契約社員は受かりやすい?契約社員になるデメリットついて詳しく解説!

考える女性(ボーダー) 契約社員

「契約社員は受かりやすいって聞いたけどどうなの?」

「契約社員よりも正社員の方がいいのかな…」

など、契約社員について不安や疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。

結論からお伝えすると、契約社員は受かりやすい訳ではないです。

契約社員であっても、正社員と同様のレベルを求められる場合もあります。

まだ迷っている段階であれば、契約社員だけに拘らずに、自分に合った働き方を選択していくが大事です。

本記事は、契約社員に応募を考えているもしくは不安に思っている方に向けて書いています。

ぜひ、自分に合った働き方を選択するための参考にしてくださいね。

契約社員は受かりやすいのか

冒頭でもお伝えした通り、契約社員であっても受かりやすい訳ではないです。

誤解されがちですが、求められるレベルは正社員と同等であると認識しておきましょう。

まず前提として、なぜ正社員や派遣社員ではなく、契約社員として働きたいのかを真剣に考えることが大事です。

契約社員の採用選考に限らず、採用されやすい人は採用されます。

事前準備をしっかりと徹底することで受かりやすくなるでしょう。

契約社員への就職や転職は簡単ではない

契約社員への就職や転職は簡単ではないです。

応募するなら、事前に自分のやりたい業務内容なのかを確認しておきましょう。

また言い方はあまり良くはないですが、滑り止めとして受けるのもありです。

滑り止めで受ける場合でも、面接時になぜ応募したのかを熱意をもって説明しないと受かることは難しいです。

どの職種でもそうですが、意欲のない人は落とされます。

契約社員の合格率はどのくらい?

