があります。

他にも、深夜業の制限や残業の免除もあげられます。

業界や業種によって、時間短縮制度が厳しい場合はいくつかの処置を取らなくてはなりません。

代替案として下記の4つがあげられます。

  1. 育児休業に準じる措置
  2. フレックスタイム制の導入
  3. 出社、退社時間の時間の変更
  4. 事務所内の保育施設の設備の充実

企業側は対象者に対して、何かしらの対策をする必要があります。

時短勤務制度の期間としては、子どもが3歳の誕生日を迎えるまでです。

それまではどんな理由であっても、企業は時短勤務制度を断れません。

「なかなか時短勤務制度は申請しにくい」

という人は企業と相談してみると良いでしょう。

職種的にとりにくい場合でも、何らかの処置をしてくれるはずです。

 3歳~小学校未就学児童を育てている

3歳~小学生未就学児童を育てている場合も時短勤務制度が適用されます。

内容としては「1か月で24時間」「1年で150時間」を超える残業をしてはいけません。

残業をする場合は条件付きで残業が求められるようになります。

また、「深夜業の制限」という制度もあり、22時~05時までの深夜帯での勤務を制限ができます。

3歳までしか時短勤務制度が利用できないと思っていた人も多いのではないでしょうか?

実は、3歳以降も時短勤務で働ける企業がかなり増えてきているようです。

理由として、3歳~小学校未就学児童を育てている人についても、時短勤務などの措置を取ることが企業の「努力義務」に設定されています。

努力義務は、対象者から相談や希望を言われた場合は、企業側はしっかりと受け止めなくてはいけません。

今の職場では時短勤務ができない場合であっても、意見を伝えることが大切です。

「どうしてもフルタイムの復帰が厳しい」
「時短勤務であれば、長く働いていきたい」

などと派遣会社の担当や派遣先の企業に伝えることが重要になってきます。

家族に介護が必要な人がいる

子育てに限らず、介護が必要な場合は、時短勤務を受けられます。

残業の免除や深夜業の制限などがあげられます。

1日6時間という労働時間の制限はありませんが、企業側は柔軟な対応が必要とされます。

  1. 短時間勤務
  2. フレックスタイムの導入
  3. 出勤・退勤の時間変更
  4. 労働者が利⽤する介護サービス費⽤のサポート

など対象者に対して、働きやすい環境を整えることが企業の義務です。

日雇いや新入社員などの場合は対象外になる

時短勤務制度を利用できない人もいます。

時短勤務制度の対象から外れる人は下記の方です。

  • 日雇いの従業員
  • 1週間あたりの所定労働日数が2日以下
  • 入社から1年未満
  • 業務の性質などから、短時間勤務制度が困難な従業員

日雇いで働いている人や出勤日数が少ない、入社して1年未満場合は時短勤務制度の対象外となります。

また、業務の性質上時短勤務ができない人も対象外になる恐れも。

事前に時短勤務ができるかどうかの確認をしておくようにしましょう。

派遣で時短勤務をする3つのメリット

指をさす女性②

時短勤務制度を利用することによって、1日の労働時間を短縮ができます。

その人のライフスタイル合わせて、出勤時間を遅らせることや早めることなど柔軟な働き方ができるのは理解していただけたはずです。

具体的なメリットとして3つあげられます。

  • 時間に余裕ができる
  • 子どもとの時間を増やせる
  • 安定して給料がもらえる

では詳しく解説していきます。

時間に余裕ができる

時短勤務制度を利用することによって、「時間に余裕ができる」点が一番のメリットとしてあげられます。

時間に余裕が生まれることで、心にも余裕が持てます。

ゆとりを持って行動をすると、小さなことでイライラしなくなることや、些細なミスをしなくなるでしょう。

働きながら子育ての両立は非常に大変です。

今まで通り働きながら子育てをするのは不可能といえます。

時短勤務制度を利用することによって、仕事と子育てを無理なく両立が可能になるはずです。

働きながらも子育てを両立していきたい人は、必ず時短勤務制度を利用していきましょう。

子どもとの時間を増やせる

小さい子どもはどんな時でも目が離せません。

時短勤務制度を利用することによって、なるべく長い時間子どもの面倒を見られるようになるでしょう。

長い時間を過ごすことで、子ども変化にも気づけます。

突然の体調不良やけがの場合は病院に連れて行かなくてはならないことも多いはずです。

フルタイムで勤務していると、診療時間内に病院に連れていくことは難しいでしょう。

その結果、会社にお休みをもらうことや早退をして、かえって会社に迷惑をかけてしまう可能性も考えられます。

時短勤務制度を利用していれば、仕事から帰った後に子供を病院に連れていくことも可能です。

通院に限らず、子どもに対して十分に時間を使えるようになるのは、非常にメリットといえるでしょう。

子どもとゆとりを持って向き合うためにも、時短勤務制度を利用していくことをおすすめします。

安定して給料がもらえる

最後に、安定して給料がもらえるというメリットがあります。

育児をするという理由で、離職するママも多いです。

一方で離職をしてしまうと給料がもらえないため、今までより収入が不安定になってしまうでしょう。

時短勤務制度を利用することによって、収入は減ってしまうものの、安定して給料がもらえます。

なるべく収入は減らしたくないけれども、育児と仕事を両立させたいという人にとっては非常にメリットといえます。

時短勤務制度は子育てをするうえで、大事な制度です。

子育てを応援するために、国が対策を考えてくれています。

時短勤務制度のメリットを理解したうえで、しっかりと派遣先の人や派遣会社の担当者に相談して利用していきましょう。

派遣で時短勤務をする5つのデメリット

バツの手ぶりをする女性

時短勤務制度はメリットが多く、育児中の人にとってはありがたい制度ですよね。

一方で、時短勤務制度を利用することによって、考えられるデメリットもあります。

デメリットとして下記の5つがあげられます。

  • 収入が減ってしまう
  • 仕事が時間内で終わらない
  • 職場の同僚に気を使ってしまう可能性がある
  • 派遣先が変わる可能性がある
  • キャリアアップに時間がかかる

