派遣の給料のカラクリ、時給制?年収はどれくらい?

お金 派遣社員の法律や労務

私たちは、収入を得て生活をして行かなければ生きていけない。

その中で、大きく分けて、派遣社員と正社員という観点から、給料と年収の違いを考察してみた。

派遣の給料形態

皆さんが一番気になるのは恐らく給料についてではないでしょうか。

自分たちが生きていくためにはお金というものが必要になります。

それが先ずどれくらい貰えるのかを見ていきましょう。

派遣社員のズバリ年収を、教えると、大体年収は、320万前後ぐらいが通常です。正社員から比べると断然値段が違いますそれは、派遣社員の給料形態には、大抵、ボーナスというものが付いてこないからです。

それは、何故なのかというと、派遣社員の給料の支払いは勤めている会社から給料が支払われてはいないからです。

どこから支払われているかというと、派遣会社から支払われることになります。

そのため、ボーナスが付かず大きく正社員との大差がついてしまうのです。時給換算で見るとそこまで、正社員との差はありません。

職種別平均年収

ここまでは、大まかに全体の平均的な給料を見ていきましたが、今から職種別の派遣社員の平均年収を見ていきたいと思います。

プログラマー、ネットエンジニア、IT関連

主にパソコンを使って仕事を行います。

こちらの仕事は未経験者にはかなりの難しい仕事なので、殆どの人が経験者で構成されることとなります。つまり、パソコンの技術がある程度必要となります。

パソコンが得意だとか、経験者の方にはお勧めします。平均的な年収は、506万円前後ぐらいとなっています。

やはり技術力が求められるとなると、給料は、かなりの金額になりますね。月収だと約40万ちょっととなります。

設計

設計というと、これもまた、技術が問われることとなります。

主に、電子、機械、建築関係の設計のお仕事となるので、資格とかが必要になるので年収は、約450万前後ぐらいが相場です。

未経験者だと採用は非常に難しいと言えます。

インストラクター、講師

皆さんはよく非常勤講師という言葉を耳にしたことはありませんか。

多くの非常勤講師は派遣の場合が殆どです。もちろん学校側から頼まれてとかの場合とかもありますけど。

非常勤講師は担任とかにもなることがないので、比較的精神的にも楽にできるので、講師になりたいけど子供の相手をするのはやだなという方にはお勧めです。

ですが、教職免許、教える資格がないとなれないのでそのへんは注意してください。

インストラクターも、指導者という立場の方たちですね。

例えば自動車の教習所で教えたりとか、ジムで指導をしたりとかが例に挙げられます。

インストラクターについては、特別な資格がなくても教えられるのもあります。

その面で給料面ではあんまりといった感じになってしまっているかもしれません。大体、370万前後ぐらいですね。

やはり、何らかの特殊な技術を持った方たちは非常に給料が高いですね。この点も、正社員とはあんまりかわりませんね。

世の中何らかの努力をしたものが報われるということでしょうか。

派遣社員の給料上げるには

ここまでは、いくらぐらいの年収ですとしか、言いませんでしたね。

給料一生上がらないとか思ってしまいますよね。そんなことはありません。

派遣社員であっても給料は上がります。では、具体的に上げ方を教えちゃいます。

一つ目はスキル及び技術力を高めてみよう。専門的な技術力とスキルを身に着けることで大きな仕事を任せられるようになるので、成功報酬だとか、特別なボーナスが出るかもしれませんよ。

つまりは、努力を怠らず日々努力し続ければいいのです。継続は力なりというように。二つ目は直接派遣会社に直談判してみるのも一つの手でしょう。

多くの場合、話をする時間をとってくれるはずです。

そこで、自分が今何をしていてどれほど会社に貢献しているか話せばいいのです。

そうすれば、上手くいけば大幅給料アップとかもあるかもしれません。この方法は確実ではありません。派遣会社によって対応はかわります。

まとめ

私たちは皆何かの職に就かなければ大抵生きてはいけない。

その中で自分が、正社員の道を選ぶか、派遣社員の道を選ぶかはその人次第である。多くの人は正社員という道が安定しているからそっちのほうがいいと答えるだろう。

年収もある程度は確保できるので。しかし、いざ正社員になってみると、辛くて辞めていく新社会人は多くいる。

正社員となると自分の時間を確保することが、出来づらくなってしまうから辞めてしまう人が多いのだ。

逆に派遣社員の場合時間に、融通が効くのと有給休暇も気軽にとることができる。その反面、終身雇用ではないので期間が決められていたりだとか、経営不振に陥った場合真っ先にきられてしまう可能性があるというリスクはある。

人は大人になったら、ずっと働いていかなきゃいけないので自分でよりいい方向性に傾けていくとこの先の人生も楽しく過ごすことができるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました