派遣はカードローンを作れない?派遣でカードローンの審査に通る方法

派遣社員とカードローン お役立ちコラム

急なお金が必要になったり、大きな買い物をしたいと思ったりした時、カードローンで借り入れする事を多くの人が考えます。

自分が派遣の場合、正社員じゃなくても借り入れすることは可能なのか不安になりますよね。

今回は派遣社員がカードローンを作ることができるのか解説していきます!

  1. 派遣でもカードローンを作ることはできる!
    1. 正社員は全体の6割しかいない
    2. 低収入でも審査に通過する
    3. 年収の3分の1までなら借り入れ可能
  2. カードローンにも種類がある
    1. 初心者にオススメなカードローン
    2. 初めて借りた人は30日間無利息で借り入れ可能
      1. アコムは審査も柔軟に対応してくれる
      2. プロミスは即日審査可能!
  3. 初めて借りる人は実績を作らなければならない
    1. 正社員でも派遣でも実績が無いと高額借り入れは厳しい
    2. 返済期限を守らないと新しい借り入れはできない
  4. 消費者金融でカードローンを作る流れ
    1. 申込方法が色々ある
    2. インターネットは24時間申し込み可能
    3. 急な場合は電話か自動契約機を利用しよう
    4. 申し込み完了後本人確認の書類を提出
    5. 審査が行われて通過すると借り入れ可能
      1. 自分の希望する融資額よりも低い場合がある
  5. 銀行でカードローンを申し込みする事も可能
    1. 返済能力と信用情報に欠陥がなければ審査は通過する
  6. カードローン利用時に気を付けること
    1. 無理な返済計画を立てない
    2. 返済を怠るとブラックリストに載ってしまう
    3. 返済不可能になると自己破産に追い込まれる
  7. 自分が返せる範囲で借りよう
    1. 基本的に最大3社までカードローンは作れる
    2. 増額可能のお知らせを受けても安易に増額してはいけない
    3. お金を借りるのは最終手段だと思ったほうが良い

派遣でもカードローンを作ることはできる!

女性

結論、派遣社員でもカードローンを作る事はできます。

職種関係無く、ある程度の収入があれば借り入れ可能です。派遣だからと心配する必要はありません。

借り入れしたい額にもよりますが、10万円程度であれば即日借り入れも可能です。

正社員は全体の6割しかいない

日本で正社員は全体の6割しかいません。

4割は派遣社員かバイト・パートとなります。約半分の人が非正規雇用者なので、消費者金融側も柔軟に対応してくれるようになりました。

近年では、学生でも借り入れ可能なカードローンができたので職種で心配する必要はありません。

低収入でも審査に通過する

低収入でも審査に通過する事ができます。高額な借り入れは難しいかもしれませんが、返済をちゃんとしていると増額の問い合わせが来ます。

収入が殆どない人でも借り入れ可能な世の中なので、低収入だからと心配する必要はありません。

年収の3分の1までなら借り入れ可能

基本的に年収の3分の1までお金を借りる事ができます。例えば、派遣で月収20万円だとしましょう。

単純計算すると年収240万になり、約80万円借り入れ可能となります。

派遣でも100万円近く借りる事ができるので銀行や消費者金融に相談しましょう。

カードローンにも種類がある

カードローンにも種類があります。初心者でも簡単につくれるカードや、審査を柔軟にしてくれる会社もあります。

自分の使用方法と借り入れ希望金額に合った会社を選びましょう。 無理に最初からランクの高いカードローンを選ぶと審査が通らない場合もあります。

まだ借り入れをした事が無い人は、初心者にオススメなカードを作りましょう。

初心者にオススメなカードローン

初心者でも簡単に作れるカードローンがあります。初心者なのでいきなり高額から取引できるケースは少ないです。

年収の3分の1以下でも借り入れできない場合があるので、10万円程度を目安にしてください。

女性専用のカードローンもあるので、女性でも安心して利用できます。

初めて借りた人は30日間無利息で借り入れ可能

初めての借り入れの場合のみ30日間無利息で借り入れできる所があります。

1ヶ月以内に返済可能なのであれば利用してみましょう。返済期間が短い人は利息を気にする必要はありません。

もし長期間借り入れする場合は利息が低い所を選びましょう。

アコムは審査も柔軟に対応してくれる

アコム

アコムは初心者に非常に優しいカードローン会社です。

収入のない主婦でも借り入れできるので、勿論派遣でも借りる事ができます。

初めての方のみ30日間無利息キャンペーンをしているので有効活用しましょう。

プロミスは即日審査可能!

プロミス

プロミスは審査スピードが早く、即日借り入れ可能な会社です。

女性専門窓口もあるので、女性でも安心して借り入れ出来ます。

増額案内も早い段階で申請することができるので、多く借り入れしたい人はプロミスをオススメします。

初めて借りる人は実績を作らなければならない

初めての人は、借り入れ実績が無いため会社の信用度が低いです。

年収の3分1以下でも許可がおりない場合もあります。

最初は信用度を高くする為に返済を頻繁に行いましょう。信用度が上がると借り入れ枠を広げる事ができます。

正社員でも派遣でも実績が無いと高額借り入れは厳しい

実績に正社員や派遣は関係ありません。借り入れ実績が無い人は基本的に高額借り入れできません。

初めて作る人は初心者向けの会社をオススメします。

審査の詳細は教えてくれないので注意して下さい。

返済期限を守らないと新しい借り入れはできない

返済期限を守らないと信用度に響きます。あまりにも酷いとブラックリストに載ってしまいます。

新しい借り入れどころか、現在の限度額でも借りる事ができなくなるので注意しましょう。

増額したい人や新しいカードローンを作りたい人は半年以上返済実績を作りましょう。

消費者金融でカードローンを作る流れ

消費者金融でカードローンを作るには、いくつかのステップを踏まなければなりません。

難しそうに思えますが、やり方は簡単です。店頭が近くに無くても申し込みは可能なのでカードローン会社のサイトを見てみましょう。

申込方法が色々ある

申し込み方法は大きく分けて3つあります。インターネットで申し込み、電話と自動契約機もあります。自分に合った方法で申し込みましょう。

郵送で申し込む事もできますが、時間が掛かるのであまりオススメしません。

地方で自動契約機やインターネットが無い人は電話相談を使いましょう。

インターネットは24時間申し込み可能

インターネットの申し込みは24時間可能となっています。

何時でも自由な時間に申し込む事ができるので、遅い時間に申し込みたい人にオススメです。

本人確認書類はメールかFAXで送る必要があるので、審査に少し時間が掛かります。

早急に必要な人は他の方法で申し込んで下さい。

急な場合は電話か自動契約機を利用しよう

急いでいる人は電話か自動契約機を利用しましょう。

自動契約機の営業時間は会社によって多少異なりますが、大体9:00~21:00まで営業しています。

自動契約機や電話を利用する場合、本人確認書類がその場に無いといけません。

事前に用意して利用しましょう。

申し込み完了後本人確認の書類を提出

申し込みが終わったら、審査に必要な本人確認書類を提出します。

免許証を持っている人は、免許証を提出しなければならないので事前に用意しておきましょう。

借り入れる額によって収入を証明する書類が必要となります。源泉徴収票や給料明細を用意しましょう。

審査が行われて通過すると借り入れ可能

審査に通過したら、借り入れする事ができます。最短即日で可能な場所もあるので、緊急の場合は即日可能な会社を選びましょう。

消費者金融会社はほとんど最短即日可能です。

銀行カードローンの場合、少し審査に時間が掛かる場合もあるので気を付けましょう。

自分の希望する融資額よりも低い場合がある

審査の結果、自分の希望している額よりも低い場合があります。

信用や実績がまだ無いと、借り入れ枠が小さくなります。初めて利用する人は少額しか借り入れできないと理解しておきましょう。

無理に高額設定すると、審査に通らない場合もあります。

年収の3分の1でも断られるケースがあるので注意して借り入れる額を設定しましょう。

銀行でカードローンを申し込みする事も可能

銀行でカードローンを申し込む事もできます。銀行の場合、窓口に行って申し込む必要があります。時間が限定されているので事前に予定を立てましょう。

カードローンの種類によって即日発効出来ないカードもあります。

銀行は消費者金融より金利が低いので長期借り入れしたい人は銀行で作りましょう。

ただし上限額が銀行の場合、年収の2分の1~3分の1となっているので注意して下さい。

借り入れ枠を将来増やしたいと考えている人は、消費者金融をオススメします。

返済能力と信用情報に欠陥がなければ審査は通過する

基本的に、返済能力と信用情報に問題がなければ審査は通過します。

借り入れを申し込む前に一度確認しましょう。

滞納している過去があれば、審査に通りにくくなります。返済を怠っている場合は即時に完済しましょう。

カードローン利用時に気を付けること

派遣-美人な女性

カードローンは簡単に借り入れ可能なので、多めに借りてしまう人がいます。

借金をすると、後々借金した額以上の金額を返済しなければなりません。

お金を借りる時はよく考えてから借りましょう。

無理な返済計画を立てない

年収の3分の1でも月々の返済が難しくなる人もいます。

万が一の場合を考えて余裕を持った返済計画を立てましょう。

一気に返済できる場合は、利息も安く済むので早めに完済しましょう。

返済せず放置すると親族や会社に迷惑が掛かってしまいます。

返済不可能と感じた時は、金融会社に連絡して下さい。

返済を怠るとブラックリストに載ってしまう

返済期日を破り続けているとブラックリストに載ってしまいます。

ブラックリストに載ると、ローンを組んだりクレジットカードを作ったりする事ができなくなります。

自分の生活に支障が出てしまうので気を付けましょう。

返済不可能になると自己破産に追い込まれる

借金が膨らんで、返済不可能になると自己破産しなければなりません。

自己破産すると多くの物を失ってしまうのでなるべく回避しましょう。

借金理由がギャンブルだったり個人の買い物だったりすると免責許可がおりない場合もあります。

免責許可がおりない場合は借金が残るので自己破産する時は弁護士と相談しましょう。

自分が返せる範囲で借りよう

借金をして自己破産してしまう人は返済の事をよく考えていません。

お金を借りる時は返済の事も考えて借りましょう。

できれば短期間で返せる返済プランを立てて下さい。

長期だと月々の返済額は減りますが、利息を多く払わなければならないので無駄金が多くなります。

基本的に最大3社までカードローンは作れる

カードローンは最大3社まで作る事ができます。4社目も可能ですが、借り入れ先を増やしすぎるとブラックリストに載ってしまう事もあります。

借り入れる会社が増えれば利息も増えるので1社に絞りましょう。

増額可能のお知らせを受けても安易に増額してはいけない

消費者金融は利息で儲けているので、増額のお知らせを頻繁に行います。

返済能力がある人にしかお知らせは来ませんが、安易に増額してしまうと返済が苦しくなる人も居ます。

増額のお知らせが来ても、必要なければ断りましょう。

お金を借りるのは最終手段だと思ったほうが良い

お金を借りる行為は最終手段だと思っておきましょう。

借金する事は色々なリスクを背負う事になります。もし、お金が欲しい理由が欲しい物を得る為なら考え直しましょう。

一括で支払う事が一番安く済む方法です。

カードローンを作ろうと考えている人は安易に作らず、一度考えて行動しましょう。

タイトルとURLをコピーしました