転職したいけど怖い…怖くて動けない10の理由と成功ポイント4つを解説!

転職したいけど怖い…怖くて動けない10の理由と成功ポイント4つを解説! IT・エンジニア・Webの派遣

「転職したいけど怖い…」
「転職したいけど怖くて動けない…」

などなど、転職したいけど”怖い”と感じるせいで、先に進めず動けない方は非常に多いです。

いくら今が「転職をするのは当たり前」と言われている時代でも、一歩踏み出すのは勇気がいることですよね。

またSNSやYahoo!知恵袋などでも「転職したいけど怖い…」「決断が怖い…」なんて声が散見されます。

今回はそんな方に向けて、転職したいけど怖いと感じるのはなぜなのか、理由・対処法をメインに解説していきます。

なお記事後半では、転職初心者におすすめの転職エージェントを3つご紹介しますので、ぜひ最後までお読みください!

【2022年最新版】今おすすめ転職エージェント!

doda-20220209-アイキャッチ画像

■dodaのおすすめポイント

  • 業界トップクラスの求人数!
  • 転職者満足度No.1!
  • キャリアアドバイザーがサポート!
公開求人数約120,000件
募集職種営業、販売、エンジニア、事務、金融専門職、公務員など
掲載地域全国47都道府県

\転職者満足度No.1の転職エージェントで探すなら!/

dodaに登録してみる(無料)▶▶▶

  1. 「転職したいけど怖い」と感じるのは普通なの?
  2. 「転職したいけど怖い」と感じるのはなぜ…?対処法も解説
    1. ①内定を獲得できるか不安だから
    2. ②転職活動が長引くと懸念しているから
    3. ③良い転職先が見つかるか心配だから
    4. ④仕事と転職活動を両立できるか不安だから
    5. ⑤転職先でなじめるか不安だから
    6. ⑥これまでのキャリア・経験が通じるか不安だから
    7. ⑦面接がうまくいくか不安だから
    8. ⑧新たに仕事を覚えられるか不安だから
    9. ⑨退職意思を伝えるのが不安だから
    10. ⑩フリーターから正社員への転職で見通しがつかなくて不安だから
  3. 「転職したいけど怖い」と思っても転職すべきなの?
    1. 理由①若いうちに決断できると転職しやすいから
    2. 理由②人脈が増えて新しい価値観を身につけられるから
    3. 理由③自分なりの働き方を実現できるから
    4. 理由④現職での悩みを解消できるから
  4. 転職したいけどスキルがない場合はどうする?
    1. ①専門性の高い資格を取ってみる
    2. ②自分自身が本当にやりたい仕事を見極める
    3. ③転職支援サービスの選び方を押さえる
    4. ④経験のある業界から求人を探す
    5. ⑤自分自身の市場価値を把握する
  5. 転職で無職になるのが怖いなら現職を続けて転職活動をしよう
    1. 「退職してから転職活動をすべき」との声もあるが…
  6. 転職活動すべきでない人の2パターン
    1. ①転職理由が不明確である
    2. ②転職理由が現職の不満だけの人
  7. 転職活動を成功させるには?押さえたいポイントは4つ
    1. ①具体的なスケジュールを立てる
    2. ②転職の希望条件・優先順位を考える
    3. ③事前準備を徹底する
      1. 自己分析のコツ
      2. 業界研究・企業研究のコツ
    4. ④転職エージェント・就職支援サービスをフル活用する
  8. おすすめ転職エージェント・就職支援サービス3選!
    1. ①doda
    2. ②マイナビエージェント
    3. ③ハタラクティブ
  9. まとめ~転職したいけど怖い気持ちには冷静に対処しよう~

「転職したいけど怖い」と感じるのは普通なの?

派遣-考える女性

なかには「転職したいけど怖いと感じるのは私だけ…?」とのお思い方もいますよね。

ですがそんなことはないんです。怖いと感じるのは普通のことですし、気に病む必要だってないです。

転職に限らず、未経験のことをするにあたって不安を覚えるなら、むしろ正常・普通の反応ともいえるでしょう。

まずは「転職したいけど怖いと感じる=普通のこと!」と認識してくださいね。

「転職したいけど怖い」と感じるのはなぜ…?対処法も解説

考える女性(ボーダー)

そもそも、なぜ「転職したいけど怖い」と感じるのか紐解いてみましょう。具体的にまとめると、以下の通りです。

<転職したいけど怖いと感じる主な理由>

  1. 内定を獲得できるか不安だから
  2. 転職活動が長引くと懸念しているから
  3. 良い転職先が見つかるか心配だから
  4. 仕事と転職活動を両立できるか不安だから
  5. 転職先でなじめるか不安だから
  6. これまでのキャリア・経験が通じるか不安だから
  7. 面接がうまくいくか不安だから
  8. 新たに仕事を覚えられるか不安だから
  9. 退職意思を伝えるのが不安だから
  10. フリーターから正社員への転職で見通しがつかなくて不安だから

上記理由について、対処法とあわせて1つずつ詳しく掘り下げていきましょう!

①内定を獲得できるか不安だから

「今持ち合わせている能力で内定を取れるのかな…」
「私は会社が求める人材なんだろうか…」

などなど、内定獲得にあたってこう不安に思う方が多いです。

ふと現実を見つめてしまうと、自信をなくしてしまいますよね…。

現に会社からの評価と自分の評価は一致するとは限りませんし、なかなか難しいところです。

<対処法>

  • 相談できる環境を用意する
  • 転職エージェント・就職支援サービスなどを活用する

特に不安事項として挙がるのが内定獲得のこと。

なかには相談環境が整っていなくて、自分自身で閉じこもってしまう方も散見されます。

この場合はまず相談環境を用意し、相談のもとで進めていくのが得策です。

無料で利用可能な転職エージェント・就職支援サービスがありますから、それらをフル活用してみるのが

②転職活動が長引くと懸念しているから

転職活動の長さは、一般的に3ヶ月といわれています。

ですが3ヶ月は平均的な数字ですから、人によっては多少前後する可能性もあります。

そこで「私だと転職活動って半年ぐらいかかるのでは…」なんてお考えの方もいますよね。

<対処法>

一旦3ヶ月で転職スケジュールを立ててみる

結局、どれくらいの期間で転職できるかは、すぐ判断できません。

ですが具体的な計画を立てることで、見通しがついてうまく対処できるかもしれません。

情報を集めて、「業界研究や候補の絞り込みで1ヶ月、応募・選考で2ヶ月、3か月後に内定かな…?」と見込んでスケジューリングしてみてください。

スケジュールを立てて足りない要素・アクションが出てきたら、それらを1つずつ潰していきましょう。

③良い転職先が見つかるか心配だから

面接や選考自体が上手くいったとしても、良い転職先が見つかるか不安な方も実に多いです。

「転職先がブラック企業だったらどうしよう…」
「パワハラがある会社だったらどうしよう…」

などなど、不安というより恐怖に感じてる方もいますよね。

<対処法>

  • 転職エージェントの担当者に確認する
  • 職場の口コミを探す

転職先について不安なのであれば、転職エージェントを使って職場について担当者に確認するのが得策です。

担当者は求人企業についてのリアルな情報(雰囲気・社風など)を持っているため、ある程度は解消できることでしょう。

また職場の口コミを探して、実態を探ってみるのもおすすめ。ただ誤情報、古い情報も紛れているかもしれませんから、参考程度にチェックしてみてくださいね。

④仕事と転職活動を両立できるか不安だから

今のお仕事と転職活動を両立する方は、うまく時間を確保できるか気になる方もいます。

退職となれば業務引継ぎや手続きなどもありますし、やることは溜まりやすいです。

また転職活動となれば面接もありますし、場合によっては早退したり休まないといけないこともありますよね。

こうした時間の工面の観点から上手くいくか不安に感じてしまうときは、下記方法を試してみましょう。

<対処法>

  • 転職エージェントの担当者に相談する
  • 面接は終業後にする

転職エージェントを使う際はまず相談し、うまく二人三脚で転職活動を進めるのが得策です。

転職エージェントでは書類アドバイス、面接サポートなどもありますから、フォローをしてもらいつつ進めると自分の時間を確保しやすいです。

また企業によっては、17:00よりあとに面接時間を設定できるケースもあります。また土日に対応してくれることもありますよ。

時間がかかることは休日にまとめて済ませて、平日は面接などに集中するのもおすすめです!

⑤転職先でなじめるか不安だから

転職すれば知り合いが一人もいない状況になり、つい必死になじもうとする方もいますよね。

ですがいきなりなじもうとするのは、決しておすすめしません。

いきなり転職先の人と馴染もうとすると、空回りしたりうまくコミュニケーションが取れなかったりして、マイナスなイメージを持たれやすいからです。

<対処法>

  • 少しずつ信用を得ていく
  • いきなりすぐに馴染もうとしない

焦らず少しずつ関係性を築いていき、ちょっとずつ信用を得ていきましょう。

⑥これまでのキャリア・経験が通じるか不安だから

今まで積み重ねてきた経験やキャリアまたは資格などが、転職先でうまく通じるか不安に思う方も多いです。

またそれらが通じなければ良い評価を受けられず、うまく会社でやっていけないと考えてしまいますよね。

また不安がエスカレートすれば「●●さんは使えない」と思われないか強く心配する方もいることでしょう。

<対処法>

できることを増やして自身をつける

もしキャリアや経験が通じるか懸念に思う場合は、まずは自身をつけておきたいところ。

また内定をもらえている場合は、その時点である程度は評価されている証拠。そこから自信につなげるのもいいですね。

⑦面接がうまくいくか不安だから

緊張しやすい方からすると、とにかく面接が不安だと感じる方も多いです。

たとえば「上手く質問を返せるか分からない」「緊張して変に思われないかな…」なんて感じる方もいることでしょう。

<対処法>

  • 面接で聞かれやすいこと・その回答を把握する
  • 転職エージェントの面接対策を受ける

面接はある程度パタ-ンがありますから、対策を立てやすいのがポイント。

ご自分で対策を立てるのも良いですが、転職エージェントの面接対策サポートを活用するのもおすすめですね。

転職エージェントの面接対策は無料で受けられますよ!

⑧新たに仕事を覚えられるか不安だから

職種・業種をガラっと変えて転職する場合は、仕事内容の変化に追いつけるか気になる方もいます。

未経験からのチャレンジだとルール・仕事内容、当たり前のことなども違う可能性が非常に高いです。

<対処法>

  • 転職エージェントの担当者に相談する
  • 転職先の同僚・上司に質問する

特に未経験の挑戦であれば、転職エージェントの方に確認をとったほうが安全ですよ。

また転職先の同僚・上司へ適切に質問をしてコミュニケーションを重ねれば、転職先での信用を得やすくなりますよね。

⑨退職意思を伝えるのが不安だから

選考や面接がうまくいって、転職先が無事に決まったとしても、現職への退職意志を伝えるのが不安な方も多いです。

「会社の人に嫌な顔されないか心配…」
「どうすれば円満退職できるんだろう…」

などと、去り際について深く考えてしまう方もいます。

<対処法>

  • 早めに退職意思を伝える
  • 転職エージェントの担当者を活用する

明確な退職意思があるならば、なるべく早く退職意思を伝えましょう。

伝えるのが遅くなれば余裕をもった業務引き継ぎ・欠員補充ができなくなり、現職の人に迷惑がかかってしまいます。

また転職エージェントでは基本的に、円満退職のアドバイスをしてくれますから、詳しく聞いておくのも手です。

⑩フリーターから正社員への転職で見通しがつかなくて不安だから

フリーターの方であれば、転職して正社員としてうまく活躍できるか不安な方もいますよね。

一般的な「正社員→正社員」よりスムーズにいかないと不安になって、自信を無くしてしまう方もいることでしょう。

<対処法>

  • 正社員就職に強いサービスを使う
  • 未経験求人に強いサービスを使う
  • 資格やスキル取得

転職エージェントの多くは経験者向け、一般社員に向けたサポートが中心。

その場合はフリーターの方もターゲットに入れているサービス(就職支援サービス)を使ってみましょう。

たとえば有名どころでいうと、利用者の多いハタラクティブやDYM就職などがおすすめですね。

もし両サービスの評判・利用メリット・デメリットが気になる場合は、下記記事もチェックしてくださいね。

「転職したいけど怖い」と思っても転職すべきなの?

考える女性

なかには「怖いと感じているのに転職すべきなのか」とお思いの方もいますよね。

ですが結論を言うと、今の自分に不満を感じてるならば迷わず行動するのが得策。以下の理由から「転職したいけど怖い」と思っても転職をすべきと考えられます。

<主な理由>

  1. 若いうちに決断できると転職しやすいから
  2. 人脈が増えて新しい価値観を身につけられるから
  3. 自分なりの働き方を実現できるから
  4. 現職での悩みを解消できるから

理由①若いうちに決断できると転職しやすいから

今ご自分が20代で「怖い」と感じているのであれば、早めに決断するのが得策。

年齢を重ねると企業が求める人物像から外れやすく、転職活動が不利になりやすいです。

また企業の多くは採用枠を広げても30歳近くまでが多く、それ以降の年齢だとある程度高いスキルや経験を求められます。

ちなみに第二新卒としての採用は、25歳までに設定しているケースがほとんどです。

もし未経験の職種や業種に挑戦したいならば、特に早めの行動を心がけましょう!

理由②人脈が増えて新しい価値観を身につけられるから

転職することで職場や仕事内容はもちろん、人間関係もガラッと一新されます。

そうした新しい環境で交流していれば、新しい考え方や価値観を身につけられますよね。

早いうちに仕事への考え方や価値観をアップデートできれば、さらなる成長につながることでしょう。

理由③自分なりの働き方を実現できるから

転職するのが怖くても、理想的な働き方・将来像があるならばやはり早めの行動が得策です。

というのもそうしたビジョンがあって今の職場で叶えられないならば、転職で実現できる可能性が高いからです。

行動を起こして環境を変えていければ成長機会のつながり、ご自分の抱く目標により早くたどり着くかもしれませんね。

理由④現職での悩みを解消できるから

たとえばサービス残業やパワハラ、セクハラが横行していて、体力的・精神的に苦しめられている方がいることでしょう。

こうした場合はすぐに転職すべきで、体を崩す前に環境を変えるべきです。

仮に現職に残ったとしても、それらをすぐ改善するのは難しいでしょう。

労働環境が悪質なら、たとえ転職活動が怖くても健全な職場を選ぶのが得策ですよ。

転職したいけどスキルがない場合はどうする?

なかには「転職したいけどスキルがない…」と悩んでいて、なかなか一歩踏み出せない方も多いです。

もしスキル面で自身が無いならば、次のポイントを押さえてみてください。

転職したいけどスキルがないときに押さえるべきポイント

  1. 専門性の高い資格を取ってみる
  2. 自分自身が本当にやりたい仕事を見極める
  3. 転職支援サービスの選び方を押さえる
  4. 経験のある業界から求人を探す
  5. 自分自身の市場価値を把握する

①専門性の高い資格を取ってみる

数ある資格のなかで、社会保険労務士や公認会計士、宅地見物取引士をはじめとした、専門性の高い資格取得を取ってみましょう。

専門性の高い資格を取ることでスキル面を補い、選考の際には即戦力性をアピールする材料を増やせます。

ただし応募先と関連のない資格を取っても、時間と労力の無駄になってしまいます。

必ず志望業界と対応した資格を取るように、慎重な選択を心がけてくださいね。

求人サイトで希望業界のページを見て、求められている資格をチェックするのもいいですね!

②自分自身が本当にやりたい仕事を見極める

人には好きなこと・嫌いなこと、得意なこと・苦手なことがあります。

それらを組み合わせで考え、本当にやりたい仕事は何か見極めるのも手です。

「好きだし得意なこと」「好きだけど苦手なこと」「嫌いだけど得意なこと」「嫌いだし苦手なこと」と4つに大別できます。

このように4つにわければ、どんな仕事に向かっていくべきか見極めやすくなり、スキルがなくても今自身に備わっていることから考えを深められますね。

③転職支援サービスの選び方を押さえる

転職支援サービスには大きく分けて「転職サイト」「転職エージェント」の2種類があり、それぞれ違った特徴があります。

またそれぞれで選び方も異なるため、サービスを比較するときはポイントを押さえましょう。

サービスの種類特徴選び方
転職サイト
  • 転職エージェントで求人数が多い傾向にある
  • 自分自身で求人を探して応募する
  • マイペースに転職を勧めやすい
求人数が多い
転職エージェント
  • キャリアアドバイザーのサポートのもとで転職活動を進められる
  • 希望条件をもとに求人・紹介を提案してくれる
  • 求人数が多い
  • 担当者が真剣・親身に対応してくれる
  • 担当者が企業文化・風土を理解している
  • 企業側が求める人材を博している

なおスキルがないとお思いならば、転職エージェントの担当者と相談したうえで最適解を提案してくれます。

おすすめの転職エージェントは記事後半で紹介しますので、ぜひチェックしてくださいね!

④経験のある業界から求人を探す

スキルがないとお思いならば、すでに経験済みの業界から求人を探すのがおすすめです。特に30代の方にいえることですね。

なおその業界で直接的な仕事をしていなくても、これまでの業務との親和性があったり、取引先と何らかの関係があった場合でもOKです。

スキルに自信がなくても業界と強い関係性があれば、採用見込みが期待できます。

スキルがないにしても、なにか志望先との具体的なエピソードをからめられると有利に働くかもしれません!

⑤自分自身の市場価値を把握する

転職活動となれば、大勢の場合はライバルがいるものです。

つまり他者との相対評価で採用が決まりますから、自信をしっかり売り込んでアピールしないといけません。

ですが効果的なアピールができないと、失敗に終わる可能性があります。そこで第三者の客観的な意見を参考にしたいところです。

たとえば転職エージェントを活用して転職のプロであるキャリアアドバイザーとの面談を受ければ、客観的かつ明確な回答が得られますよ。

転職で無職になるのが怖いなら現職を続けて転職活動をしよう

派遣-女性派遣社員が人差し指を指している

なかには「転職活動中に無職になるのが怖い…」なんてお思いの方もいます。

ですが無職期間が長引けば「もう内定をもらえればどこでもいいや…」なんて思考になりますし、焦りや不安から望まない結末に終わるかもしれません。

理想の転職活動を実現するためには、在職中に転職活動を進めて、内定をもらってから現職の退職交渉を進めるのが得策ですね。

なお、現職で転職活動を進めるメリット・デメリットは以下の通りです。

<現職で転職活動を進めるメリット>

  1. 経済的な心配がない
  2. より納得感をもって転職できる

<現職で転職活動を進めるデメリット>

  1. 面接日程のスケジューリングが大変
  2. 転職活動と現職との両立が大変

2つのことを同時並行で進めるわけですから、その両立で苦労することもいることでしょう。

経済面・時間面のうちどちらを優先するかで、現職と並行するかどうか考えてみてくださいね。

「退職してから転職活動をすべき」との声もあるが…

退職してから転職活動を進めれば「面接官に対して覚悟を示せるのでは?」とお考えの方もいます。

ですが在職中に転職するのが一般的な現在、面接官からはこう思われかねません。

「どうして転職先を確定する前に退職したんだろう…」
「この人は転職活動に失敗したのかな…?」

まず退職してからの転職活動には疑念に思われやすく、そこから失敗にも繋がりかねません。

また転職活動がうまくいかなければ無職期間が長くなりやすく、今後の転職活動で不利に働きやすいです。

その分自己分析・企業研究などの時間がをとれて、日程調整を進めやすいですが、基本的には在職中に退職活動を進めるのが得策ですよ。

転職活動すべきでない人の2パターン

たとえ「怖い」と思っても基本的に転職活動を推奨しましたが、下記に当てはまる場合は転職活動をおすすめできません。

<転職活動すべきでない人の2パターン>

  1. 転職理由が不明確である
  2. 現状の課題を解決できていない

①転職理由が不明確である

「とりあえず転職してみようかな…」
「なんとなく転職してみたいと思った…」

こうお思いなら、まず転職活動はおすすめできません。

理由が不明確だと書類選考や面接でボロが出やすく、転職理由が薄っぺらくなってしまいます。

転職に中身がなければ志望動機・熱意をうまく伝えにくくなり、失敗につながりかねません。

また面接官はウソ・本質を見抜くプロですから、短絡的・表面的な志望理由はすぐバレる可能性もあります。

そこから掘り下げられても上手く答えにくいですし、まずは明確な転職理由・志望動機を用意してくださいね。

まず自己分析から始めるのをおすすめしますよ!

②転職理由が現職の不満だけの人

なかには「今の仕事を就業時間内に終えられる気がしない」「人間関係がイヤすぎる…」なんてお思いの方もいることでしょう。

ですがこうした現状の不満・課題を解決できないまま転職すると、成長機会を逃してしまいかねません。

またそうした課題を解決できないまま転職しても、転職先で同じ場面に遭遇して同じ過ちを繰り返すことでしょう。

課題解決能力はどの会社でも要されますし、転職する前に克服するのが得策です。

ご自分の力で解決できれば、その経験を転職活動でアピールできますね!

転職活動を成功させるには?押さえたいポイントは4つ

派遣-考える女性

さて転職したいけど怖いと感じる理由が言語化できたところで、次は成功までのルートを確立していきましょう。

転職を成功させるために押さえるべきポイントは、以下の通りです。

<転職を成功させるために押さえるべきポイント>

  1. 具体的なスケジュールを立てる
  2. 転職の希望条件・優先順位を考える
  3. 事前準備を徹底する
  4. 転職エージェント・就職支援サービスをフル活用する

①具体的なスケジュールを立てる

先程軽く触れた通り、転職を成功させるにあたってのスケジュールを具体的に立ててみましょう。

なお転職活動にかける時間としては、情報収集から内定獲得まで3ヶ月が目安です。

実際に転職先で働くまで考えるならば、半年くらいを目安にしましょう。

②転職の希望条件・優先順位を考える

転職するにあたり、どんな条件を希望するのか言語化しましょう。

「通勤は30分以内に抑えたい…」
「有給取得率の高いところで働きたい…」
「事務職で働きたい」

などなど、まずは思いつく限りで考えてみてください。

それらを整理し、具体的にどんな働き方をしたいのか考えますが、ここで重要なのが優先順位の検討。

転職などで優先するのは職種なのか、有給取得率なのか、通勤時間なのか、などと優先順位を決めてみてください。

転職活動では、希望条件が全て叶うと分かりません。

いざ希望条件のどれかを切り捨てないといけない時に、優先順位を決めておけばすぐ判断を下せますよね。

③事前準備を徹底する

転職活動を進めるには徹底した準備が必要不可欠です。

自己分析や企業研究、業界研究などなど、しっかりと体制を整えて転職活動に臨みましょう。

ここでどれだけ準備ができるかどうかで、結果が大きく変わってきますよ。

自己分析のコツ

まずはご自分の短所をどこかに書き出してみて、その短所を長所に変えてみましょう。

なお短所→長所の主な言い換えは以下の通りです。

<短所→長所の主な言い換え>

短所長所
優柔不断物事を深く考えられる。思慮深い。
飽きっぽい好奇心が旺盛である。
緊張しやすい真面目である。
神経質几帳面である。
気が弱い思いやりがある。
心配性慎重に物事を進められる。

こうした言い換えができるとご自分の自信にも繋がりますし、転職活動の一歩になることでしょう。

業界研究・企業研究のコツ

業界研究・企業研究を進めるならば、まずご自分の周りで実際に希望業界・企業で働いている友人・知人がいないか探してみましょう。

最近だとWeb上やSNSでもそうした人物と出会える機会が多いですし、あらゆる手段を活用するのが手ですね。

④転職エージェント・就職支援サービスをフル活用する

転職エージェント・就職支援サービスといって、転職や就職活動を無料で全般的にサポートしてくれるサービスがあります。

数あるサービスのなかから、ご自身に合ったものを比較して利用してみるのも手です。

なお転職エージェント・就職支援サービスで受けられる、主なサポート内容は以下の通りです。

<転職エージェント・就職支援サービスで受けられる主なサポート内容>

  • 求人紹介
  • 面接対策
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • カウンセリング
  • 円満退職のアドバイス
  • 就業後のサポート など

このように転職エージェント・就職支援サービスを活用すれば、転職活動のほとんどをフォローしてくれるんです。

しかもサービスは無料で利用できますから、これほどコスパの良いものありませんね。

なお次章では、そんな転職エージェント・就職支援サービスを3つに厳選してご紹介しますよ。

転職活動について不安なことがあれば、随時相談にも乗ってくれますよ!

おすすめ転職エージェント・就職支援サービス3選!

ここまでお読みになった方のなかには「転職エージェントとか就職支援サービスとか、使ってみようかな…」なんてお思いの方がいることでしょう。

最後にそんな方に向けて、利用者の多いおすすめの転職エージェント・就職支援サービスを3つに絞ってご紹介します。

サービス内容・詳細を比較・検討して、ご自分にぴったりのサービスを使ってみてくださいね!

<おすすめの転職エージェント・就職支援サービス3選>

  1. doda
  2. マイナビエージェント
  3. ハタラクティブ

①doda

doda-アイキャッチ画像

<dodaのおすすめポイント>

  • 業界トップクラスの求人数!
  • 業界精通のスタッフが徹底フォロー!
  • 大手・有名企業の求人も多数掲載!
運営会社パーソルキャリア株式会社
求人数約100,000件
主な利用対象者20代~30代
求人掲載の対象地域全国

dodaは数あるサービスのなかで、今特におすすめしたい転職エージェントです。

約100,000件と圧倒的な求人数が魅力で、豊富な選択肢からピッタリのお仕事を見つけられます。

またサービス利用時には業界精通のスタッフがフォローしてくれますから、転職活動が初めてのかたでも安心して利用できます。

さらに大手企業の求人や有名企業の求人も用意してますから、高待遇なお仕事を見つけたい方にもおすすめですね。

②マイナビエージェント

マイナビエージェント

<マイナビエージェントのおすすめポイント>

  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
  • IT・通信系、メーカー求人に強い!
  • 転職未経験者にもやさしい!
運営会社株式会社マイナビ
求人数約15,000件
主な利用対象者20代~30代
求人掲載の対象地域全国

マイナビエージェントは若年層向けの転職エージェントで、特に20代~30代向けのサービスです。

「20代に信頼されている転職エージェントNo.1!」に選ばれた実績もあり、多くの利用者から信頼されているともいえます。

なお求人を業界別で見るとIT・通信系、メーカー求人に強く、若手に人気のお仕事も多数用意しています。

未経験者向けの求人も充実しているため、転職活動が初めてならばマイナビエージェントおすすめですね。

③ハタラクティブ

ハタラクティブ-アイキャッチ画像

<ハタラクティブのおすすめポイント>

  • 20代のフリーター・既卒・第二新卒向けのサービス!
  • カウンセリング実績が110,000人を突破!
  • 内定率は80.4%!
運営会社レバレジーズ株式会社
求人数非公表
主な利用対象者20代~30代前半
求人掲載の対象地域全国

ハタラクティブは就職支援サービスのなかで、今一番オススメしたいサービスです。

利用者はほとんどが20代で、フリーターや既卒の方、第二新卒の方でも利用できます。

またカウンセリング実績が110,000人を突破していて内定率は80.4%と、「転職したいけど怖い」とお思いの方でも安心して利用できますね。

そんなハタラクティブの評判・利用メリット・デメリットが気になる方は以下の記事もチェックしてみてください。

まとめ~転職したいけど怖い気持ちには冷静に対処しよう~

今回は、転職したいけど怖いと感じる理由、およびその対処法について詳しく解説してきました。

ご紹介してきたどの理由も誰しもが経験していることですから、決してご自分だけの問題ではありません。

いずれも対処できることですから、一つずつ問題点を見つけて、落ち着いて対処してきましょう。

また相談先にお困りならば、転職エージェント・就職支援サービスなども活用してみてください。

なかでも求人数がダントツなdoda、転職初心者に強いマイナビエージェント、そして正社員経験の少ない方向けのハタラクティブがおすすめですよ。

タイトルとURLをコピーしました