契約社員の合格率は、正社員と比べても大差はありません。

会社から見れば、契約社員であっても正社員であっても社員であることに変わりはないです。

契約社員の選考で油断をしていたら、普通に落とされてしまいます。

そもそも合格率を意識するよりも、しっかりと事前準備をしておくことの方が重要です。

契約社員が多い企業の特徴

それでは、どのような企業に契約社員は多く在籍しているのでしょうか。

もちろん中小企業にも契約社員は在籍していますが、契約社員が多く在籍しているのは、大手企業に多い傾向があります。

働きたい企業に応募してみたら、契約社員でしか募集していないなんてことも。

企業側が契約社員を雇用することで得られるメリットは、雇用解除がしやすい点です。

人手が十分な状態になれば、いつクビを切られても不思議でありません。

契約社員として働きたい場合は、上記のことも念頭においておきましょう。

契約社員として働くべきではない5つの理由

困る女性

総合的に見て、契約社員として働くことはリスクが多くあります。

契約社員は有期雇用なので、時間に融通が利きやすいのが特徴です。

しかし契約社員としては働くことは、メリットよりもデメリットの方が多いのではないでしょうか。

「こんなはずじゃなかった…」なんてことにならないように注意が必要です。

そこで本章では、契約社員として働く場合のデメリットをいくつかお話します。

自分の実現したいライフバランスに合った働き方を選択できるといいですね。

①福利厚生が充実していない

契約社員が安定しない働き方と言われる理由の1つとして、福利厚生が充実していないことが挙げられます。

一般的な社会保険や交通費は適用されますが、充実しているとは言えません。

例えば、契約社員は、家賃補助や育児休暇などが適用されない場合があります。

契約社員ではなく、正社員だからこそ受けられる恩恵は大きいです。

ただ企業によっては、契約社員であっても適用される場合もあるので、選考時に人事担当に詳細を確認してみましょう。

②昇給や昇格のチャンスが少ない

契約社員は時間に融通が利きやすい反面、その分昇給や昇格のチャンスが少ないです。

責任のあるメイン業務は、正社員に割り振られるケースが多く、実績を残すのは難しいと言えるでしょう。

もちろん企業によっては、契約社員であっても責任のある仕事を任せてもらえることもあります。

契約社員に苦労してなったのに、キャリアアップが目指せないとなると、日々の業務へのモチベーションが低下してしまう恐れがありますよね。

そうなると最悪の場合、転職したいと考えてしまうかもしれません。

③雇用が不安定である

雇用期間が定まっている契約社員は、ライフプランを立てやすいですが、リスクもあります。

契約社員は例外を除いて、最長で5年間の雇用契約しか結ぶことができません。

また契約満了時に契約更新できないと、無収入になってしまう危険性もあります。

更新時期が近づく度に、就職先を探さないといけないかもと考え続けるのは不安ですよね。

④正社員よりも立場が弱い

契約社員は、裁量権が少ない仕事を任せられる場合が多いです。

契約社員の立ち位置としては、正社員のサポート役が一番近い表現ではないでしょうか。

そのためしたくない仕事を押し付けられてしまうかもしれません。

また日々の業務はサポート業務が中心となるので、専門性が身に付きにくいのが事実としてあります。

そのため契約満了後に、転職や再就職先を探そうとしても中々見つけにくいです。

⑤退職金や賞与がない

契約社員と正社員の大きな違いの1つに、退職金や賞与の有無があります。

退職金や賞与のある正社員の方が、安定した生活基盤を築きやすいのではないでしょうか。

ただ契約社員の時給は、正社員よりも高く設定されている場合もあります。

生涯年収を高くしたい人や安定した収入がほしい人は、契約社員よりも正社員の方が向いているかもしれませんね。

契約社員として働く3つのメリット

先程は契約社員として働く場合のデメリットについてご紹介しましたが、契約社員には多くのメリットも存在します。

デメリットばかり見ていると、契約社員はやめておこう…と考えてしまいますよね。

ただ受かりやすさは契約社員も正社員も変わらないので、メリットとデメリットを比較してみて、どの働き方が自分に最適なのかを考えてみましょう。

①転勤や異動がない

契約社員は基本的には転勤や異動がないです。

あらかじめ契約書に記載されている勤務地でしか働かないので、生活環境が安定します。

もし正社員として働く場合は、転勤や異動となった場合、結婚しているのであれば家族に迷惑をかけてしまいますよね。

また生活環境も大きく変わるので、精神的に疲れてしまう可能性もあります。

転勤や異動がないということは、契約社員の特権ではないでしょうか。

②ワークライフバランスを確保できる

契約社員あれば、無理な残業や休日出勤がないので、仕事に振り回されるということはありません。

契約社員は時間の融通がある程度利くので、仕事とプライベートの両立がしやすいです。

空いた時間を活用して、趣味を十分に満喫することもできます。

さらに契約社員は副業もできるので、業務外の時間の自由度が高いのが特徴です。

長期休暇も取りやすいので、気軽に旅行に行きやすいのも魅力的ですね。

正社員よりもストレスなく自分のペースで気ままに生活を送れます。

③正社員と比べて責任が重くない

契約社員は正社員のサポートという立ち位置なので、責任は大きくないと言えます。

もちろん日々の業務をきちんとと全うする義務はありますがそれだけです。

責任範囲で例えると、「アルバイトと正社員の間ぐらい」ではないでしょうか。

気負わずに仕事をしていきたい人に、契約社員はおすすめの選択肢ですね。

契約社員に向いている人の特徴

派遣-豊田通商,女性

契約社員は複数の職場で働くことができるので、多くの経験を得ることができます。

また契約社員は雇用期間が定まっているので、ライフプランを立てやすく自由度が高いです。

それでは具体的に、どのような人が契約社員に向いているのでしょうか。

契約社員に向いている人の特徴として挙げられるのは、以下の通りです。

・幅広くスキルや経験を磨きたい人
・結婚や留学などを予定していて期間限定で働きたい人
・プライベートを充実させたい人

自分にとっての働きやすさで雇用形態を選択する

繰り返しになってしまいますが、受かりやすさは契約社員でも正社員でも同じです。

同じ苦労をするなら、自分にとって働きやすい働き方を選びたいですよね。

正社員として受かることが難しい企業でも、契約社員としては受かりやすい場合もあります。

理想のライフプランの実現に向けた働き方を選択できるよう、各働き方について纏めてみました。

是非お目を通して参考にしてみてください。

生活の安定を求めるなら正社員

正社員として働く大きな魅力は、無期雇用であり福利厚生が整っていることです。

契約社員と違って転勤や異動がある可能性はありますが、結婚や生活の安定を求めるなら、正社員として働く道を選ぶべきではないでしょうか。

長期間安定して働くことができるので、収入も安定します。

さらに正社員は社会的信用度も高いのが特徴です。

長く働き続けることは大変なことですが、経験に応じて裁量のある仕事も任せてもらえるので、自身のキャリアを着実に築いていくことができます。

昇給や昇格を目指せるので、日々の業務に目標をもって取り組むことができますね。

自由な働き方を目指すなら契約社員

契約社員は正社員と比較すると、デメリットも多い反面、時間の自由度が高いです。

もし留学や出産などを既に計画しているのであれば、有期雇用である契約社員が最適ではないでしょうか。

確かに正社員でも仕事を辞めることはできますが、短期間のうちに仕事を辞めてしまっては、常識人とはいえないでしょう。

周りからの印象も悪くなりかねません。

しかし契約社員であれば、契約満了時に心置きなく仕事を辞めることができますし、契約を更新することもできます。

プライベートを充実させたいなら派遣社員

本記事では、契約社員と正社員について詳しくお話していますが、派遣社員として働く道もおすすめです。

派遣社員として働きたい人は、プライベートを充実させたいと考えている人が多いのが特徴であると言えます。

また多くの職場で仕事ができるので、未経験だけどスキルアップや経験を積みたい人に派遣社員は大変人気です。

ワークライフバランスの満足度を上げたいなら、派遣社員を検討してみましょう。

契約社員から正社員登用はありえる?