では具体的に解説していきます。

収入が減ってしまう

デメリットとして、収入が減ってしまうという点があげられます。

ノーワークノーペイの原則として、勤務時間が減った分、給料も減ります。

会社によっては、時短勤務中に特別な手当てがもらえる場合も。

ただ、一般的には収入が減ってしまうためデメリットといえるでしょう。

しかし、時短勤務制度を利用したから減給や降格、解雇などの処置はありません。

安心して制度が利用できるように法律で定められています。

時短勤務制度を利用したからといって、職を失うわけではありませんので、安心してくださいね。

仕事が時間内で終わらない

次に、デメリットとして「仕事が時間内で終わらない」という点も考えられるでしょう。

時短勤務制度を利用しながら、前と同じ業務量を任されてしまうと、仕事は時間内には終わりません。

時間内にできる業務の把握をして、相談をするのが大切です。

上司や派遣先の企業はあなたがどれだけの時間でどれだけの業務をこなせるのかを把握していない場合もあります。

そうなってしまうと、派遣先の企業はなかなか改善しづらいでしょう。

今自分が置かれている状況をしっかりと把握して、時間内にどこまでの業務ができるのかを明確にする必要があります。

明確にしたうえで、相談することで、お互い理解しあえるはずです。

時短勤務制度を利用したから時間内に無理な業務量をこなすのではなく、自分のできる範囲の業務を伝えて、自分から働きやすい環境を整えていきましょう。

職場の同僚に気を使ってしまう可能性がある

時短勤務制度は早めに仕事を切り上げて帰宅ができます。

「先に帰ると周りの目が気になる」
「ほかの人の負担になっているのではないか」

と人によっては後ろめたさを感じてしまう人も多いはずです。

フルタイムで働いている人の中には、「早い時間から帰宅して、残業もないのはうらやましいな」と思う人もいます。

実際に、時短勤務制度がしっかりと整備されてない企業だと制度を利用しにくい場合も考えられます。

そういった雰囲気から、仕事に対してのやりにくさを感じてしまう人も多いようです。

時短勤務で同僚に迷惑をかけないためにも、自分ができることを業務時間内で行う姿勢が大切になってきます。

同僚が仕事のサポートをしてくれているということを忘れずに、感謝の気持ちを日々伝えることが必要です。

派遣先が変わる可能性がある

時短勤務から復帰した後、派遣先が変わる可能性も考えられます。

長い間、同じ派遣先で働いていたかったという人にとってはデメリットとして考えられるのではないでしょうか?

派遣先の状況によって変わるので、一概にはいえませんが、中には違う職場を派遣会社から紹介されるケースもあります。

紹介された場合は、移動せざるを得ないことも多いようです。

時短勤務制度を利用する場合は、事前に派遣会社の担当にまずは相談することが大切です。

トラブルを避けるためにも、必ず相談をするようにしておきましょう。

キャリアアップに時間がかかる

キャリアアップに時間がかかる可能性が考えられるため、キャリアアップを目指している人はデメリットとしてとらえられます。

時短勤務の場合は、ほかの人よりも責任感のある仕事を任せてもらえないことがあります。

結果的に経験やスキルアップに時間がかかり、フルタイムで出勤している人よりも後れを取ってしまう場合も考えられます。

しかし、派遣先も時短勤務制度に対して、理解してくれます。

時短勤務だからという理由で、成果を残せないわけではありません。

短い時間で何ができるのかを考えて、行動することが大切になってくるでしょう。

あなたの頑張り次第で、必ず評価をしてもらえます。

仕事と子育てどちらも両立したい人であれば、時間内の与えられた業務を全力でやり遂げることが大切です。

キャリアアップができないというわけではないので、積極的に行動をしていくと良いでしょう。

派遣社員で時短勤務をしている人は多い

「派遣社員は時短勤務制度が取りにくいのでは?」

と考えている人もいるはずです。

しかし、派遣社員であっても時短勤務をしている人は大勢います。

時短勤務制度は与えられている権利の1つです。

積極的に活用していきましょう。

では、派遣社員で時短勤務をしている人はどんな人が多いのでしょうか?

時短勤務制度を実際に使っている人を紹介していきます。

「時短勤務制度のおかげで心も体も元気になりました」

「時短勤務で給料が減ってしまった」

「派遣社員でも時短勤務ができることを知った」

派遣社員であっても、さまざまな人が時短勤務制度を利用していることがよくわかりました。

子育てに時間を当てるためにも、時短勤務は必要不可欠です。

「うちの会社じゃ無理だ」
「派遣社員は、時短勤務はできないだろう」

と決めつけてはいけません。

時短勤務制度を利用したいのであれば、派遣会社と派遣先の企業にまずは相談をしてみましょう。

時短勤務をするうえで大事な4つのポイント

時短勤務は、周りとのトラブルを起こす可能性も考えられます。

時短勤務だからという理由で、仕事をしなくていいというわけではありません。

時短勤務制度に対しての職場の理解を深めつつ、なるべくトラブルを起こさないようにする必要があります。

時短勤務するうえで、下記の大事な4つのポイントがあげられます。

  • 同僚・上司とコミュニケーションを密にとる
  • 効率的に仕事に取り組む
  • 引継ぎ資料を作りこむ
  • 周りの協力を得る

順番に解説していきます。

同僚・上司とコミュニケーションを密にとる

派遣先での同僚と上司とコミュニケーションを密にとっておく必要があります。

時短勤務をする中で、さまざまなトラブルが考えられるでしょう。

特に小さい子どもの場合は急な病気をおこしやすいです。

常に、どのような事態になっても対応できるようにしておくことが必要です。

急に早退をすることになったとしても、同僚や上司と密なコミュニケーションを取っておくと、仕事内容もすぐに共有ができます。

なるべく派遣先の企業に迷惑をかけないためにも、仕事内容と進捗状況は逐一報告しておくと良いです。

効率的に仕事に取り組む

時短勤務をしている人は、他の人よりも時間がありません。

時間が無いからこそ、どうすれば効率的に仕事を進められるかを考えておく必要があります。

業務内容の優先順位を決めておくことでさらに効率的に仕事に取り組めます。

小さいことでいうと、デスクの整理整頓を心がけることで、ものを探すなどの無駄な時間を省けます。

業務量を減らすことも大切です。

しかし、自分のやるべきことができなくては周りに迷惑をかけてしまいます。

時短勤務を理解してもらうためにも、自分のできることは全力で取り組むようにしましょう。

そのためには、効率を意識した取り組みができると良いです。

引継ぎ資料を作りこむ

引継ぎの資料を作りこむことは非常に大切です。

時短勤務の場合は、どの人よりも不在になってしまうケースが考えられます。

不在中に何かしらのトラブルに備えて、誰にでもわかる資料を作成しておくのは非常に大切です。

資料として残すことで、あなたの担当している「業務内容」「業務手順」が分かるようになるでしょう。

その結果、自分が不在の際に代わりにほかの同僚が対応してくれます。

資料を作成することで、同僚の負担も減らせますよね。

逆に何も準備しておかないと、同僚の不満になる場合も考えられます。

時短勤務を理解してもらって働きやすい環境を作るためにも、引継ぎ等の資料を作成しておくことが非常に重要です。

周りの協力を得る

同僚や上司はもちろん、家族や友人などの協力を得ることが大切なポイントです。

家族が置かれている状況を理解して、協力してくれるのは非常に助かります。

いつもあなたの代わりに業務を担当してくれている同僚の負担を減らす取り組みもできるようになります。

例えば、家族が子育てに協力をしてくれることで、早めに出社することも可能です。

できる範囲で貢献することは、会社側もうれしいはず。

他人任せにするのではなく、自分で考えて行動すると職場からの理解が得られやすくなるのではないでしょうか。

逆に、家族からの協力を得られなければ、苦労することになるでしょう。

また、同じ経験をしているような友人の協力を得るのも非常に大切です。

同じ悩みや苦労を持った友人がいるのは心の支えになるでしょう。

経験した人でないと分からないことも多いはずです。

時短勤務は、職場の人のみに理解してもらえればいいというわけではありません。

周りの協力を得ることが、時短勤務を成功させるための大切なポイントといえるでしょう。

時短勤務は女性のイメージがあるが、男性も増えている

派遣-パパ-育児

時短勤務は女性が取りイメージがあって、男性は取りにくいと考える人も多いのではないでしょうか?

実は、男性でも時短勤務制度を利用する人が増えています。

最近では、「イクメン」という言葉がある通り、男性がメインで子育てをする家庭も多いです。

毎日残業していた人であっても、時短勤務で働けます。

会社に迷惑をかけるようであればいけませんが、先ほど紹介したポイントを抑えることで、時短勤務に対しての理解をしてもらえます。

ただ、まだまだ男性が時短勤務を利用するのは少数派です。

前例がない企業も多いはずです。

同僚や上司にどうしたら理解してもらえるのかを考えることが大切です。

なるべく会社に迷惑をかけないことで、時短勤務として働きやすい環境が作れるのではないでしょうか。

時短勤務をしたい人におすすめの派遣会社5社

時短勤務をしたい人におすすめをしたい派遣会社を紹介します。

それぞれ派遣会社には求人があり、紹介内容が変わってきます。

サポート内容や求人紹介などあなたに合った派遣会社が見つかるはずです。

おすすめの派遣会社として下記の5社あげられます。

では、詳しく解説していきます。

テンプスタッフ

テンプスタッフ-アイキャッチ

テンプスタッフは、「派遣会社満足度No.1」に選ばれるほど利用者の口コミが高い派遣会社です。

半日有給休暇や交通費支給など時代に合わせて福利厚生も充実しているのが特徴です。

テンプスタッフは、「6時間未満」という時短勤務での求人検索ができます。

効率的に時短勤務の求人を探したい人であればテンプスタッフを利用することをおすすめします。

また、時短勤務の求人数も他の派遣会社に比べて多いのが特徴的でした。

時短勤務を希望している方にとっては非常にありがたい派遣会社といえるでしょう。

パソナ

パソナ-アイキャッチ画像

パソナの特徴として、「専任担当者のフォローが手厚い」と良く高い評価を得ています。

また、派遣会社の中でも好時給の求人が多いため、たくさんの利用者から支持されています。

パソナは働くママを応援している派遣会社です。

取り組みとして、保育園や育児サポートサービスまで完備されているため、安心して働けます。

子育てで忙しいママ世代であっても、安心して働ける環境が整っているでしょう。

リクルートスタッフィング

派遣-リクルートスタッフィングのアイキャッチ画像

リクルートスタッフィングは、働くママを支援する取り組みが積極的なのが特徴的です。

「仕事と育児の両立しやすい仕事」を作り上げるために、「残業のない職場」「時短勤務」「週4日以内の勤務」などそれぞれの働き方を選択できる幅が広いです。

他にも、福利厚生では「産休・育休制度」「ベビーシッター割引サービス」など働くママにうれしい特典もいっぱいです。

働くことが不安なママに対してのサポートも充実しています。

「キャリアコンサルティング」や「育休復帰サポート」など、子育てのライフステージに合わせたサポートがあるのが特徴的です。

手厚いサポートを受けて働きたい人はリクルートスタッフィングがおすすめです。

アデコ

アデコ-アイキャッチ画像

アデコは派遣先の企業数も多いため、職種の選択肢が広いのが特徴的です。

あなたの希望に合わせた求人を紹介してもらえるため、ミスマッチは低いといえるでしょう。

アデコの取り組みの一つとして、「育児支援サービス」を行っています。

仕事と育児を両立できるように、提携の保育施設やベビー用品を特別価格で購入できるサービスが充実しています。

専門家による育児相談などもあり、子育てに奮闘するママにはありがたいサービスですよね。

仕事だけでなく、家庭のサポートもしてもらえるアデコは、仕事と子育てを両立したいママにおすすめです。

マンパワー

マンパワー-アイキャッチ

マンパワーは、「ブランクがある人」「子どもがまだ小さくて短時間でしか働けない」など仕事をしたいママに対してのサポートが充実しているのが特徴的です。

マンパワーのサイトには「働くママのためのページ」が存在しており、仕事に復帰するための内容や悩みの解決方法などが細かく書かれています。

そのほかにも、保育園選びなどママにとって有益な情報も多く発信中です。

働くママ世代に寄り添ったサポートが充実していることがよく分かりますよね。

大手の派遣会社のため、福利厚生も充実しているでしょう。

まとめ~時短勤務は仕事と子育ての両立ができる~

派遣-女性,ひらめく,大津市

仕事と子育てを両立するためには時短勤務が必要不可欠です。

派遣社員だからという理由で、時短勤務はできないというわけではありません。

下記の条件に該当していなければ、時短勤務制度を利用できます。

  • 日雇いの従業員
  • 1週間あたりの所定労働日数が2日以下
  • 入社から1年未満
  • 業務の性質などから、短時間勤務制度が困難な従業員

正社員も派遣社員も関係ありません。

法律で定められているので、積極的に制度を利用していきましょう。

時短勤務は、不在にする場面も増えるため、職場に迷惑をかけてしまう可能性も考えられます。

時短勤務で同僚に迷惑をかけないために、下記の4点をしっかりと理解しておきましょう。

  • 同僚・上司とコミュニケーションを密にとる
  • 効率的に仕事に取り組む
  • 引継ぎ資料を作りこむ
  • 周りの協力を得る

時短勤務をしていても、働きやすい環境はあなた次第で整えられます。

今回おすすめした派遣会社は時短勤務を必要としているママへのサポート体制が充実しています。

あなたに合った派遣会社を見つけて、仕事と子育てを両立してみると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました