派遣社員は休業補償や休業手当をもらえない!?打ち切りを宣告されたときは?

女性-はてな 派遣社員の法律や労務

派遣社員の私でも休業補償・休業手当ってもらえるの?

派遣社員でも休業補償・休業手当はもらえますよ!今回は取得の方法を詳しく解説しますね。

通常、派遣社員は時給で働く雇用形態です。

仕事中に怪我や病気を患ってしまうと、手当が出るのか不安になってしまいますよね。

昨今では新型コロナウイルスの影響もあり、休業補償が出るのか気になる方が多いです。

今回は休業補償・休業手当の取得方法を中心に解説していきます!

そもそも休業補償・休業手当とは?

女性-はてな

「休業補償」と「休業手当」って名前が似ていてどちらも同じもののように聞こえますが、実は違います。

まずはその違いからカンタンに解説しましょう。

休業補償とは

休業補償は業務中に生じたケガ・病気(労働災害)で働けない労働者をサポートするための給付金です。

休業を開始してから4日目以降に平均賃金の80%が労災保険から支払われます。

なお休業補償は労災保険の一種のため、派遣社員でももらえます。労災が発生したらお早めに派遣会社に連絡を入れましょう。

休業補償の計算の仕方は以下の通りです。

休業1日につき、給付基礎日額の80%(休業(補償)給付=60%+休業特別支給金=20%)が支給されます。

なお、所定労働時間の一部について労働した場合には、その日の給付基礎日額から実働に対して支払われる賃金の額を控除した額の80%(60%+20%)に当たる額が支給されます。

(引用元ページ:厚生労働省-よくある質問

休業手当とは

休業手当は会社側から労働義務の免除を受けた日を「休業」とし、休業理由が使用者責任で起きるときに支払われる手当です。

休業手当は労働基準法によると、派遣社員でももらえるとの記載があります。請求できるケースは以下の通りです。

  • 法令違反での業務停止
  • 派遣先企業が経営難になったとき
  • 雇用契約後に始業日を延長する
  • 解雇予告期間中で自宅待機を命じられた

ここでの「休業」とは通常時より早く帰宅したとき、午前休の場合も該当します。

ただし以下の場合は休業期間を請求できないので注意しましょう。

  • 派遣先企業の長期休暇
  • 代休による休業
  • 派遣社員の健康状態を考慮しての休業命令
  • 地震・水害・台風などでの休業

上記4つはやむを得ない状況のため請求できません。休業手当は就業先の都合によるものですので注意しましょう。

休業手当は会社都合で働けない状況の時、会社側が平均賃金の60%以上を支払わなければいけません。

打ち切りを宣告されたら休業手当の確認を!

派遣-指をさすポニーテールの女性

派遣スタッフのなかには突然「悪いけど、もうあなたは今週で打ち切りです。」と派遣切りを宣告される方もいます。

これは人事整理や会社の経営などを鑑みての判断なため、いわゆる「会社都合」の話です。

打ち切りを宣告されてしまい、新たな派遣先をすぐに紹介されず自宅での待機期間が生じる場合は「会社都合」による休業となり、派遣元には休業手当の支払い義務が生じます。

登録した派遣会社に対し、休業手当の確認をしましょう。

また派遣先や派遣元の協力で関連会社への紹介を受けたり、別の派遣先の仕事紹介を求めてください。

派遣先の都合で仕事の打ち切りに遭いそうだと判断した場合は、登録した派遣会社にお早めに連絡を入れましょう!

まとめ~休業補償・休業手当が派遣社員を守ってくれる~

派遣社員は時給で働いているため、長期間にわたって途端に働けない期間ができると不安定になりがちです。

ですが「休業補償」「休業手当」はいずれも皆さん派遣社員を「いざ」というときに守ってくれる重要なものです。

今回解説した内容はしっかり押さえて、適切に利用できるようにしましょう!

タイトルとURLをコピーしました