女性-はてな

今は契約社員として働きたいけど、将来的には正社員になりたい人も多いですよね。

契約社員から正社員登用はできないと聞きますが、本当にそうでしょうか。

契約社員から正社員にキャリアアップするのは簡単ではありませんが、実績やスキルを認めてもらえれば可能性があります。

また日々の業務でしっかりと結果を出していけば、自ずと正社員登用のお話が巡ってくるかもしれません。

契約社員から正社員になる2つの方法

どのように契約社員から正社員にステップアップをするのかわからない人も多いですよね。

契約社員として働きながら、正社員になれる方法を2つご紹介します。

①正社員登用制度を活用する

初めは契約社員として働きたいけど、経験を積んだら正社員登用したいと考えている人は、応募前に入りたい企業に正社員登用制度あるかを確認しておきましょう。

人事担当者に正社員への登用実績なども、伏せて確認しておくことが重要ですね。

というのも、制度自体はあっても正社員までのハードルが高い企業もあるためです。

②転職して正社員になる

正社員になれる確率が1番高い方法は、転職して正社員になることです。

契約社員や派遣社員として働いてきた経験やスキルを活かして、正社員として入社すれば即戦力としてみなされます。

いつくるかわからない正社員登用を待つよりも、正社員になれる可能性は高いです。

受け身の姿勢ではなく、攻めの姿勢で正社員を目指しましょう。

無期雇用転換ルールもある

契約社員は無期転換ルールを活用することで、無期雇用契約に変更することができるのをご存じでしょうか。

契約社員は同じ企業で5年間働くと、無期転換を企業に申し出ることができます。

注意してほしいのは、5年経過前に契約更新を申し出ないと雇用破棄される可能性があることです。

契約更新年が近づいてきたら、意識しておきましょう。

契約社員から正社員に受かりやすい人の3つの特徴

派遣-笑顔の女性

どのような人が契約社員や派遣社員から正社員に受かりやすいのか気になる方も多いはず。

一番思い浮かぶのは、第一印象の良い人ですよね。

厳しいことを言うと、受かるか受からないかは本人次第と言えますが、取り組み次第で正社員になれる道が近づきます。

正規雇用された人の特徴を参考に詳しく説明していきます。

①経験やスキルが豊富である

わかりやすい特徴として、高水準のスキルを身につけてきた人が正社員として、採用されやすい傾向があります。

また経験が豊富な契約社員の方は、企業から問題解決能力が高いと思われます。

今はとりあえず契約社員として働きたいという方は、いつでも正社員を目指せるように準備しておくことが大事です。

いざ正社員になりたいと考えても準備をしていなければ、受かるものも受かりません。

日頃から資格取得の勉強をしたり、スキルを磨いたりなどの自己研鑽を怠らないようにしておきましょう。

②正社員として働きたい意思が強い

スキルや経験以外に、人事担当者が確認したいのは志望本気度です。

誰でもやる気のない人と仕事をするのは良い気がしませんよね。

それが無期雇用となると尚更です。

正社員に受かっている人の特徴として大きく当てはまるのが、真剣な人ではないでしょうか。

本気で正社員になりたいと思う時期が来たら、志望動機をしっかりと言えるように準備してから面接に挑みましょう。

③積極的にコミュニケーションが取れる

コミュニケーションが得意な人が、契約社員から正社員に受かりやすいです。

人間関係が煩わしく思う方は、正社員には向いていないかもしれません。

正社員は長期間決まった人と、協力しながら仕事を進めていかなければならない状況が多いので、良い仕事をするには良好な人間関係がとても重要です。

積極的に自らコミュニケーションが取れるということは、円満な関係性を築く能力があると認識されるので、正社員の採用に大きく影響を与えます。

まとめ~契約社員は受かりやすい訳ではなくデメリットも多い!自分に合った働き方を見つけよう!

派遣-女性,笑顔,甲府市

今回お伝えした通り、「契約社員は受かりやすい!」という人も多いですがそうではありません。

契約社員は正社員と同じく受かりやすい訳ではないので、面接前にしっかりと対策をしておく必要があります。

また契約社員は自分らしい働き方ができるのでとてもおすすめですが、正社員と比べた時にデメリットが多いのも事実です。

常に自分の理想の働き方をイメージして、行動することが大事ではないでしょうか。

必ずあなたに合う企業がありますので、本記事を参考に後悔のない選択をしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました