20代から派遣社員として働くメリット・デメリットを解説!

派遣-20代の女性 20代の派遣

「20代から派遣社員として働きたい!」と思っている人は、意外と多く存在します。

派遣社員として働く道を選ぶには、それぞれ理由がありますが、最初にメリットとデメリットを知っておくことも大切です。

本記事では、20代から派遣社員として働くメリット・デメリットを解説し、おすすめの派遣会社についてもご紹介します。

20代から派遣社員として働きたい人にとって、役立つ情報を掲載しているので、ぜひ参考にしてください!

  1. 20代で派遣社員を選ぶ人は珍しくない
  2. どういう人が20代で派遣社員を選ぶのか?
    1. ワークライフバランスを実現したい
    2. 仕事と家庭との両立をしたい
    3. 副業や複業を希望する
    4. いずれ正社員になりたい
  3. 20代が派遣社員として働く際に、押さえるべきポイント
    1. ①目的を持つ
    2. ②良い派遣会社を選ぶ
    3. ③デメリットを理解する
  4. 20代で派遣社員として働くメリットとは?
    1. ①時給換算をすると正社員より高い
    2. ②プロフェッショナルを目指せる
    3. ③残業や休日出勤が少ない
    4. ④困ったことがあれば派遣会社に相談ができる
    5. ⑤憧れの企業で勤務できる可能性がある
    6. ⑥人間関係の煩わしさが少ない
    7. ⑦派遣会社が仕事を探してくれる
    8. ⑧すぐに働くことができる
    9. ⑨仕事の範囲が決められているので、業務内容が分かりやすい
    10. ⑩サポート体制が整っている
  5. 20代で派遣社員として働くデメリットとは?
    1. ①雇用の安定性が低い
    2. ②同じ現場で長く働くことが難しい
    3. ③仕事の範囲が正社員より狭い
    4. ④仕事を一から教えてもらえない
    5. ⑤ボーナスが支給されない
    6. ⑥交通費は基本的に自己負担
    7. ⑦30代後半になると紹介してもらえる仕事が減る
  6. 20代が派遣会社を選ぶ際のポイントとは?
    1. 求人数が豊富である
    2. 研修やサポート体制が充実している
  7. 20代に本当におすすめの派遣会社
    1. ①スタッフサービス
    2. ②テンプスタッフ
    3. ③マンパワー
  8. まとめ

20代で派遣社員を選ぶ人は珍しくない

ひと昔前までは、正社員として働き、定年まで勤め上げることが一般的でした。

いわゆる「終身雇用制度」というものですね。

しかし現在では、終身雇用制度は崩壊したと言われており、正社員や1つの会社にこだわらない人も増えました。

雇用形態に関しても、契約社員・アルバイト・フリーランスなどと多種多様であり、20代から派遣社員の道を選択することも、決して珍しくない時代になりました。

どういう人が20代で派遣社員を選ぶのか?

派遣-女性,はてな,高松市

ひとくちに「20代で派遣社員の道を選ぶ」と言っても、背景は人それぞれですが、一般的には、下記のような理由が多いです。

ワークライフバランスを実現したい

ワークライフバランスとは、オフの時間も充実させることが大切だと考え、仕事とプライベートの両立をはかることを指します。

毎日仕事に追われ、プライベートの時間を犠牲にしてまで、働きたくないという人も多いでしょう。

正社員や契約社員として働いた場合には、残業を強いられ、やむなく休日出勤をすることもあり、プライベートの時間の確保が難しいこともあります。

一方で派遣社員の場合には、残業や休日出勤が少ないので、ワークライフバランスを実現しやすいと言えます。

残業や休日出勤が多い案件もありますが、ワークライフバランスを実現したい人は、このような仕事を避ければ問題はありません。

仕事と家庭との両立をしたい

20代で結婚をしていて、お子さんを持つ人もいるでしょう。

このような状況下においては、仕事もしつつ、家庭との両立をしたいと考える人が多いです。

正社員の場合には、突発的な残業や持ち帰りの仕事などが発生し、家族との時間を犠牲にせざるを得ないこともあるでしょう。

仮に残業が少なめの仕事を選んだとしても、残業や休日出勤が完全にゼロという仕事は、少ないのが現実です。

派遣社員であれば、あらかじめ派遣会社の担当に「家庭があるので、残業・休日出勤がない仕事を希望したい」と伝えれば、条件に合った仕事を紹介してもらえるので、仕事と家庭との両立がしやすいです。

副業や複業を希望する

昨今では、副業や複業がブームとなっており、さまざまな仕事を通して収入を得る人が多く存在します。

このように1つだけではなく、2つ以上の仕事をしたい人にも、派遣社員という働き方が適しています。

派遣社員をメインにし、別で副業をする場合には、フルタイムで勤務が可能な派遣先を紹介してもらうと良いでしょう。

派遣社員を行いつつ他の仕事をメインにする人や、複業をする場合には、「週2日だけ」や「土日だけの勤務」が可能な派遣先を選ぶと良いです。

派遣社員は副業できない?気になる実態を徹底調査
「派遣社員としての収入じゃ足りないから副業でも稼ぎたい」 「派遣会社に登録したら副業はできるのかな…」 派遣社員の方あるいは派遣社員を目指される方のなかにはこんなお悩みも多く、2種類以上の収入源がほしいという現状です。 ま...

いずれ正社員になりたい

派遣には「紹介予定派遣」という制度があります。

派遣社員として一定の期間(※通常は数カ月)働いた後に、派遣先と派遣社員の双方の合意があれば、正社員になれるというものです。

いずれ正社員になりたいけれど、現状ではスキルや経験が足りない人や、どういった仕事が適職であるかが分からないので、さまざまな仕事を試したい人に向いていると言えます。

ただし、全ての案件が「紹介予定派遣」の対象だというわけではありません。

さらに制度の対象の案件でも、必ず正社員になれるというわけではないので、その点は注意が必要です。

紹介予定派遣とは?メリット・デメリットを中心に徹底解説!
派遣の求人を探していたら「紹介予定派遣」っていうのが出てきたんだけど、これって何? 紹介予定派遣は派遣社員から正社員登用を狙える夢のような雇用形態なんです! そもそ...

20代が派遣社員として働く際に、押さえるべきポイント

指をさす女性②

数ある雇用形態の中から、20代で派遣社員の道を選ぶのであれば、押さえるべきポイントを意識しましょう。

下記に大事なポイントを、3つご紹介します。

①目的を持つ

なんとなく派遣社員という働き方を選ぶことは、避けた方が賢明です。

なぜかというと、正社員とは異なる「厳しい側面」も持ち合わせるのが、派遣社員だからです。

例えば「プライベートでかなえたい夢があるので、派遣社員として働き、きっちりと定時に終わる仕事を選びたい」などと、明確な目的を持ちつつ選ぶことが大切です。

②良い派遣会社を選ぶ

派遣社員としての経験が豊富な「30代」や「40代」であれば、派遣社員の実情をある程度知っているものです。

しかし20代の場合には、初めて派遣社員として働く人も多く、現状を知らないことも多いでしょう。

このような時に今後の明暗を分けるのが、派遣会社選びです。

最初に良い派遣会社に出会えるかで、今後が左右されると言っても過言ではありません。

のちほど「20代におすすめの派遣会社」を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

③デメリットを理解する

物事にはメリットもあればデメリットも存在するので、20代で派遣社員として働くことに関しても、当然ですがメリットとデメリットがあります。

メリットに注目がいきがちですが、しっかりとデメリットも理解したうえで、派遣社員として働くかを判断することが大切です。

次項から「メリット」と「デメリット」について解説するので、しっかりとチェックしていきましょう。

20代で派遣社員として働くメリットとは?

派遣-女性,はてな,仙台

20代で派遣社員として働くメリットは、以下の通りです。

①時給換算をすると正社員より高い

派遣社員と正社員の給与について、時給換算をして比較すると、派遣社員の方が高めになるケースが多いです。

なぜかというと、派遣社員は「雇用の不安定さ」や「ボーナスが支給されない」ことから、その分のお金が最初から上乗せされているからです。

また選ぶ職種によっては、さらに時給が高めに設定されていることがあり、特に下記のような仕事が高い傾向にあります。

ただし上記のような仕事を希望しても、未経験でスキルも持ち合わせていない場合には、低めの時給からスタートすることもあります…。

②プロフェッショナルを目指せる

派遣社員は多くの現場を渡り歩くことが多く、さまざまな場所で経験を積むことができます。

現場が変わるたびに、その職場に応じたルールを覚る必要があるので、大変な面もありますが、多くのスキルや経験値を得ることができるという特典もあります。

そのため、特定の分野の仕事を続けることにより、プロフェッショナルを目指すことが可能になります。

③残業や休日出勤が少ない

派遣社員は、残業や休日出勤が少ない傾向にあります。

なぜかというと、派遣社員の時給は自社の社員よりも高いことが多いので、定時外での仕事が発生する際には、極力自社の社員の行ってもらう方が安く済むからです。

そうは言っても、慢性的な人手不足が続いているので、派遣社員に残業や休日出勤を依頼する現場もあります。

定時外の勤務を避けたい人は、最初からそのような派遣先を選ばないことが大切です。

ただし残業をすることが完全に無理だと伝えると、紹介してもらえる案件が減る可能性があるのも事実です。

派遣会社に希望を伝える時には「子供の迎えがあるので、急な残業には対応できないけれど、前日までに分かっていれば、ある程度は調整が可能」などと、条件つきで言うこともアリでしょう。

④困ったことがあれば派遣会社に相談ができる

派遣先の職場で困ったことがあれば、所属している派遣会社への相談が可能です。

相談内容で多いものは「派遣先での人間関係」や「契約内容」についてです。

正社員や契約社員の場合には、職場に直接相談をしますが、派遣社員の場合には、派遣会社が間に入ってくれるので安心感があります。

また派遣会社の担当者は、問題解決のプロでもあるので、自分で動くよりもスムーズに物事が解決する傾向にあります。

業務の細かいやり方については、派遣先に聞くことをおすすめしますが、それ以外のことは、まずは派遣会社に相談をすれば間違いはないでしょう!

⑤憧れの企業で勤務できる可能性がある

憧れの企業があるけれども、いきなり正社員として働くには難しく、ハードルが高いと感じる人もいるでしょう。

そのような時に、派遣社員として勤務するという方法があります。

憧れの環境に身を置き、成長をすることで、学べるものがあるでしょう。

もしかしたら、その企業での契約社員や正社員としての道が見えるかもしれません。

特に20代の場合には、今後の可能性が未知数であるため、憧れの企業で働くことによって、さまざまな発見があるでしょう。

ただし希望する企業が派遣社員の採用を行っていない場合には、そもそも勤務ができませんので、その点には注意が必要です。

⑥人間関係の煩わしさが少ない

どのような雇用形態で働く場合にも、人間関係の悩みはついてきますが、派遣社員は正社員よりも人間関係の煩わしさが少ない傾向にあります。

正社員の場合には、自分か相手が退職を希望しない限り、そこでの人間関係が続きますが、派遣社員の場合には、契約更新をしなければその現場から離れることができます。

人間関係のストレスを最小限にしたい人や、ある程度ドライな付き合いを希望する人にとって、派遣社員という働き方はメリットが大きいと言えます。

⑦派遣会社が仕事を探してくれる

派遣社員として働くと、所属している派遣会社の担当者から、希望条件やスキルに合いそうな仕事を紹介してもらうことが可能です。

自分から探す必要はなく、待っているだけで紹介してもらえるので、効率的に仕事を探せると言えるでしょう。

ただし案件を選びすぎる人や、要望や不満が多すぎる人は、仕事を紹介されなくなることもあるので、ある程度の妥協も時には必要になります。

また確実に仕事につきたいのであれば、派遣会社の利用は1社だけにとどめずに、数社にわたって登録することをおすすめします。

⑧すぐに働くことができる

企業が派遣社員を採用する背景には、下記のような事情があります。

  • 急な退職者が出たので、すぐに働ける人に来てほしい
  • 慢性的な人手不足なので、1日でも早く人員を確保したい
  • 業務拡大のため、自社の社員のサポートをしてくれる人が必要である

いずれにしても、なるべく早い段階で勤務ができる人を、求めている傾向にあると言えます。

このことから派遣社員として登録をし、派遣先が決まった場合には、すぐに働ける可能性が高いことが分かります。

⑨仕事の範囲が決められているので、業務内容が分かりやすい

派遣先が決まると、派遣会社と派遣先との契約締結時に、派遣社員が行う業務の範囲が決まります。

実際に派遣先で働く際には、そこで決められた範囲内での仕事を行うので、業務内容が明確で分かりやすいと言えます。

万が一、契約範囲外の業務を依頼された場合には、派遣会社に相談をしたうえで、指示を待ちます。

一方で正社員として働く場合には、最初に聞いていたこと以外の業務を依頼されることもあるため、戸惑うケースも見受けられます。

派遣社員にはそのような心配がないので、安心して業務に取り組むことができます。

⑩サポート体制が整っている

派遣会社では、未経験や経験が浅い人に向けて、下記のような「スキル」や「知識」の習得ができるように、体制を整えているケースも多いです。

  • 未経験者に向けた、技術やスキルを養うためのセミナーの実施
  • 資格取得にむけたイベントの開催
  • 社会人としてのマナーのレクチャー

この他にも、派遣会社によっては、特徴的なサポートを設けているところもあります。

また困りごとや問題が発生した際の「派遣社員へのフォロー」に関しても、その都度対応が可能なので、多方面からのサポート体制が整っていると言えます。

20代で派遣社員として働くデメリットとは?

女性-はてな

前項では、20代で派遣社員として働くメリットをご紹介しましたが、ここではデメリットについてご紹介します。

①雇用の安定性が低い

正社員として働く場合には、毎月の収入が安定していますし、基本的には自ら退職をしない限り、定年まで働くことができます。

派遣社員の場合には、契約更新がされなかった時や、次の派遣先が見つからなかった際には、給料が発生しません。

このように、常に雇用の安定性の低さという問題がついてくるので、20代から派遣社員として働く場合には、収入が入ってこない時のことも想定すると良いでしょう。

派遣社員の雇用形態って不安定?正社員のほうがいいのか
派遣会社に登録したんだけど、友人から「不安定な雇用形態だからやめときなよ」って言われた…。大丈夫なのかな…。 どんな雇用形態にもメリットがありますが、当然デメリットもあります。派...

②同じ現場で長く働くことが難しい

派遣社員は、同じ場所で長く働くことが難しいと言えます。

正社員の場合には、希望をすれば定年まで同じ現場で働くことが可能ですし、アルバイトやパートとして働いた場合でも、契約を切られなければ長く働き続けることができます。

派遣社員の場合には、基本的に数カ月ごとに更新があるので、そこで更新の話がなければ契約は終了です。

また順調に契約更新が続き、お互いに不満がなかったとしても、派遣社員は「同じ現場では最長3年までしか働けない」という決まりになっているため、最高でも3年までしか働けません。

同じ現場で3年をこえて働きたい場合には、雇用形態を「正社員」や「契約社員」にしてもらう必要がありますが、3年が経過する前に契約が終わるのが一般的です。

長く腰を据えて、1つの現場でじっくりと働きたい人にとっては、デメリットだと言えるでしょう。

③仕事の範囲が正社員より狭い

企業が派遣社員を雇う理由は、期間限定の仕事のサポートや、突発的な欠員の穴埋めなどが大半を占めます。

また最長でも3年までしか働けないので、短期の労働を前提として、派遣社員の採用を考えています。

このことから派遣社員に対して、責任のある仕事を幅広く任すのは、難しいと考える企業が多いことが分かるでしょう。

故に、派遣社員に依頼する仕事の範囲は限定的であることが多く、正社員よりも携わる仕事の範囲が狭くなっています。

多くの仕事をこなしたい人にとってはデメリットだと言えますが、さまざまな現場を渡り歩き、限定的な仕事を繰り返すことによって、経験を着実に積み重ねることができます。

特に20代で経験が浅い人からすると、狭い範囲で仕事を行えるという安心感があるので、段階を踏みながら上を目指したい人にとっては、かえってメリットになるとも言えるでしょう。

④仕事を一から教えてもらえない

正社員を採用した際には、一から教育を行い、将来を見据えた対応を取ることも多いですが、派遣社員には即戦力として働いてもらうことが一般的です。

そのため、仕事を一から教えてもらえないということを、頭に入れておきましょう。

このことから、仕事を手取り足取り教えてもらいたい人には、派遣社員は向かないと言えます。

そうは言っても、知識がゼロの状態で仕事をする状況は、避けることも可能です。

なぜかというと、派遣会社によっては、未経験者に対して「パソコンの操作方法」や「社会人としてのマナー」を指導してくれるケースがあるからです。

20代から派遣社員として働きたい人は、こういった派遣会社を利用しつつ、未経験や経験が浅い人にも優しい派遣先からスタートし、経験を積むやり方をおすすめします。

⑤ボーナスが支給されない

正社員として働く醍醐味の1つに「ボーナスが支給される」点が挙げられます。

一方で派遣社員の場合にはボーナスが支給されません。

これはデメリットだと言えますが、派遣社員の時給にはボーナス分が最初から上乗せされているので、正社員でもボーナスが支給されなかったケースを想定すれば、かえって得だとも言えます。

また正社員でボーナスが支給されたとしても、業績の悪化や本人の評価次第では、低い額になることもあります。

こういったことを考えると、派遣社員の場合には業績や評価に関係なく、一定の金額が常に時給に反映されているので、ある意味では安定していると言えます。

このことから、ボーナスの支給がされない点については、その人の考え方次第だと言えるでしょう。

派遣社員にはボーナスなし!?実はもらえる手段が3つある
派遣社員の私にはボーナスをもらえないって本当なの!? 派遣社員は基本給にボーナスが組み込まれているため、ボーナスが原則無いんですよね…。 ほとんどの派遣社員は原則上...

⑥交通費は基本的に自己負担

正社員の場合には、毎月の給料の他に、交通費が別途で支払われます。

派遣社員は交通費を自分で負担するので、自宅から遠い派遣先を選ぶ方が、損だと言えます。

20代の場合には、紹介してもらえる派遣先も多い傾向にあるので、なるべく自宅から近い派遣先を選び、交通費の負担を少なくすることをおすすめします。

⑦30代後半になると紹介してもらえる仕事が減る

20代のうちは良いのですが、30代後半になると、紹介してもらえる派遣先が減る傾向にあります。

このデメリットを踏まえ、派遣社員として働いた際の「将来のビジョン」についても、20代のうちから考えておくと良いでしょう。

例えば他の派遣社員に負けないスキルを身に着けておき、30代後半になっても、変わらずに仕事がもらえるような派遣社員を目指すのも良いですね。

20代が派遣会社を選ぶ際のポイントとは?

日本には多くの派遣会社が存在しますが、20代が有意義に派遣社員として働くためには、その中から適切な派遣会社を選ぶことが大切です。

下記のポイントを押さえて、派遣会社を探すと良いでしょう。

求人数が豊富である

求人数が豊富な派遣会社を選ぶと、選択肢が広がりますし、自分に合った派遣先を見つけられる可能性が高くなります。

また多くの求人に応募が可能なので、より早く就業先を決めることができます。

さらに求人数が豊富な派遣会社は、さまざまな企業から信頼されている証だとも言えるので、20代で初めて派遣社員になる人も、安心して利用できると言えるでしょう。

研修やサポート体制が充実している

20代で派遣社員として働く人は、社会人経験が浅いことも多いでしょう。

また社会人経験があったとしても、新たなスタートに不安を覚えることもあるのではないでしょうか。

このことから、20代で派遣会社を選ぶ際には、研修やサポート体制の充実度の高さを、1つの基準にすることをおすすめします。

パソコンなどのスキルを学べる講座の開催や、ビジネスマナーのレクチャーを実施しているところもありますし、研修制度を設けているケースもあります。

20代に本当におすすめの派遣会社

ここでは、20代に本当におすすめの派遣会社を、厳選して3社ご紹介します。

3社ともに良い評判や口コミも多く、優良派遣事業者にも認定されています。

①スタッフサービス

派遣-スタッフサービスのアイキャッチ画像

<スタッフサービスのおすすめポイント>

  • 取扱い求人数がトップクラス
  • 早く仕事が決まる傾向にある
  • 各種制度が充実している

スタッフサービスは、オフィス・事務関係の仕事に強く、根強い人気をほこる派遣会社です。

取り扱い求人数はトップクラスであり、大手企業や有名企業の案件も多く取り扱っています。

仕事の紹介スピードが迅速であることも特徴であり、早い人では登録の翌日から就労することも可能です。

1日でも早く仕事を見つけたい人は、積極的に登録すべきだと言えるでしょう。

また福利厚生や資格・office系の講座の受講が可能であり、各種制度が充実していることから、20代の人も安心して利用することが可能です。

スタッフサービスは評判悪い!?口コミ30件とサービス特徴を徹底解説!
「スタッフサービスの評判は悪いって聞いたんだけど…」 「スタッフサービスって本当に使うべきサービスなのかな…」 派遣会社のサービスを使う前に、利用者の口コミを見ておきたいですよね。 なかでも最大手のスタッフサービスは利用者が特...

②テンプスタッフ

テンプスタッフ-アイキャッチ

<テンプスタッフのおすすめポイント>

  • 取り扱う業種・職種が豊富
  • 未経験でも挑戦できる仕事が多い
  • スキルアップへの支援制度が充実

テンプスタッフは、業界大手の派遣会社であり、高い人気を誇ります。

取り扱う業種・職種も豊富で、さまざまな人に対応が可能だと言えます。

希望の仕事がある人はもちろんですが、どういった仕事をするかと迷っている人も、まずは登録をしてみると良いでしょう。

また初心者に優しいことが特徴であり、未経験でも挑戦できる仕事が多いことから、派遣社員が初めての人も安心して利用できると言えます。

さらに2,600以上にわたる講座の開設実績があり、スキルアップへの支援制度が充実しています。

テンプスタッフは評判悪い!?口コミ31件とサービス特徴を徹底解説!
テンプスタッフの評判・口コミは「福利厚生が良い」「就業後のフォローがしっかりしている」など良いものが多いです。業種カバー率は驚異の100%を誇り、派遣会社の中でもテンプスタッフは幅広く求人に対応している点も評判です。

③マンパワー

マンパワー-アイキャッチ

<マンパワーのおすすめポイント>

  • 外資系・外国語関連の案件に強い
  • キャリアアップへのサポートを強化
  • 福利厚生に力を注ぐ

マンパワーは、日本で一番古い派遣会社であり、業界における知名度が高いことでも有名です。

幅広い案件を扱っていますが、なかでも外資系や外国語関連の仕事に強いことが特徴です。

またTOEIC対策や各種のセミナーを用意しており、キャリアアップへのサポートを強化していることから、資格取得やスキルを身に着けたい人にもピッタリだと言えます。

さらに福利厚生にも力を入れており、社会保険や有給休暇などはもちろんですが、提携施設への割引利用なども積極的に行っています。

マンパワーは評判悪い!?口コミ36件とサービス特徴を徹底解説!
「マンパワーの評判は悪いって聞いたんだけど…」 「マンパワーって本当に使うべきサービスなのかな…」 派遣会社のサービスを使う前に、利用者の評判・口コミを見ておきたいですよね。 なかでもマンパワーは老舗の優良派遣会社として有名で...

まとめ

今回は20代から派遣社員として働きたい人に向けて、メリット・デメリットやおすすめの派遣会社を紹介いたしました。

正社員や契約社員にはない「派遣社員ならではの魅力」も、豊富に存在することが分かりましたね。

また登録をする派遣会社は1つに絞らずに、複数利用をすると、自分に合った派遣会社が見つかりやすいですし、良い派遣先を紹介してもらえる確率も高まると言えます。

少なくとも下記3社のいずれかには、登録することをおすすめします。

これらの派遣会社を活用し、あなたらしく輝きながら働けることを願っています。

タイトルとURLをコピーしました