20代女性が派遣で働くのはもったいない?派遣で働くメリット・デメリットも解説

20代女性が派遣で働くのはもったいない?派遣で働くメリット・デメリットも解説 20代の派遣

「女性で20代から派遣社員ってもったいないかな…」
「女性で20代から派遣って後悔しないかな…」

などなど、20代の女性の方でこうお思いの方もいますよね。

確かに20代はまだ仕事の選択肢が広い年代ですし、派遣社員の道を選んでも良いのかが気になることでしょう。

ただ派遣は正社員に比べると柔軟な働き方を実現しやすいですし、さまざまな魅力・メリットがあります。

今回はそんな方に向けて、20代女性の派遣について、メリット・デメリットを中心に詳しく解説していきます。

記事後半では20代女性におすすめの派遣会社もご紹介しますので、ぜひ最後までお読みください!

女性で20代から派遣で働くのはもったいない?後悔しない?

派遣-考える女性

結論、派遣の良い部分と悪い部分を比較し、ご自分のライフスタイルに合っているならば派遣がおすすめ。

ご自分に合った働き方であれば、もったいないと感じることも後悔することもないでしょう。

では20代女性が派遣で働くメリット・デメリットは何か。具体的に見ていきましょう。

20代女性が派遣で働く10のメリット

指をさす女性②

20代女性が派遣で働くメリットは以下の通りです。

<20代女性が派遣で働くメリット>

  1. アルバイト・パートより高時給なことが多い
  2. 同世代の正社員より給料が高くなりやすい
  3. プライベートの時間をとりやすい
  4. 仕事で責任を負うプレッシャーが少ない
  5. 楽な仕事が多め
  6. 副業をしやすい
  7. 20代だと仕事は決まりやすい
  8. 未経験・無資格でも働きやすい
  9. 退職しやすい
  10. 派遣会社のサポートを受けて就業できる

①アルバイト・パートより高時給なことが多い

派遣はほとんどが時給制をとっており、相場は1,500~1,600円ほど。

一方でパートやアルバイトだと、時給相場は1,100~1,200円ほど。

1時間の勤務で400~500円の差が出るため、かなり大きい金額ですよね。

もし1日8時間フルタイムで働けた場合、アルバイトやパートだと170,000~180,000円ほどですが、派遣だと240,000~260,000円ほどになりますね。

ちなみに派遣社員だと、残業代もちゃんと出してもらえますよ。

②同世代の正社員より給料が高くなりやすい

2021年10月の派遣社員の平均時給は、三大都市圏で1,729円ほど。

1日8時間フルタイムで働いた場合だと、月収は単純計算で27万円ほどになります。年収換算だと320万円近くです。

一方で厚生労働者の賃金構造基本統計調査によると、20代の平均月収は23万円ほどで、年収は平均で270万円ほど。

もちろん職場によって前後しますが、同世代で比較すると正社員より派遣の方が給料が高くなるケースもあるんですよね。

③プライベートの時間をとりやすい

一般社団法人日本人材派遣協会の調査によれば、派遣社員のうち残業なしで働けているのが60%ほど。

また85%以上は残業を週2~3日程度に抑えられているため、自分の時間を確保しやすいんです。

さらに派遣先によっては「週3勤務」「時短勤務」「6時間勤務」などと柔軟に対応可能。

正社員みたく1日7~8時間の労働と決まっていませんから、よりプライベートの時間を設けやすいですよね。

その時間を活用して趣味に没頭したり、資格の勉強をしたりと、副業をしたりできますね!

④仕事で責任を負うプレッシャーが少ない

派遣社員の場合は良くも悪くも、責任のある仕事を任されにくいです。

たとえ業績が悪くても、そこで責任を負う必要はないんですよね。

また仕事の責任・プレッシャーが少ないとなると、定時帰宅もしやすく残業を強いられないのもポイントです。

そのため「仕事でプレッシャーを負いたくない…」なんて方には、派遣社員の道もおすすめですよ。

⑤楽な仕事が多め

派遣社員の仕事は、全体的に楽な仕事が多めなのもポイントです。

先ほども触れたとおり、派遣社員の仕事は責任を負うケースが少ない点から、そもそも大きな仕事は任されにくいです。

さらにルーティンワークの仕事が多く、慣れるとカンタンなものも多いんですよね。

ちなみに派遣の場合は、ルーティンワークになりやすい事務職やデータ入力、工場・製造・軽作業系の求人が特に多いですね。

ちなみに派遣の数ある仕事のなかでも、さらに楽とされているものがあります。以下の記事もチェックしてみてくださいね。

⑥副業をしやすい

正社員の場合、就業規則で副業を禁止されているケースがあります。

ですが派遣社員の場合は、基本的に利用している派遣会社(派遣元)の就業規則上で問題がなければ、副業もできるんです。

20代の女性のなかにも「派遣の収入だけじゃ正直足りないかな…」とお思いの方もいますが、基本的には派遣でも副業はできますよ。

ただし、スタッフサービスをはじめとした一部派遣会社では禁止しているケースもあるため、その点は注意です。

⑦20代だと仕事は決まりやすい

どの企業でも基本的には、若手の人材を干しています。

というのも20代だと他の会社に染まっていないため、教育しやすく既存社員と馴染みやすいんですよね。

また会社側で「仕事に対して素直に向き合ってくれるのではないか…」と考えるため、やはり20代のニーズが高くて仕事も決まりやすいんです。

ただ30代、40代となると、とたんに仕事が決まりにくくなりますので注意です。

⑧未経験・無資格でも働きやすい

派遣の求人を見ると「未経験OK」「未経験歓迎」「無資格OK」などと謳っているケースが多いです。

派遣会社で掲載している求人のうち、3~4割近くは未経験・無資格でも募集中の求人を用意しているんです。

また先ほど触れた通り、派遣にはカンタンな仕事や責任の少ない仕事が多いため、経験もそれほど問われにくいんですよね。

興味のある業界でスキルを身につけたいならば、未経験から挑戦して伸ばしていくのもアリですね。

⑨退職しやすい

正社員の場合は職場での人間関係が悪くなったり、仕事内容が合わなったりしたとき、すぐには辞めにくいことがありますよね。

ですが派遣の場合は「契約を満了しました」と一言告げれば、実は簡単に辞められるのもポイント。

また派遣会社の担当者に伝えれば、別の派遣先に変えてもらえてすぐ働ける可能性もあります。これは正社員だとできないことですね。

また派遣社員は外から派遣されてきた人ですし、同じ場所で働く期間が決まっています。

飲み会・忘年会などの参加義務もなく、人間関係のしがらみに巻き込まれにくい特徴もあります。

人間関係、契約の観点から、いざというときに退職しやすいのも魅力ですね。

 

⑩派遣会社のサポートを受けて就業できる

実際に派遣先で働く際は、派遣会社の担当者のサポートを受けつつ就業できます。

なお派遣会社では、主に下記のサポートを受けられます。

<派遣会社で受けられる主なサポート>

  1. 仕事に関する相談対応
  2. 求人の紹介
  3. 職場見学の対応
  4. 入職サポート
  5. 時給の交渉
  6. 福利厚生(有給休暇・社会保険など)

登録から就業まで徹底的にフォローしてくれますから、派遣が初めてな20代の方でも安心して利用できますよ。

20代女性が派遣で働くデメリット4つ

20代の悩む女性

対して20代女性が派遣だと働くと、こんなデメリットがあります。

<20代女性が派遣で働くデメリット>

  1. 正社員に戻りにくい・なりにくい
  2. 雇用・収入が不安定になりやすい
  3. 生涯年収は上がりにくい
  4. 幅広い経験は積みにくい

①正社員に戻りにくい・なりにくい

正社員の転職となると、派遣社員のときと違って書類選考や面接があります。

このとき正社員としての職歴を重視する企業のときは、選考段階で弾かれやすくなってしまうんです。

もし将来的に正社員としてキャリアアップを図りたいならば、20代のうちは派遣社員の期間を短めにするのが得策ですね。

②雇用・収入が不安定になりやすい

派遣社員の場合は「3年ルール」といって、同事業所、同部署で働けるのは最大3年までとされているんです。

ちなみに派遣社員の場合は、1~2年で次の職場に移ることが多いです。

また「派遣切り」といって経営状況によっては真っ先に切られやすいのも懸念点。

契約が終わったら派遣会社から次の仕事を紹介してもらえますが、雇用・収入が安定しにくいのもおさえておきましょう。

法律上仕方がないことですが、職場を転々とするため人間関係や仕事内容を覚え直すのも大変ですよね…。

③生涯年収は上がりにくい

正社員だと年齢が上がるにつれて給料はどんどん上がり、ボーナスも支給されます。

ですが派遣の場合は高時給のぶん収入はなかなか上がらず、ボーナスは支給されません。

20代のうちは同世代より比較的収入が高くても、30代、40代と年齢を重ねるとどんどん差が開いていくんです。

④幅広い経験は積みにくい

派遣社員は契約段階で仕事内容・範囲が決まっており、契約外の仕事はできません。

決められた範囲でしか仕事ができない以上、その会社で経験を積みにくいのも気になるところです。

ただ契約時の仕事内容に専念できるぶん、雑多なお仕事やプレッシャーなどにとらわれず、ご自分のスキルアップに集中できる、とも捉えられますね。

20代女性が派遣で働くときの注意点

まるばつサインを出すスーツの女性

では20代女性が実際派遣で働くとき、どんなことに注意すべきか。具体的には以下の通りです。

<20代女性が派遣で働くときの注意点>

  1. 年齢が増すにつれて求人紹介数は減りやすい
  2. 仕事によってはやりがいを感じにくい
  3. 派遣会社にはなるべく複数登録すること
  4. 子育てと仕事の両立も考える

①年齢が増すにつれて求人紹介数は減りやすい

20代のうちは応募できる求人が多いですが、年齢を30代、40代と重ねるうちに応募できる求人は減る傾向にあります。

会社側も若年層を中心に募集していますし、教育のしやすさ職場の馴染みやすさの観点から、優遇されやすい傾向にあるんでます。

もしご自分が20代後半の方であれば、その点も警戒しておきましょう。

ちなみに未経験から挑戦したい仕事があるならば、30代前半までが目安となります。

②仕事によってはやりがいを感じにくい

メリットでも触れましたが、派遣社員の場合は仕事に対して責任を追いにくいです。

責任がなければプレッシャーもなく働きやすいかもしれませんが、そのぶん仕事のやりがいは感じにくくなってしまいます。

やりがいのない仕事に就いてしまった場合は、1日が退屈に感じてしまうかもしれませんね…。

③派遣会社にはなるべく複数登録すること

派遣会社と一口に言ってもさまざまで、現に何万社と存在します。

そのなかでお気に入りの一社を選んでも良いのですが、派遣会社にはなるべく複数登録するのがおすすめです。

少なくても2社、可能であれば3社以上は登録しておきたいところです。

なお派遣会社の複数登録で、こんなメリットがあります。

<派遣会社の複数登録のメリット>

  1. 担当者の比較ができる
  2. 求人の比較ができる
  3. 複数の登録特典を利用できる
  4. 希望条件を叶えやすくなる

さらに派遣会社の複数登録について掘り下げたい方は、下記の記事もチェックしてみてくださいね。

④子育てと仕事の両立も考える

女性の方となれば、なかにはお子さんを作ろうか検討することもありますよね。

となれば子育てと仕事はどう両立していくか、しっかり考えないといけません。

派遣社員の場合は時短勤務や週3出勤などもできるため、うまく両立できるような働き方を選びましょう。

派遣会社に登録して就業するまで【流れを解説】

派遣-スマホで派遣登録している女性

では派遣会社を使うと、どんな流れで登録・就業できるのか。具体的に以下の通りです。

<派遣会社に登録して就業するまでの流れ>

  1. 派遣会社に登録(無料)
  2. 派遣登録会に参加
  3. 求人を紹介してもらう
  4. 職場見学(希望制)
  5. お仕事スタート!

STEP①まずは派遣会社に登録(無料)

派遣会社で求人を紹介してもらうにあたり、まずは登録が必要です。

各派遣会社のホームページから、申し込みを済ませてくださいね。

なお派遣会社はどれも無料で利用できますから、おサイフに優しいのも魅力です。

登録作業が済んだら、派遣会社の担当者から連絡が入ります。今後の流れや、次に解説する派遣登録会についての話です。

STEP②派遣登録会に参加

STEP①で派遣登録会の日程を確定させたら、指定会場・時間で参加します。

この派遣登録会では、主に以下を実施します。

<派遣登録会で主に実施すること>

  • 派遣の仕組みの説明
  • パーソナルデータ入力
  • スキルチェック
  • 担当スタッフとの面談

まずは派遣がどんな働き方なのか、カンタンな説明を受けます。このとき社会保険や福利厚生の説明もあります。

その後は専用システムに個人情報を入力し、PC操作や一般常識、マナーなどのチェック。ここは応募職種・業種によって多少異なります。

そしてここまでの内容をもとに、派遣会社の担当者と面談をします。お仕事の希望条件について確認ですね。

STEP③求人を紹介してもらう

STEP②でのデータ、面談内容などをもとに、派遣会社で用意してる求人を紹介してもらえます。

このとき、ご自分の希望条件に合ったものを複数紹介してもらえますよ。

紹介されたなかで気になる求人が見つかったら、派遣会社の担当者が応募してくれます。

STEP④職場見学(希望制)

気になる求人が見つかったら、次は職場見学(顔合わせ)です。

職場見学自体は希望制なため、もしご自分の目で職場を見てみたいならば参加してみてください。

職場の衛生環境や人間関係、働く人の様子などをしっかりとチェックしておきましょう。

STEP⑤お仕事スタート!

無事選考を突破したら、いよいよ就業先でのお仕事がスタートします!

就業後も派遣会社の担当者がフォローしてくれるため、その点は安心してくださいね。

20代女性におすすめの派遣会社3選!

ここまでお読みになった方のなかには「派遣会社に登録してみようかな…」とお思いの方もいますよね。

そんな方に向けて最後に、20代女性におすすめの大手派遣会社を3つご紹介します。具体的には以下の通りです。

<20代女性におすすめの大手派遣会社>

  1. テンプスタッフ
  2. リクルートスタッフィング
  3. アデコ

①テンプスタッフ

テンプスタッフ-アイキャッチ

<テンプスタッフのおすすめポイント>

  • 女性に優しい派遣会社として好評!
  • 担当者の対応・サポートが丁寧!
  • 業界トップクラスの求人数!
運営会社パーソルテンプスタッフ株式会社
求人数約26,000件
時給1,500円以上の求人数約14,000件
募集職種オフィスワーク、翻訳・通訳、金融・証券、マーケティング、営業、販売、接客、IT・CAD・クリエイティブなど
求人掲載エリア全国47都道府県

テンプスタッフは「女性に優しい派遣会社」として好評。

女性に人気の業界・職種にも強く、時短勤務の求人やフルタイム求人と幅広く取り揃えています。

求人数は約26,000件と業界トップクラスですから、求人をよく比較した上で納得のいくものを選べます。

また担当者にも女性の方が多く「親身に接してくれる」「とにかく優しい」なんて声も寄せられていますよ。

\カンタン3分で無料登録!/

テンプスタッフに登録してみる▶▶▶

テンプスタッフのサービス特徴・口コミ評判はこちら▶︎▶︎▶︎

②リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィングのアイキャッチ画像

<リクルートスタッフィングのおすすめポイント>

  • 大手リクルートの派遣会社!
  • 仕事・育児を両立できる求人に強い!
  • スキルアップコンテンツも豊富!
運営会社株式会社リクルートスタッフィング
求人数約3,100件
時給1,500円以上の求人数約1,600件
募集職種オフィスワーク・事務、金融、営業・販売、テレマーケティング、メディカル・バイオ、クリエイティブ、IT・技術など
求人掲載エリア全国47都道府県(北陸以外)

20代女性の方であれば、大手リクルートが運営するリクルートスタッフィングもおすすめ。

仕事と育児を両立しやすい求人にも強く、「週4日以内」「16:00まで」といったお仕事も充実しています。

まだ残業なしの求人、子育てに理解のある職場も紹介してもらえますよ。

20代の女性はもちろん、主婦になった方にも使いやすいのがポイントですね。

\カンタン3分で無料登録!/

リクルートスタッフィングに登録してみる▶▶▶

リクルートスタッフィングのサービス特徴・口コミ評判はこちら▶︎▶︎▶︎

③アデコ

アデコ-アイキャッチ画像

<アデコのおすすめポイント>

  • 「快適で働きやすい」との口コミが多い!
  • 在宅勤務のできる求人も多数掲載!
  • 大手・有名企業求人も豊富!
運営会社アデコ株式会社
求人数約6,500件
時給1,500円以上の求人数約3,800件
募集職種オフィスワーク・事務、営業、SE、Web制作、電気・電子設計、建築・土木、研究開発、メディカル・ヘルスケア、製造、物流、軽作業など
求人掲載エリア全国47都道府県

アデコも20代女性におすすめの派遣会社で、オフィスワークやWeb制作など、事務職を中心に幅広い求人を取り揃えています。

高時給な求人も豊富で、一度は聞いたことのある大手企業・有名企業の求人も充実。

また利用者の口コミでは「快適で働きやすい」「担当者が丁寧」なんで口コミも多く寄せられています。大手なだけあって、サポートの質も高いです。

さらに最近の新型コロナウイルス事情を背景とし、最近では在宅勤務もできる求人にも強いですよ。

\カンタン3分で無料登録!/

アデコに登録してみる▶▶▶

アデコのサービス特徴・口コミ評判はこちら▶︎▶︎▶︎

まとめ~20代女性の派遣もアリ~

今回は、20代女性の派遣事情について詳しく解説してきました。

一部では「20代から派遣は後悔する」「20代で派遣はもったいない」なんて声もありますが、まずはご自分が本当に派遣で働きたいか考えてみましょう。

また派遣社員にはメリット・デメリットがありますから、それらとご自分の生活を照らし合わせてみましょう。

なお実際に派遣会社に登録する際はテンプスタッフやリクルートスタッフィング、アデコなど、女性にやさしいサービスを使うのがおすすめですよ。

タイトルとURLをコピーしました