契約社員は賃貸の入居審査に落ちる?賃貸契約時の注意点を詳しく解説!

契約社員 女性 契約社員

「契約社員は入居審査に落ちやすいって本当?」

「賃貸契約時に必要な書類がわからない…」

などなど、契約社員の賃貸の入居審査について、不安に思っている人も多いですよね。

結論からお伝えすると、契約社員に関わらず正社員であっても、賃貸の入居審査に落ちる場合があります。

賃貸の入居審査時には、押さえておくべき注意点がいくつかあるのをご存じでしょうか。

事前準備なしに油断していると、入居審査に落とされてしまうでしょう。

そこで今回は契約社員として働く人に向けて、賃貸の入居審査を通過するためのポイントと注意点を詳しく解説していきます。

あなたの希望する賃貸物件と契約が取れるように、是非本記事を参考にしてみてください。

賃貸の入居審査とは?

派遣-スマホを持って悩む女性

マンションやアパートのような賃貸物件と契約すると気は、必ず入居審査があります。

契約社員であろうと正社員であろうと、入居審査を通過できないと賃貸に入居することはできません。

不動産管理会社に入居の申込みをした後に、入居審査が行われます。

入居審査とは、大家さんが借主に安心して部屋を貸し出すことができるかどうかを判断するための審査のことです。

誰でもトラブルを抱えている人を入居させたくないですよね。

賃貸の入居審査を受ける場合は、審査前に焦ることがないように事前に必要な書類と情報を集めておきましょう。

契約社員は賃貸の入居審査に落ちる?

賃貸は入居審査を通過した者でなければ、入居することはできません。

先程お伝えしましたが、契約社員は賃貸の入居審査に落ちる場合があります。

もし賃貸の入居審査に落ちてしまっても、契約社員だから契約されないという意味ではありません。

いざ入居者を集めても、家賃を滞納されては意味がないですよね。

よく不動産会社に連絡すると職業や年齢等を聞かれると思いますが、入居審査に必要な情報を集めているだけです。

契約社員が入居審査に落ちてしまう理由は、のちほど詳しくご紹介します。

契約社員でも賃貸で1人暮らしできる?

契約社員でも賃貸で1人暮らしができるか、不安な人も多いですよね。

雇用形態に関わらず、だれでも審査を通過できれば1人暮らしが可能です。

ただ契約社員として働いている以上は、いつ収入が不安定になってもおかしくありません。

大家さんからしたら、家賃が滞納されることを1番避けたいですよね。

必要な収入があれば入居はできますが、生活を続けていくことが第一優先です。

収入が途絶えないように、副業をする選択肢もあります。

万が一、契約が満了してしまい、無収入になった場合に備えておきましょう。

契約社員が賃貸の入居審査に落ちる理由3選

派遣-女性のはてな-2択

もしかしたら契約社員の方で、既に賃貸の入居審査に落ちてしまった人もいるのではないでしょうか。

入居審査に通過できない理由として考えられるのは、収入が低すぎる場合です。

また審査時の態度や服装も、審査対象ということを念頭に置いておきましょう。

このように契約社員が、入居審査に通らない理由はいくつかありますよね。

入居審査に落ちてしまう理由を、事前に把握できていれば対策ができますよね。

そこで本章では、契約社員が賃貸の入居審査に落ちてしまう理由を1つずつ解説します。

<契約社員が入居審査に落ちる理由3つ>
1. 家賃に対して収入が低すぎる
2. 連帯保証人が親族ではない
3. 過去に滞納歴やトラブル歴がある

①家賃に対して収入が低すぎる

契約社員が賃貸の入居審査に落ちてしまう理由で挙げられるのは、収入が安定していないことです。

ただでさえ契約社員は有期雇用なのに、収入に見合っていない家賃の賃貸を希望したら、入居拒否されますよね。

収入が安定していない契約社員は、正社員よりも入居審査に不利です。

一般的に、家賃は収入の3割以下で探すと入居審査に通りやすくなります。

もし希望の物件が見つからない場合は、不動産会社に問い合わせてみましょう。

あなたに合う素敵な物件が見つかるはずです。

②連帯保証人が親族ではない

契約社員の入居審査で判断されるポイントとしては、連帯保証人の有無があります。

たとえ入居希望者の収入が不安定だったとしても、連帯保証人の経済力が高い場合は賃貸の入居審査に通りやすいです。

また連帯保証人が身内ではない場合も、審査基準が高くなります。

万が一、入居希望者が家賃を滞納したら支払いトラブルになる可能性もあるので、注意が必要です。

もし身内に連帯保証人をお願いできる人がいなければ、賃貸保証会社に依頼してみましょう。

連帯保証人がいなくても、賃貸保証会社を利用すれば審査に通りやすくなります。

③過去に滞納歴やトラブル歴がある

契約社員で賃貸保証会社に依頼すれば審査に通りやすくはなるものの、過去に支払いトラブル歴があると、審査に通りにくいです。

たとえば過去に家賃を1度でも滞納した履歴があると、入居審査を通過することはかなり難しくなります。

もちろんトラブルの種類や規模感にもよりますので、不動産会社に確認してみましょう。

また人柄や態度も、賃貸の入居審査でチェックされていることを忘れてはいけません。

他かの入居者とトラブルを起こされては、大家さんも頭を抱えてしまうでしょう。

日頃から自分の態度や言動を意識して好印象を狙うことが大事ですね。

契約社員が賃貸の入居審査に落ちないための注意点3選

派遣-指をさす女性

契約社員の入居審査は、何より不振に思われないようにすることが大事です。

大家さんに、「この入居希望者に部屋を貸したくないな・・・」と思われないように行動しましょうう。

何事も事前準備を徹底しておくことです。

「気に入った賃貸物件の入居審査に落ちてしまった・・・」

なんてことにならないように、入居審査に落ちないための注意点を3つご紹介していきます。

1度、入居審査で落ちてしまった人も、本章の内容をもとにしっかりと対策しましょう。

気に入った賃貸物件に入居できる良いですね。

<契約社員が入居審査に落ちないための注意点3つ>
1. 必要書類に不備がないかを確認する
2. 信頼できる不動産を選ぶ
3. 清潔感のある身だしなみを心掛ける

①必要書類に不備がないかを確認する

契約社員の入居審査での落ちないための注意点は、事前に必要書類に不備がないかを確認しておくことです。

一般的に必要な書類は、不動産会社に申し込む前に揃えておきましょう。

もし特定の書類の準備に時間がかかってしまう場合は、申告しておくことが大事です。

当然のことですが、必要書類が揃わない場合は、審査に通らないもしくは審査日数が長くなってしまいます。

もしかしたら、気に入った賃貸物件を他の入居希望者に取られてしまうかもしれません。

賃貸借契約さえ結べれば、あとは支払いと鍵の受け取りだけになります。

特に本人確認書類が最新の情報になっているかを必ず確認しておきましょう。

②信頼できる不動産を選ぶ

基本的に契約社員であろうと正社員であろうと、賃貸に入居するには不動産会社を経由しなくてはならないですよね。

数ある不動産の中から、信頼できる不動産を選ぶことが大事です。

不動産会社によっては、騙されてぼったくり被害にあってしますかもしれません。

親身に寄り添ってくれる不動産会社であれば、スムーズに入居審査に通過できる可能性があります。

信頼できる不動産会社を探す際は、以下のポイントを意識して選択肢を絞っていきましょう。

特に仲介や管理のどちらもサポートしてくれる不動産会社は、トラブルが少なく契約までの流れもスムーズな傾向にあります。

<信頼できる不動産を選ぶポイント3選>
1. ネットの口コミや評判を確認しておく
2. 管理と仲介のどちらもサポートしてくれる
3. なるべく大手で実績のある不動産会社を選ぶ

③清潔感のある身だしなみを心掛ける身だしなみを心掛ける

契約社員が入居審査に通過するために意識するべきことは、清潔感のある身だしなみを心掛けることです。

入居希望者の清潔感や人柄は、入居審査に通るか通らないかに大きく関わってきます。

「人は見た目が9割」という言葉をご存じでしょうか。

清潔感のある服装を徹底することで、入居審査に通過しやすくなります。

不動産会社や大家さんと対面する際は、身だしなみを整えておきましょう。

また会話をする際は、丁寧な言葉遣いを意識して発言することが大事ですね。

契約社員が賃貸の入居審査で確認される項目5選

指をさす紺スーツ女性

契約社員が入居審査で落ちないために対策は、理解できましたね。

ただ具体的に、入居審査で重要視されていることは何なのかが、わかりづらいですよね。

そこで本章では、契約社員の入居審査で必ず確認される項目を取りまとめました。

以下の項目を審査されていることを覚えておきましょう。

<入居審査で必ず確認される項目5つ>
1. 収入について
2. 連帯保証人の有無
3. 入居希望者の人柄や態度
4. 就業先の規模感と勤続年数
5. 過去の犯罪歴について

①収入について

契約社員は正社員とは違い、雇用が不安定な雇用形態です。

賃貸物件の入居審査には、必ず収入の基準が設けられています。

収入の基準が設けられている理由は、入居希望者の支払い能力を確認しておかないと、家賃滞納トラブルになるかもしれないからです。

ただ審査の基準は、不動産会社や賃貸物件によって異なります。

入居審査では、収入証明書を提示しなければならない場合が多いです。

事前に、給与明細書や過去の源泉微収表が、手元にあるかを確認しておきましょう。

基本的には、賞与を省いた金額で家賃設定しておけば問題ありません。

②連帯保証人の有無

賃貸の入居審査で毎回確認される連帯保証人とは、どのような人なのでしょうか。

連帯保証人とは、入居者が家賃の支払いができない場合に入居者の家賃を支払う義務がある人です。

契約社員のような非正規雇用は、いつ雇止めをされても不思議ではありません。

家賃の滞納への対策として、民法で定められた規定の1つで、連帯保証人は保証人よりも責任が重いのが特徴です。

(連帯保証人)

第 17 条 連帯保証人(以下「丙」という。)は、乙と連帯して、本契約から生じる乙の債務を負担するものとする。本契約が更新された場合においても、同様とする。

(引用元:国土交通省「賃貸住宅標準契約書」について)

③入居希望者の人柄や態度

契約社員の入居審査で審査されるのは、収入や連帯保証人の有無だけではありません。

入居希望者の人柄や態度も、審査対象であることを念頭に置いておきましょう。

入居後にトラブルを起こしそうな、高圧的な人を入居させたくないですよね。

発言や態度は意識すれば、必ず改善できます。

たとえば、以下のような態度が入居審査の減点対象になるので注意が必要です。

<入居審査の減点対象になり得る人の特徴2つ>
1. 高圧的で話し方が乱暴な人
2. 約束の時間を守らない

④就業先の規模感と勤続年数

大家さんや不動産会社は、就業先の規模感を確認することで、入居希望者の平均年収を予想することができます。

たとえ契約社員であっても、大手企業の専門職として働いている人は年収が高いです。

毎月の家賃を問題なく支払えると判断されれば、入居審査を難なく通過できるかもしれませんね。

ただ無職の場合でも、不労所得があれば安定した収入と判断される場合があります。

また入居審査時に勤続年数も確認される場合があるでしょう。

契約社員でも無期雇用として働いている人は、安定して家賃を支払う能力があるとみなされやすいので、審査に通過しやすいといえます。

⑤過去の犯罪歴について

なかでも過去の犯罪歴がある人は、賃貸の入居審査にほぼ通過できません。

また犯罪歴を隠して、入居審査に通ったとしても後々トラブルになります。

過去の犯罪歴を調べる一環として、本人確認書類を確認したい大家さんも多いです。

過去に他の入居者とのトラブル歴がある場合も審査通過率に影響してきます。

トラブルに巻き込まれないよう、日頃から周囲と良好な関係を、築いておくことが大事ですね。

契約社員が賃貸の入居審査で必要な書類とは

派遣-派遣先で事務職をしている女性派遣社員

入居審査に通過するためには、必ず必要書類を不動産会社に提出することが大事です。

ただ提出をするのではなく、期日に間に合うように書類を提出しましょう。

また以下の入居審査時に必要な書類を忘れないように、準備しておくことで、入居審査に通過しやすくなります。

書類によっては、日数が掛かる場合があるので注意が必要です。

特に平日に時間を割きにくい人は、公的機関からの書類を第一優先で準備しておきましょう。

<契約社員が入居審査で必要な書類5つ>
1. 入居者希望者の身分証明書
2. 住民票
3. 収入証明書
4. 印鑑証明書
5. 入居申込書

契約社員が賃貸に申し込む際に必要な情報

契約社員が賃貸に申し込む際に、必要になる情報がいくつかあります。

提出した入居審査の書類に不備があると、色々と手間が掛かりますよね。

入居審査の必要書類を記載するときは、以下の情報に漏れがないかを確認しておきましょう。

多くの人が書類不備により、入居審査日数が伸びてしまいます。

面倒な手間を削るためにも、しっかりと必要項目を記載することが重要です。

<賃貸の入居審査に申込む際の必須情報>
・入居者本人の名前や連絡先
・就業先または就業予定の連絡先
・連帯保証人の基本情報と収入証明
・緊急時に連絡がつく連絡先

入居審査に掛かる日数が伸びる理由

一般的に、入居審査に必要な日数は、3日から1週間以内と言われています。

ただ仲介している不動産会社によっては、入居審査に必要な日数が1~3日の場合もあるので、予め入居審査に掛かる日数を確認しておきましょう。

また必要書類に不備があったりした場合は、審査の合否まで日数が長くなってしまいます。

記載情報に問題がないかを確認してから、必要書類は不動産会社に提出することが大事ですね。

書類に不備がある場合は、早急に対応するよう心掛けてください。

<入居審査に掛かる日数が伸びる理由>
1. 必要書類に不備がある
2. 不動産会社の定休日が多い
3. 他の入居希望者を対応している

契約社員が賃貸に申込む際の注意点とは

派遣-スマホで派遣登録している女性

賃貸の入居審査に申込む場合は、不動産会社の繁忙期は避けましょう。

一般的に不動産会社の繁忙期は、毎年1月から3月です。

この時期に申込みをしてしまうと、入居審査に時間が掛かってしまう恐れがあります。

また繁忙期は、できる限り避けておくことが安心ですね。

親切な不動産会社でも繁忙期となると、対応が悪くなってしまう場合もあります。

契約社員が賃貸の入居審査を通過できなかった場合

もし賃貸の入居審査に通過できなかった場合は、他の賃貸物件に申し込みをするべきです。

というのも入居審査の難易度は、賃貸物件ごとに違います。

希望していた賃貸物件に通過できなくても、別の物件では審査に通過できる場合も。

審査に通過できなかった理由を探すよりも、多くの物件に申し込みをすることが最善です。

また利用している不動産会社を変更することで、新しい賃貸物件を見つけることもできます。

入居できる物件は、山ほどあるので前向きに取り組んでいくことが大事ですね。

まとめ~契約社員の賃貸の入居審査に油断は禁物!入居審査前に必要な書類を忘れずに準備しておこう!~

派遣-笑顔の女性

事前準備さえしておけば、契約社員でも問題なく賃貸の入居審査に通過しやすいです。

特に大事なのが、不動産会社を味方につけることではないでしょうか。

また契約社員は入居審査を受ける前に、家賃が収入の1/3の物件を探したり、必要書類を前もって準備したりしておくことが大事です。

これらを意識することで、入居審査を通過するまでの流れがスムーズになります。

また入居審査時には、清潔感のある身だしなみを忘れないようにしましょう。

契約社員であっても、理想の物件に住むことができます。

本記事の内容を参考に、気に入った賃貸に入居できると良いですね。

タイトルとURLをコピーしました