派遣社員が40代で正社員になる方法!成功のポイントを解説

40代の女性派遣社員 お役立ちコラム

貴方は40代の派遣社員が正社員になれると思いますか?

「40代で派遣社員から正社員になるのは無理なのでは?」「40代で正社員になるのは難しい」

と思う方が大半でしょう。

しかし40代でも派遣社員から正社員になる事は可能なのです。

ここでは「40代で正社員になるための方法」と「派遣で働きながら正社員雇用を目指す紹介予定派遣の仕組み」について解説します。

年齢を理由に正社員へのチャレンジを諦めかけている方、チャンスはないと思っている方には特に知っていただきたい情報です。ぜひお役立てください。

派遣社員から正社員になる方法は?

派遣-はてなマークが浮かぶほど考える女性派遣社員

派遣社員は、何をどうすれば正社員になれるのか?を知ることが最も重要です。

これを知らずして正しい対策はできませんので、「40代で正社員になるための方法」にどんな方法が有るかを正しく理解しておきましょう。

まずは、派遣社員から正社員になるための3つの方法からお話しします。

転職して正社員になる

ひとつめは「転職して正社員になる方法」です。

転職が前提になりますので「今の仕事を変えたくない」という方には不向きな方法なので、現状維持を希望する方は次の項目「派遣先に正規雇用される」の部分をご覧ください。

今の仕事環境を変えたいと思っている人には「転職して正社員になる方法」が一番おすすめの方法です。

転職することによるデメリットが全く無いとはいえません。

しかし正社員になりたいと言う希望は確実に叶いますので、「転職して正社員になる方法」はベストな選択の一つになるでしょう。

派遣先に正規雇用される

「派遣先に正規雇用される」方法は、慣れている職場環境で今までやってきた仕事をそのまま続けていける事が最大のメリットです。

仕事ぶりを買われて正規雇用になるケースも沢山ありますので、40代でも派遣社員から正規雇用のチャンスはゼロではないのです。

今と同じ場所で続けて働けると言うことは「人間関係もすでに構築されている状態。」なので仕事以外のメリットもとても大きいのが嬉しいところです。

派遣社員としての経歴や実績を生かし雇用契約が変わるだけなので、自身にとって喜ばしい状況という方が多いでしょう。

紹介予定派遣を活用する

紹介予定派遣を活用する方法については、「紹介予定派遣」について正確に知る必要があります。

次項「紹介予定派遣とは?」の部分で紹介予定派遣の仕組みや通常の派遣との違いを説明いたします。

ここでは「紹介予定派遣」と言うシステムが有る事だけ触れておきます。

紹介予定派遣とは?

ここからは「紹介予定派遣」について解説します。紹介予定派遣と言うのは「将来的に雇用者(企業)に紹介する予定が有る人を派遣する事」を指しています。

簡素に説明すると、ずっと派遣会社から出向して仕事をするわけではなく、一定期間を過ぎたら勤め先の会社に正社員(契約社員含む)として雇用してもらえると言うシステムです。

派遣会社から出向している状況では、自身の雇い主は派遣会社になりますが、紹介予定派遣の場合は将来的には自身と雇用者(企業)との雇用契約になります。

通常の派遣として仕事をする事と大差はないのですが「将来的に紹介される事を前提としている派遣」と言う部分が大きな違いとなります。

紹介予定派遣のメリット

紹介予定派遣で働くことで求職者(自身)と雇用者(企業)にはそのようなメリットが有るのでしょうか?

求職者

仕事をする側として、職場が自身に合うか?仕事の内容はどうなのか?など気になる点は色々とありますが、実際に働く前にそのすべてを知る事は難しいです。

紹介予定派遣の場合、正規雇用される前の段階でその会社の中をしっかりと見る事ができます。

仕事内容、職場環境など事前に知る事が出来るのは求職者側の最大のメリットでしょう。

雇用者

雇用者(採用する企業)としては雇用する前段階のコストがカットできる、というメリットが有ります。

一般的な採用募集活動は手間がかかることが多く、まず求人広告を出し応募書類を確認し採用面接をして選考をします。

この時間に係る人材を社内で確保しなくてはなりませんし、当然コストもかかります。

求人募集しても思ったような人材に巡り合えない可能性も有り、再度募集をかけると言うことも珍しくありません。

派遣会社側は、雇用者の希望に最も近い人材を紹介しています。

派遣会社の中で人材の選出や面談を行ってから雇用者に紹介しますので「採用のミスマッチ」を最大限に防げるのです。

「こんなはずじゃなかった」「思っていたのと違う」と言う状況を防げる事はとても重要ですし、求職者にとっても雇用者にとってもミスマッチを回避するというのは、最大のメリットです。

紹介予定派遣とは?メリット・デメリットを中心に徹底解説!
派遣の求人を探していたら「紹介予定派遣」っていうのが出てきたんだけど、これって何? 紹介予定派遣は派遣社員から正社員登用を狙える夢のような雇用形態なんです! そもそ...

40代で正社員になるために求められることは?

女性ーはてな

40代で正社員になる、そのために周囲から求められる事とはいったい何でしょうか?

知識?経験?人柄?

これから正社員を目指す40代の方にとって、ここを知ると知らないでは大違いです。

ここでは、正社員になるために求められる能力を5つのポイントに絞ってご紹介します。

①即戦力

40代で正社員になりたいけど出来ない仕事が多い。そんな状況では正社員になるには程遠いでしょう。

とても厳しい言い方ですが、40代であれば即戦力で有る事は当たり前ですし、「即戦力でなければならない。」と言っても過言ではないでしょう。

40代ともなれば、「即戦力で仕事ができること」を最大の武器にできるようにしておく必要が有ります。

得意分野がある場合は徹底的にスキルを上げて「今すぐお役に立てます」としっかりアピールできる準備をしておきましょう。

②高い専門知識

専門知識は武器になりますが、薄っぺらな専門知識だけでは40代では通用しません。

40代ともなると高い専門知識が求められて当たり前だと思ってください。

経験上知りえる知識は直ぐに身に付ける事は難しいかと思いますが、勉強する事で身に付けられる知識は今からでも取り組む事が可能です。

現状、専門性の高い仕事をしている場合も、知識の幅を更に広げ常に深堀しておきましょう。

誰でもが知っている知識で通用する事は無いと思い「高い専門知識」の修得を目指してください。

③豊富な経験

40代の人材を正社員として採用する場合に「豊富な経験」が有利に働く事がとても多いです。

雇用側も「この人の豊富な経験が役に立つだろう」と注目しますし、実際に豊富な経験が考慮されて採用される人もいます。

そのくらい「豊富な経験」と言うのは採用面で有利に働くのです。

豊富な経験が有ると言うことは、色々なケースを体験していると言う事なので、万が一のトラブルにも「経験値」で判断し対応できます。

今日明日で身に付くものではありませんから「豊富な経験は宝」です。

④リーダーシップ

即戦力で経験豊富な人材であれば、入社後すぐにリーダーシップを発揮してくれる事を期待されるでしょう。

コミュニケーション上手で人をまとめる事に長けている40代は重宝されますし、どのような職種でも「リーダーシップ」が発揮できるだけの力量や能力が求められています。

人材募集時に「チームリーダーとして活躍してくれる人」などと明確なビジョンを描き人材を探しているケースも有りますので、人をまとめる力は自身のアピールポイントになります。

⑤部下の育成

派遣社員から正社員になった立場でも、部下の育成が出来る人材は活躍の幅が広がります。「人を育てる事が出来る」人材はどの職場でも活躍できるからです。

部下の育成は職種を問わず、必ず企業に必要となる要素です。次世代を育て一人前に活躍できるようにするには、部下を育成できる人材が必須なのです。

新人教育に携わっていた経験や、後輩を指導し育ててきた経験がある場合は、部下の育成に力を発揮できると判断してもらえるでしょう。

派遣から40代で正社員へ!成功のポイント6つ

指をさす女性

40代で派遣社員から正社員になりたい方にとって重要な「6つの成功ポイント」があります。

その6つのポイントを理解し実践できることを取り入れる事で、正社員になれる確率を上げられます。ここでは、6つの成功ポイントについて解説していきます。

①専門性が高い仕事を選ぶ

専門性が高い仕事は「やりたいと思っても誰でもできる仕事ではない」という点が、最大のメリットと考えて下さい。

競争倍率が低い分、専門スキルを持った人材の採用率は上がります。

専門性の高い仕事の経験が有る場合は、その職種の採用試験を受けるほうが賢い選択だと思います。

保持している資格に関しても同様で専門性の高い資格を持っているなら、その資格を行かせる方向に進みましょう。

専門性が高いのは必ず武器になりますし、確実に正社員に近づく事が出来ますので、スキルが有る方は専門性の高い仕事を選びましょう。

②求人条件の緩和

正社員になりたいと思って仕事を探している状況が長期間になっているのであれば、少し冷静に条件を整理して下さい。

その中で、「ここは妥協しても良いか?」と思える部分は条件から外しましょう。

40代で正社員採用となるのは決して簡単ではありませんし、40代と言う年齢を考えても多少の条件緩和は仕方がないと諦める事も必要です。

全てに妥協しようとは言いませんが、ここだけは譲れないと言う部分だけを残して、多少我慢できる条件はすっぱりと除いてしまいましょう。それが正社員採用成功への近道になります。

③経験を活かせる職場を選ぶ

40代から未経験の分野で正社員採用を目指すのは、少々無理があるのではないかと思います。そのため、今までの経験が生かせる職場で正社員採用を目指すのが確実です。

雇用者側も40代の正社員採用となれば経験値を考慮しますし、即戦力を歓迎します。

自身が雇用する側で「未経験の40代を正社員で採用するのか?」と考えれば自ずと答えは出てくると思います。まず、採用しないでしょう。

自身に経験がある仕事をメインに、正社員募集を探すのが就職成功率を上げるポイントです。悲しい事ですが、やってみたい事を仕事にするには厳しい年齢なのです。

④プライドを捨てる

40代ともなれば人生経験も豊富ですし、派遣社員でも責任ある位置で仕事をしている人も少なくありません。

自分自身でも仕事はできる、というプライドは皆さん持っているでしょう。

しかし、正社員への道を進む際プライドは、判断を狂わせる原因になります。

プライドがあって妥協できない、プライドが傷つくから我慢できない、プライドが許さないから踏み込めない、そんな経験をしたことがある人は多いと思います。

そのプライドが邪魔をしてチャンスを逃してしまう事もあるのです。正社員への道を進む時、プライドを捨てる事も必要なのです。

⑤中高年が活躍する職場を選ぶ

正社員採用を目指す場合、若い子ばかりで自身と同年代のスタッフが殆どいない職場で正社員を目指して採用される確率はどのくらい有りますか?

中高年が極端に少ない会社では、40代は正社員にはなれないだろうと感じる方が大半だと思います。職場を選ぶ際は、中高年が活躍している職場を優先的に選びましょう。

中高年が活躍している職場は「中高年にとっても働きやすい環境」であるとともに、中高年を積極的に採用しているということなので、採用率が高くなります。

⑥紹介予定派遣を活用する

将来的に正社員(契約社員)として採用してもらうことを前提に派遣される「紹介予定派遣」を活用する事で正社員採用の確率は一気に上がります。

例えば、通常の派遣勤務の場合は最大で3年契約延長できますが、3年後に契約終了となれば次の仕事を探さなくてはなりません。

しかし、紹介予定派遣の場合は法律により派遣される期間は最長6ヶ月と決められていますので、通常の派遣で仕事をしつつ正社員を目指すよりも、確実に見通しが良いのです。

派遣で働きつつ正社員採用を目指す方は、積極的に紹介予定派遣を活用しましょう。

まとめ

ここまで40代派遣社員が正社員になる方法、求められる能力、成功ポイントをご紹介しました。

併せて、紹介所定派遣と通常の派遣との違いもご理解いただけたと思います。

ご自身のスキルの活用や、経験を活かすことの重要さが正社員採用への近道になります。経験がある分野での活躍を目指しましょう。

今現在、「40代の派遣社員が本当に正社員になれるのか?」と不安に思っている方も居るかと思います。

正社員を目指して活動していく途中で「もう諦めてしまおうか。」と思うことも有るかもしれません。

しかし、可能性はゼロではありませんので、前向きに改善を重ねていきましょう。現状を少し見直すだけで、結果が大きく変わるかもしれません。

派遣社員から正社員になる方法、求められる能力、成功ポイントを基にして今できる事から始めてみてはいかがでしょうか?

正社員になるまでの道のりが、少しでも近く感じて頂ければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました