派遣社員でもみずほ銀行カードローンに申し込みはできる!「みずほ銀行カードローン」審査は少し特殊

お役立ちコラム

日本国内における3大メガバンクの一角である「みずほ銀行」では、消費者向けに様々な利用使途に適した「カードローン」を商品として取り扱っています。

「カードローン」は、銀行側が提示している「申込条件」を満たしていれば、「誰でも」申し込みは可能です。しかし、この「誰でも」というのはどこまでを指しているのか。

例えば「雇用形態」が「派遣」に該当する方でも、みずほ銀行カードローンに申し込みはできるのかということとなります。

そこで今回は「派遣社員」がメガバンク「みずほ銀行カードローン」の申し込みをするときの流れを1つずつ解説していきます。

「派遣社員」が「在籍確認」で気を付けるべきこと

勤務先は「派遣元」を記入しよう

「カードローン」を申し込むとき、就業している「勤務先」を各項目があります。

この時「派遣社員」の多くが「勤務先」は「派遣元」を記入すべきか。それとも業務を担っている「派遣先」を記入すべきかという問題です。

「派遣社員」の場合「勤務地」は業務を執り行う「派遣先」となりますが、「在籍確認」の電話取次ぎをお願いする場合は、「派遣元」の電話番号を記入しましょう。

派遣先の電話番号を記入したとしても、まず先方があなたのことを把握しているとは限らず、業務にあたっていても「そのような社員はいない」と返答されるのがオチです。

なので、確実にあなたのことを把握・管理している「派遣元」の電話番号を記入しましょう。

しかし、これで安心するにはまだ早いです。「派遣元」も多くの社員を抱えていれば社員全員を把握しているとは限りません。

なので、事前に「自分宛ての電話があったら取次ぎをお願い」と先手を打っておきましょう。

「在籍確認」は原則「電話対応」のみ

他社同様、「みずほ銀行カードローン」の審査過程で、申込者が記入した勤め先で働いているかを確認するための電話を行います。

しかし、申込者によっては職場環境ゆえ個人宛の電話応対ができないほか、社員不在が多いなどから「電話対応」が難しいということもあります。

結果として電話による在籍確認がとれず、審査に落ちたという方も少なからずいます。

一部業者では申し込み後に問い合わせ、別手段で「在籍確認」を取ることが可能とされていますが、みずほ銀行は原則として別途手段での受付をしておらず、必ず電話による対応を求められます。

もし同僚や他社員に「借入」がバレたくいという方は、電話対応による「在籍確認」以外の手段が取れる業者を選ぶのが賢明です。

在籍確認の流れ/電話対応者は誰でもいいのか?

【在籍確認の流れ】

基本的に「在籍確認」は、審査担当者が申込者の勤務先に電話をかけて行われます。

この時、審査担当者は銀行名を伏せたうえで、申込者の名前を言ってから確認を取ります。

【電話対応は本人じゃなきゃダメなのか】

結論から言いますと、「在籍確認」の電話に出る相手が必ず「申込者本人」ということはありません。もし申込者本人が出れば万事解決です。

しかし、提携先への営業や派遣などによって出向している場合、勤務先(派遣元)にいる社員に任せるしかありません。

もし対応が「今出払っています」「席を外している」など「在籍している」ことの証明となる応対をしてくれたのならば問題はありません。

「派遣雇用」問わず実施される「みずほ銀行カードローン」の審査

申し込み方法は5つ

「みずほ銀行カードローン」の申し込み方法は「パソコン、スマホ、郵送によるメールオーダー、電話、近場の視点に来店する」方法の5パターンから1つ選択して以降「申し込み」、「審査」、「在籍確認」、「審査結果通達」、「通過者は契約手続き」、「融資受け取り」、「返済開始」という流れで進んでいきます。

例えば「パソコン」からカードローンの申し込みをした場合、以下のような流れで進んでいきます。

  1. パソコンからの申し込み(24時間受付可)

みずほ銀行口座の有無に応じた申し込みボタンを選択して、申込ファームにて必要事項記入後送信をします。

※1「みずほ銀行口座をお持ちの方」ボタンは「キャッシュカード兼用型」のみが対象となります。

※2「カードローン専用型」をご希望のお客さまは「みずほ銀行口座をお持ちでない方」ボタンを押します。

  1. 審査開始

申込内容に従って「みずほ銀行」及び提携を組んでいる「オリエンタルコーポレーション」の審査が行われます。この時、「オリエンタルコーポレーション」から申込者本人宛に電話が行きますので必ず対応をしましょう。

連絡が取れなかった場合、申し込み取り下げの処理が実施されます。

  1. 在籍確認

申込者本人が「申込時に記入した会社」に勤めているかを確認するための電話です。

虚偽や無職でないかの確認を兼ねている同時に、「信用できる」か審査するために行います。

  1. 審査結果の通達

審査の結果は、申し込み時に利用したメールアドレスに届きます。

  1. 審査通過者は借入契約手続き

審査に通過した方は別途該当事項に従って手続きを組んでいきます

審査通過者の現状手続き内容
みずほ銀行のキャッシュカードを持っている方
  • 登録したメールアドレス宛に別途「必要書類登録用URL」というメールが届きます。手続きはメール記載の手順で行っていきます。

※限度額が50万円以下であれば、申込者本人の年金が確認できる書類提出は不要です。

まだみずほ銀行口座を開設していない方
  • 「みずほe-口座」開設の手続きを組んでいきます。
普通預金口座同時申込をご希望の方
  • 「みずほダイレクトご利用カード」が送られます。
  • 当カード受取の確認が取れたら、ローン口座の開設、キャッシュカードの送付が行われます。
普通預金口座同時申込をご希望でない方
  • 契約書類を送付されます。
  • ローン契約では「口座開設が必須」となりますので、普通貯金口座開設後、送付された契約書類に必要事項を記入して返送します。
  • 口座開設処理完了後、契約書類に必要事項を記入の上返送します。
  1. 契約手続き完了後、確認書類が郵送される

ローン口座開設が完了した旨をメールにて連絡。その後自宅に「契約内容確認書類」が届きます。

  1. 融資受け取り
利用形態利用方法
キャッシュカード兼用型を選択された方
  • ローン契約手続き完了後、キャッシュカードから利用ができる
カードローン専用型を選択された方
  • 手続き後、1~2週間ほどの時間を経て「カードローン専用カード」が自宅に届きます。

以上が「パソコン」からの申し込みとなります。

審査は「オリエンタルコーポレーション」が行っている

「みずほ銀行」と提携を組んでいる「株式会社オリエントコーポレーション」は、「信販会社」に属する企業です。

そのなかで当社は大手信販企業の一角にあたり、「信用販売・オートローン」に関しては業界随一の実績を有しています。

「みずほ銀行」と提携を組んでいる中では、申し込み後の審査・借入契約時の保証を行っているだけです。あくまで「みずほ銀行」と「株式会社オリエントコーポレーション」は「別会社」になります。

それゆえに「株式会社オリエントコーポレーション」が取り扱っているローン金利も、みずほ銀行カードローンの金利値、そして審査の基準、申し込み条件が異なりますのでご注意ください。

 みずほの審査基準

「みずほ銀行カードローン」は「銀行系ローン」に属するということもあり、申し込み後に行われる「審査」は厳しめに行われます。しかし、審査基準を十分に満たしていれば問題はありません。

以下はあらかじめ確認しておく「審査事項」です。

信用問題

「消費者金融系」「銀行系」のローンを組むとき、必ず申込者本人が「信用に値する人物か」どうかを見定めて行われます。

具体的にどのようなことを照合して「信用」としているかというと、「家賃や他社ローンの返済、携帯の支払い」などで「延滞・未払い」といった「金融事故」がないこと、自己破産、債務整理などの記録がないかなどを確認して「信用できるか」を見定めています。

そのほか、1か月以内で「3社以上のローン申し込み」をしていないかも確認されます。

本人情報

申込者本人の年齢や収入など、業者が設けた「申し込み条件を満たしているか」も重要となります。

中でも「安定かつ継続的収入が見込める」ことが、「本人情報」の項目過程では重要視されます。

理由には「借り入れ後の返済において「金融事故」を起こさない」「返済能力が見込める」との見方から重要視されています。

また虚偽申告などを防ぐための証明として「本人確認書類」「収入証明書」の提出が求められます。

この提出した書類と信用情報機関に保管されている申込者本人の情報を照合して「虚偽」がないかを確認します。

「みずほ銀行カードローン」の申し込み・審査の基準・利用メリット・デメリット

「みずほ銀行」カードローンの申し込み条件/特徴

みずほ銀行が取り扱っている「カードローン」の利用申し込みができる方は、以下の条件を満たしている方となります。

利用申し込みができる方の条件
  • 申し込み、借入契約時満20歳~満66歳未満の方
  • 安定かつ継続的収入が見込める方
  • 保証会社の「保証」を受けられる方

となっています。では1つずつ解説していきます。

年齢制限

「カードローン」は「借入」「融資」などの言葉で語られることが多いですが、端的にいうと「借金」です。

当然のことながら「返済能力が乏しい」「金銭管理の知識が見込めない」など、貸す側が損しかねない「未成年者」への融資は法律上禁止とされています。

また高齢者の主な収入源は「年金」となり、借入できたとしても以降の返済、あるいは完済を前に利用者が死亡する恐れがあるため、みずほでは「満66歳未満」と上限を設けています。

収入

毎月一定額の収入が見込まれるのであれば、低額であってもローン申し込みは可能です。

ここで見られているのは「収入の多い少ない」ではなく「毎月一定額の収入があるかないか」を重視しています。

これは申し込み後の審査基準の1つでもあると同時に、借り入れ後の返済も「金融事故」なく計画的に返済できるかを見定めるためでもあります。

また「派遣社員」のように毎月の収入に幅が極端でない限り、申し込みは可能です。

保証会社

みずほ銀行カードローン申し込み後、審査、審査通過後の借入契約手続きと段階を組んでいきます。

その過程で「保証会社」からの「保証委託」の取次、担保の設定を行います。

会社は同じみずほと提携を組んでいる「株式会社オリエントコーポレーション」が行ってくれるので、不安要素はありません。

万が一不安がある方は保証委託の取次時に問い合わせましょう。

みずほカードローンの特徴

みずほ銀行カードローンは以下のような特徴を持っています。

融資限度額10万~最大800万円
金利(実質年率)2.0%~14.0%
返済シミュレーションあり
審査の期間最短で翌日営業日に審査結果提示
申込条件
  • 申し込み、借入契約時満20歳~満66歳未満の方
  • 安定かつ継続的収入が見込める方
  • 保証会社の「保証」を受けられる方
返済方法
  • 口座自動引き落とし
  • 任意返済(利用者都合でATMで随時返済する方法)
  • 「みずほダイレクト」から任意返済
担保・保証人【担保】

  • 不要

【保証人】

  • みずほと提携を組んでいる「株式会社オリエントコーポレーション」の保証を受け必要がある
申込必要書類【本人確認書類】

  • 運転免許証

※免許証を持っていない方は以下の書類を用意

  • マイナンバー(個人番号)カード(※通知カードは不可)
  • パスポート
  • 印鑑証明書
  • 健康保険証
  • 住民票

※また外国籍の方は上記書類と併せて「在留カード」もしくは「特別永住者証明書」のいずれかを用意

【収入証明書】

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 納税証明書
  • 税額通知書
  • 所得(課税)証明書(「収入額」と「所得額」の記載があるもの)

※上記書類いずれも「最新のもの」を用意

※「収入証明書」を要する場合は下記条件で借り入れを申し込む場合のみです。

  • 勤務先確認書類

取り扱っているローンの種類

みずほ銀行では「カードローン」以外にも、利用使途に応じたローン商品を取り扱っています。

取り扱いローン金利
住宅ローン【変動型金利】

0.375%/全期間重視プラン

教育ローン【変動型】

  • 3.475%

【固定型】

  • 4.15%

※ともに借入期間が10年以内の場合

多目的ローン

※住宅ローン利用者専用

【変動型】

  • 3.375%

【固定型】

  • 3.85%
多目的ローン【変動型】

  • 5.875%

【固定型】

  • 6.55%
リフォームローン【変動型】

  • 3.975%

【固定型】

  • 4.15%

など、多種多様なローン商品を取り扱っています。

みずほ銀行カードローン利用のメリット・デメリット

「みずほ銀行カードローン」利用申し込みをした場合の「メリット/デメリット」は以下のようになります。

メリットデメリット
  • 他社と比べて金利が安い
  • 融資限度額の幅が広く高い
  • すでに口座開設済みであれば、Web上で24時間いつでも申し込み、契約手続きが行える
  • 「住宅ローン」を利用している場合、金利が安くなる
  • 返済方法が多く、方法は好きなものを選べる
  • 返済口座は指定につき、他行利用ができない
  • 「ATM返済」は手数料がかかる
  • 審査に時間がかかる
  • 利息や引き落とし日などをメールで通知しない

【メリット】

他社と比べて金利が安い

まず「みずほ銀行カードローン」は、「アイフル」や「プロミス」などの「消費者金融系ローン」ではなく、「銀行系ローン」に位置づけされています。

そのため、他社と比べて金利は比較的安く設定されています。表にまとめると以下のようになります。

業者名金利
SMBCモビット3.0~18.0%
アイフル3.0~18.0%
アコム3.0~18.0%
みずほ銀行カードローン2.0~14.0%
すでに「みずほ銀行」の口座を開設しているならば、Web申し込みで完結

「みずほ銀行カードローン」の利用には「みずほ銀行」の口座開設を済ませていることが条件となります。すでに口座を持っている方であれば、Web申し込みで一括完結することができます。

まだ開設していない方でも、開設と申し込みも同時に済ませることができます。

また、ネット申し込みは24時間いつでも対応しているので、平日日中は忙しく来店する暇がない方はWeb上完結をおすすめします。

みずほ銀行の「住宅ローン」を利用している方はお得

すでにみずほ銀行の「住宅ローン」を組んでいる方で、新しく「カードローン」も利用すると金利が年「0.5%」安くなります。

【デメリット】

手数料

返済方法で「ATM」を使用した振り込み方法を選択した場合、別途手数料がかかります。

表にすると以下のようになります。

振り込み時間
【月~金(平日)】

  • 0時~8時、23時~24時:220円
  • 8時~8時45分、18時~23時:110円
  • 8時45分~18時:無料
【土・日(週末)】

  • 0時~8時:220円
  • 8時~22時:110円
  • 22時~24時:利用不可

【祝日】

  • 0時~8時:220円
  • 8時~23時:110円
  • 23時~24時:220円
審査に時間を要る

「みずほ銀行カードローン」に初めて借り入れを申し込んだ後の審査にはかなりの時間を要します。

それは「メガバンク」だからこそ申込者が多いのもありますが、なにより審査は申込者から贈られた情報を、警視庁にあるデータベースに保管された情報と照合してチェックしているため時間がかかるとされています。

また限度額増額にも、別途申し込みを必要とし、その都度審査が行われます。時として審査が通らず希望がかなわないということもあるのでご注意ください。

結論! 派遣社員は「みずほ銀行カードローン」を利用できる!

以上が「みずほ銀行カードローン」を派遣社員が利用申し込みをする時の流れとなります。

基本的に雇用形態が「派遣社員」であったとしても、「毎月一定額の収入」があれば、雇用形態を問わず、誰でも申し込むことは可能です。

もちろん「信用問題」や「収入面」を考慮して「返済能力あり」と認められた方に限ります。

また「みずほ銀行カードローン」が執り行っている「在籍確認」は原則「電話対応」のみとなっていますので、ご注意ください。

この「在籍確認」の段階で、審査落ちとなる方の割合が高いです。このような事態にならなくていいように、先手先手で対策を行っておきましょう。

 

セブン銀行カードローンはいつでも簡単申込可!「派遣」などの雇用形態問わず誰でも利用申し込みできるわけ

派遣社員がSMBCモビットに借入申請してみた「派遣」を理由に審査落ちなしって本当!?

派遣社員がプロミスを利用する? 派遣社員でも借り入れの利用ができるって本当なのか!

おすすめ就職支援サービス!
ハタラクティブ
ハタラクティブ-アイキャッチ画像
  • 20代既卒・フリーター・第二新卒の求人に強い!
  • カウンセリング実績110,000人以上!
  • 内定率80.4%!
  • 【最新版】おすすめ大手派遣会社ランキング!
    アデコ
    アデコ-アイキャッチ画像
  • 有名・優良企業の求人が充実!
  • 在宅勤務OKのお仕事も満載!
  • 「友人・知人におすすめしたい人材派遣会社No.1!」
  • テンプスタッフ
    テンプスタッフ-アイキャッチ
  • 女性の働きやすさが口コミNo.1!
  • 圧倒的に充実した福利厚生制度!
  • 業種カバー率100%!
  • ランスタッド
    ランスタッド-アイキャッチ
  • 事務職・工場製造系の求人に強い!
  • 地方にお住いの方にも対応!
  • 優秀なキャリアアドバイザーが多数在籍!
  • お役立ちコラム
    ha-writerをフォローする
    派遣会社カタログ
    タイトルとURLをコピーしました